11・4 全国労働者集会/改憲阻止!1万人大行進

関西生コン支部への弾圧を許さない集会決議が読み上げられ全体で確認された。


韓国民主労総の派遣団が登壇。国際連帯で団結し闘おう

台湾の桃園市産業総労組の仲間

「私は台湾から来ました。日本富士フィルムグループ傘下の富士ゼロックスは、全世界で合計一万名の労働者をリストラ計画を進めています。これは明らかに労働者の命より利資本家の利潤を最優先することです。これを阻止するために、我々桃園市産業総労組は台湾富士ゼロックス労組と一緒に先月二十三日から十一月二日の11日間ストライキをやっていました。十一日間台湾富士ゼロックスの台湾各地の営業所を営業中止させました。これはただの始まりです。 富士ゼロックス リストラやめろ!」 教え子を戦場に二度と送らない誓いと闘いを、教育労働者の決意
 国鉄闘争の火を守り闘い続ける、解雇を撤回し労働運動、組合運動を守り改憲を職場から止めよう

東京過労死を考える家族会の2名が登壇し「働き方改革」との闘いのアピールを行った。

集会決議 関西地区生コン支部への弾圧を許さない

集会アピール

改憲・戦争阻止!大行進の発展を

第一に、今秋臨時国会、来年の通常国会における国民投票法の改悪、改憲発議を許さぬために全国各地で闘いを強化しよう。憲法審査会への改憲案の提出、沖縄・辺野古への土砂投入など、具体的な動きがあった場合は緊急行動を呼びかけます。
第二に、この闘いは組織化の第二段階に入ります。私たちは、改憲・戦争阻止!大行進を呼びかけるにあたって次の原則を立てました。

① 「野党共闘」などに依拠するのではなく、私たちの闘いの中に戦争を止める力があるいう立場で運動の変革をめざす
② その主体的な力を引き戻すために自らが人生をかける真剣さで訴えると共に、職場・労働組合、運動体、地域の中で自由闊達な議論をつくる
③ 新しい仲間を加え、新たな可能性を運動にとりこむ努力から出発する
④ この闘いが支配権力との激しい衝突となることを自覚した原則性と大衆性を運動の生命線とする

 当面する目標は来春通常国会の過程までの約半年です。全国の職場・地域に無数の大行進運動を組織しよう。青年が先頭に立つ運動体にしよう。
第三に、この闘いが全体を獲得する力を持つために、改憲に向けた労働運動解体攻撃の矢面に立つJR・日教組・自治労で労働運動前進をめざす新たな闘いの旗を立てよう。関西地区生コン支部への弾圧、JRで吹き荒れる労組攻撃を打ち破ろう。全国で関生弾圧弾劾の決議を上げよう。改憲・戦争と、新自由主義がもたらした労働者の現実と社会の崩壊に立ち向かおう。
 第四に、労働者の国際連帯を発展させよう。人類の生存を脅かす危機から世界を守る力は労働者階級の国際連帯から生まれます。ロウソク革命を闘った韓国・民主労総に続こう。
 本日を出発点に、安倍政権を打倒する新たな闘いに立ち上がろう!

2018年11月4日

団結ガンバロー。インターナショナル斉唱しデモ行進へ


集会後、改憲発議阻止、安倍政権打倒を訴え銀座デモに出発、沿道から「頑張れ」の声が多く寄せられた。

連帯メッセージ 

トルコ 国際労働者連帯協会(UİD-DER)

UTLA アーリン・イノウエ さん

ブラジル・コンルータス

中国鉄道労働者連合会

星野文昭 氏(獄中44年、徳島刑務所在監)

11月3日午後、2018年労働者国際連帯集会を開催。韓国民主労総派遣団の代表三人が挨拶。公務員労組ソウル地域本部事務処長、ソウル交通公社労組駅務支会長、公共運輸労組仁川(インチョン)地域公共機関支部長の方々。

台湾、桃園市産業総労働組合の仲間。富士ゼロックスの解雇と闘う仲間の報告と支援を訴え登壇。10月23日から11日間のストライキを闘う。

国際連帯集会開催後、DC会館で海外代表団歓迎会を開催

 

代表団それぞれから各代表へプレゼントが交換、動労千葉よりTシャツを手渡す田中委員長と韓国代表

台湾代表と各国語に堪能な通訳の方

歓迎会の最後に参加者全員でインターナショナルを斉唱し団結ガンバローでしめる。明日の「労働者集会」と「改憲とめる 一万人大行動」の成功をちかう


実行委員会ニュース第3号 10/13

「働き方改革」との闘いを
裁量労働制と金銭解雇法案を許すな!

講演録「働き方を変える 過労死遺族の思い」
東京過労死を考える家族の会 中原のり子さん

20181104チラシ第三弾

ウェスト・バージニアから、全州ストを牽引する教育労働者
ジェイ・オニールさん(ウエストバージニア・ユナイテッド)
が11月集会に参加します。

ジェイ・オニールさん

実行委員会ニュース1013

ウェスト・バージニアから、全州ストを牽引する教育労働者が11月集会に参加します。

Nov.3 Flyer  PDF

11・4労働者集会実行委員会ニュース第2号

全米の闘いの口火を切ったウェストバージニア州の教育労働者の闘い【3月5日】

ウェスト・バージニアから、全州ストを牽引する教育労働者が11月集会に参加します。
 また、全米に燎原の火のごとく伝播する教育労働者の実力闘争をしっかりと受け止めて、UTLAは歴史的な高率でスト権を確立しました。

2月初旬、米ウェストバージニア州南部の学校でランク&ファイル(一般組合員)が組織した山猫スト(非公認スト)が始まり州全体へ広がり始めた。これをみてNEA(全米教育協会)系、AFT(アメリカ教員連盟)系の教員組合と学校スタッフ(用務員、給食、スクールバス)組合は組合員投票を行い、22日から全州ストに突入した。非組合員も含め、全労働者が参加し、州内の全校が閉じられた。
 同州の公務員は団体交渉権もスト権も州法で奪われている。「スト参加者は解雇」と言われる中の全州ストは数十年来なかったことだ。NBC、CNNなど全米ネットの各テレビ局がこの闘いを連日大々的に報道した。

今年の5 月24 日、労働協約交渉が長引いていることに抗議して、グランドパークで大集会が行われた。
「テストを減らせ」「私たちの権利を守ろう」「クラスの人数を減らせ」「教師の仕事を尊重しろ」とストライキ投票を呼びかけるUTLA のホームページ

第3回11月集会実行委員会を開催 9.23

9月23日、東京都内で11月集会に向けての第3回実行委員会が開催された。関西生コン支部の武谷事務局次長が、この間の国家権力による関生支部つぶしを目的とした弾圧に対する闘いの報告がなされた。関生支部弾圧は安倍政権による改憲と戦争への最先端の攻撃であり、すべての労働組合へ攻撃だ。改憲阻止の闘いが労働組合を巡る攻防として激しく始まった。11月集会実行委員会は、11月集会の大成功にむけて残り1か月全力で闘うことが確認されました。

関西生コン支部武谷書記次長が報告

第2次ビラ PDF 

第1次ビラPDF

11・4全国労働者総決起集会/改憲阻止!1万人大行進への賛同と参加のお願い.PDF

賛同署名用紙.PDF

改憲・戦争阻止大行進ホームページ

「改憲案提出を許すな!」ビラhttp://livedoor.blogimg.jp/stop9kaiken/imgs/0/1/01001cfb-s.jpg201808262bira2

2017年11月全国労働者集会

2017年労働者集会の報告集を発行