*https://doro-chiba.org/index.html はリニューアルで廃止されました index.html を取り除いてください。

『Top News』

無期限スト支援を訴え、台湾富士ゼロックス労組の上部団体が11・4に来日! 動労千葉国際連帯委員会

富士フィルム資本の傘下に入った富士ゼロックスは、今年の1月、全世界の従業員4万7千人のうち1万人の首切りを発表しました。この一環として、台湾富士ゼロックスで働く労働者に対し2020年までに全社員975人中300人をリストラするという凄まじい攻撃を開始しています。 

台湾富士ゼロックス労働組合(407人)は2017年6月から会社側と交渉を続けて来ましたが、何の進展もないためスト権投票を行い、投票率92.6%、スト賛成84・4%の圧倒的多数でスト権を確立しました。そして、この組合員の総意を背景に10月23日から無期限ストライキに突入し、リストラ計画撤回と誠意を持って団交に応ずるよう要求しています。 “無期限スト支援を訴え、台湾富士ゼロックス労組の上部団体が11・4に来日! 動労千葉国際連帯委員会” の続きを読む

日刊『動労千葉』

東労組本部は現場の怒りの抑え込み、会社の組合破壊に手を貸すな!

 常磐線の特急一人車掌化をめぐり、東労組水戸地本に対して本部から組合指令17号、18号が出されている。
17号では、会社が議事録確認の破棄と特急一人車掌化を強行したことに対して、会社を批判するのではなく、〝水戸地本が本部の指導に従わずに反対を貫いたせいだ〟〝組合員の利益を守るために、水戸地本は指令を実施すべき〟としている。
また、18号は、東労組水戸地本がマスコミの取材を受け、特急一人車掌化に批判的な記事が出たことについて、〝マスコミ対応は本部が行う〟〝組織運営上の重大な問題だ〟と批判するものだ。
そもそも特急一人車掌化は、勝田運輸区で28人、水戸支社管内で31人の車掌を削減する大攻撃だ。一人車掌化直後の10月27日には、「ときわ90号」で指定席をめぐる乗客間のトラブルで車掌が暴行を受ける事件も発生している。当然にも現場からは激しい怒りが噴出した。東労組水戸地本としても批判的見解を出さざるを得なかった。それを東労組本部は組合指令まで出して〝会社に従え〟〝反対するな〟というのだ。明らかな異常事態だ。
さらに、インターネット上で東労組本部執行部への批判を展開している「真実の声」に関して、〝各地本は、組織破壊と確認された「真実の声」に対する見解を11月15日までに本部に提出せよ〟とする組合指令を発している。12月19日には「組織・財政方針を再確立」をテーマに臨時大会が開催されることになっている。「真実の声」の背後に八王子や東京地本がいるとみて、踏み絵を踏ませて叩き潰そうとしているのだ。

 会社の組合解体攻撃に率先協力

 その背後にはJR東日本会社の意思が働いていることは明らかだ。いわば、東労組を使って東労組をつぶそうとしているのだ。〝乗務員勤務制度改悪をはじめ会社のすべての合理化・人員削減、外注化・分社化―転籍攻撃に、現場から疑問や反対の声を上げることは一ミリたりとも許さない〟〝それに従わない地本は「統制処分だ」と、会社と一体となって現場の声を圧殺する〟―東労組本部も、そうやって会社にひれ伏すことで組織温存を認めてもらおうとしているのだ。
同時に、これをJR東日本内部だけの問題ととらえることはできない。
JR総連は各単組にも12月15日までに「真実の声」に対する見解を出すよう指示している。JR北海道労組や日貨労、JR東海労、JR西労などを含めて、労働組合的な抵抗力を打ち砕く狙いだと見なければならない。
 JR北海道や貨物会社には、自らの力で労組の抵抗力を一掃する力はない。そこで東労組本部やJR総連が会社に反抗する要素を率先して叩き潰すことで、自らの存在価値を会社に売り込もうとしている。国鉄分割・民営化の時に、松崎らが首切り・退職強要や動労千葉、国労破壊攻撃を率先して担うことで生き残りを図ったことと同じことをやろうとしているのだ。
だが、会社の構えはこれまでと完全に一変している。今年2月には冨田社長(当時)が首相官邸に呼び出され、「2020年までに組合を解体しろ」と指示されている。それを社会全体への労働運動解体攻撃の突破口にしようとしているのだ。
 仮に東京、八王子、水戸地本を抑えつけたとして、現在の東労組本部派の生き残りを会社が容認するはずがない。

