深夜早朝手当改善・扶養手当支給・60歳以降賃下げ撤廃求め 4/6千葉県労働委員会にあっせんを申請!

18春闘勝利!大幅賃上げ獲得!
4・12CTS本社前抗議行動へ!
4月12日 18時~ CTS本社前集合

 動労千葉は4月4日、申16号に基づき、賃金引き上げ、深夜早朝手当改善、契約社員・パート社員への扶養手当支給や月給制に戻すこと、60歳以降の賃下げ取りやめ等を求めてCTSとの団体交渉を行った。
 この間、深夜早朝手当の格差是正や契約・パート社員への扶養手当支給について、1年以上にわたってCTSを追及し、3月14日にも団体交渉を行った。しかしCTSは「エルダー社員の賃金引き上げに伴い、出向負担金が増額するため、現時点では実施できない」と回答してきた。
 これを受けて、4月4日は賃金引き上げや手当改善等についてCTSを徹底的に追及した。

 ただちに手当改善を行え!

 4月1日以降の新賃金については、人件費増加などを理由に引き上げを拒否してきた。しかし、CTSでは賃金が低く、仕事もきついために退職者が増加し、募集しても人が集まらない状況だ。それを改善するためにも賃金引き上げが絶対に必要だと追及した。
 深夜早朝手当はその時間に勤務することに対する手当なのに、地域間で最大6倍(千葉地域1500円、木更津地域250円)もの差がある。あまりにも矛盾した格差だ。扶養手当についても、正社員に支給されているにも関わらず契約・パート社員に支給されないのは、裁判においてさえ「不合理」「違法」と判断されている。
 CTSが超低賃金を強制する中、手当が生活費の穴埋めになっているのが現状だ。手当改善は即座に行われなければならない。
 また嘱託社員には60歳を超えても主任・班長をやっている人もいる。それなのに基本給は68%にカット。責任も仕事も変わらないのに、60歳を超えたことを理由に賃下げするなど絶対に許されない。

 何が“原資がない”だ!

 会社は、「問題は認識している」と制度上の不備・矛盾を認めながら、「原資がない」などといって実施を拒否している。だが、CTSはJR東日本の完全子会社であり、幹部の殆どがJRからの天下りや出向者だ。そのCTSの“原資”とは、要するにJRとの契約額のことだ。 つまり、JRがいくら払うかですべて決まる構造なのだ。JR自身は過去最高益を更新し続けていながら、CTSは毎年ギリギリの決算にされている。それで「カネがないから出来ない」と繰り返すなどふざけきっている。原因はCTS幹部がJRに必要な額を請求もせず、矛盾を全て労働者に押し付けていることだ。

 18春闘勝利へ全力で闘おう

 団体交渉でのCTSの対応は不誠実極まりないものだ。われわれはこれを受けて本日、千葉県労働委員会にあっせんを申請した。
 CTSは組合要求に基づき、ただちに賃上げ、手当改善を行え! 18春闘勝利、大幅賃上げ獲得へ、全組合員が一丸となって闘おう。4・12CTS本社前抗議行動に結集しよう。

CTSへの申し入れ(3月19日付 申16号)
1.2018年4月1日以降の基準内賃金を、3万8000円の原資をもって引き上げること。配分については、職務給を重点に行うこと。
2.時給制の契約社員・パート社員については、一律、時給1500円に引き上げること。
3.契約社員・パート社員について月給制に戻すこと。
4. 60歳以降の賃金引き下げを取りやめること。
5.全社員に住宅手当を支払うこと。
6.契約社員・パート社員に扶養手当を支給すること。
7.契約社員、パート社員の夏季手当、年末手当については、社員と同じ基準で支払うこと。
8.深夜早朝手当の事業所間格差を早急に解消し、一律1500円を支給すること。
9.ポリッシャー作業手当を復活すること。