2022年11・6全国労働者総決起集会/改憲阻止!1万人大行進

呼びかけ文・チラシなど

◎ポスター

◎新しいビラができました。

116集会チラシ(関生ver)

2022116集会チラシ②

2022年116チラシ PDF

◎新しい「呼びかけ文」と「賛同用紙」ができました。

▽2022年11・6集会呼びかけ文

▽2022年11・6集会賛同用紙

◎2月13日、国鉄集会で関西地区生コン支部、港合同、動労千葉の3労組で「『11月労働者集会』25年 3労組共同アピール」を発表しました。

 

 

3労組アピール賛同用紙

3労組座談会パンフ 3労組座談会パンフ

11・6労働者集会 賛同人・団体会議/第4回実行委員会

9月3日、「2022年11月労働者集会賛同人・賛同団体会議」が都内で開催されました。前回賛同人会議以降の経過と取り組み、11月集会をとりまく情勢と課題が提起されました。

1.高鳴る戦争・改憲の危機―国家主義、〝国を守れ〟にすべてがのみ込まれて生きかねない危機と現実との闘いを。
2.あらためて関生弾圧―労組つぶしを許さないの一点で、これまでのしがらみを越えて団結を組織していくこと。
3.国交省―JRによる在来線4割削減。分割・民営化以来の大攻撃=国家改造計画との闘い。
4.国際連帯闘争のさらなる発展へ。(例年どおり、前日5日に国際連帯集会を開催します)
11月集会まであと2か月!攻撃をチャンスに変えて、闘えばひっくり返せるということ、思うところ・考えるところをわかりやすく伝えて、思い切って賛同を広げること、が確認されました。

 

11・6労働者集会 賛同人・団体会議/第3回実行委員会

7月30日、東京都内で「11・6全国労働者総決起集会」の2回目の呼びかけ人会議が開催され、活発な討論が行われた。

動労千葉の関委員長はローカル線切り捨て反対で7月に国交省申し入れとデモ行進を行ったことを報告。久留里線が全国ニュースで取り上げられているが、昼間は5時間も列車が来ないダイヤにしておいて、廃止というやり方を絶対に許してはならないと強調した。

国鉄闘争全国運動の山本弘行さんは、ローカル線切り捨て、コロナ渦であるにもかかわらず強行された都立病院の民営化、安倍銃撃による統一教会との癒着の問題など、隠されていた日本の本当の姿が次々に暴かれている。安倍政権に対する怒りをわがものとして、潜在的な怒りを顕在化させようと訴えた。

動労千葉顧問の田中康宏さんは改憲・戦争攻撃と闘う11月集会にすることと、ローカル線切り捨ての国交省報告は国家のスクラップ&ビルドが本質であり、JR東日本は挑戦的に国交省を上回る「輸送密度2000人」を赤字対象として公表している。地域から丸ごと民営化反対の声を巻き起こそうと呼びかけた。

 

11・6労働者集会 賛同人・団体会議/第2回実行委員会

実行委員会第2号


6月4日、11月労働者集会25年3労組アピール賛同人・団体会議(第2回実行委員会)が東京都内において開催された。
11月労働者集会が今年25年を迎えるにあたって2月に3労組から発出されたアピールへの賛同が大きく拡がっている。

11月労働者集会へ スタート 第1回実行委員会を開催

実行委員会第1号

3月26日東京都内で、今年の11・6労働者会ー改憲・戦争阻止1万人大行進に向けた第1回実行委員会が開催され、例年より約4カ月早くスタートを切った。

今回の実行委員会は、6月4日の賛同人・賛同団体会議までの約2カ月を第一期とし、全日建運輸連帯労組関西地区生コン支部、全国金属機械労組港合同、動労千葉の3労組が発した「11月労働者集会25年3労組共同アピール」への賛同を全力で組織する方針を確認した。

タイトルとURLをコピーしました