 今こそ職場に闘う労働組合を

 最大の問題は、幹部の自己保身のために現場労働者たちが犠牲にされていることだ。
これまで東労組幹部は、現場労働者の団結の力ではなく、会社の力に依拠して自らの地位を維持してきた。だからこそ、会社から見限られた途端に組織崩壊的な事態にまで陥ったのだ。黙っていれば会社の好きなように攻撃され、一言も声を上げられない職場にされる。
 だが、現実に列車を動かし、乗客に接し、鉄道の安全を守っているのは現場労働者だ。東労組の中で職場や労働組合について真剣に考え努力してきたが、脱退せざるを得なかった組合員や、激しい切り崩し攻撃にも耐えて東労組に残っている組合員。その一人ひとりの団結の力にこそ、会社の攻撃を阻止する力がある。
 何より必要なことは、職場に闘う労働組合を取り戻すことだ。すべての仲間は動労千葉とともに職場から声を上げ、闘いにたちあがろう。

改憲・戦争阻止!大行進の発展を 11月集会報告③ 11・4集会主な発言

11月集会報告③

11・4集会主な発言

国境越えた団結を

●韓国民主労総ソウル地域本部 チャジンガク 事務処長
民主労総は11月21日に積弊清算・労組活動の権利・社会大改革を掲げたゼネスト闘争に突入することを決意している。2020年まで持続的なゼネスト総力闘争と労働―進歩―民衆連帯闘争で社会大改革を開いていく。

●台湾 桃園市産業総労組 書記 ウーチャホン氏
日本の富士フィルムグループ傘下の富士ゼロックスは、全世界で1万人のリストラ計画を進めている。我々は台湾富士ゼロックス労組と一緒に10月23日から11日間のストライキを行い、各地にある営業所を止めた。この闘いは始まりにすぎない。全世界の労働者と連帯しもっと大きな抗議活動を行うつもりだ。

第3の分割・民営化との闘い

●動労千葉 関執行委員
 台湾の特急列車脱線事故では普段はシフト管理を担当している者が土日だけ応援業務で運転していた。JRは同じことをやろうとしている。命と安全を守りぬくために3月ダイ改阻止に向けて全力で闘う。

●幕張支部 山田支部長 
 外注化・転籍を阻止する最大の力は組織拡大だ。4月の職場代表選挙で、関副委員長が選出さ、組合員の3倍の票が入った。闘う労組の存在と闘いを示し、真剣に訴えるなら必ず通る。

●動労水戸 石井委員長
 10月16日と17日に常磐線特急車掌の1人乗務とワンマン拡大に反対しストに決起した。闘いはまだ全然終わっていない。

●動労千葉争議団・中村仁さん
●1047協議会・羽廣憲さん
 あくまでも解雇撤回を貫くために、そしてこの国のあり方を根本から変えるために、最先頭で闘いぬく。

●顧問弁護団長 葉山岳夫さ
 動労総連合は忌避却下取り消しを求めて千葉地裁に行政訴訟を提起し、同時に判決確定までの労働委員会の審査手続き中止を要求した。この裁判に全国の弁護士40人近くが代理人として参加を表明している。

「働き方改革」との闘い

●東京過労死を考える 家族の会 中原のり子さん
 私の夫は高度プロフェッショナル労働制度の先取りのような働き方をさせられ、疲れきって投身自殺した。勤務先にはタイムカードもなく、人が死んでも労働時間を証明することができなければ、労災認定されず、過労死は減る。過労死というこんな理不尽な死に方ってあるのでしょうか。
●東京過労死を考える家族の会 佐戸恵美子さん
 過労死は人災だ。労災は認定されたが、法律違反はしていないと会社は言いはった。誰も責任をとることもなく誰一人処分されていない。組合も過労死を追及することも社員に周知することもなく、一体誰のための組合なんでしょう。一生懸命に働いた挙句、過労死で未来を失うようなことが繰り返される社会にしてはいけない!

●群馬合同労働組合 清水書記長
 群馬合同労組の中央タクシー分会は、二十数人の仲間で新たに闘う労組の旗を打ち立てた。弾圧には闘いの爆発で、逮捕には完全黙秘で闘う原則を打ち立て闘いましょう。

●多国籍労組専従オルグ ルイス・カーレットさん
 日本で生活し働いている外国人は、社会保険未加入、差別取り扱い、組合つぶし、雇用の不安定といった問題がある。それらを解決しながら移民政策を考えてほしい。日本人労働者と外国人労働者は一緒に闘うしかない。

●JP労組 星野勝紀さん
 6割が非正規という職場をさらに低賃金、無権利化、評価制度で分断支配し、戦争に駆りたてている。でたらめがまかり通るのはJP労組中央が存在してるから。今年の全国大会では4分の1の反対票が入った。この怒りと結びつき吹っ飛ばしていきたい。

改憲阻止の先頭に

●日教組奈良市 増田書記長
 私たちは奈良市の市費教員大量解雇を行おうとした市教委に対し、非正規職撤廃、評価制度絶対反対を掲げて闘い、解雇を撤回させました。追い詰められた市長と市教委は組合の存在を認めない攻撃に出ました。私たちはさらなる実力闘争に打って出る準備をしています。

●千葉高教組 永井さん
 沖縄の修学旅行の平和学習プリントを作ったら、校長から回収の命令を受けた。抗議して一定手直しすれば再配布はかまわないというところまでいったが、今度は県教委が乗り出してきてだめだと。危険な動きが進んでいる。憲法改悪に反対、平和学習をしっかり教えていきたい。

