新春インタビュー(上) 田中康宏委員長に聞く

動労千葉結成40周年―今こそ闘う労働組合を!
全組合員の総力で組織拡大を実現しよう!

●明けましておめでとうございます。今日は新たな年の課題などについて伺いたいと思います。

 今年、動労千葉は結成40周年を迎えます。また、旧体制の動労千葉地本の中で青年の力が台頭し、闘う労働組合に変わっていくきっかけになったのはマル生攻撃(生産性向上を掲げた労組破壊攻撃)でしたが、それから丁度50年が経ちます。さらに、分割・民営化の結果、総評が解体されたのが1989年。丁度30年です。それは日本の労働運動にとって決定的な転換点でした。「国鉄労働運動を潰し、総評・社会党を潰して立派な憲法を安置する」と言った中曽根の意図は、今、安倍政権の手で強引に進められ、今年は改憲・戦争をめぐる歴史的な焦点の年になろうとしています。
 動労千葉は、小さいながらこうした状況に立ち向かって本当に立派に闘いぬいてきたと思います。そして今年、私は、その全ての経験が活きる時が来たように感じています。われわれの闘い方いかんによっては、目指してきたものが実現できる時が来た。動労千葉の発展、組織拡大への大きなチャンスが到来したと考えています。だから初志貫徹の決意で2019年を闘いぬきたい。 “新春インタビュー(上) 田中康宏委員長に聞く” の続きを読む