バックナンバー 1981~
1979.1.8創刊  闘いの指針!
home page 日刊『動労千葉』(従来表示版) バックナンバー案内 

 

バックナンバー年度別 (「月ごと索引」と「各号の記事・見出し」ページへリンク)
創刊号 (1979年1月8日発行)・画像
2000年以前と2001年の一部はPDF(画像)版です(一部年度版は準備中)
 1979年 

 1980年 1981年 1982年 1983年 1984年 1985年 1986年 1987年 1988年 1989年 

 1990年 1991年 1992年  1993年 1994年 1995年 1996年 1997年 1998年 1999年

 2000年

2001年以降はテキスト版です。(2001年の一部はPDF版)

      2001年 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年

 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 

 


 「各年度-月ごと主な記事」案内 (↓下記へのリンク)

 1979年

 1980年 1981年 1982年 1983年 1984年 1985年 1986年 1987年 1988年 1989年

 1990年 1991年 1992年 1993年 1994年 1995年 1996年 1997年 1998年 1999年

 2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年

 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年

  2017年 月別目次
8月   8316~
7月 千葉支社 2駅外注化と5駅の窓口閉鎖等提案 8305~8315
6月 エルダー提案は分社化・転籍への布石 8290~8304
5月 内房線と地域を守る会」が設立 8276~8289
4 分割・民営化30年  東労組「30年検証運動」の本質  8266~8275
3月 本線運転士がスト突入 内房線・久留里線切り捨てに 怒りの決起 8251~8265
2月 危機に揺らぐ東労組(上) 一体何が起きているのか? 8236~8250
1月 2017年 闘春 8218~8235

  2016年 月別目次
12月 幕張配転差別事件―東京高裁判決 不当配転容認の反動判決弾劾! 8203~8218
11月 11.6労働者総決起集会 8190~8202
10月 就業規則改悪の強行を弾劾する! 闘いはこれからだ 8171~8189
9月 9・13ストライキへ 8154~8170
8月 「眠気でオーバーラン」―ダイ改合理化の結果 乙行路の長大化やめろ! 8140~8153
7月 「カーテンを下ろすのは 運転士の判断」と確認 8125~8139
6月 6.5国鉄集会報告 8109~8124
5月 CTS 再び決戦の時が来た! 10月実施絶対阻止を 8094~8108
4月 生きていける賃金を出せ!就業規則改悪白紙撤回 8080~8093
3月 3・17春闘第二波スト貫徹!45名がスト突入!木更津で組織拡大 8056~8079
2月 要員問題でCTSに申し入れ 8043~8055
1月 2016年 闘春 8028~8042

  2015年 月別目次
12月 第30回動労総連合定期全国大会を開催 8011~8027
11月 11.1全国労働者総決起集会報告 7998~8010
10月 10・1ス貫徹!「第2の分割・民営化」攻撃への戦闘宣言 7983~7997
9月 戦争法案成立弾劾! ストライキで戦争を止めよ 7968~7982
8月 合の大再編―改憲勢力化を許すな! 7949~7967
7月 JR採用差別事件の上告棄却を弾劾する! 7931~7948
6月 6・7全国集会に 1650名が結集 7914~7930
5月 安保法制―戦争法案許すな! 7902~7913
4月 CTSで、8名が動労千葉に加入 7885~7901
3月 春闘第一波ストライキ 第二の分割・民営化攻撃に闘争宣言 7861~7884
2月 2・15労働者集会 「戦争阻止の力はここにある!」630人が結集 7845~7860
1月 2015年 闘春 7829~7844

  2014年 月別目次
12月 特急の全面的廃止・削減を許すな! 3月ダイ改の労働条件を提案 7712~7828
11月 11・2労働者集会報告   5700名が結集 7797~7811
10月 雇用と安全破壊の外注化粉砕! 10.1スト貫徹 7777~7796
9月 9月1日、CTSで、新たに1名が加入 7762~7776
8月 安倍政権打倒の大運動を-8・17大集会 7748~7761
7月 葉鉄道サービスで2名が動労千葉に加入 7733~7747
6月 国鉄闘争全国運動6・8全国集会 7714~7732
5月 このままでは鉄道140年の歴史の中で築いてきた安全が崩壊する 7701~7714
4月 4/16最高裁に解雇撤回、JR復帰署名 1万4039筆を提出 7685~7700
3月 嶋琢磨君が、 千葉運転区に復帰! 7665~7684
2月 「ついにすべてを覆す闘いの時が来た!」 2.16集会 7648~7664
1月 2014年 闘春 7631~7647

