国鉄闘争全国運動6・9全国集会を開催

国鉄闘争全国運動6・9全国集会を開催

全国から労組、闘う労働者と市民が結集し集会を勝ち取りました(6月9日㈰13~東京・上野公園野外ステージ)

国鉄1047名解雇撤回! 運転士・車掌廃止- 分社化攻撃粉砕!
改憲と戦争の道を止めよう  非正規職だけの社会にさせない!
関西生コン支部弾圧粉砕! 闘う労働組合を甦らせよう!

【呼びかけ】国鉄分割・民営化に反対し、1047名解雇撤回闘争を支援する全国運動(国鉄闘争全国運動)

集会プログラム(一部)と写真紹介

●国鉄闘争全国運動呼びかけ人 鎌倉孝夫(経済学者/埼玉大学名誉教授)
●国鉄闘争全国運動呼びかけ人 鎌倉孝夫(経済学者/埼玉大学名誉教授)

「資本主義の賃金奴隷制はすべて自己責任にされる。これまでの奴隷制よりひどい。企業の金儲けの権利が人権を奪う。レーニンが提起した問題を今こそ実現するとき。自信と確信をもって前に進もう。」

動労千葉の報告 田中委員長

「関西生コン支部への弾圧を打ち破る闘いは、日本の労働組合を巡る最先端の攻防です!」「改憲絶対阻止、非正規職だけの社会にさせない!11・3労働者集会に向けてこの半年間が力を出し切ろう」」

関西生コン支部弾圧を打ち破ろう 全日建運輸連帯労組関西生コン支部 武谷書記次長

「2人の保釈勝ち取りました!残る仲間も取り戻し、弾圧打ち破ります。」 「弾圧の中でも原理・原則を貫き、奈良、大阪で解雇を許さない現場の闘いに入ってます!」「莫大な保釈金を確保するカンパにご協力を」

鉄道労組ソウル地方本部から ファンサンギル本部長、イジョンギュ総務局長、パクジョンテ調査局長

「人生をなげうって闘う1047名の解雇労働者先輩たちに敬意を表します。困難な条件でも正しい労働運動を思い悩み、実践して来た動労千葉同志たち、愛しています。国鉄分割民営化に反対し、1047名解雇撤回闘争を支援する国鉄闘争全国運動の同志たち、ありがとうございます。」

1047名解雇撤回に向けて、動労千葉顧問弁護団長の葉山弁護士ら労働委員会闘争弁護団、動労千葉争議団、動労総連合1047名協議会

「決まったことだから仕方ないではない。非正規化も改憲も私たち労働者が許さければ必ず阻止できます。必ず労働者の多数派になり、社会を変えましょう!解雇撤回へ最後まで闘います!」

運転士・車掌廃止、・分社化攻撃粉砕にむけ 関副委員長、出向裁判弁護団、相馬・津田沼支部長、動労総連合が決意を述べた。

「職場代表選挙に勝利し、現場の団結を強めてきました。次の代表選挙にも必ず勝利し、闘いを前進させていきます!」


「私たち運転士は毎日、何千何万の人を乗せて電車を動かしています。これを踏みにじり、運転士・車掌業務の専念を破壊するジョブローテーションを絶対に許すことはできません!」

結成を勝ち取ったコンビニ関連ユニオンがアピール。

「全ての労働者が待ち望んだ労働組合です。オーナーも、配送労働者も全て働く仲間として団結する組織がコンビニ関連ユニオンです! 24時間営業を拒否して8時間労働制を守りぬくために、7/11時短ストへ全力を尽くします!」

閉会のあいさつ
団結ガンバロー

 集会アピール

国鉄・JR決戦、関生弾圧粉砕を闘い抜き11・3労働者集会へ 

“国鉄闘争全国運動6・9全国集会を開催” の続きを読む

「運転士・車掌廃止」絶対許さん!③ 「ジョブローテーションでいつ、どこへ行かされるのか…」 不安を抱える仲間に訴える

団結して「反対」を貫こう!攻撃は必ず打ち破れる!

