*https://doro-chiba.org/index.html はリニューアルで廃止されました index.html を取り除いてください。

『Top News』

国鉄闘争全国運動6・9全国集会を開催

国鉄闘争全国運動6・9全国集会を開催

全国から労組、闘う労働者と市民が結集し集会を勝ち取りました(6月9日㈰13~東京・上野公園野外ステージ)

国鉄1047名解雇撤回! 運転士・車掌廃止- 分社化攻撃粉砕!
改憲と戦争の道を止めよう  非正規職だけの社会にさせない!
関西生コン支部弾圧粉砕! 闘う労働組合を甦らせよう!

【呼びかけ】国鉄分割・民営化に反対し、1047名解雇撤回闘争を支援する全国運動(国鉄闘争全国運動)

集会プログラム(一部)と写真紹介

●国鉄闘争全国運動呼びかけ人 鎌倉孝夫(経済学者/埼玉大学名誉教授)
●国鉄闘争全国運動呼びかけ人 鎌倉孝夫(経済学者/埼玉大学名誉教授)

「資本主義の賃金奴隷制はすべて自己責任にされる。これまでの奴隷制よりひどい。企業の金儲けの権利が人権を奪う。レーニンが提起した問題を今こそ実現するとき。自信と確信をもって前に進もう。」

動労千葉の報告 田中委員長

「関西生コン支部への弾圧を打ち破る闘いは、日本の労働組合を巡る最先端の攻防です!」「改憲絶対阻止、非正規職だけの社会にさせない!11・3労働者集会に向けてこの半年間が力を出し切ろう」」

関西生コン支部弾圧を打ち破ろう 全日建運輸連帯労組関西生コン支部 武谷書記次長

「2人の保釈勝ち取りました!残る仲間も取り戻し、弾圧打ち破ります。」 「弾圧の中でも原理・原則を貫き、奈良、大阪で解雇を許さない現場の闘いに入ってます!」「莫大な保釈金を確保するカンパにご協力を」

鉄道労組ソウル地方本部から ファンサンギル本部長、イジョンギュ総務局長、パクジョンテ調査局長

「人生をなげうって闘う1047名の解雇労働者先輩たちに敬意を表します。困難な条件でも正しい労働運動を思い悩み、実践して来た動労千葉同志たち、愛しています。国鉄分割民営化に反対し、1047名解雇撤回闘争を支援する国鉄闘争全国運動の同志たち、ありがとうございます。」

1047名解雇撤回に向けて、動労千葉顧問弁護団長の葉山弁護士ら労働委員会闘争弁護団、動労千葉争議団、動労総連合1047名協議会

「決まったことだから仕方ないではない。非正規化も改憲も私たち労働者が許さければ必ず阻止できます。必ず労働者の多数派になり、社会を変えましょう!解雇撤回へ最後まで闘います!」

運転士・車掌廃止、・分社化攻撃粉砕にむけ 関副委員長、出向裁判弁護団、相馬・津田沼支部長、動労総連合が決意を述べた。

「職場代表選挙に勝利し、現場の団結を強めてきました。次の代表選挙にも必ず勝利し、闘いを前進させていきます!」


「私たち運転士は毎日、何千何万の人を乗せて電車を動かしています。これを踏みにじり、運転士・車掌業務の専念を破壊するジョブローテーションを絶対に許すことはできません!」

結成を勝ち取ったコンビニ関連ユニオンがアピール。

「全ての労働者が待ち望んだ労働組合です。オーナーも、配送労働者も全て働く仲間として団結する組織がコンビニ関連ユニオンです! 24時間営業を拒否して8時間労働制を守りぬくために、7/11時短ストへ全力を尽くします!」

閉会のあいさつ
団結ガンバロー

 集会アピール

国鉄・JR決戦、関生弾圧粉砕を闘い抜き11・3労働者集会へ 

“国鉄闘争全国運動6・9全国集会を開催” の続きを読む

「運転士・車掌廃止」絶対許さん!③ 「ジョブローテーションでいつ、どこへ行かされるのか…」 不安を抱える仲間に訴える

団結して「反対」を貫こう!攻撃は必ず打ち破れる!

