動労千葉にとって大きな節目の年  今年は必ず組織拡大を実現する!2019年団結旗開き開催(1/12)

 2019年団結旗開き開催(1/12)  動労千葉は1月12日、午後1時からDC会館で団結旗開きを開催した。 関副委員長の開会あいさつ、佐藤執行委員の司会で進められ、田中委員長から新年の挨拶が行われた。
 来賓挨拶に、三里塚芝山連合空港反対同盟の萩原富夫さんが連帯あいさつに立ち、昨年12月20日の千葉地裁での市東さんの農地を奪う強制執行を認める反動判決を弾劾して、農地死守、空港機能強化粉砕へ、決意を新たに決起することを宣言した。
 顧問弁護団長の葉山弁護士は、「1月22日から始まる新たな行政訴訟は1047名解雇撤回・原職復帰の基軸の闘いだ」と位置づけて、裁判への結集を訴えた。
 家族会の山田会長と田中委員長による鏡開きの後、OB会の永田会長の音頭で乾杯! ひき続き、情報労連千葉県協議会・鈴木議長、動労千葉を支援する会、動労水戸の石井委員長、動労東京をはじめ共闘労組・団体のあいさつが続いた。
 これに応え、動労千葉争議団、各支部と青年部の代表がそれぞれに組織拡大の決意を語った。千葉転支部の福島君は「JRでの現役の最後の日にこんなことをやらせるのは納得できない。白紙で出す。すでにエルダー再雇用の契約は結んでいる。取り消すというならやってみろ」とエルダー運転士に対する「見極め」中止に向けた闘いの決意表明がなされた。次に本部を代表して川崎書記長が当面の方針を提起し、「結成40周年の今年を組織拡大の年に」と訴えた。
 最後に恒例のビンゴ大会で盛り上がった後、インターナショナルを合唱し、団結ガンバローで終了した。

「何事があろうとも天神峰の地で生きていく」市東さん

反対同盟団結旗開き(1/13)

  1月13日、三里塚芝山連合空港反対同盟は新年デモと団結旗開きを行った。10時から、市東さん宅南の東峰開拓組合道路で集会が始まった。動労千葉からは関副委員長、佐藤執行委員が参加した。午後1時、成田市内のレストランで団結旗開きが開かれた。東峰の萩原富夫さんが「闘争宣言」を読み上げ、続いて市東さんが「何があっても天神峰の地で生きていく」と決意を語り、乾杯の音頭を取った。連帯のあいさつの最初に動労千葉の田中委員長が立った。