●三浦半島地区教組  船木明貴さん
 道徳教育で心が管理され評価されようとしている。戦争教育に踏み込んでいる。子どもたちや青年の未来が奪われようとしている。教育労働者が声を上げなくていけない。

●中野区職員 北島一恵さん
 東京23区の人事委員会が月平均1万円、最大2万円近くの大幅賃下げを勧告した。抗議署名が組合員4万人に対し管理職や臨時職員も含め5万3925筆集まった。自治体労働者を2分の1にする「自治体戦略2040構想」に絶対反対で闘っていく。

●自治労倉敷 津島委員長
 自治労倉敷は市町村合併以前は真備町の職員組合だった。その真備地区が今回の水害で50人以上の命が失われ、市街地が水没し経営基盤が奪わた。軍事費に血税をつぎ込み、治水対策を放置してきた国の責任であり、歳出削減を目的に強行された市町村合併や非正規職化、民営化と地方切り捨て政策が被害を大きくした。改憲阻止のため組織の総力で闘うことを表明するす。

●仙台市社会福祉協議会労組 村岡康明さん
 今年3月、仙台市社会福祉協議会より雇い止めを受けた。その理由は「5年を超えると期限なく働けるようになる労働契約法ができたから、5年たったら雇い止めする」ということ。福祉現場を預かる者の誇りにかけて雇い止めを絶対に撤回させたい。

第2部 改憲阻止・一万人大行進

●とめよう戦争への道!  百万人署名運動事務局長 西川重則さん

 かつて私たちは侵略・加害の戦争を自衛戦争と信じさせられた教育を受けた。労働組合も大日本産業報国会に変えられ、戦争の歴史を歩んできた。この歴史を繰り返してはならない。

●改憲阻止! 大行進・神奈川準備会 野本三吉さん
 先輩たちは「教え子を再び戦場に送るな」「勤評は戦争への一里塚」という思いで闘ってきた。自由にものが言えなくなる学校、職場を変えて、改憲・戦争阻止のため全身全霊をかけて活動していく決意だ。

●沖縄県北中城村前村議 宮城盛光さん
 辺野古をめぐる攻防は歴史的な決戦に入っている。安倍政権は11月1日から工事を再開させ、土砂投入に踏み切ろうとしている。新基地建設阻止、改憲・戦争阻止の闘いに勝利していこうではないか。

●横田・基地被害をなくす会福本道夫さん
 横田基地では今現在、CV22オスプレイは5機で活動している。特殊作戦部隊で、夜間飛行を中心に訓練が頻繁に行われている。私は40年間裁判を続けている。これからも声を上げていく。

●福島診療所建設委員会 佐藤幸子さん
 秋の味覚であるきのこ。飯舘村のコウタケ、1万2千ベクレルです。戦後食料難の時に草や木の根っこを食べてしのいだ。今はその草や木の根っこさえも食べられない状態になっている。県は復興一点張り。ふくしま共同診療所が呼びかけでエコー検査の縮小に反対する署名を集め、5万9千筆以上集まっている。

●浪江町・希望の牧場 吉沢正巳さん
 ウソこいてアンダーコントロール、原発安全だと言いながら、実はこれはもう時限爆弾。3・11は終わっていない。オリンピックどころじゃない。

●築地を活かし豊洲を止める会 宮原洋志さん
 私たちがどうして豊洲の市場に行かないか。豊洲の建物は建築基準法違反。震度6の強い地震がきますと間違いなく倒壊する恐れがある。私たちは、絶対に築地に帰る。

●三里塚芝山連合空港反対同盟萩原富夫さん
 強制執行を止めるための裁判の判決が12月20日。我々は絶対あきらめない。裁判も実力闘争として正義を貫いていく。

 三里塚芝山連合空港反対同盟 市東孝雄さん
 最後の勝利まで闘い続けますので、どうかよろしくお願いいたします。

星野さんをとり戻そう! 全国再審連絡会議 星野暁子さん
 星野文昭を仮釈放で取り戻す更生保護委員会闘争は正念場を迎えている。要望書を集め、11月25日の高松の全国集会とパレードへの参加を。

●全学連   高原委員長
 本日、仲間2人が集会直前に逮捕された。1週間前には京大生も逮捕されている。私たちは完全黙秘・非転向で闘えば権力にすら勝てるということを知っている。勝利の日まで闘い続けます。

●憲法と人権の日弁連をめざす会  山本志都弁護士
 弁護士会執行部は、「今現在いろいろな考え方の人がいるから改憲反対とは言えない」と言う。それを聞く時に、戦前の弁護士会があまりにも急激に変質していったことを思わざるを得ません。今はそれとは違います。やはり原則を貫いて弁護士が画歴史的な闘いの先頭に立っていこうと決意しています。
この秋、まず改憲発議をとめましょう。弾圧にも改憲にも全面的に闘っていきます。

閉会あいさつ

●全日健関西生コン支部 西山直洋執行委員
 大阪府警本部に19人の仲間が不当逮捕されたが19人を奪還できた。あとは委員長を含めて滋賀県警による不当弾圧の4人の仲間がまだ奪還されていない。今年中に奪還する。労働者の力強い団結で世の中を変えていくために、団結してがんばろう。

改憲・戦争阻止!大行進の発展を

台湾事故は重大問題だ! 乗務員勤務制度改悪粉砕まで闘いぬこう!