 「運転士・車掌廃止」提案では、「同一担務は最大でも10年」(実施日以前から通算)とされている。また、誰を乗務員にするかは「通常の異動」という形で、管理職の胸三寸ですべて決まる制度にしようとしている。 “「運転士・車掌廃止」絶対許さん!③ 「ジョブローテーションでいつ、どこへ行かされるのか…」 不安を抱える仲間に訴える” の続きを読む

日刊『動労千葉』

JR貨物 夏季手当「1.75箇月」の超低額回答弾劾!

JR貨物と夏季手当交渉

 6月13日、動労総連合は、JR貨物と以下の要求を掲げて夏季手当の交渉を行った。
1.2019年6月1日現在における基準内賃金に家族手当を加えた3・7箇月分を支払うこと。
2.55歳以降の社員に対する支払については、55歳到達時の等級・号俸(2018年度・2019年度ベースアップ実施後の基本給)の100%を算定基礎額とすること。
この要求に対し、JR貨物は6月13日、次の通り回答を行った。

1.基準額は、基準内賃金の1・60箇月分とする。
 なお、昨年度の災害対応に伴うこれまでの社員の皆さんの労苦に報いるとともに、新人事制度の定着化とこれを活かした今後の皆さんの成長とチャレンジに期待して、0・15ヶ月分を併せて支給する。

2.支給日は、7月5日(金)

 日貨労は、「①昨年の夏季手当(1・73)を上回った。②家族手当減額相当分の上積みをかち取った。③昨年度の災害対応に伴う労苦に報いるための上積みをかち取った」―として、裏切り妥結した。

 期末手当は、「生活給」
 19春闘における、新賃金要求づくりにおいて、「家計は1ケ月の賃金で間に合いましたか」の問いに対し、89・8%の組合員が不足したと答え、その補填に「期末手当をあてる」が41・7%を占めた。期末手当は、「ローン返済」「医療費」「食生活」など、「生活給」そのものである。特に許しがたいことは、家族手当を基準外賃金としたことだ。
これから、新人事制度の評価をめぐる闘いが始まる。生活の維持・向上という当たり前のことに、怒りも新たに闘いを継続しよう!

シニア(嘱託)の労働条件に関して申入れを行う
1.基本給(基本賃金)・調整手当は全国同一とし、退職時の賃金を確保すること。
2.嘱託社員の基本賃金、シニア社員の基本給設定の経過、該当地域別による格差が生じることについての根拠を明らかにすること。
3.シニア(嘱託)社員に対して、住宅補助金規程を適用すること。
4.働き方改革関連法の成立により2020年4月1日から「同一労働同一賃金」制度が施行されるが、会社としてシニア・嘱託社員制度における格差是正に向けてどのように対応しようと考えているのか、具体的に明らかにすること。

 これから、ダイ改後の問題点、本線運転士の高齢者対策など団交を強化します。どんどん、意見をお寄せ下さい。
65歳まで安心して働ける労働条件の確立へ、団結してガンバロー!

第48回臨時大会の成功をかちとろう!
6月23日(日)13時 DC会館

ジョブローテーション-「運転士・車掌廃止」絶対反対!第41回乗務員分科会定期委員会に結集しよう!

第41回乗務員分科会定期委員会
6月19日(水)13時~ 千葉市・DC会館2階会議室

 6月19日、第41回乗務員分科会定期委員会を開催する。本委員会は、JR東日本において新たなジョブローテーション―「運転士・車掌廃止」という許しがたい提案が行われる中で開催される。分割・民営化以来の巨大な決戦だ。ジョブローテーション提案粉砕に向けて、全支部から傍聴に結集しよう。

 鉄道の安全とJRで働く全労働者の権利を守る闘い

 会社は、「ジョブローテーション」と称して、運転士・車掌の職名と試験を廃止するとしている。運転士・車掌という職名には、乗客の命と鉄道の安全を守ってきた歴史と誇りが込められている。それを踏みにじって、「乗務係」に統一するというのだ。しかも、「同一担務は最大10年」だという。乗務員は経験がものをいう仕事だ。これで安全が守れるか!
提案は、「自動運転もできる技術があるのに乗務員に特別な職名や手当は必要ない」という考えのもとに作られている。深澤社長は、先日のシーサイドライン事故を受けてなお、「ドライバレス運転推進」を宣言した。「将来的には完全な無人化を検討」とまで言われている。
だが、われわれは多くの乗客の命を預かっている。そうである以上、「自動運転は欠陥を起こす」「安全装置が作動しない場合もある」という前提に立つ以外にない。その時、乗客の命を守れるのは、運転士であり車掌だけだ。「自動運転」を口実に、乗務員の誇りを踏みにじろうとするなど絶対に許すことはできない!
この攻撃は、単に乗務員の問題にとどまらない。乗務員は鉄道業務の最も中心に位置する職種だ。その乗務員を否定することを通して、鉄道業務そのものを否定する意味を持っている。

