いよいよ時給1500円を実現する時だ! CTS春闘の課題-20春闘で抜本的な賃上げを!

「生きていける賃金」にはほど遠い! CTSは1月1日付で契約・パート社員の時給を30円引き上げました。これは昨年8月の20円引き上げに続くもので、2019年度は合わせて50円(月額換算8千円)の引き上げとなります。正社員についても20...

(車両技術分科 2020年新年座談会) 「ミライ構創」―鉄道業務の全面外注化・転籍攻撃うち破ろう!労働組合の真価を発揮して闘おう!

――19年は施策の面でも東労組の状況からも、労働組合の真価が問われた年ではないかと思います。 半田 東労組が崩壊したことは大きい。ほとんど抜けちゃった。社友会も幕張ではうわさ話だけ。その中で、現場では労働者代表選をやってきた。...

ジョブローテーションを元に戻せ! 運転士、車掌は必要だ

北嶋分科会会長  乗務員の仕事は、10年程度で出来るような仕事ではない。ジョブローテーションや乗務員廃止提案に怒りしかない。なんで東労組本部はジョブローテーション提案を妥結してしまったのか。東労組組合員に対する裏切りだ。ほとんどの人が乗務...

どんなに道が険しくとも真実は消せない   1047名解雇撤回! JR採用を勝ち取るぞ!

  組合員、そして動労千葉と1047名解雇撤回闘争を支援頂いてるみなさん。19冬季動労千葉物販闘争へのご協力ありがとうございます。 私たち動労千葉が、1047解雇撤回闘争で勝ち取り切り開いたJR不採用にあたっての最高裁の「不採用基準そのも...

新支部長新年あいさつ

社友会を許さず 鴨川支部 渡辺支部長 新年あけましておめでとうございます。鴨川支部の渡辺です。 2020年を迎えて、1047名解雇撤回・JR復帰をかちとり、乗務員勤務制度・「ジョブローテーション」、運転士・車掌職廃止攻撃に向...

動労千葉らしく、一糸乱れぬ団結で闘おう 2020年団結旗開き開催

今年こそ本当の勝負の年、本格的な組織拡大を! 動労千葉は1月11日、午後1時からDC会館で団結旗開きを開催した。繁沢副委員長の開会あいさつ、佐藤執行委員の司会で進められた。 関委員長から年頭の挨拶が行われ、「「徹底抗戦を貫いて闘う中でこ...

台風15号時の様々な問題が明らかに 労働者の安全より運行を優先するな!

〈台風19号勤務上の問題についてアンケート報告③〉 台風15号関係の問題点/台風関係で気づいたこと等  台風15号時の様々な問題が明らかに 労働者の安全より運行を優先するな! 報告③では台風15号時に関係する問題点や台風問題につ...

「ミライ構創」JR本社団交 水平分業―出向の構想について追及

動労総連合申第12号 「ミライ構創」JR本社団交 検修職場の将来像、水平分業―出向の構想について追及 動労総連合は昨年12月16日、「ミライの車両サービス&エンジニアリング構創」に関して申第12号に基づくJR本社団体交渉を行った。 ...

闘春  弁護団 空港反対同盟 OB会 家族会 新年のあいさつ

 闘 春 顧問弁護団 新年のご挨拶 動労千葉顧問弁護団長 葉山岳夫  安倍政権は、新自由主義の体制的危機を乗り切るため、9条改憲を強行し、戦争国家化し、侵略戦争への道に突入しようとしています。外への侵略戦争策動は、内への労働組合弾圧、...

新春インタビュー(下)関道利新委員長に聞く

全組合員の力でJR―グループ会社を貫く 本格的な組織拡大をかちとろう! ――闘いの課題についてお願いします。 「新たなジョブローテーション」では、「同じ職種、同じ職場は最大10年」という攻撃がかけられています。しかも、4月には運転...

新春インタビュー(上)関道利新委員長に聞く

新執行体制を確立した2019年の闘い 動労千葉らしく、一糸乱れぬ団結で闘おう ――昨年の定期大会で新たに関委員長体制になりました。新たな年の課題などを伺いたいと思います。18年間の田中委員長体制から代替わりとなりました。 9月定期...

2020年   闘春

意気軒高と闘いぬく!  2019年はJRの「第3の分割・民営化」攻撃の激化と一体の安倍の改憲・労組解体攻撃との全面的な対決の年でした。また、1047名闘争も敵の弱点を突いて千葉県労働委員会の審理拒否―行政訴訟の千葉地方裁判所の却下攻撃...
タイトルとURLをコピーしました