10/30乗務員勤務制度改悪提案 JR本社団交(総連合申14号)②

台湾事故は重大問題だ!
乗務員勤務制度改悪粉砕まで闘いぬこう!

 10月30日、動労総連合申14号の組合要求に基づき乗務員勤務制度改悪提案に関する第2回の団体交渉を行った。

 明けでの乗務をやめろ!

組合 明けでの乗務が現場でも多発している。勤務終了後も乗務労働を行う前提の勤務を考えているのか。
会社 勤務は就業規則に則って指定している。突発で発車時間までに乗務員があてられなければ、明けでの乗務を指示することは十分ありうる。
組合 明けでの乗務は安全上の問題があり制限すべきだ。支社課員についても、乗務後に超勤を指示するのか。
会社 業務が残っていれば、上長の指示で超勤を行うことは想定している。
組合 支社では短時間行路に乗務した人だけ終業時間が早い。ダイ改など多忙時に帰れるのか。超勤が常態化してしまうのではないか。
会社 今でも時間外労働については上長が平準化を図っている。業務が残っていても、上長が明日でいいという判断もできる。
組合 超勤で支社の業務をやって、翌日は乗務ということもある。
会社 次の日に7時から乗務が入っている社員に22時まで時間外労働をさせるとはならない。
組合 乗務労働が増えるなら人数を増やさないと業務量とつり合わない。現状でも、指導員が添乗すれば仕事が残って残業せざるを得ない。
会社 支社なら業務量はグループ内で調整する。業務の見直しも進める。
組合 必要だから今の業務もある。
会社 普通には仕事が回らないことが業務見直しのきっかけになる。
組合 当該に負担が行くだけだ。短時間行路に乗務する場合の在宅休養時間の考え方はどうなのか。
会社 支社課員等は、交番ではないので交番作成規定は適用されない。日々の運用で対応する。在宅休養時間の制度を作る考えはない。
組合 サテライト勤務の場合、出退勤はどうなるのか。
会社 具体化していない。今後、規定などを順次整備していきたい。
組合 勤務場所は運輸区になるのか。
会社 地区センターのような、いろんな系統が集まれる場所にオフィスを設ければ、より効果的と考えている。

 台湾事故を見据えるべき

組合 台湾事故の運転士は、普段はシフト管理担当で土日だけ乗務していた。提案にある、乗務を専門としない人の運転で事故を引き起こした。
会社 安全を大前提に週3回程の乗務を提案した。台湾事故とは別物だ。
組合 車両故障があったが運行が優先された。回復運転を指令から指示されて速度超過していた。普段が管理側であるがゆえに、指示を拒否できなかったのではないか。
会社 助役職以上の乗務は想定していない。主務職はあくまで一般職だ。
組合 「専門の運転士でなくてもいい」と、安全のための制度を緩和していった結果ではないのか。
会社 これまで乗務していた人が引き続き乗務もしながら、支社等の仕事を行う。兼務発令後も訓練などは行う。安全性は損なわれない。
組合 専門的に毎日乗務する中で、変化にすぐ気が付ける。間違った指示は拒否できる乗務員を作ることが必要だ。週3日の短時間行路でできるのか。現実に大事故が起こったことを重く受け止めるべきだ。
会社 現段階で台湾の事故を理由に提案を見送る考えはない。

 十分な睡眠時間の確保を

組合 5時間以下の睡眠で飲酒状態と同等という米自動車協会の調査結果があるが、どう考えるのか。
会社 調査はあくまで車だ。鉄道と一律には考えられない。現行で休養はきちんととれる。現場からこの作業ダイヤがきついという意見があれば留意する。在宅時の自己管理も必要だ。
組合 睡眠時間が5時間を切る泊勤務も多い。前後泊を含めて月の半分くらい職場に泊まることもある。どうやって良質な睡眠が得られるのか。さらに拘束時間を延長し効率化を進めるといっている。一般線区も拘束時間の上限が必要だ。
会社 一般線区の特性上、行きの列車が決まると帰りも大体決まる。拘束時間を一律に決めると運営がうまくいかないため、稠密線区と分けている。
組合 前後泊の勤務が多くても規定の範囲内だから問題ないとされる。拘束時間や退勤時間、前後泊数を制限する制度が必要だ。

