8・6ヒロシマ大行動参加報告 —改憲・戦争を絶対に許さない!

教え子を戦場に送らない!
 被爆74周年。動労千葉ヒロシマ派遣団は、8月5日、まず「広島教職員100人声明」主催の「教え子を再び戦場に送らない! 改憲・戦争阻止! 8・5全国教職員ヒロシマ集会」に参加。
 今、広島の教職員が「覚悟を決めて」実名をあげて闘いを開始しています。集会では、各地で100人声明を広げることと改憲情勢にあわせ必要な行動を行おうと提起されました。
 とりわけ学校現場で非正規職の雇い止めを許さない闘いの報告に、参加した組合員は大感動でした。
 つづいて、「8・5広島国際反戦反核集会」に参加。集会では、「真相究明・責任者処罰・再審貫徹! 星野精神を継承する国際決議」「侵略の歴史を居直り、新たな戦争を準備する安倍政権の改憲に反対する日韓国際決議」が採択されました。

核と戦争に怒りの声を!
 翌6日早朝、原爆ドーム前500名の仲間と共に、8・6アピール集会に参加。実行委員会から、8月6日の集会・デモをつぶすための「拡声器規制条例」を粘り強い市役所交渉や座り込みを闘い抜いて阻止したことが報告されました。
 「8月6日は、ヒロシマから全世界に向け、すべての核と戦争に怒りの声をあげる日です。みなさん、ともに闘いましょう!」。8・6アピールを採択し、原爆投下時の8時15分に黙祷を行い、安倍弾劾のデモを貫徹。
 昼すぎから、「ヒロシマ・ナガサキ・ビキニ・チェルノブイリ・フクシマをくり返すな! 改憲と核戦争とめよう! 8・6ヒロシマ大行動」に参加。

 運動の拡がりを実感
 動労西日本の大江委員長が開会あいさつを行い、8・6大行動共同代表の被爆者二世からの訴えがありました。また、沖縄から、米軍ヘリの部品が落ちてきた緑ヶ丘保育園の「チーム緑ヶ丘1207」から、「人を殺す道具が毎日、頭の上を飛び交っています。安全安心な空を未来ある子どもたちに胸を張って残せるようにがんばりたいです」と、訴えられました。
そして、前日の福岡空港での入国妨害を打ち破って、韓国・テグから参加した仲間が登壇。テグで星野絵画展を開催したイドクチェさんは「日韓の労働者たちが団結しないといけない情勢が東アジアでつくられている、星野文昭さんの闘いのすべてを継承します」と、決意が語られました。沖縄、韓国、ヒロシマ大行動の運動の拡がりを実感しました。

 今秋改憲阻止・11月集会へ!
 基調報告では、核戦争・改憲をとめる正念場が来ていること、排外主義をうちやぶり日韓連帯の発展・国際連帯で戦争をとめること、広島教職員100人声明、拡声器規制条例をめぐる攻防と、被爆地から改憲阻止の運動が力強く始まったことが提起されました。核心は、労働組合をよみがえらせること―改憲・戦争に向けた関西生コン支部弾圧を打ち破ること、ヒロシマ・ナガサキをくり返さない決意を新たに、今秋改憲阻止の巨大な闘いをつくりだそうということです。
 田中委員長から、広島教職員100人声明の決起、ヒロシマ大行動の実行委員会に感謝が述べられ、11・3全国労働者総決起集会への参加が呼びかけられました。
 デモは、沿道で手を振る人、飛び入り参加するグループなど、かつてない支持と共感、解放感の中でかちとられました。
 最後に、暑い中、ヒロシマ大行動を貫徹した組合員のみなさん、本当にお疲れ様でした。ヒロシマで学んだことを胸に、団結ガンバロー!