2月22日、動労総連合・出向命令無効確認訴訟の控訴審第3回裁判

2月22日、動労総連合・出向命令無効確認訴訟の控訴審第3回裁判が行われた。裁判長は、「エルダー本体配置」提案に関する証人尋問を拒否し、結審した。外注化の矛盾はこの間も噴出している。勝田車両センターでは、MTSプロパー社員が見習中に推進運転による連結作業を行い、無線による合図が聞こえなくなったにもかかわらず運転を継続し、後方車両に衝突する事故が発生した。MTSが、安全を守る上で重大かつ基本的なことさえ教育訓練を行うことができない会社だということだ。いまだに教育訓練も行えない会社への外注化が認められていいはずがない。職場の実態を明らかにせずに裁判を打ち切るなど許されない。
 この間の裁判闘争を含めた外注化阻止闘争は、会社の外注化攻撃に対する決定的な歯止めとなってきた。駅業務や電気関係での完全別会社化攻撃が進行する中、検修部門の外注化は決定的に遅れている。
 だが、検修部門でも完全別会社化の攻撃が準備されていることは間違いない。この攻撃と真正面から立ち向かい、外注化粉砕まで闘おう。