 異常時対応の要員は必要

会社 標準数は業務量に見合った数なので変わらない。現在員数については支社課員などが入ることになる。
組合 標準数には研修や会社行事にとられる人員が入っていない。恒常的に必要な要員であり入れるべきだ。
会社 標準数はあくまで目安だ。乗務員の年休はほぼ消化されており、現在員数は適切と考えている。
組合 研修が多い時期などは勤務発表時から休勤が入っている。
会社 すべて休勤なしで回るほど要員を確保することは現実的ではない。
組合 災害時や輸送混乱時には交代の要員が取れずに一人の乗務員が背負うといったことが起こっている。
会社 かつてより異常時の要員の余裕は減っている。必要な要員は確保していく。標準数の考えは変更しない。

 乗務員養成の将来像

組合 ワンマン運転拡大が全社的に行われている。車掌の大幅な減少は、運転士登用に影響しないのか。
会社 車掌の要員や養成数を減らせば、運転士になる人材が絞られる。ワンマン化拡大ですぐに車掌の養成をやめることは考えていない。将来的にはワンマン化が進み、どこかの段階で絞る必要がある。
組合 将来の運転士養成はどうなるか。
会社 しかるべき時期に提案する。
組合 駅から、車掌、運転士という関係が崩れてきている。車掌を経ずに運転士ということも考えているのか。
会社 そもそも本体の駅が減っている。検討しているわけではないが、直接運転士ということもありうる。
組合 エルダー運転士や車掌の関係で養成数を絞っていないのか。
会社 現段階で将来を見込んで絞っているということはない。

 高齢者交番設定は急務だ

組合 高齢法では短時間勤務などの制度導入が求められている。エルダー運転士への配慮は必要だ。
会社 短日数勤務を理由なく申請できるよう制度変更した。配慮した結果だ。
組合 「変革2027」と提案との関連はあるのか。
会社 直接はないが輸送サービススタッフという将来像などリンクしている。具体化されているものではない。

*今回の団交で申14号による本社交渉は終了し、闘いは各支社間での交渉に移る。

JR東の年末手当回答弾劾! 組合要求に基づく回答を!/鴨川支部定期大会開催

JR東日本の年末手当回答弾劾!
組合要求に基づく回答を行え!

JR東日本 2018年度年末手当に関する回答

1.基準額
基準額は、基準内賃金の3・18ヶ月分とする。

2.支払日
2018年12月4日以降、準備でき次第とする。

7期連続で営業収益を更新ー一方でコスト削減と効率化推進を公言

 11月14日、JR東日本は、2018年度の年末手当に関する回答を行ってきた。
 回答は、基準内賃金の3・18ヶ月分の支払いとし、支払日は、12月4日以降準備でき次第というものだ。
 年末手当の支払いにあたって動労総連合は、組合要求として3・7ヶ月の支払を求めて申し入れを行い、団体交渉での追及を行ってきた。 
 JR東日本の経営状況は、7期連続で過去最高の営業収益を更新し続けている。しかし会社側は、燃料費の高騰や警備等の委託費が増加したこと、エルダー制度の変更に伴う人件費の増加等により全体の収益は減少したこと、さらに、今後も人口減少による利用者減、米中での貿易問題等による株価の変動等、先行きが不透明であり、今後もコスト削減や効率化が必要であるとの主張をくり返すという状況であった。
 しかし、現場では、乗務員勤務制度の改悪により今まで以上の長時間拘束とロングランが強制されようとしている。また、駅業務は次々に外注化されている状況にある。
 こうした現状の中で、年末手当は、生活する上で必要不可欠であり、組合要求に基づく支払を求めて追及を行ってきた。

第24回鴨川支部定期大会開催(10/26)

乗務員勤務制度改悪阻止ー反合運転保安闘争の確立を闘いぬく方針を確立

 鴨川支部は、10月26日、鴨川市内において、第24回定期大会を開催し、乗務員制度改悪阻止、反合運転保安確立に向けた闘う方針を満場一致で確立した。
 大会は、上村副支部長の開会あいさつで始まり、議長に渡辺(正)君を選出して議事が進められた。
 冒頭、渡辺(雅)支部長は、乗務員勤務制度改悪阻止の闘い、外房線と地域を守る会の署名運動など、この1年間の闘いへの協力に感謝を述べた後、「2020年に外房線へのワンマン運転導入が行われようとしている。ローカル切り捨てに対して地域と一体となって闘いぬこう。また、今後エルダーが増えることになるが、支部一丸となって闘いぬこう」と訴えた。
 来賓挨拶では、田中委員長から、JR東日本をめぐる状況、各運転職へのシミュレーター導入の意図、乗務員勤務制度改悪阻止に向けた今後の闘い、そして11・4労働者集会への全力結集が訴えられた。
 執行部から、経過報告、17年度決算報告、18年度運動方針案、予算案が提起された後、活発な質疑応答が行われた。
◆大会で議論になったエルダー組合費及びスト生活資金の取り扱いについて説明してほしい。
◆エルダーで他の事業所に移った場合の支部所属について本部として検討してもらいたい。
◆物販オルグは今後どのように進めていくのか。
◆先日の台風のとき、鴨川駅の入換で、乗務員の手配もせずに指令が開通を指示したため踏切が15分も鳴動するなど、信じられない事態になった。
◆19年度のエルダー雇用についてどうなっているのか。
 質疑に対する答弁が行われた後、経過、方針案について一括して採択が行われた。
 その後、支部役員の選出が行われ、上村新支部長が選出され、新体制が確立された。
 最後に上村新支部長の団結ガンバロー三唱で鴨川支部定期大会は成功裡に終了した。
 大会後、今年度退職を迎える組合員の激励会が和気あいあいの中行われた。

エルダー組合員同士の意見交換と団結強化に向け エルダー組合員交流会に集まろう!