  2013年 月別目次
12月 各支部が支部大会を開催

7630~7611
11月 11・3全国労働者集会5600名が結集 7593~7610
10月 計画業務の外注化弾劾! 10・1ストを貫徹! 7574~7592
9月 声明 東京高裁の反動判決を弾劾する 7557~7573
8月 労千葉鉄建公団訴訟控訴審 弁論再開を申し立て 7546~7556
7月 画業務の外注化を提案 10月1日実施を阻止しよう 7530~7545
6月 6・9全国集会に1800名が結集 7513~7529
5月 鉄建公団訴訟 控訴審  結審弾劾 7497~7512
4月 久留里線 ワンマン運転強行後の問題点 7483~7496
3月 3・14-17ストを貫徹 7463~7482
2月 TS-労基法違反で千葉労基署に違反申告 7445~7462
1月 2013年 闘春 7429~7444

  2012年 月別目次
12月 強制出向命令の無効を求めて東京地裁に提訴 7416~7428
11月 11月全国労働者総決起集会  7403~7415
10月 外注化阻止闘争の総括と11月労働者集会 7387~7402
9月 われわれは事前通知の強行を許さないぞ 7366~7386
8月 動労千葉、水戸、連帯高崎の60名強制出向差し止め提訴 7345~7365
7月 “次は解雇撤回だ!”6.29東京地裁判決 7330~7345
6月 JR東日本 検修・構内業務全面外注化で修正提案 7314~7329
5月 配転攻撃を粉砕し、 佐倉支部を結成 7300~7313
4月 4月1日全面外注化を止めた 号外~7300
3月 追悼 清水 匠 執行委員 7275~7292
2月 4月1日全面外注化を 阻止する大きな勝利! 7262~7274
1月 2012年 闘春 7247~7261

  2011年 月別目次
12月 千葉運転区支部が指名ストライキに突入 7234~7246
11月 1月全国労働者総決起集会 日比谷に5950名結集 7215~7233
10月 JR東日本は労働者への被曝を強制するな 7203~7214
9月 京葉車両センター外注化10月1日実施阻止 7193~7202
8月 千葉鉄道サービスへの業務委託は100%偽装請負だ 7163~7192
7月 4者4団体の「闘争終結」に際して訴える 7147~7162
6月 「銚子運転区廃止許すな」怒りの声が響きわたる 7147~7162
5月 「佐倉運輸区」建設が始まっている 7139~7146
4月 結審策動粉砕し鉄建公団訴訟に勝利しよう 7131~7138
3月 東日本大震災救援対策本部を設置 7114~7130
2月 スト突入!俺たちは使い回しの機械じゃない 7100~7113
1月 2011年 闘春 7085~7099

  2010年 月別目次
12月 3名の仲間が新たに結集 7045~7084
11月 11月労働者集会日比谷に5900名結集 7047~7074
10月 輸送体系の抜本的変更-12月ダイ改 7034~7046
9月 第39回定期大会(9/26~27) 7034~7046
8月 幕張・ライフサイクル配転差別労働委員会闘争へ 7023~7034
7月 1047名解雇撤回!東京地裁を怒りの声で包囲 7009~7022
6月 6・13国鉄闘争大集会に1635人が結集 6995~7009
5月 1047名解雇撤回!全国運動がスタート 6981~6994
4月 「1047名問題和解案」に対する動労千葉の見解 6971~6980
3月 追悼 中野 洋 前委員長 6952~6970
2月 外注化阻止!48時間ストを貫徹 6934~6952
1月 2010年 闘春 構内・検修外注化阻止へ 6910~6933

  2009年 月別目次
12月 構内・検修丸投げ外注化  第2、第3の尼崎事故が起こる 6897~6909
11月 11月全国労働者総決起集会 6881~6896
10月 1047名闘争へのJR総連の介入・破壊策動許すな 6863~6880
9月 9・26千葉県三里塚集会 6851~6862
8月 動労千葉排除攻撃粉砕!ストライキ予告通告行う 6839~6850
7月 全国に動労千葉を支援する会を 6826~6838
6月 交番検査から動労千葉を排除 6812~6815
5月 尼崎事故4周年弾劾!4・25尼崎現地集会 6802~6811
4月 怒りを体現した春闘ストを貫徹 6789~6801
3月 動労千葉結成30周年 6770~6788
2月 2・16労働者総決起集会に800名が結集 6760~6769
1月 木科雄作君(幕張車両センター)が動労千葉に加入 6747~6759