 「運転士・車掌廃止」提案では、「同一担務は最大でも10年」(実施日以前から通算)とされている。また、誰を乗務員にするかは「通常の異動」という形で、管理職の胸三寸ですべて決まる制度にしようとしている。 “「運転士・車掌廃止」絶対許さん!③ 「ジョブローテーションでいつ、どこへ行かされるのか…」 不安を抱える仲間に訴える” の続きを読む

5月1日は労働者の日 2019年メーデー

5月1日は労働者の日

2019年メーデー。「改憲・戦争阻止!大行進」実行委員会主催に参加。動労千葉委員長の田中が労働組合として天皇即位でメーデーをつぶさせない決意を呼びかけ人からの挨拶として表明。さらに闘いの報告(東京過労死を考える家族の会、杉並区議会議員・ほらぐちともこさん)、講演(「天皇即位でメーデーを潰させない」高山弁護士)基調報告、教え子を再び戦場に送らない!広島教職員100人声明を広げよう、非正規職だけの社会をつくらせない、闘いの決意、団結頑張ろーと全プログラムを860人の参加者の力で開催し日比谷公園まで銀座通りをデモ行進した。

動労千葉委員長の田中が労働組合として天皇即位でメーデーをつぶさせない決意を呼びかけ人からの挨拶として表明

 

860人の参加者の力で開催、最後に団結頑張ろー

 

日比谷公園まで銀座通りをデモ行進。先頭の第1てい団(全3てい団)

国鉄闘争全国運動6・9全国集会へ

メーデー参加者に解雇撤回闘争支援を訴える動労千葉争議団と動労総連合(国鉄1047名解雇者)

動労千葉争議団先頭に千葉メーデー参加者に訴え4/27

 4月27日、動労千葉争議団を先頭に千葉ポートパークで開催された千葉メーデー参加者に解雇撤回闘争支援を訴え情宣活動を行ないました。
 支援する会も参加し、「国鉄闘争全国運動6・9全国集会」への案内紙を配布し、署名にも協力いただきました。

 

国鉄闘争全国運動6・9全国集会案内PDF

“国鉄闘争全国運動6・9全国集会へ” の続きを読む

労働委員会制度解体に反撃 千労委審理拒否裁判第2回

4月12日、国鉄1047名解雇撤回をめぐる千葉県労委審理拒否事件(千葉県労働委員会忌避申立却下決定取消行政訴訟)の第2回が行われた。この闘いは、国鉄分割・民営化との対決であると同時に、労働運動解体と産業報国会化の攻撃との対決だ。(日刊動労千葉8601号参照)

千葉地裁の審理を前に千葉県庁奥に建つ千葉県労働委員会のビルに向かって「審理を再開せよ」と声を上げた。

千葉地裁の大法廷の傍聴席を満杯にする結集で訴訟審理を圧倒した後、参加した動労千葉組合員をはじめ、弁護団、解雇者当該(動労千葉、秋田争議団)と支援の仲間で報告会を開催。

結成40周年にあたって 動労千葉の闘いの歴史と切り開いた地平

結成40周年にあたって ① 団結の源泉=反合・運転保安闘争

 ② 分離独立 ③ 国鉄分割・民営化反対闘争 ④  外注化を阻止し続けた動労千葉の闘い

動労千葉 No.39
結成40周年 俺たちは鉄路に生きる 2019

●グラビア ―結成30周年~40周年の歩み
■結成40周年にあたって 国鉄千葉動力車労働組合
■結成40周年を祝う 各界からのメッセージ
■結成40周年記念 座談会■ 動労千葉の団結はいかにつくられたか
 
■第25回全支部活動者研修会-感想 ■闘いの軌跡 2009~2019年(年表)

結成40周年 動画

運転士、車掌を廃止!JR東日本-「新たなジョブローテーション」を提案

「生産性向上」と「柔軟な働き方」による団結と安全破壊を絶対に許さない!

 JR東日本は、3月29日、「新たなジョブローテーションの実施」について提案を行ってきた。今回の提案は、「変革2027」の中でうたわれている「さらなる生産性の向上」「柔軟な働き方」を進めるために実施するとしている。

提案内容は以下のとおり。

1 新たなジョブローテーション
① 車掌試験、運転士試験を廃止する。
今後の乗務員への異動は、任用の基準により扱う。
② 車掌を経ずに運転士になることを可能とする。
③ 車掌及び運転士の職名を「乗務係」 「乗務指導係」「乗務主任」「乗務主務」に統一する。
④ 駅配属の中途採用者が乗務員に異動することも可能とする。
⑤ 同一担務の従事期間が最長でもおおむね10年を超えないように異動又は担務を変更する。