出向先の労働条件・職場環境改善、団結強化に向けエルダー協議会を強化しよう!

 現在、動労千葉は、多くの組合員が定年退職を迎え、エルダーとして働いている現状にあります。
 こうしたことに踏まえ、本人希望に基づくエルダー雇用の実施、エルダー雇用先での労働条件改善等を組合の最重要課題と位置づけて取り組みを行ってきました。

清掃、構内、検修、駅、メディア等多岐にわたる職種

 とくに、エルダー組合員が働く職場・職種が多岐にわたる状況にあります。CTSの場合、清掃だけでも津田沼、幕張、京葉の各車両基地、千葉駅等の駅舎、線区毎の各駅、外周の事業所での車両清掃等があり、さらに仕業・構内業務や検修業務も行っています。また、駅業務では、JESSに委託された各駅で1人勤務を行っているところもあります。
 一方、動労千葉組合員がエルダーで働くことにより職場の状況も大きく変化しています。今年の夏は酷暑といわれる状況の中で、飲み物や冷蔵庫の設置などの改善が進みました。
また、幕張では昨年夏の死亡に踏まえたAEDの設置も実現し、職場代表選挙では動労千葉組合員が当選し、CTSで働く労働者からの信頼と期待も大きくなっています。
 こうしたことはほんの一部ですが、これまでエルダー組合員が仕事を行う中でCTSの労働者と一緒に苦労し考え、職場環境や労働条件の改善のために声を上げたことが少しずつ形となってあらわれています。

全てのエルダー組合員は、交流会に参加しよう!

  こうしたことを踏まえ動労千葉は、エルダー協議会の強化を図るとともに、エルダー組合員同士の情報や意見交換の場として、「エルダー組合員交流会」を左記のとおり開催します。全てのエルダー組合員の結集を訴えます。

エルダー組合員交流会

日 時 11月26日(月)27日(火)28日(水)
 ※各日、13時~、18時~
場 所 DC会館2階会議室
 その他 会食を含めて交流会を行う予定です。

当面する行動予定

◎第33回動労総連合定期全国大会

日 時 2018年12月9日(日)
11時開会
場 所 千葉市・DC会館

*闘う労働運動の再生に向けて、傍聴に結集しよう!

『労働学校』入学案内/日程

第18期労働学校 八回目講座

2018年11月17日(土)
◆日本労働運動史 講師 井町 哲夫(労働運動研究家)
 1047名解雇撤回闘争を柱とする国鉄闘争の切りひらいている地平を動労千葉、動労水戸の闘いを通して明らかにする。(下記に章題)

◎国鉄1047名闘争とは
◎戦後労働運動と国鉄労働運動の位置
◎国鉄分割・民営化を経て、社会はどう変わったか(新自由主義と社会)
◎1047名解雇撤回闘争の経過―戦後労働運動・総評労働運動の問題点の検討
◎国鉄闘争全国運動―地労委闘争

次回以降の講座予定

2018年12月16日(土) 13:00~
◆社会保障制度改悪との闘い
講師 山部 明子(社会保障制度研究家)
 医療・介護態勢の崩壊が進み、同時に全面的転換が強行されている中で、それと対決する闘いを明らかにする。

2019年1月19日(土) 13:00~
◆帝国主義と戦争
講師 久木野 和也(ちば合同労組執行委員)
 帝国主義論を明らかにすると同時に帝国主義戦争がなぜ起きるのかを提起する。

2019年2月16日(土) 13:00~
◆戦争・改憲攻撃について
講師 高山 俊吉(弁護士・国鉄闘争全国運動よびかけ人)
 2018~2019年、戦争と改憲の決戦にとつにゅうしたことを明らかにする。

2019年3月17日(土) 13:00~
◆階級的労働運動
講師 動労水戸
 動労水戸の職場生産点の闘いを通してつくり上げた階級的労働運動の教訓。

修了式 2019年3月16日(土) 16:00~

=*==*=*=*==*=*=*==*=*=*==*=*=*==*=*=*=

第18期労働学校 五、六回目講座

第18期労働学校 五、六回目講座

2018年8月18日(土)(終了)・9月22日(土)13:00~(15日予定を変更します)
◆資本主義とはどういう社会か
講師 鎌倉 孝夫(埼玉大学名誉教授・国鉄闘争全国運動よびかけ人)
マルクスの『資本論』を分かりやすく提起する。テキストは『資本主義とは何か』(労働者学習センターブックレット:鎌倉孝夫)。『資本論体系の方法』(日本評論社)など著書多数

