バックナンバー2001
1979.1.8創刊  闘いの指針!

home page たたかう労組ネットワーク 機関誌・紙案内 労働学校ニュース
スケジュール 組織概要紹介 リンク集 DC通信(NEWS &)

日刊動労千葉 1998年1月~12月分

  1998年 月別目次
資料
 
 
1月 闘春 大月事故の本質 4715~4728
2月 日経連労問研報告を許すな 4729~4742
3月 第一波スト貫徹 96名がスト決起 4743~4762
4月 最大の正念場を迎えた国鉄闘争 4763~4777
5月 有事立法上程弾劾 4778~4793
6月 怒りの日、5.27 反撃の転機に 4794~4509
7月 深刻化するJR貨物の経営危機 4510~4526
8月 国労大会 怒りの声で跳ね返された『路線転換」 4527~4540
9月 大失業と戦争の時代に通用する新しい世代の動労千葉を 4541~4553
10月 勝負の時を迎えた1047名闘争 4554~4770
11月 崩壊する列車運行能力 異常時対応能力 4771~4886
12月 歴然とした輸送混乱時の問題点 4887~4887
ホームページへ

1998年12月

25日

年度末合理化 提案される 4898

24

総連合13回大会 4897

22日

館山支部大会 いすみ支部大会 4896

21日

京葉支部大会 幕張支部大会 4895

18日

総武支部定期大会 木更津地労委 ガサ損倍裁判 4894

16日

国鉄改革法承認は労働運動崩壊の道 4993

14日

千葉転支部大会 津田沼支部大会 4992

11日

歴然とした輸送混乱時の問題点 4991

9日

DL問題で交渉 4890

7日

鴨川支部大会 11.29国会闘争に立つ 4889

4日

12月ダイ改交渉始まる 4888

2日

千葉支社交渉 デタラメな理由の配転をやめろ 支部代表者会議 4887


1998年11月

30日

木更津支部大会 新小岩支部大会 4886
29日 職場は怒りに包まれた JR貨物2.1ヶ月の超定額回答 4885
26日 乗務員分科定期委員会 4884
24日 ダイ改交渉始まる 1 4883
20日 千葉機関区支部大会 4882
19日 もう一押し 11.29国会闘争へ 戦争法案廃案へ 4881
17日 貨物格差回答 11.25緊急行動 新小岩 4880
16日 DL問題はなにも解決していない 4879
13日 11.8集会報告② 4878
12日 11.8集会報告① 4877
10日 台風通過後に大混乱に関する交渉 4876
9日 貨物格差回答許すな 4875
6日 台風通過後に大混乱? 4874
5日 団結運動会開催 4873
4日 あと5日 11・8へ 4872
2日 崩壊する列車運行能力 異常時対応能力 4871

1998年10月

30日

11・8へ 怒りを忘れるな 4870

29日

JR東労組 親和会も同期会もサークルも解消しろ 4869
27日 勝負の時を迎えた1047名闘争 4868
26日 支部代 重大局面を迎えた国鉄闘争「 4867
23日 10.21雨の中国会デモ 4866
22日 旧国鉄債務処理法案の成立弾劾 4865
21日 11/8根こそぎ決起を 4864
20日 11・3団結運動会へ 4863
19日 98年度出向者協議会  4862
15日 10.11三里塚集会開催 4861
13日 11/8闘う労働組合のネットワークを 4860
12日 台風後の輸送混乱 明らかに人災だ 4859
9日 10.21国会デモへ 周辺事態法関連法 4858
8日 物販担当者会議 4857
6日 10.11三里塚へ 4856
5日 貨物労の動乗勤裏切り妥結弾劾 4855
2日 大会報告3 4854