 ジョブローテーション粉砕へ委員会成功と決戦本部確立を

 実際、「変革2027」ではJR本体から鉄道業務すべてをなくす構想が出されている。すべての鉄道業務を外注化・別会社化していくということだ。そして、乗務員の労働条件を解体することを通して、JRで働く全労働者の労働条件を根本から解体しようという攻撃だ。
われわれは、乗務員分科会定期委員会の成功をかちとり、乗務員勤務制度改悪・ジョブローテーション提案粉砕、運転士・車掌廃止阻止に向けた闘争本部をたちあげ、全国の仲間に共に闘いにたちあがることを訴える決意だ。
全支部の結集で乗務員分科会定期委員会の成功をかちとろう。ジョブローテーション―「運転士・車掌廃止」攻撃粉砕の闘いに全力でたちあがろう。

6・23第48回臨時大会に大結集を!

日時:6月23日(日)13時~ 場所:千葉市・DC会館 2階会議室

J R東日本 夏季手当を回答!2期連続で営業収益を更新ー人口減少・高齢者を理由にして手当を抑制

「ジョブローテーション」-運転士・車掌廃止提案を粉砕しよう!

JR東日本 2019年度 夏季手当に関する回答(6/11)
1.基準額   基準額は、基準内賃金の2・ 91ヶ月分とする。
2.支払日  2019年6月28日以降、 準備でき次第とする。

2期連続で営業収益を更新ー人口減少・高齢者を理由にして手当を抑制

  6月11日、JR東日本は、2019年度の夏季手当に関する回答を行ってきた。
 回答は、基準内賃金の2・91ヶ月分の支払いとし、支払日は、6月28日以降準備でき次第というものだ。
 年末手当の支払いにあたって動労総連合は、組合要求として3・7ヶ月分の支払を求めて申し入れを行い、団体交渉での追及を行ってきた。 
 JR東日本は、2期連続で過去最高の営業収益を更新している。しかし会社側は、米中貿易問題による経済の不安定が続いていること、さらに、人口減少や高齢化による将来の鉄道利用の減少などを理由にして夏季手当の支払額を抑制する回答を行ってきた。
 一方でJR東日本は、「ジョブローテーション」提案において、運転士・車掌を廃止し、「同一担務で最長でも10年」と称して、10年で管理者になれない者は会社が好き勝手に異動や担務変更を行おうとしている。しかも、乗務員手当の改悪も目論んでいる。
 しかし、職場の中には不満や怒りが充満している。職場から「間違ってる」の声をあげよう。
職場に闘う労働組合を!

当面するスケジュール

◎第41回乗務員分科会定期委員会

 日 時 2019年6月19日(水)13時~
 場 所 千葉市・DC会館 2階会議室
*ジョブローテーション提案粉砕に向けて、 全支部から傍聴に結集しよう!

◎第48回動労千葉臨時大会

 日 時 2019年6月23日(日)13時~
 場 所 千葉市・DC会館 2階会議室

◎2019年度動労千葉を支援する会総会

 日 時 2019年7月21日(日)
 場 所 千葉市・DC会館

◎8・6ヒロシマ大行動

 日 時 2019年8月5日(月)~ 6日(火)
 場  所 広島市内

6・5千葉県労委抗議・再審査申立行動 怒りも新たに国鉄1047名解雇撤回に向けて闘いぬこう!

 6月5日、われわれは千葉県労働委員会に対して反動決定に対する徹底した抗議をたたきつけ、中労委での再審査を申し立てた。

千葉県労委の反動決定に抗議し、再審査申立てを行う (6月5日千葉県労働委員会)

 これが労働委員会の姿か!