2 車掌試験、運転士試験の取り扱い
① 車掌試験 18年度(19年3月実施済)で廃止する。
② 運転士試験 19年度(19年5月実施予定)で廃止する。
③ 新幹線運転士試験 18年度(18年10月実施済)で廃止する。

3 ライフサイクルの深度化の見直し
 19年度の異動で廃止する。今後は、新たなジョブローテーションに組み込む。
 20年4月1日時点で駅に在籍する社員は、従前の扱いとする。

4 その他 賃金制度の改正を行う。

5 実施期日 20年4月1日

“運転士、車掌を廃止!JR東日本-「新たなジョブローテーション」を提案” の続きを読む

3・10「外房線の発展に向けた地域集会」

3・10「外房線の利便性向上と地方の発展に向けた地域集会」に100名

3月10日、勝浦市内で開催。1万2戦筆を越えるJR線のダイヤ削減への要望署名など地方の発展に向けた取り組みが報告された。

2・28千葉運輸区 「見極め」を粉砕!  緒戦における勝利!!

2月28日、千葉運輸区における「見極め」を粉砕した! 会社は40㌻の「見極め」資料を出すこともできなかった。この間、千葉運転区支部を先頭に、指名ストを構え、現場から「見極め」中止に向けて区長を追及し、全力で闘ってきた。その闘いの中で、3月ダイ改闘争の緒戦における勝利をかちとったのだ。

3月ダイ改ー習志野運輸区を焦点にして、ストライキで闘おう!

3・15動労千葉総決起集会
3月15日(金)18時~ 千葉市文化センター5Fセミナー室

※習志野運輸区前抗議行動 16時~ 習志野運輸区前集合

第80回動労千葉定期委員会 すべての力を組織拡大にかけ、3月ダイ改阻止!19春闘勝利へ

 動労千葉は、2月24日DC会館において第80回定期委員会を開催し、19春闘勝利! 3月ダイ改ー乗務員勤務制度改悪阻止! JR貨物の新人事制度粉砕! 第3の分割民営化攻撃粉砕! 1047名解雇撤回!反合運転保安確立! 定年延長と65歳まで働ける労働条件確立!組織拡大をはじめとした闘いの方針を確立した。

 委員会宣言

 本日われわれは、DC会館において第80回定期委員会を開催し、3月ダイ改合理化・乗務員勤務制度改悪粉砕、19春闘勝利、第3の分割・民営化―全面外注化・転籍強制阻止、改憲阻止に向けた闘いの方針を確立した。 “第80回動労千葉定期委員会 すべての力を組織拡大にかけ、3月ダイ改阻止!19春闘勝利へ” の続きを読む

2月22日、動労総連合・出向命令無効確認訴訟の控訴審第3回裁判

2月22日、動労総連合・出向命令無効確認訴訟の控訴審第3回裁判が行われた。裁判長は、「エルダー本体配置」提案に関する証人尋問を拒否し、結審した。外注化の矛盾はこの間も噴出している。勝田車両センターでは、MTSプロパー社員が見習中に推進運転による連結作業を行い、無線による合図が聞こえなくなったにもかかわらず運転を継続し、後方車両に衝突する事故が発生した。MTSが、安全を守る上で重大かつ基本的なことさえ教育訓練を行うことができない会社だということだ。いまだに教育訓練も行えない会社への外注化が認められていいはずがない。職場の実態を明らかにせずに裁判を打ち切るなど許されない。
 この間の裁判闘争を含めた外注化阻止闘争は、会社の外注化攻撃に対する決定的な歯止めとなってきた。駅業務や電気関係での完全別会社化攻撃が進行する中、検修部門の外注化は決定的に遅れている。
 だが、検修部門でも完全別会社化の攻撃が準備されていることは間違いない。この攻撃と真正面から立ち向かい、外注化粉砕まで闘おう。

千葉運輸区の「見極め」粉砕に向け 指名ストを指令!第3回支部代表者会議

動労千葉は2月13日、DC会館において、第3回支部代表者会議を開催し、19春闘勝利、3月ダイ改ー乗務員勤務制度改悪阻止、第3の分割・民営化攻撃粉砕、1047名解雇撤回等、当面する闘いの課題について伝達・確認した。 “千葉運輸区の「見極め」粉砕に向け 指名ストを指令!第3回支部代表者会議” の続きを読む