  2008 月別目次
12月 北島琢磨君(千葉運転区)が動労千葉に加入 6631~6746
11月 11・2労働者集会に全国から5700名が結集 6618~6730
10月 国鉄1047名闘争の「政治解決」について 6696~6717
9月 第37回動労千葉定期大会 6687~6695
8月 大阪、 名古屋、 東京、 北陸など各地で国鉄集会 6679~6687
7月 平野嗣朗君(木更津運輸区)が動労千葉に加入 6666~6678
6月 世界に貧困と戦争を強制するG8サミット許すな 6644~6665
5月 ライフサイクル、緒戦の大きな勝利! 6628~6643
4月 ライフサイクル6月実施許すな 6615~6627
3月 3・ 14春闘ストライキ貫徹 6592~6614
2月 「ライフサイクル」を葬り去ろう 6576~6591
1月 国鉄1047名解雇撤回!鉄建公団訴訟 6564~6575

  2007年 月別目次
12月 車両故障や組合差別撤廃へ千葉支社を追及 6553~6563
11月 11・4全国労働者総決起集会に5700人 6541~6552
10月 2名の仲間が動労千葉に結集! 6525~6541
9月 青年に訴える 6513~6524
8月 自民党の歴史的敗北!闘えば展望は開かれる 6501~6512
7月 支援する会結成20周年定期総会が大盛況 6490~6500
6月 三労組の呼びかけで労働運動再生めざす討論集会 6476~6489
5月 館山運転区・木更津支区廃止反対闘争勝利の教訓 6462~6475
4月 勝浦 水野選挙闘争に勝利 6450~6462
3月 スト貫徹!新生木更津支部発足 6426~6449
2月 蘇我駅構内でレールに8㎝の亀裂 6410~6425
1月 2007闘春 6396~6409

  2006年 月別目次
12月 館山-木更津両支部が交流会 6382~6395
11月 11・5労働者集会に4900名 6372~6381
10月 安全運転闘争、幕張構内事故闘争の教訓 6358~6371
9月 幕張構内事故、出勤停止15日の重処分を弾劾 6346~6357
8月 館山運転区-木更津支区廃止反対総行動 6338~6345
7月 7・20総決起集会を開催 6323~6337
6月 6・1緊急総決起集会に140名が結集 6305~6322
5月 事故を起こした仲間を守りぬこう 6281~6304
4月 1047名の解雇撤回めざし4600名が結集 6268~6280
3月 安全運転闘争-ストライキを貫徹 6243~6267
2月 ついに実現した1047名の団結 6228~6242
1月 2006闘春 6212~6227

  2005年 月別目次
12月 組合員2名が幕張車両センターに復帰 6197~6211
11月 11・6日比谷野音に4600名! 6183~6196
10月 第34回定期大会 6166~6182
9月 9・15鉄建公団訴訟判決を弾劾する 6138~6165
8月 JRは安全運転行動への不当処分を撤回しろ 6138~6155
7月 幕張車両センター・内山祐樹君が動労千葉加入 6115~6137
6月 安全運転行動に無数の激励の声 6088~6114
5月 安全運転・危険箇所総点検行動へ 6069~6087
4月 尼崎事故!民営化の帰結! 6057~6068
3月 レール破断!ストライキ突入! 6027~6056
2月 吉野さん鎌形さん内田さんが幕電に復帰 6012~6026
1月 2005闘春 5998~6011

  2004年 月別目次
12月 岡安君、冨川君、吉野君幕張電車区に復帰 5982~5997
11月 11・7全国労働者総決起集会 5965~5981
10月 動労千葉第33回定期大会 5943~5965
9月 外山君、福島君が原職復帰! 5932~5942
8月 動労千葉を支援する会定期総会を開催 5917~5931
7月 田中委員長アメリカへ 5902~5916
6月 長田敏之書記長代行体制を確立 5887~5901
5月 追悼 中村栄一書記長 5873~5886
4月 動労千葉結成25周年 5856~5872
3月 3・12~14ストライキ 5828~5855
2月 指名スト、非協力闘争に突入 5812~5827
1月 2004闘春 5802~5811