 まず、行動にあたって抗議文を読み上げ、参加者から怒りの声をたたきつけた。
決定は、組合主張について何一つまともに検討していない。設立委員会による不当労働行為についても「不当労働行為を行ったと疑わせるような証拠はない」の一言だ。
 われわれは、不採用基準そのものが不当労働行為であったと最高裁で認めさせた。その基準の策定を指示したのが斎藤英四郎JR設立委員長であり、第3回設立委員会で正式に決定されていたことも突き止めた。それがなぜ、何の事実調べもなく「不当労働行為はない」と断言できるのか? 労働委員会はこのことについて、審理中も決定書の中でも何一つ見解を明らかにしてさえいない。村上公益委員の審理拒否の姿勢そのままの怒りに堪えない決定書だ。
 しかも、決定は村上公益委員の審理拒否を争う行政訴訟のさなかに行われている。労働委員会規則も無視した村上公益委員の審理打ち切りの不当性は完全に暴かれている。その裁判所の判断を待つことさえせず、決定を出して裁判打ち切りを狙ったのだ。
 なぜ、事実調べさえ行わずに審理を打ち切る必要があったのか? 裁判所の判断を待たず、慌てて決定を出さなければいけない理由は何なのか? 労働者の裁判を受ける権利も、労働委員会を受ける権利も否定するに等しい行為だ。どこまで労働者を愚弄すれば気が済むのか! これが「労働者救済機関」であるはずの労働委員会の姿か!
 怒りの爆発に、労働委員会事務局は「いただいた意見は公益委員に伝える」「決定書を読んでくれとしか言えない」「再審査で争ってくれ」と言うことしかできなかった。

 怒りをもって新たな闘いへ!

 6月21日の行政訴訟をめぐっては、「裁判で不当性を争うのは最終的な決定が出てから」という形での打ち切りが狙われている。だが、村上公益委員は審理開始当初から「最高裁に反する命令は出せない」と言い放ち、審理をまともに行おうともしなかった。「審査が開始された以上、事実調べを行う」という労働委員会としての当然の原則さえ踏み破って打ち切りを宣言した。
 こんなことが許されるなら、われわれの労働委員会で公正な審理を受ける権利はどこへ行ってしまうのか。審理全体が不公正なまま、決定に至るなど許されていいはずがない。
 不当労働行為の責任はJRにあり! 真実を押し隠す千葉県労委徹底弾劾! 労働委員会の審理拒否ゆるすな!
 6・21裁判闘争に結集し、不当決定を徹底弾劾しよう。怒りをもって新たな闘いにうってでて、今こそ国鉄1047名解雇撤回をかちとろう。

千葉県労委の反動決定弾劾!村上公益委員の審理拒否許すな!
6・21千葉県労委審理拒否事件 第3回裁判に結集を!
6月21日(金)11時~ 千葉地裁601号法廷にて
(10時15分 千葉県労働委員会前集合)

1047名解雇撤回!運転士・車掌廃止ー分社化攻撃粉砕!改憲阻止大行進の発展を! 国鉄闘争全国運動6・9全国集会を開催

関生支部弾圧粉砕を闘いぬき11・3労働者集会へ

鉄道労組ソウル地方本部

 6月9日、東京・上野公園野外ステージで全国から1450名が結集し、国鉄闘争全国運動の集会がかちとられた。

 国鉄・JR労働運動と関西生コン支部の解体を通して日本の労働者に屈服を迫る激しい攻撃が吹き荒れている。これと真っ向から対決し、戦争と改憲の道を許さず、闘う労働組合を甦らす集会として勝ち取られた。
 集会は、全国運動の呼びかけ人の鎌倉孝夫さんの主催者あいさつで始まった。連帯の挨拶に内房線と地域を守る会の松苗代表、外房線と地域を守る会の元吉いすみ市議、三里塚反対同盟の伊藤信晴さんが登壇した。
 動労千葉の田中委員長は「改憲絶対阻止、非正規職だけの社会にさせない!11・3労働者集会に向けてこの半年間が力を出し切ろう」と訴えた。関西生コン支部の

内房線と地域を守る会 松苗代表(右) 外房線と地域を守る会 元吉いすみ市議(左)

