労働者いじめの「見極め」を直ちに撤廃しろ! 「見極め」を行わなければならない根拠は、どこにもない!「動労千葉申第8号」

労働者いじめの「見極め」を直ちに撤廃しろ!

「見極め」を行わなければならない根拠は、どこにもない!

 動労千葉は、1月9日、JR千葉支社に対して、「動労千葉申第8号」により、千葉運輸区における「見極め」の中止に向けて申し入れを行った。
 千葉運輸区での「見極め」は、40年以上本線乗務を行ってきた運転士に対して、A4用紙20枚、40ページに及ぶ「知悉度試験」を行うというものだ。エルダー運転士になるために会社との労働契約も終了しいる。退職手続きを行う最後の日に、なぜ「見極め」を行う必要があるのか。
 嫌がらせ以外の何ものでもない。「見極め」撤廃へ闘いぬこう!


動労千葉申第8号
2019年1月9日

東日本旅客鉄道株式会社
千葉支社長 西田 直人 殿

国鉄千葉動力車労働組合
執行委員長 田中 康宏

千葉運輸区における「見極め」の中止を求める申し入れ

 この間、動労千葉は、千葉運輸区でのエルダー運転士になる者に対する「見極め」の中止を求めて団体交渉を行ってきたところである。
「見極め」の強要は、40年以上にわたり安全確保の第一線で働き続けてきた乗務員を侮辱するものであり、到底、看過することはできない。
 また、エルダー運転士として乗務するための労働契約はすでに結ばれており、「見極め」を行わなければならない根拠は全くない。
 こうした状況にもかかわらず千葉運輸区において「見極め」を行っていることは、乗務員に対する嫌がらせ以外の何ものでもない。
 従って、下記のとおり申し入れるので、団体交渉により誠意をもって回答すること。

1.千葉運輸区での「見極め」を直ちに中止すること。

-以上-

2019年団結旗開き 開催

動労千葉にとって大きな節目の年
 今年は必ず組織拡大を実現する!

2019年団結旗開き開催(1/12)

「何事があろうとも天神峰の地で生きていく」市東さん

反対同盟団結旗開き(1/13)

第2回支部代表者会議ー「見極め」の中止に向けて闘争体制の確立を指令!

千葉運輸区長は「見極め」を直ちに中止しろ!

【闘争指令】
1.千葉運輸区における「見極め」の強制は、乗務員に屈辱を強いる許し難い問題であり、全組合員の闘争課題と位置づけて闘いを配置し、「見極め」の中止を求めることとする。
 さらに、3月ダイ改ー乗務員勤務制度改悪阻止に向けた突破口を切りひらく闘いと位置づけて闘うこととする。
 従って、各支部は、何時いかなる時でもストライキに起ちあがることができる闘争体制を確立すること。

2.各支部は、執行委員会、職場集会等を開催し、本闘争の意義等について万全の意思統一を図ること。

3.各支部は、闘争体制の確立に向けて、次の行動について取り組みの強化を図ること。
① 千労委忌避棄却取消訴訟
日時 1月22日(火)10時30分~
場所 千葉地裁601号法廷
*前段で、千労委抗議行動
*裁判終了後、動労総連合集会

② 全支部活動者研修会
日時 1月27日(日)~28日(月)
*参加対象者の勤務手配を確実に行うこと。

③ 1047名闘争勝利!国鉄集会
日時 2月10日(日)16時~
場所 市川市文化会館 小ホール

職場討議資料 3月ダイ改合理化粉砕! 運転保安確立!動労千葉の要求

今年2月以降、JR東日本は東労組解体に本格的に乗り出した。露骨な脱退強要が
行われ、わずか数カ月の間に3万数千人が脱退。事態は激しく進行している。そして3月ダイ改と同時に、乗務員勤務制度改悪を強行しようとしている。それは、乗務員に極限的な人員削減と殺人的な労働強化を強制する攻撃だ。そして、乗務員勤務制度そのものを解体する攻撃だ。PDF “職場討議資料 3月ダイ改合理化粉砕! 運転保安確立!動労千葉の要求” の続きを読む

闘春 —– 結成40周年の今年を動労千葉の新たな発展への一歩を踏み出す年にしよう。

  昨年は、JRに働く労働者にとって国鉄分割・民営化以来の大転換の年であった。JR当局と一体となって30年以上職場を支配してきた東労組がついに崩壊したのだ。JRは民営化、首切り、外注化の手先になってきた御用組合すら解体して職場を直接支配しようとしている。だがそんなことが会社が思う通りにうまくいくはずはない。 “闘春 —– 結成40周年の今年を動労千葉の新たな発展への一歩を踏み出す年にしよう。” の続きを読む