2018-02

info

「東労組崩壊」の本質 今こそ職場に闘う労働組合を!

 JR東日本は、東労組が「指名スト」方針を決定したことをきっかけに、東労組への攻撃を一斉に開始した。支社課員、管理者、ポテンシャル採用者などが、各地で続々と東労組から脱退している。その人数はすでに数千人に及んでいるという。会社から管理者層に...
info

「東労組崩壊」の本質 今こそ職場に闘う労働組合を!

 JR東日本は、東労組が「指名スト」方針を決定したことをきっかけに、東労組への攻撃を一斉に開始した。支社課員、管理者、ポテンシャル採用者などが、各地で続々と東労組から脱退している。その人数はすでに数千人に及んでいるという。会社から管理者層に...
info

国鉄闘争の新たな段階へ  2.11国鉄集会に630名が結集

info

この10年の間、鉄道分割民営化と闘った韓国鉄道労働組合が勝利!分割民営化は事実上撤回、100余名の解雇者たちも復職で合意

2・11国鉄集会へのメッセージ  韓国・全国鉄道労働組合ソウル地方本部 本部長 パクソンス   動労千葉の同志の皆さん、動労千葉に連帯する日本のすべての同志の皆さん。同志たちが開催する2.11集会に韓国の鉄道労働者たちを代表して熱い心で...
1047名解雇撤回

国鉄1047名解雇の責任JRにあり! JRに対する新たな労働委員会闘争を開始

「解雇撤回・JR復帰」署名   JR労働委員会闘争への ご協力をお願い致します リーフ PDF ①最高裁で不当労働行為認定かちとる  87年4月1日、国鉄が分割・民営化されJR7社が発足しました。JR各社は「新規採用」の名の...
info

分割・民営化による不当解雇から31年 2・11国鉄集会に総結集を!

全国運動と動労千葉は、国鉄闘争の怒りの原点から労働運動の再生と変革をめざし、改憲や労働法制の解体、民営化や雇用破壊と闘うために、2・11集会から新たな国鉄1047名解雇撤回闘争を開始します。 日時:2月11日(日) 午後3時30分~(...
1047名解雇撤回

労働運動として労働委員会を闘う — 葉山岳夫(動労千葉 顧問弁護団長)

 2015年6月の最高裁決定は、被告の鉄建公団(鉄道運輸機構)の上告を棄却し、同時に「解雇を無効とし採用せよ」という動労千葉側の請求も棄却した。しかし、地裁・白石判決、高裁・難波判決の「不採用基準は分割・民営化に反対する動労千葉などの組合員...
タイトルとURLをコピーしました