武谷書記次長、港合同の木下執行委員が、間生弾圧と断固闘う決意表明に続いて、韓国鉄道労組ソウル地方本部のファサンギュル長ら3名が登壇し、闘いの報告を行った。
 1047名解雇撤回に向けて、葉山弁護士ら労働委員会闘争弁護団、動労千葉争議団、動労総連1047名協議会が登壇し、中村仁君が、「決まったから仕方がないという立場を絶対に取らない。解雇撤回まで闘う」と決意を語った。
 続いて、運転士・車掌廃止、・分社化攻撃粉砕にむけ、関副委員長、出向裁判弁護団、相馬・津田沼支部長、動労水戸の石井委員長、動労連帯高崎の漆原委員長、動労総連合北海道の長尾委員長が決意を述べた。
 カンパアピール、休憩をはさんで、改憲阻止大行進の発展に向けて、広島教職員100人声明の教育労働者が8・6ヒロシマの結集を訴え、星野さんをとり戻そう全国連絡会議の戸村代表が特別報告。セブンイレブンで闘う仲間がコンビニ関連ユニオンの結成を報告。自治体労働者、洞口杉並区議、学生が改憲阻止の先頭に立つと決意を語った。
 最後に、呼びかけ人の山本弘行さんが集会アピール、花輪不二男さんが閉会のあいさつと団結ガンバロウを行い、最後にインターナショナルを合唱し集会は大成功をかちとった。

『労働学校』入学案内/日程

「働き方改革」その狙いと正体を暴く

2019年6月15日(土) 13:00~
◆「働き方改革」とは何か 講師 山本 志都(弁護士)

「働き方改革」関連法の成立から一年、私たち労働者の生活はどうなるのか?
「同一労働同一賃金」の本当の狙いは? 労働裁判に多数たずさわる弁護士活動からわかりやすく資料を豊富に交え解説いただきました。

次回講座:2019年7月20日(土) 13:00~
◆階級的団結論について 講師 片峯 潤一(動労総連合書記)
階級的労働運動路線の核心である階級的団結論を動労千葉の闘いの歴史(『労働運動の変革をめざして』)の中から具体的に明らかにする。

第19期労働学校(2019/04~2020/03)を開校

第19期労働学校が開校

労働学校ニュース
労働学校ニュース

2019年4月20日、第19期(2019/04~2020/03)労働学校が開校式と第1回講座をおこないました。

今日から一年間、第19期の労働学校に参加する方を紹介後、開校の挨拶を田中委員長がおこないました。つづけて、「動労千葉の歴史と闘い」を田中康宏(動労千葉委員長)が最初の講座をすすめました。

◆労働運動の変革をめざして―動労千葉が歩んできた道」
を演題に動労千葉結成40年の地平にたって階級的労働運動路線を全面的に提起。

今後の学校開催予定は、案内ページ/「第19期/講座カリキュラム(予定),受講生募集開始」を参照してください。

組合出版物 案内

動労千葉No.39/結成40周年 俺たちは鉄路に生きる2019

動労千葉 No.39

結成40周年 俺たちは鉄路に生きる 2019

目次

●グラビア ―結成30周年~40周年の歩み
■結成40周年にあたって 国鉄千葉動力車労働組合
■結成40周年を祝う 各界からのメッセージ
 葉山岳夫/三里塚芝山連合空港反対同盟/民主労総ソウル地域本部/ファンサンギル(鉄道労組ソウル地方本部)/中村吉政/武谷新吾/伊藤晃/金元重/鎌倉孝夫/花輪不二男/師岡武男/藤平輝夫/鈴木洋/山下俊幸/宇都宮理/鈴木義和/入江史郎/アーリーン・イノウエ/クルト・シュナイダー/シンディー・シーハン/UID-DER(トルコ国際労働者連帯協会)/ヘルベルト・クラロス(CSP-コンルータス)/高山俊吉/西川重則/宮城盛光/佐藤幸子/山本弘行/永田雅章/山田佐知子
■結成40周年記念 座談会■ 動労千葉の団結はいかにつくられたか
 ①国鉄1047名解雇撤回闘争 ②反合理化・運転保安闘争路線の確立 ③分離・独立から分割民営化反対闘争 ④20年間の外注化阻止の闘い
◎「第3の分割・民営化」攻撃と岐路に立つ日本労働運動 ―結成40周年を迎えて― 田中康宏(国鉄千葉動力車労働組合執行委員長)
◎リーマン・ショックから10年 世界は止めらない大激震に
 勝利を求めて立ち上がる全世界の労働者階級と動労千葉の闘い 藤村一行(動労千葉労働学校講師)
■第25回全支部活動者研修会-感想
■闘いの軌跡 2009~2019年(年表)