  2003年 月別目次
1月 2003年団結旗開き / 03春闘3ヶ月間決戦-直ちに闘争態勢の確立を 5608~5626
2月 03春闘勝利!組織防衛・強化・拡大を 5607~5645
3月 03春闘へ!ストライキに突入できる準備体制を 5646~5669
4月 03春闘!72時間ストを貫徹 5670~5684
5月 水野候補661票11位で堂々当選を勝ち取る 5685~5699
6月 団結うちかためニューチャレンジ21に反撃を 5700~5711
7月 第49回定期委員会-セカンドフェイズの闘いへ 5712~5727
8月 サンフランシスコ労働者評議会で支援決議 5728~5739
9月 中村俊六郎候補469票堂々3位当選 5739~5751
10月 動労千葉第32回定期大会 5752~5765
11月 11・9全国労働者集会 5766~5782
12月 怒髪天を突く!12・15ストライキ! 5783~5801

  2002年 月別目次
1月 2002年団結旗開き / 02春闘3ヶ月間決戦-直ちに闘争態勢の確立を 5422~5433
2月 安全無視と首切りの外注化絶対反対 5434~5445
3月 東日本ベアゼロ回答!本日スト決行 5446~5469
4月 02春闘を高らかに総括《動労総連合第16回定期中央委員会》 5470~5485
5月 5・27臨大に向けて、国労の仲間に訴える 5486~5500
6月 潮干狩り大会開催される 5501~5511
7月 国労本部による闘う闘争団員の査問委員会送致を弾劾する! 5512~5525
8月 団結の新たな砦-動労千葉中央支部を結成  5526~5541
9月 新保全体系を撤回しろ-幕張支部からの報告- 5542~5555
10月

第31回定期大会 /小林革マルの本性あらわに・・ 組合員からは総スカン!

5556~5571
11月 2002年11月労働者集会 5572~5590
12月 支部大会開催 5592~5607

  2001年 月別目次
1月 21世紀 新たな闘いの幕開け 5247~5259
2月 3月春闘方針を決定 5263~5274
3月 本日 第1波スト決行!第2波への総決起体制を! 5278~5287
4月 ストに危機感あらわ/東労組。銚子支部スト報告-大きな成果 5288~5303
5月 休日増に対応した要員措置をこれを成果だというのか!日貨労の裏切り 5304~5315
6月 貨物 夏季手当低額回答打破! 6・19貨物本社緊急行動 5316~5329
7月 武蔵野線乗り入れ反対!/ 団結地引き網大会開催される 5330~5345
8月 外注化阻止へ-職場から反撃を開始しよう 5347~5363
9月 「90・3スト損害賠償請求」控訴審 高裁の反動判決弾劾! 5365~5377
10月 第30回定期大会 / 冬季物販の成功へ 5378~5392
11月 轟いた労働運動再生の道 -11・11全国労働者総決起集会- 5393~5409
12月 11・27動労千葉総決起集会開催 / 支部大会開催 5410~5421

   *2000年以前はPDFです  
  2000年 月別目次
1月 2000年 闘春 5069~5081
2月 シニア こんな提案認められない 5082~5093
3月 シニア協定の実態 5094~5112
4月 ウソでぬりかためた宣伝―シニア協定を使った組織破壊を許すな 5113~5126
5月 「国鉄改革」とは何だったのか 5127~5143
6月 4党合意 この暴挙をうちさけ 5144~5158
7月 国労臨大 闘争団、家族の怒りの抗議 この必死の叫びを 5159~5173
8月 国労臨時大会と国鉄闘争の展望 中野洋 5174~5187
9月 東労組 全面外注 丸呑みの裏切り 5188~5201
10月 JR総連九州労 組織崩壊 5202~5216
11月 11・5集会 日比谷野音3250名 5217~5232
12月 JR総連の末期症状 革マル同士で内部抗争 5233~5246

