関西生コン支部弾圧を許さない10.14東京集会を開催

西山執行委員
西山執行委員
木下武男さん

 一連の関生弾圧は、当たり前の組合活動を「犯罪」とみなして関西生コン労組をつぶし、労働運動の禁圧を狙うものです。組合員が働く職場では仕事外しや不当解雇が相次いでいます。
 この弾圧は、関西生コン労組の壊滅を狙う攻撃であると同時に、憲法28条の労働基本権(3権)の破壊を狙うものであり、まさしく改憲と戦争の大攻撃です。
 関西生コン労組は現場からの反撃を開始しています。そして全国の労組や諸団体が抗議の声を上げ、各地で関西生コン労組支援の取り組みが始 まっています。

武内更一弁護士

 集会では、若者の非正規問題や格差問題を取り上げ『若者の逆襲・ワーキングプアからユニオンへ」などの著書を出している昭和女子大学名誉教授の木下武男さんが「関西生コン支部の運動と弾圧の背景」と題して50分の講演を行いました。
 関西生コン支部からは西山直洋執行委員が報告を行いました。憲法と人権の日弁連をめざす会代表の武内更一弁護士が「関西生コン支部弾圧と改憲攻撃」を話しました。関西地区生コン支部への弾圧を許さない!安倍政権の労働組合つぶしに対して労働者市民の総反撃を!

 

一糸乱れぬ団結で闘おう! 関 道利 動労千葉新委員長の決意

 第49回定期大会において、関道利新委員長をはじめとした新世代の執行体制が確立されました。
新旧役員あいさつで、関新委員長は、「非常に重い役目だが、最先頭で闘う。敵は大きいが強くはない。一糸乱れぬ団結で闘おう!」と、団結ガンバローでは、「新委員長として初めて指示を出します。11・3全国労働者総決起集会に、各支部から全力で結集を!」と、激を発しました。 日刊編集委員会では、関新委員長にあらためてこれからの抱負と決意について聞きました。 “一糸乱れぬ団結で闘おう! 関 道利 動労千葉新委員長の決意” の続きを読む

組織拡大へ、決意あらたに、関新委員長体制確立! 第49回定期大会(9/29~30)

 今大会は、二年に一度の人事大会であり役員選出において、新委員長に副委員長であった関道利君、書記次長に中村仁君、新執行委員として木更津支部から佐野君、幕張支部から渡辺君、北村君をはじめとした新役員体制が選挙管理委員長から発表され、信任投票で全員が信任された。
 新旧役員あいさつで、関新委員長が、「非常に重い役目だが最先頭で闘う。敵は大きいが強くはない。一糸乱れぬ団結で闘おう」と決意を語った。 “組織拡大へ、決意あらたに、関新委員長体制確立! 第49回定期大会(9/29~30)” の続きを読む

<日韓労働者共同声明> 国境を越え労働者は一つ! 日韓労働者すべての権利と平和のため共に闘おう!

7/18 MBC放送 旭ガラス非正規職支会遠征闘争
「70年前に『強制徴用』。その子孫は「不当解雇」

<日韓労働者共同声明>

国境を越え労働者は一つ!
日韓労働者すべての権利と平和のため共に闘おう!

去る9月2日から旭硝子非正規職労働者は、日本遠征闘争を行った。旭硝子(現AGC)本社に対する抗議面談闘争、旭系列社宣伝戦、東京市内宣伝戦、動労千葉労組をはじめ日本の労働者たちとの懇談会などを行った。日本の労働者たちと労働団体が集まり作った旭非正規職支会支援共闘会議は、旭労働者たちのすべての闘争を共に担っている。 “<日韓労働者共同声明> 国境を越え労働者は一つ! 日韓労働者すべての権利と平和のため共に闘おう!” の続きを読む

(緊急アピール) 動労千葉国際連帯委員会

改憲・戦争に向かう安倍政権打倒!

対韓国輸出制限を即時撤回せよ!

 安倍政権は、「徴用工」とされた方々の訴えに関し日本企業への賠償を命じた韓国大法院決定を激しく攻撃し、はては報復的輸出規制に訴えて国家主義・排外主義、韓国民衆への敵愾心を煽りたてている。われわれはその非道な攻撃を絶対に許さない。日本政府は戦後74年間、歴史に深く刻まれた戦争責任を未だ明確にとることなく開き直っている。そして、韓国民衆が今もその責任を問うて必死に声をあげ続けざるをえない状況を強制してきた。その痛みがどれほどのものか真剣に向き合わなければいけないというのに、逆に口を極めて罵り、攻撃することを絶対に許してはならない。 “(緊急アピール) 動労千葉国際連帯委員会” の続きを読む

JR東日本 「ワンマン運転 の拡大」を提案 路線・線区を限定せず、中編成(3~6両)、長編成(7両以上)を導入

 7月24日、JR東日本は、「ワンマン運転の拡大」について提案を行ってきた。
 その中では、「線区・区間を限定せずにワンマン運転を実施する」として、これまでの2両編成のワンマン運転に加え、3両から6両の「中編成」、7両以上の「長編成」を、来年3月以降導入・拡大するとしている。
 ワンマン運転の導入・拡大は、車掌要員の大幅な削減と地方の切り捨てにつながる重大な攻撃であり、絶対に許すことはできない。職場、地域から反対の声をあげよう。
 提案の内容は以下のとおり。

“JR東日本 「ワンマン運転 の拡大」を提案 路線・線区を限定せず、中編成(3~6両)、長編成(7両以上)を導入” の続きを読む

東労組幹部は現場組合員を裏切るな!—ごまかしと裏切りに終止符を!

現場から声あげジョブローテーション=「運転士・車掌」廃止攻撃うち破ろう!

