JR千葉支社―3月ダイ改の提案行う

乗務員勤務制度改悪粉砕・65歳まで働き続けられる労働条件確立へ闘おう

 12月26日、JR千葉支社は2019年3月ダイ改提案を行った。
会社はこのダイ改と同時に乗務員勤務制度改悪を強行しようとしている。それは、乗務員に極限的な人員削減と殺人的な労働強化を強制する攻撃であり、乗務員勤務制度そのものを解体する攻撃だ。
また、短時間行路を新たに設定しながら、何よりも切実な課題である本線乗務員の高齢者対策はまったく無視されている。そのうえ、拘束時間を延長しさらに長大な行路を強制しようとしている。乗務員勤務制度改悪粉砕、65歳まで働き続けられる労働条件確立へ全力で闘いにたちあがろう。
3月ダイ改提案の概要は以下の通り。 “JR千葉支社―3月ダイ改の提案行う” の続きを読む