解雇撤回、JR復帰10万筆署名運動 1万4039筆を最高裁に提出

 4月16日、午前中の「安全運転闘争介入事件」行政訴訟、強制出向無効確認訴訟につづいて、午後からの東京西部ユニオン鈴木コンクリート工業分会の解雇撤回裁判の判決(完全勝利判決)、そして最高裁への第2回目の解雇撤回・JR復帰署名の提出行動が行われた。

最高裁を弾劾

最高裁前で、田中委員長は「鈴コン分会の解雇撤回裁判での完全勝利判決は、画期的な勝利だ!この勝利をステップに、新たな闘う労働運動を築いていく上で、さらに前に進んでいく出発点になった。」と語り、そして、「本日提出する署名は最高裁に突き刺さり解雇撤回の判決を出さざるを得ない。なぜなら国鉄分割民営化は全く正義性がないからだ。それは東京地裁、東京高裁も認めた。あの労働組合つぶしと解雇のための国鉄改革法を作成したのは最高裁から国鉄に出向した江見裁判官だ。それが不当労働行為だと認定され、ふたたび最高裁に戻ってきたのだ。弾劾されているのは最高裁なのだ」と激しく最高裁を弾劾し、「6・8集会までに10万筆署名を達成しよう。それができれば社会の現状は変えられる」と訴えた。
全体の意志一致の後、参加者は通用門前に移動し、動労千葉顧問弁護団の葉山弁護士、争議団の高石さん、中村仁さん、田中委員長、動労千葉を支援する会の山本弘行事務局長行が、1万4039筆の署名用紙が入った段ボールを手に、最高裁の中に入った。提出後、全体でシュプレヒコールをおこない、1日の行動を終了した。

鈴木コン分会解雇撤回裁判
解雇無効の完全勝利

4月16日、東京地裁、東京西部ユニオン鈴木コンクリート工業分会三役の解雇は無効(地位確認)という鮮やかな勝利判決を勝ち取った。しかも未払い賃金および判決確定までの賃金支払いについては仮執行も付いた。解雇された3名は、3ヵ月雇用の非正規の生コン運転手だ。解雇無効の勝利判決は、総非正規職化攻撃が吹き荒れるなか、「労働組合に団結して闘えば勝てる」事を示す画期的な勝利だ。

労働者は一つだ! 国境を越えて団結しよう! 4.13外登法・入管法と民族差別を撃つ研究交流集会

労働者は一つだ!
国境を越えて団結しよう!
第25回外登法・入管法と民族差別を撃つ研究交流集会


安田浩一さん

イヒョンチョル副本部長

4月13日、「第25回外登法・入管法と民族差別を撃つ研究交流集会」が多くの在日・滞日労働者の参加のもと横浜市開港記念会館において開催された。動労千葉は、韓国・民主労総ソウル本部の仲間とともに参加した。
集会ではジャーナリストの安田浩一さんが日本で働く「外国人労働者」をテーマに講演をおこなった。とりわけ中国人研修生の恐るべき労働実態、そして在特会のヘイトスピーチのビデオを使った報告には衝撃が走り、会場は激しい怒りで充満した。
全国実行委員会の田中喜美子さん(牛久入管収容問題を考える会)が、「東京オリンピックはやめろ!外国人労働者を使い捨

てにするな」という基調報告をおこなった。
韓国の民主労総ソウル地域本部からはイヒョンチョル副本部長が登壇し、鉄道労組の民営化反対ストライキ、2.25国民ゼネストの報告を行い、「去る2月25日の国民ゼネストに連帯行動をしてくれた動労千葉の同志たちの連帯行動に感謝します」「半歩でも引き下がったならば死に至る時代です。新自由主義に反対して闘いで民営化、私有化を必ずや阻止しぬきましょう!」と発言した。
カンパアピールに続いて、「すべての難民、仮放免者に無条件の在留を」テーマに各団体からの報告がされた。そしてクルド、ビルマなどの在日・滞日労働者が発言をした。そして外国人労働者を組織している地域合同労組が登壇し、労働組合の闘いの重要性が訴えられた。
集会のまとめとして、動労千葉から田中委員長が登壇した。「今日の集会のすべて発言が、私は心に突き刺さり体を震わせた。一人の人間が誇りを持って生きたいということが、何でこれほどまでに踏みにじられて、軽視・無視され、命まで奪われるのか」と怒りを語り、「労働組合はどんな差別も国家主義も戦争政策も正規―非正規も、すべてをのりこえる存在だ。 闘う労働組合を甦らせよう。労働者は一つだ!団結して闘おう」と、6・8国鉄闘争全国集会への結集を訴えた。

 


*韓国民主労総から、ユサンホンさん(ソウル本部組織局長)イジェヨンさん(前ソウル本部長)カンミヒさん(公共運輸連盟自治団体労組ウルサン市庁支部長)も集会に参加した。