  1999年 月別目次
1月 闘春 4899~4912
2月 JR東日本 「メンテナンス近代化の推進」を提案 4913~4924
3月 結成レセプション 310名 4925~4941
4月 中江、水野当選 4942~4957
5月 5.23総決起集会 2850名 4958~4969
6月 千葉支社交渉 4970~4884
7月 周辺事態法でJRに申し入れ 4885~4997
8月 改革法承認を撤回し闘いの原点へ 4998~5011
9月 中村 当選456票4位 5012~5024
10月 新執行体制を確立 27回大会 5025~5038
11月 1/7日比谷野音に3050名が結集 5039~5054
12月 第28回臨時大会 新動力車会館建設と組合財産保全の方針決定 5055~5068

  1998年 月別目次
1月 闘春 大月事故の本質 4715~4728
2月 日経連労問研報告を許すな 4729~4742
3月 第一波スト貫徹 96名がスト決起 4743~4762
4月 最大の正念場を迎えた国鉄闘争 4763~4777
5月 有事立法上程弾劾 4778~4793
6月 怒りの日、5.27 反撃の転機に 4794~4509
7月 深刻化するJR貨物の経営危機 4510~4526
8月 国労大会 怒りの声で跳ね返された『路線転換」 4527~4540
9月 大失業と戦争の時代に通用する新しい世代の動労千葉を 4541~4553
10月 勝負の時を迎えた1047名闘争 4554~4770
11月 崩壊する列車運行能力 異常時対応能力 4771~4886
12月 歴然とした輸送混乱時の問題点 4887~4898

  1997年 月別目次
1月 分民から10年、正念場の国鉄闘争 JR総連のファシスト化 4524~4538
2月 佐倉機関区廃止阻止 ストライキで闘おう 4539~4555
3月 千葉機関区支部結成 4556~4572
4月 JR総連崩壊の危機 4573~4588
5月 28名の公労法解雇撤回 この勝利をステップに 4589~4605
6月 正念場を迎えた1047名の闘い 4606~4618
7月 直ちにスト体制を 事前通知「凍結」の責任をとれ 4619~4632
8月 『8.30路線」の全国大会決定に反対する 4633~4651
9月 新ガイドライン 戦争の道を許すな 9,23集会へ 4652~4667
10月 鉄道業務の「切り売り」全面外注化の開始 4668~4684
11月 11.9集会に3820名 4685~4700
12月 98.3ダイ改案提案 4701~4714

  1996年 月別目次
1月 国労解体を叫ぶJR総連革マル解体・一掃 4319~4335
2月 第3次廃止(売店・JC店)に伴い再配転 現職に戻せ 4336~4350
3月 春闘第一波スト 津田沼 幕張 打ち抜 4351~4368
4月 東京からJR総連革マル4名の配転 4369~4886
5月 JR不採用 中労委命令弾劾 塩崎、多田君のみ救済命令 4387~4406
6月 6.23全国反戦集会開催 2200名 4407~4422
7月 本日スト通告 7月20日から夏期輸送 闘争突入 4423~4440
8月 幕電有機溶剤問題 ついに勝利 4441~4457
9月 定期大会開催  4458~4474
10月 10.5青年部定期委員会開催 4475~4490
11月 11・10集会に3560名 昨年を上回る労働組合が結集 4491~4508
12月 奴隷の誓い=「第3次共同宣言」 4509~4523

  1995年 月別目次
1月 「202億訴訟」の和解について 4119~4134
2月 2.9清算事業団控訴審判決へ 4135~4149
3月 JR東日本 57歳原則出向攻撃を許すな 戦後最高の円高 92円 4150~4168
4月 水野758票 中江3009票 当選勝利 4169~4186
5月 「安房鴨川運輸区」構想を許すな 4187~4197
6月 鴨川運輸区攻撃の異常な構造 4198~4215
7月 勝浦総行動 署名は13400名に 4216~4232
8月 鴨川運輸区新設問題団交 JR総連と結託した不当労働行為だ 4233~4251
9月 御宿町議選 中村さん当選 4252~4267
10月 勝浦運転区廃止粉砕へスト体制確立を 4268~4286
11月 11.28~12.1ストライキへ 4287~4303
12月 動労総連合第10回大会 4304~4318