機関誌 『動労千葉』№38 2018年4月10日発行

2018年4月10日発行
国鉄千葉動力車労働組合 機関誌編集委員会

目 次
●フォト・ドキュメント――
2017~2018年の闘い                         
■改憲・戦争、労働法制解体、第3の分割・民営化攻撃と
 組織拡大を中心とした2018年の課題 
 国鉄千葉動力車労働組合 執行委員長 田中康宏 

■東労組崩壊―JRにおける労働運動再編攻撃の本質 
今こそ職場に闘う労働組合を!
      国鉄千葉動力車労働組合  

■労働法制崩壊過程と強制出向問題東京地裁判決 
      中央大学名誉教授 近藤昭雄 
75
■動労千葉の運動に見る反合理化闘争の思想
 国鉄闘争全国運動呼びかけ人
             日本近代史研究者 伊藤 晃 
●第24回全支部活動者研修会――感想

紹介 /国鉄分割・民営化と闘って30年-労働運動の変革をめざして

1047名解雇撤回、JRの第2の分割・民営化粉砕へ闘う動労千葉と国鉄闘争全国運動の軌跡と展望

国鉄分割・民営化と闘って30年

労働運動の変革をめざして

2017年6月30日発行 定価:1800円+税/(国鉄闘争全国運動)編

編者: 国鉄分割・民営化に反対し、1047名解雇撤回闘争を支援する全国運動(国鉄闘争全国運動 〒260-0017 千葉市中央区要町2-8DC会館内)

発行: 出版最前線/ 発売: 星雲社/ (動労千葉でも扱かっております) (日刊動労千葉 No.8307 活用を訴える

 目次

刊行によせて / まえがき

第1章 動労千葉の出発点――反合理化・運転保安闘争 伊藤 晃

第1節 1972年船橋事故闘争
第2節 70年代反合理化・運転保安闘争
第3節 戦後反合理化闘争批判としての運転保安闘争
第4節 三里塚ジェット燃料貨車輸送阻止闘争
第5節 動労千葉の分離・独立へ

第2章 80年代国鉄分割・民営化阻止闘争 藤村一行
第1節 第二臨調と「戦後政治の総決算」
第2節 国鉄分割・民営化攻撃
第3節 動労千葉の2波のストライキ闘争
第4節 国労修善寺大会と国鉄改革法の制定
第5節 87年4・1を突き抜けた動労千葉

第3章 1047名解雇撤回闘争と動労千葉 井町哲生

第1節 1047名闘争の位置
第2節 1047名闘争を生み出した前倒し84時間ストライキ
第3節 5・28反動判決と4党合意
第4節 1047連絡会と鉄建公団訴訟
第5節 「4者・4団体」の政治和解

第4章 外注化に立ちはだかる動労千葉 片峯潤一

第1節 新自由主義下における外注化攻撃
第2節 JR東日本における外注化
第3節 外注化を阻止し続けた闘い
第4節 外注化強行とその後の闘い
第5節 新自由主義時代の労働運動の展望

第5章 国鉄闘争の火を消すな! 国鉄闘争の新たな全国運動 白井徹哉

第1節 労働運動の力を取り戻すために
第2節 国鉄闘争全国運動結成の意義
第3節 暴かれた「国鉄改革の真実」
第4節 解雇撤回へ闘いはこれからだ

第6章 国際連帯闘争――戦争と民営化に反対して 金元重・山本弘行

第1節 国鉄闘争が切り開いた国際連帯
第2節 海を越えた不起立闘争、国際連帯の拡大と発展
第3節 韓国・民主労総との連帯と交流
第4節 国際連帯の経験が示すもの

第7章 労働運動の変革をめざして 田中康宏

はじめに
第1節 新自由主義へ立ち向かった闘いの歴史
第2節 闘う労働組合への脱皮
第3節 船橋事故闘争と反合・運転保安闘争路線の確立
第4節 ジェット燃料貨車輸送阻止闘争と動労本部からの分離・独立
第5節 国鉄分割・民営化反対闘争
第6節 戦後最大の労働争議――国鉄1047名解雇撤回闘争
第7節 JR外注化阻止・非正規職撤廃闘争
第8節 その他いくつかの闘い
第9節 労働運動の変革をめざして

あとがき