 反対ではなく「施策をつくる」?

 JR東日本はジョブローテーション=運転士・車掌廃止提案というとんでもない提案を行い、来年4月から実施しようとしている。乗務員の誇りを踏みにじり、権利を奪い、安全を犠牲にするものだ。絶対に認めることはできない。
しかも、それは東労組解体―社友会組織化を通して、職場から労働組合の力を一掃しようという攻撃と一体で進められている。だからこそ、職場では、とりわけ会社の露骨な脱退工作にも耐えて東労組に残っている組合員の間に不安が広がっている。
 6月13日の東労組大会においても、「安全レベルが低下しない根拠がわからない」「生活設計がたてられない」「任用の基準は信用できない」「できればやめてほしい」といった声が職場からあがっていることが報告されている。
 だが、東労組幹部の言葉は、「反対では展望は開けない」「反対で雇用は守れない」「変化を受け入れろ」というものだ。あくまで施策を受け入れた上で、「ライフサイクルの深度化のように議論し、会社と一緒に施策をつくるしかない」という方針だ。

“東労組幹部は現場組合員を裏切るな!—ごまかしと裏切りに終止符を!” の続きを読む

戦後初の「改憲」焦点にした国政選挙 ~参院選にあたって訴える

改憲・戦争絶対許すな!
非正規職だけの社会にさせるな!

 戦後初の「改憲」争点とした国政選挙

 安倍首相は、今次参院選を「改憲の是非を問う選挙」と位置づけた。告示にあたっての記者会見では「令和の日本がどのような国を目指すのか理想を語るのが憲法」「議論すらしない政党か、議論を進める政党かを選ぶ選挙だ」と打ち上げ、公約には「早期の憲法改正を目指す」と明記されている。安倍政権は、7月21日投票の参院選を、戦後初めて「改憲」を争点とした国政選挙として挙行し、秋の臨時国会で改憲を発議しようとしている。「戦争放棄」「戦力不保持」を定めた9条をくつがえし、「戦争のできる国」にしようというのだ。 “戦後初の「改憲」焦点にした国政選挙 ~参院選にあたって訴える” の続きを読む

6.23 第48回動労千葉臨時大会を開催

大会宣言

本日(6月23日)われわれは、DC会館において第48回臨時大会を開催し、「運転士・車掌廃止」攻撃粉砕、第3の分割民営化攻撃―全面外注化・転籍強制阻止、改憲阻止に向けた闘いの方針を確立した。
 われわれは32年前の国鉄分割・民営化を超えるような攻撃の渦中にある。職場では、「運転士・車掌廃止」攻撃というこれまでの鉄道のあり方を根本的に解体し、労働組合のない企業・社会をつくることを狙った攻撃が吹き荒れている。そして、鉄道業務すべてを別会社化し、労働者には転籍を強制しようとしている。だが、「無人運転が可能な時代に、運転士・車掌という特別な職名や待遇など過去の遺物だ」という提案の前提自体、完全なウソだ。われわれは反撃に向けて、「乗務員勤務制度改悪阻止!闘争本部」設置をかちとった。新たなジョブローテーション=「運転士・車掌廃止」提案粉砕へ全力で闘いにたちあがろう。

“6.23 第48回動労千葉臨時大会を開催” の続きを読む

国鉄闘争全国運動6・9全国集会を開催

国鉄闘争全国運動6・9全国集会を開催

全国から労組、闘う労働者と市民が結集し集会を勝ち取りました(6月9日㈰13~東京・上野公園野外ステージ)

国鉄1047名解雇撤回! 運転士・車掌廃止- 分社化攻撃粉砕!
改憲と戦争の道を止めよう  非正規職だけの社会にさせない!
関西生コン支部弾圧粉砕! 闘う労働組合を甦らせよう!

【呼びかけ】国鉄分割・民営化に反対し、1047名解雇撤回闘争を支援する全国運動(国鉄闘争全国運動)

集会プログラム(一部)と写真紹介 “国鉄闘争全国運動6・9全国集会を開催” の続きを読む

5月1日は労働者の日 2019年メーデー

5月1日は労働者の日

2019年メーデー。「改憲・戦争阻止!大行進」実行委員会主催に参加。動労千葉委員長の田中が労働組合として天皇即位でメーデーをつぶさせない決意を呼びかけ人からの挨拶として表明。さらに闘いの報告(東京過労死を考える家族の会、杉並区議会議員・ほらぐちともこさん)、講演(「天皇即位でメーデーを潰させない」高山弁護士)基調報告、教え子を再び戦場に送らない!広島教職員100人声明を広げよう、非正規職だけの社会をつくらせない、闘いの決意、団結頑張ろーと全プログラムを860人の参加者の力で開催し日比谷公園まで銀座通りをデモ行進した。

動労千葉委員長の田中が労働組合として天皇即位でメーデーをつぶさせない決意を呼びかけ人からの挨拶として表明

 

860人の参加者の力で開催、最後に団結頑張ろー

 

日比谷公園まで銀座通りをデモ行進。先頭の第1てい団(全3てい団)

国鉄闘争全国運動6・9全国集会へ

メーデー参加者に解雇撤回闘争支援を訴える動労千葉争議団と動労総連合(国鉄1047名解雇者)

動労千葉争議団先頭に千葉メーデー参加者に訴え4/27

 4月27日、動労千葉争議団を先頭に千葉ポートパークで開催された千葉メーデー参加者に解雇撤回闘争支援を訴え情宣活動を行ないました。
 支援する会も参加し、「国鉄闘争全国運動6・9全国集会」への案内紙を配布し、署名にも協力いただきました。

 

国鉄闘争全国運動6・9全国集会案内PDF

“国鉄闘争全国運動6・9全国集会へ” の続きを読む