JR大再編―第3の分割・民営化攻撃と対決し組織拡大を! 第47回定期大会1日目

動労千葉第47回定期大会は、9月29日、DC会館において始まった。

 来賓あいさつでは、最初に三里塚反対同盟から萩原富夫さんが、「請求異議裁判で、農地を絶対に守る決意をこめた弁論を行った。動労千葉とともに車の両輪として、成田空港の完成を阻み、戦争阻止へ闘う」と決意を語った。
 葉山岳夫動労千葉弁護団長は、1047名解雇撤回の千葉県労委闘争について、「第2回調査で突如として審査を打ち切ってきた。設立委員会自身が行った不当労働行為だという事実を無視した反動的態度だ。不当労働行為闘争に絶対勝利する。1047名闘争の名に懸けて断固闘い勝利しよう」と訴えた。
 動労水戸石井委員長は、「常磐線の特急車掌の一人乗務が10月20日に強行されようとしている。合理化のための安全切り捨てに職場の怒りは爆発している。10・15本社前行動を闘い常磐線全線開通阻止で闘う」と訴えた。
 さらに新社会党千葉県本部鳰川書記長、動労千葉を支援する会山本事務局長、永田OB会長、家族会山田会長から挨拶を受けた。