千葉県労働委員会は 真実に目を向けよ!不当労働行為の新しい事実が出てきたのに 話も聞かない、審問もしないはあまりに不当

署名6032筆を千葉県労働委員会に提出

村上公益委員の審査打切り弾劾!

 国鉄1047名解雇撤回をめぐる千葉県労働委員会の2回目の調査が9月10日に行われました。審査を進行する村上典子・公益委員は、この日の調査で打ち切り、事実調べを一切拒否し、公益委員会議で結論を出すと述べました。
 不当労働行為の新たな真実が出たにもかかわらず、話もまともに聞かない、証人を呼んでの事実調べも行わないで門前払いすることなど断じて許すことはできません。

千葉県労働委員会は真実に目を向けよ!

 国鉄分割・民営化の国家的不当労働行為の真実に向き合うことから逃げて、われわれの申立てを却下することを前提に審査を打ち切ったのです。絶対に許すことはできない!
 当該の小玉忠憲さんは「俺たちは命がけで闘ってきた。ようやく真実を見つけた。話も聞かないのか!JRを出席させよ!証人調べを行え!」と30 年の思いを叩き付け、動労千葉の田中委員長は「なんのために労働委員会は設置されているのか? 労働委員会の自殺行為だ!」と弾劾しました。
 労働委員会は一時、怒号で騒然とし、村上典子・公益委員も労働側・使用者側の委員も沈黙を続けたまま。弁護団は直ちに忌避を突きつけ、葉山弁護士を先頭に弾劾しました。怒りに満ちた空気のなか、労働委員は一方的に終了を告げ、そそくさと逃げるように退席したのです。
 労働委員会は、労働者の団結を擁護し、不当労働行為を救済する専門の独立行政委員会ないのか。これは労働委員会の自殺行為だ。千葉県労働委員会は真実に目を向けよ! 

国鉄闘争全国運動
会報号外