1998年9月
30日 大会報告2 4853
28日 定期大会盛大に開催 4852
26日 JR東 ダイ改の労働条件提案 4851
25日 戦争法案廃案に 国会デモうちぬく  4850
21日 大失業と戦争の時代に通用する新しい世代の動労千葉を 4849
18日 被災支援連 闘いはおわっていない 4848
16日 朝鮮侵略戦争突入を許すな 4847
11日 貨物10月ダイ改で交渉 4846
10日 26回定期大会の成功を 4845
7日 労基法改悪 衆院強行採決弾劾 4844
4日 線見・操縦訓練問題で団交 4843
3日 100万人署名で有事立法を止めよう 4842
1日 世界恐慌への危機 4841

1998年8月
31日 12月ダイ改に向け交渉② 4840
28日 9.23国会闘争へ 4839

27日

労働条件にむけて団交始まる 4838

26日

8.6―8.9ヒロシマ、長崎 4837

24日

国労大会 怒りの声で跳ね返された『路線転換」提案 4836

21日

貨物 仕業の緩和を 4835

20

8.29集会へ 4834

17日

次期ダイ改に向け労働条件改善を申し入れ 4833

14日

5.28判決・自民党3条件弾劾 4832

12日

国労大会を前に訴えます 4831

10日

2.28判決弾劾の大運動を 4830

7日

貨物会社 10月ダイ改を提案 4829

5日

地本書記長を自ら決めることも許されない組合とは 4828

貨物動乗勤 抜本的改善申し入れ 4827

1998年7月

31日

予科生運転士登用差別事件 早期命令を求め中労委申し入れ 4826

30日

神奈川 関西で支援する会 4825

28日

誉田駅第2場内信号の撤去を 4824

27日

勝浦地労委 勝利的に結審 4823

24日

貨物会社 動乗勤改悪を提案

4822

23日

地引き網大会 280名で盛大に開催

4821

21

掲示板等便宜供与差別事件 中労委 田中書記長 会社の差別扱いを証言 4820

19

千葉、水戸、秋田への3役送り込み 見境なしの革マル支配 4819

15日

90年3月  スト損倍裁判 中野委員長が証言 4818

13

抜本的な安全対策を要求

4817

10日

深刻化するJR貨物の経営危機 4816

9日

39定期委員会 方針確定 恒常的スト体制の強化を 4815

8日

JR東日本 契約社員の導入、人材派遣活用を提案 4814

6日

7.4反基地闘争全国集会 4813

3日

支援する会98年度総会 4812

2日

39回定期委員会開催 4811

地引き網に集まろう 家族会料理講座 4810

1998年6月

29日

津田沼配転地労委 全面勝利命令 4809

23日

闘いの原点に返り新たな出発を 下 和解条件をきっぱり拒否しよう 4806

22日

ひどい話だ 国鉄改革出向判事が助言 4805

19日

支部代表者会議開催 4804

18日

勝浦地労委 照岡支部長証言 4803
17 39定期員会に集まろう 宮島監督偲ぶ会 4802
15 闘いの原点に返り新たな出発を 上 4801
11 こんいちは職場訪問 千葉機関区 4800
10 沖縄派遣団報告④ 4799
百万人署名 第一次提出行動 4798
怒りの日、5.27 反撃の転機に③ 和解条件を直ちに拒否しよう 4797
3日 怒りの日、5.27 反撃の転機に②全面降伏を迫る藤井運輸大臣発言 4796
怒りの日、5.27 反撃の転機に 4795
1日 沖縄派遣団報告③ 4794
5798


1998年5月
28日 東京地裁 国労採用差別事件 反動判決弾劾 4793
28日 5.24集会報告 つぶせ周辺事態法 4792
26日 沖縄派遣団報告② 4791
25日 沖縄派遣団報告① 4790
22日 ダイ改の問題点 木更津 津田沼 京葉編 4789
21日 ダイ改の問題点 千葉転 銚子編 4788
19日 憲法の全面破壊 5.24へ 4787
18日 5.24芝公園に 4786
15日 運転席から退場命令!? 4785
14日 ダイ改の問題点 館山編 4784