次回以降の講座予定

2018年10月20日(土) 13:00~
◆韓国民主労総のたたかい
講師 金 元重(千葉商科大学教授・国鉄闘争全国運動よびかけ人)
民主労総のゼネストが社会変革の展望をきりひらいていることを明らかにする。

2018年11月17日(土) 13:00~
◆日本労働運動史
講師 井町 哲夫(労働運動研究家)
 1047名解雇撤回闘争を柱とする国鉄闘争の切りひらいている地平を動労千葉、動労水戸の闘いを通して明らかにする。

2018年12月16日(土) 13:00~
◆社会保障制度改悪との闘い
講師 山部 明子(社会保障制度研究家)
 医療・介護態勢の崩壊が進み、同時に全面的転換が強行されている中で、それと対決する闘いを明らかにする。

2019年1月19日(土) 13:00~
◆帝国主義と戦争
講師 久木野 和也(ちば合同労組執行委員)
 帝国主義論を明らかにすると同時に帝国主義戦争がなぜ起きるのかを提起する。

2019年2月16日(土) 13:00~
◆戦争・改憲攻撃について
講師 高山 俊吉(弁護士・国鉄闘争全国運動よびかけ人)
 2018~2019年、戦争と改憲の決戦にとつにゅうしたことを明らかにする。

2019年3月17日(土) 13:00~
◆階級的労働運動
講師 動労水戸
 動労水戸の職場生産点の闘いを通してつくり上げた階級的労働運動の教訓。

修了式 2019年3月16日(土) 16:00~

=*==*=*=*==*=*=*==*=*=*==*=*=*==*=*=*=

受講生募集要項

●開校時期  2018年4月21日(土)
●募集人員  40人程度 ※各講座毎の受講も受け付けます。
●募集〆切  2018年3月末
●入学手続  受講申込書に必要事項を記入し、受講料をそえて労働者学習センター事務局へ申し込んでください。
●学習期間  2018年4月~2019年3月、毎月第3土曜日
●受講料   1万円(資料代などの費用が含まれています)。講座ごと受講生は1回1000円
●納入方法  一括納入、分割納入どちらでもかまいません。送金は労金口座振込、郵便振替、現金書留でお願いします。受講日当日、受付にて現金納入も受け付けます。
●修了資格  毎回感想文を提出し所定のカリキュラムを修めたものには修了証書を交付いたします。
●学習会場  DC会館/会議室(JR総武本線・東千葉駅前)

受講料納入方法

●現金書留

労働者学習センター事務局 宛
〒260-0017 千葉市中央区要町2-8 DC会館内

●振込

 ①中央労働金庫千葉支店(261)普通預金5050418 口座名称「労働者学習センター」
②郵便振替 口座番号00140-5-605635 口座名称「国鉄千葉動力車労働組合」
※通信欄に「第13期労働学校基礎(実践)講座受講料」とご記入下さい。

不明な点がありましたら下記の、労働者学習センター事務局までお問い合わせ下さい。
千葉市中央区要町2-8 DC会館内 労働者学習センター事務局
TEL 043(222)7207 FAX 043(224)7197
Eメール doro-chiba@doro-chiba.org

 

組合出版物 案内

機関誌 『動労千葉』№38 2018年4月10日発行

2018年4月10日発行
国鉄千葉動力車労働組合 機関誌編集委員会

目 次
●フォト・ドキュメント――
2017~2018年の闘い                         
■改憲・戦争、労働法制解体、第3の分割・民営化攻撃と
 組織拡大を中心とした2018年の課題 
 国鉄千葉動力車労働組合 執行委員長 田中康宏 

■東労組崩壊―JRにおける労働運動再編攻撃の本質 
今こそ職場に闘う労働組合を!
      国鉄千葉動力車労働組合  

■労働法制崩壊過程と強制出向問題東京地裁判決 
      中央大学名誉教授 近藤昭雄 
75
■動労千葉の運動に見る反合理化闘争の思想
 国鉄闘争全国運動呼びかけ人
             日本近代史研究者 伊藤 晃 
●第24回全支部活動者研修会――感想

紹介 /国鉄分割・民営化と闘って30年-労働運動の変革をめざして

1047名解雇撤回、JRの第2の分割・民営化粉砕へ闘う動労千葉と国鉄闘争全国運動の軌跡と展望

国鉄分割・民営化と闘って30年

労働運動の変革をめざして

2017年6月30日発行 定価:1800円+税/(国鉄闘争全国運動)編

編者: 国鉄分割・民営化に反対し、1047名解雇撤回闘争を支援する全国運動(国鉄闘争全国運動 〒260-0017 千葉市中央区要町2-8DC会館内)