  1994年 月別目次
1月 つぶせ小選挙区制 倒せ細川政権 3921~3937
2月 全国交流センター第一回定期総会開催 3938~3952
3月 94春闘 スト突入へ 3953~3970
4月 『政労使交渉」『政策提言』は国労の死だ 中労委命令 3771~3988
5月 どこまで差別するのか 当局の奉加帳撤去を弾劾 東労組の場合は会社と連名 3989~4001
6月 全力で6.19へ 6.3直営店の廃止、新設の提案 4002~4017
7月 危機と混迷の中で登場した村山政権 4018~4036
8月 9.18集会 続々とよせられる賛同署名 4037~4053
9月 第21回定期大会 4054~4070
10月 冬期物販目標6000万円 物販会議 4071~4086
11月 動乗勤改悪を許すな 4087~4103
12月 新たな10万人合理化粉砕 4104~4118

  1993年 月別目次  
1月 またも事実上の業務移管 3716~7731
2月 貨物2.18~19ストライキ 3732~3747
3月 第2波スト判決 5名の解雇無効の判決 3748~3768
4月 スト破りに現金を配る 日勤に1000円 泊に2000円 3769~3786
5月 分割民営化の矛盾に蚕食される貨物会社の経営 3787~3801
6月 転士登用差別地労委 全面勝利命令 3802~3819
7月 日の丸労働運動のJR総連が「改憲阻止」を語りタブラカシ始める 3820~3836
8月 シリーズ① 日本はどこに進もうとしているのか 3837~3850
9月 定期大会 3851~3866
10月 恐るべき12月ダイ改 解体される安全と生活 3767~3883
11月 許すな 儲け優先地域切り捨て 12月ダイ改 3884~3902
12月 11.30~12.1スト貫徹 3903~3920

  1992年 月別目次  
1月 なぜ千葉転だけが 土岐区長による大量減給攻撃を許すな 3517~3515
2月 動乗勤改悪阻止2,21スト 3516~3547
3月 3.25ストへ 清算事業団勝利 3548~3565
4月 加速度を増すJR総連の崩壊 西、東海、九州労「スト」が意味するもの 3566~3582
5月 分民5年間の決算 3583~3599
6月 第一波スト解雇判決 7人に解雇無効判決 3600~3618
7月 戦争推進を叫ぶ連合幹部 私鉄14年ぶりにストライキ 3619~3636
8月 一継続4時間を超える 設定ミス 千葉運転区を体験して 学士の現場体験 3637~3649
9月 千葉支社 勤務扱いで「カラオケ大会」 3650~3666
10月 大会速報第1日目 3670~3682
11月 大菅踏切でまたもや遮断棹折損 運輸部ぐるみで事実隠蔽 3683~3699
12月 革マル西労 96時間ストの欺瞞  3700~3715

  1991年 月別目次  
1月 悲しみを乗り越えて 大須賀昭男氏追悼 3328~3340
2月 12時間ストを打ち抜く 3341~3357
3月 本日第2波スト 3358~3373
4月 中江昌夫V3 2996票 3374~3388
5月 破綻が始まった当局ー革マル結託体制 3389~3402
6月 安全はどこへ? 3403~3418
7月 組合員に背を向ける国労指導部  出向協定強行採決 3419~3437
8月 恐るべき乗務員勤務制度改悪 3438~3455
9月 あごひもは必要ない!JR総連が思わず本音 東労組はどうするのか? 3456~3469
10月 JR九州労組年内に分裂必至 3470~3485
11月 本日第一波 正午から16時 勝浦支部定期大会 3486~3503
12月 土岐区長の目に余る人権侵害を許すな 個人の鞄を勝手に開けて・・ 3504~3516

  1990年 月別目次  
1月 スト貫徹314本運休 スト破りを拒否し8名の仲間が加入 旗開き開催250名 3140~3153
2月 国労を腐らせている派閥政治と決別 中村栄一君の発言 3154~3170
3月 84時間ストを打ち抜いたぞ 国労72時間スト 3171~3191
4月 悪辣さを増す千葉支社 繁沢千葉転支部長に強制配転 3192~3208
5月 スト妨害―処分は違法 弁護士など218氏(団体)が声明 3209~3226
6月 組合費徴収すら処分 土岐禎 千葉運転区長は組合つぶしをやめよ 3227~3242
7月 ストに対する、出勤停止30日をはじめ141名に不当処分を発表 3243~3261
8月 強制配転者をすぐに元に戻せ 3262~3275
9月 精算事業団ストへの損害賠償訴訟弾劾 3276~3287
10月 千葉支社 またも不当処分乱発/定期大会開催 3288~3301
11月 「即位の礼」強行弾劾 3302~3316
12月 崩壊の危機に立つJR体制 3317~3327