13

県内100万人署名運動が前進 4783
12日 5.24総決起集会へ 4782
8日 動乗勤改悪阻止へ 4781
7日 国会承認なしに参戦―戦争発動 4780
6日 地球上の全域で自衛隊が参戦 4779

1日

有事立法上程弾劾 4778

1998年4月
30日 労働法制改悪阻止4.26労働者集会開催 4777
28日 ボーリング大会 4776
27日 動労総連合定期委員会開催 4775
24日 動乗勤改悪/今秋ダイ改阻止へ 貨物協議会開催 4774
21日 士職登用差別 中労委 早期命令獲得へ署名運動を 4773
21日 最大の正念場を迎えた国鉄闘争④ 4772
20日 最大の正念場を迎えた国鉄闘争③ 4771
17日 労働法制改悪絶対反対 4770
16日 支部代表者会議開催 4769
14日 大月事故裁判に当たって  4768
13日 最大の正念場を迎えた国鉄闘争② 4767
9日 最大の正念場を迎えた国鉄闘争① 4766
6日 100万人署名 九段会館を埋め尽くす 4765
3日 強制配転をやめろ!運転士に登用せよ 4764

2日

3.29三里塚集会開催 4763
 
1998年3月

31日

貨物の超定額回答弾劾 4762
30日 貨物ベア600円 千葉機関区で集会 第2波スト貫徹 4761
27日 4.4全国集会へ 100万人署名運動 4760
26日
家族会総会 4759
25日
第二波スト決定 3.27千葉機関区へ 4758
24日 輸送混乱 事故故障多発  4757
23日 強制配転者 検修を先頭に第一波ストうちぬく 4756
20日 第一波スト貫徹 96名がスト決起  4755
19日 日貨労革マル 国労組合員1900名の首切りを要求 4754
17日 猛然と開始した百万人署名運動 4753
16日  3.19第一波ストへ 4752
13日 春闘 闘争方針決定 第一波 3.19スト 4751
12日 強制配転粉砕署名に圧倒的支持  4750
10日 今年は春闘元年 4749
9日 結託体制こそ、運転保安崩壊の元凶だ 技術継承 4748
7日 98.3ダイ改交渉2 4747
5日 貨物関東支社団交 4746
4日 3・8労働者集会を全力で 4745

3日

車輌技術分科定期委員会開催 4744
2日 結託体制こそ、運転保安崩壊の元凶だ 安全の危機 4743

1998 年2月


27日 日経連労問研報告を許すな 4742
26日 追悼 宮島義勇監督 4741
25日 98.3ダイ改交渉始まる 報告1 4740
23日 スト体制確立を 4739
19日 春闘 3.8労働者総決起集会へ 4738
17日 勝浦地労委 水野勝浦市議証言 4737
16日 組合事務所公判 千葉地裁反動判決弾劾 4736
13日 ガイドライン関連法を許すな 4735
12日 3月ダイ改闘争へ 4734
10日 38定期委員会へ 4733
8日 3・8春闘集会へ 4732
5日 運転保安問題で追及 4731
3日 貨物 新フレイト21 6000人体制攻撃阻止 4730
2日 大月事故の本質⑥ 4729

1998年1月


29日 全活報告 その① 4728
28日 銚子支部大会 4727
27日 大月事故の本質⑤国労への申し入れ 4726
25日 大月事故の本質④  4725
24日 勝浦地労委報告 4724
19日 東京地裁の政治的和解案を弾劾 下 4723
18日 大月事故の本質③ 背後に労務政策 4722
14日 旗開き 中野委員長の挨拶 4721
13日 旗開きを開催 4720
12日 東京地裁の政治的和解案を弾劾 上 4719
9日 大月事故の本質② 責任はJRにある 4718
8日 動労総連合12回定期大会 4717
6日 旗開きに集まろう 4716
1日 闘春

4715



 
ページの先頭に
前のページに戻る
 
日刊動労千葉 (2001/03 --> 12 )