発行: 出版最前線/ 発売: 星雲社/ (動労千葉でも扱かっております) (日刊動労千葉 No.8307 活用を訴える

 目次

刊行によせて / まえがき

第1章 動労千葉の出発点――反合理化・運転保安闘争 伊藤 晃

第1節 1972年船橋事故闘争
第2節 70年代反合理化・運転保安闘争
第3節 戦後反合理化闘争批判としての運転保安闘争
第4節 三里塚ジェット燃料貨車輸送阻止闘争
第5節 動労千葉の分離・独立へ

第2章 80年代国鉄分割・民営化阻止闘争 藤村一行
第1節 第二臨調と「戦後政治の総決算」
第2節 国鉄分割・民営化攻撃
第3節 動労千葉の2波のストライキ闘争
第4節 国労修善寺大会と国鉄改革法の制定
第5節 87年4・1を突き抜けた動労千葉

第3章 1047名解雇撤回闘争と動労千葉 井町哲生

第1節 1047名闘争の位置
第2節 1047名闘争を生み出した前倒し84時間ストライキ
第3節 5・28反動判決と4党合意
第4節 1047連絡会と鉄建公団訴訟
第5節 「4者・4団体」の政治和解

第4章 外注化に立ちはだかる動労千葉 片峯潤一

第1節 新自由主義下における外注化攻撃
第2節 JR東日本における外注化
第3節 外注化を阻止し続けた闘い
第4節 外注化強行とその後の闘い
第5節 新自由主義時代の労働運動の展望

第5章 国鉄闘争の火を消すな! 国鉄闘争の新たな全国運動 白井徹哉

第1節 労働運動の力を取り戻すために
第2節 国鉄闘争全国運動結成の意義
第3節 暴かれた「国鉄改革の真実」
第4節 解雇撤回へ闘いはこれからだ

第6章 国際連帯闘争――戦争と民営化に反対して 金元重・山本弘行

第1節 国鉄闘争が切り開いた国際連帯
第2節 海を越えた不起立闘争、国際連帯の拡大と発展
第3節 韓国・民主労総との連帯と交流
第4節 国際連帯の経験が示すもの

第7章 労働運動の変革をめざして 田中康宏

はじめに
第1節 新自由主義へ立ち向かった闘いの歴史
第2節 闘う労働組合への脱皮
第3節 船橋事故闘争と反合・運転保安闘争路線の確立
第4節 ジェット燃料貨車輸送阻止闘争と動労本部からの分離・独立
第5節 国鉄分割・民営化反対闘争
第6節 戦後最大の労働争議――国鉄1047名解雇撤回闘争
第7節 JR外注化阻止・非正規職撤廃闘争
第8節 その他いくつかの闘い
第9節 労働運動の変革をめざして

あとがき

機関誌『動労千葉』No.37 2017/03/04発行

機関誌『動労千葉』No.37 2017/03/04発行 頒価600円

国鉄分割・民営化化30年 闘う労働運動の復権を–第2の分割・民営化との対決

目次

●フォ卜・ドキュメント–2016~2017年の闘い

■国鉄分割・民営化から30年 新自由主義の破産と第2の分割・民営化攻撃 国鉄千葉動力車労働組合執行委員長 田中康宏
●資料”働き方改革”の正体–雇用・労働・社会保障の歴史的転換との闘い

■アメリカ・トランプ大統領の登場は何を意味するか
 崩れゆく世界、未曽有の大激動期に突入。労働者階級はこの情勢にいかに立ち向かうか
 –韓国労働者階級をはじめ全世界の労働者人民との連帯を深め、労働者の力で1%の資本家・支配階級にとどめを
  動労千葉労働学校講師 藤村一行

●第23回全支部活動者研修会–感想

 今年は国鉄分割・民営化から30年になります。私たち国鉄千葉動力車労働組合(動労千葉)は、85~86年の2波のスト以来、国鉄分割・民営化反対を貫いて全力で闘ってきました。この節目にあたり、1月29~30日に第23回全支部活動者研修会を開催しました。ここでの意思統一の下に、2・12国鉄集会を成功させ、17春闘を全力で闘っています。本誌には研修会での二つの講演を収録しました。田中康宏委員長が、第2の分割・民常化粉砕へ闘う方針を全面的に提起しました。動労千葉労働学校講師の藤村一行さんは、アメリカ・トランプの登場を中心に激動する現代世界を舌鋒(ぜっぽう)鋭く説き明かしました。時代の転換点にあたって階級的労働運動の復権が求められています。そのために、本誌をご活用ください。

【上 表紙写真】民主労総ソウル地域本部とともに呼びかけた「東京―ソウル国際共同行動」の一環として、韓国の労働者大会―民衆総決起大会に参加した220 名の動労千葉訪韓団。100 万人を超える民衆とともにパククネ退陣へ闘った(2016 年11 月12 日 ソウル)
【下 裏表紙写真】「DL業務の労働条件確立! 本線運転士の乗務行路緩和ー高齢者対策の実施」を求めて工臨行路の指名ストを決行し、JR千葉支社に抗議行動(2016 年9月13 日 千葉)