  1989年 月別目次  
1月 北海道地労委 事業団1704名全員の採用を命じる 2950~2966
2月 見よ!JR東の強権的労務支配 2967~2985
3月 動労千葉結成10周年にあたり 2986~3005
4月 清算事業団支部結成 3006~3022
5月 清算事業団地労委 当局出席をボイコット 3023~3037
6月 中国スタによる学生労働者市民虐殺を弾劾する 3038~3085
7月 当局に生活給を奪う権利はない ボーナス昇級カット弾劾 3051~3064
8月 8.21事業団闘争かちとる 6065~3077
9月 首切りに和解はない 国労大会 3078~3089
10月 定期大会 3090~3102
11月 団結祭典 華やかに開催 400名 3103~3123
12月 12.5全乗務員が24時間ストに突入 3124~3139

  1988年 月別目次  
1月 いすみ支部結成 2731~2748
2月 革マル松崎「賃上げは3年間我慢する」 2749~2767
3月 革マル鉄道労連、ついに自民党支持を表明 2768~2787
4月 4.14千葉支社に340名が怒りのデモ 2788~2806
5月  5.18千葉、5.20亀戸スト 5.2 千葉みなとスト 2807~2826
6月 6.16銚子駅、6.21館山駅スト 2827~2847
7月 自民党支持を叫ぶ鉄道労連を許すな 2748~2764
8月 7.22松崎千葉講演会弾劾 2765~2782
9月 定期大会の成功に向けて② 首切り要求自民党支持鉄道労連 2783~2900
10月 貨物列車が脱線、衝突 2901~2916
11月 線路作業の4人即死  闘いなくして安全なし 2917~2933
12月 東中野事故の全責任はJR当局にある 2934~2949

  1987年 月別目次  
1月 87年団結旗ひらき 385名 2443~2466
2月 2/10団結集会大成功 420名 2467~2489
3月 地獄の新会社を粉砕せよ 2490~2514
4月 土屋一派による4.7暴力事件捏ち上げ弾劾 2515~2539
5月 松崎「4.7暴力事件」捏ち上げの前日に当局に「首切り」を申し入れる 2540~2563
6月 動労西日本結成 2564~2589
7月 動労解散決定弾劾 2590~1616
8月 スト権 91.3%で確立 1617~1642
9月 関川前委員長を追悼する 1643~1666
10月 千葉県警による不当家宅捜査弾劾 1667~1691
11月 全民労連結成弾劾 1692~2712
12月 津田沼支部定期大会 実力で開催 2713~2730

  1986年 月別目次  
1月 不当処分弾劾 一か月の順法闘争に突入 2131~2153
2月 2.15第2波ストを貫徹しよう 2154~2179
3月 第2波スト 大量不当処分弾劾 2180~2203
4月 ついに自民党の軍門に下った動労松崎 綱領すら破棄し鉄労との合体を宣言 2204~2228
5月 俺たちは鉄路に生きる上映会運動 いよいよスタート 2229~2254
6月 2万人「希望」退職強要を許すな 真国労革マル「50歳以上は全員やめてもらい」 2255~2279
7月 動労革マルの総評破壊弾劾 2280~2307
8月 『毒を喰らわば皿まで』 動労組合員を売り飛ばし革マルが生き延びるために 2308~2337
9月 5万5千名の仲間が人活送り 2338~2366
10月 20日より波状的強力順法闘争を実施 2367~2395
11月 高崎に次いで動労水戸結成 38名 2396~2418
12月 動労総連合結成 2419~2442

  1985年 月別目次  
1月 動労職場で何が起きているのか 1830~1852
2月 2.20~21順法闘争 1853~1876
3月 またも津田沼で電車に謀略「ビラ貼り」 1877~1903
4月 相次ぐ自殺、組合費未払い 脱退ーー『綱紀粛正』処分 腐敗を深める動労本部 1904~1928
5月 銚子支部青年部結成 1929~1952
6月 動労本部全国大会方針を弾劾する 1953~1977
7月 今、動労職場で何が起きているのか  1978~2003
8月 革マル=嶋田誠を許すな 2004~2027
9月 第10回定期大会 大会速報 2028~2051
10月 10.20三里塚 1万5千 動労千葉450名で決起 2052~2078
11月 本日正午スト突入 1万の機動隊 500の白腕が何だ! 2079~2104
12月 第3回定期委員会 高らかに「第一波」勝利宣言 2105~2130

