3・15~16スト貫徹! こんなダイ改許せるか! ダイ改の労働条件に関する千葉支社団交報告 ②

稠密線区だからこそ行路緩和が必要だ!

3月8日、各支部の改善要求に関する3月ダイ改の団交を行った。

【習志野運輸区関連】
組合 12月末に3月ダイ改の行路が出たときに非常にキツくなったと感じた。乗務効率を限りなく「7時間10分」に近づけて行路作成している。津田沼~中野4往復なんて冗談だと思っていたら本当にやってきた。稠密線区だからこそ行路の緩和が絶対必要だ。
 短時間行路が増えて他の行路は益々ロングランと長時間拘束になった。限界だ。
 育児介護勤務者の意見を聞いたというが、新たに設定された711行路と714行路には育児介護勤務者が乗務しないで予備や休勤で出てきた運転士が乗務するようになっている。当務主務が乗務するようだが今後どうするのか。
会社 育児介護勤務者の意見を聞きながら行路は作成した。当務主務はダイ改当日の16日に任命する。
組合 今回、改善要求した日勤行路はユニット交番で200キロ以上乗務するが、日勤とユニットの違いは無いのか。
会社 ユニットも日勤という考えで行路作成している。
組合 今回は助走で来年のダイ改でさらにキツくしようとしている。若い乗務員はキツくなった行路で仕事を覚えてきたが、今回のダイ改での行路設定には「大丈夫ですかね」ということを言っている。仮眠時間や食事時間、途中での休憩もほとんど確保できてない。それでも乗務員は、列車を安全に、定時に運行するために必死で頑張っている。
 今回の団交では17行路の4往復も会社は改善を拒否したが、われわれ動労千葉は声をあげ続ける。運転職場で働くすべての乗務員が安心して働ける職場にするために。
会社 提案した内容で問題ないと考えている。

【千葉運輸区関連】
組合 今回、短時間行路が設定されたが、今のところ育児介護に該当する者がいない。勤務指定はどうするのか。
会社 当面、当務主務が乗務することになる。当務主務が乗務できない場合は、予備が乗務することになる。
組合 泊行路の退勤時間が12時を超える行路が多数あるので改善すること。
会社 就業規則等に基づき列車設定等様々な制約を加味し、作成している。
組合 これだけ増えたのは、乗務員勤務制度が改悪されたからだ。
会社 指摘されたことは認識した。

【鴨川、佐倉、銚子、木更津運輸区関連】
組合 鴨川運輸区においても改善要求に退勤時間が午後になる行路が多くあるが同じ考えか。
会社 就業規則等に基づき列車設定等様々な制約を加味し、作成している。
組合 佐倉運輸区において短時間行路の設定により乗務距離が400キロを超える行路が設定され乗務員の負担が大きくなった。行路数を増やす事が急務だ。
また、長時間拘束勤務、ロングラン行路の改善・撤回が必要だ。
会社 就業規則等に基づき列車設定等様々な制約を加味し、作成している。
組合 銚子運輸区は、短時間行路が設定されなかったが、育児・介護の希望があった時はどうなるのか。
会社 現在ある行路を分割して対応する。銚子運輸区では4行路が対象になる。分割した残りの行路は予備が乗ることになる。
組合 長時間拘束、持ちきり行路の増加が提案されたが改善が必要だ。
会社 今回の提案でお願いしたい。
組合 久留里線のワンマン運転を中止しツーマンに戻すことが必要だ。久留里~上総亀山間の運行が5時間以上も空く状況は住民の死活問題になる。
会社 列車ダイヤは、お客様のご利用状況に合わせて設定している。久留里線ワンマン運転を中止する考えはない。

 われわれは千葉運輸区における「見極め」強制を、指名ストを構えて職場からの反撃で完全に粉砕した。 この勝利に続き、 19春闘勝利!3月ダイ改ー改悪乗務員勤務制度粉砕!3・15~16ストを貫徹しよう。全組合員の力を結集して組織拡大を実現しよう。