  1984年 月別目次  
1月 年頭の決意 反合・三里塚を闘う労働運動の真価を 1532~1552
2月 『65年までに25万人へ』仁杉総裁が国会で発言 1553~1576
3月 平野君を殺したのは当局だ 怒りの抗議行動へ 1577~1606
4月 "平野君殉職に謝罪・・当局・伊東局長が団交で確約 1607~1629
5月 「過員」攻撃の先兵=動労革マル 配転命令拒否したら懲戒解雇 1630~1654
6月 過員対策発表 「一時帰休」「出向」「退職強要」 1655~1678
7月 動労第40回全国大会批判 13地本と3分科会から修正動議 1679~1704
8月 過員対策 営業への転勤を許すな 1705~1731
9月 第9回定期大会 1732~1754
10月 動労革マル 年配者を名指しで落書き、靴に汚水 取り囲んで「やめろ」 1755~1780
11月 動労本部革マル批判 1781~1805
12月 各副支部長さんに聞く 1806~1829

  1983年 月別目次  
1月 闘春 1234~1254
2月 職場闘争で不当処分された動労組合員3名を、動労本が組合員権停止の2重処分 1255~1277
3月 入浴闘争を軸とする3月反合闘争の勝利を 1278~1303
4月 中江 堂々4位当選 北原17位当選 1304~1328
5月 声明 520不当判決を弾劾する 1329~1352
6月 本部革マル 組合員宅にデマビラ郵送 1353~1378
7月 7.2当局 出改札業務民託強行実力阻止闘争で国労組合員懲戒免職8名停職47名 1379~1404
8月 8.8集会 千葉みなと公園に2413名  1405~1431
9月 39回動労大会 9地本=3分の1代議員から『削減修正』動議 1332~1455
10月 定期大会  中野新執行委員長体制 1456~1481
11月 レーガン阻止 4500名が羽田現地闘争 動労千葉270名で決起 1482~1505
12月 2.15国鉄労働者集会 610名 国労9地本から 1506~1531

  1982年 月別目次  
1月 『闘ってはダメ』と説教する松崎。福原 動力車新聞新春座談会 0935~0956
2月 『働け運動」--「動労の考え方」は産業報国運動そのもの 0957~0979
3月 「抗議声明 81.3ジェットスト大量不当処分弾劾 0980~1006
4月 4.22県警に怒りの抗議デモ 210名 1007~1033
5月 既得権・慣行の剥奪攻撃を許すな 1034~1057
6月 革マル分子 長谷川・海宝の転勤を許すな 1058~1082
7月 動労本部ブルトレ検査係の添乗旅費の返上を決定 一人平均13万円 1083~1110
8月 臨調会館へ抗議行動を展開 1111~1134
9月 本部革マルー小川健二タレコミよる新たな破壊策動を許すな 1135~1158
10月 10,24反戦反核大阪集会50万 1159~1183
11月 乗車証見直しの強行を許すな 1184~1207
12月 現協を売り渡した動労本部革マル 実力で勝ち取るぞ 1208~1233

  1981年 月別目次  
1月 1.8~9 怒りの減産闘争開始 不当処分撤回 ジェット延長抗議 7日運休6本 8日2本 622~646
2月 2.19~25助役機関士導入阻止闘争へ 647~672
3月 首都圏ー房総ー空港心臓部を揺るがした3月大ストライキ 673~703
4月 この大量報復処分を許せるか 704~729
5月 支援基金運動が拡大前進 730~752
6月 新たな組織破壊策動を粉砕せよ 753~779
7月 デッチ上げ告訴による6名の不当逮捕を徹底弾劾する 780~808
8月 動労の警察労働組合への変質 809~833
9月 木原線廃止計画を中止せよ 834~857
10月 定期大会開催 858~883
11月 11.15錦糸町駅構内脱線事故 884~908
12月 2.14『統一準備会』発足を弾劾する 909~934

  1980年 月別目次 (準備中)  
1月  
2月  
3月  
4月  
5月  
6月  
7月  
8月  
9月  
10月  
11月  
12月   ~621

 

日刊動労千葉
ページの先頭に
前のページに戻る