CTS職場代表選挙―幕張事業所で 関副委員長が職場代表に選出!

 7月上旬から始まったCTS(千葉鉄道サービス)各事業所での職場代表選挙に、動労千葉の組合員が幕張事業所、京葉事業所、津田沼事業所、千葉事業所で立候補しました。
 それぞれの事業所で、組合員はもとより、多くの他労組の仲間・組合未加入の仲間に投票していただきました。7月23日には幕張事業所で関道利副委員長の信任投票の開票が行われ、有権者総数229名のうち147票の信任をいただき、職場代表に選出されました。心よりのお礼を申し上げます。ありがとうございました。

■グループ会社の大再編の中で

 JR東日本とグループ会社は、グループ会社全体の大再編を打ち出しています。CTSでもこれから、職場の統廃合、雇用形態の変更(出向や転籍)、それにともなう就業規則や労働条件の大幅な変更が予想されます。JR東日本の深澤新社長は就任にあたって〝グループ会社の再編〟〝JR東日本とグループ会社の役割分担を見直す〟〝乗務員をはじめ勤務制度を変える〟と異例の踏み込んだ発言をしています。
だからこそ動労千葉は、労働者の立場に徹底的に立って、ひとつひとつのことがらに臨む職場代表が必要だと考え立候補しました。その中で、多くの仲間が投票してくれたことに大きな勇気をもらいました。すべての職場・職種のみなさんの声をまとめ、労働条件悪化や、出向・転籍、非正規雇用の拡大に反対する立場で全力で取り組んでいきます。

労災根絶、命と健康を守ろう

 熱中症や各種のケガなどの労働災害(労災)を根絶することは、一番最初に取り組むべき最重要の課題です。
そもそも、社員の命と健康を守ることは会社の義務です(安全配慮義務)。しかし労働者が何も言わなければ会社は、利益優先・コスト削減・要員削減に走り、安全問題は絶えず放り投げられてしまうのが常です。安全衛生委員会などの取り組みは、労働者の命を守り、作業の安全を確保し、職場環境を良くしていくために法律で義務付けられた大切な場なのです。
もちろん、職場代表ひとりでは何もできません。職場のみなさんが積極的に声をあげてくれることが不可欠です。何よりも、おかしいことは「おかしい!」と誰もが言える職場をつくっていくことが絶対に必要です。
時間外労働、休日労働についても、会社の都合でなく、労働者の生活と健康、安全を守る立場から判断していきます。また、時間外・休日労働を発生させないために十分な要員の配置を求めていきたいと思います。

■一致団結すれば職場は変えられる! 動労千葉に加入を!

 動労千葉は、結成から40年の歴史の中で、労働者が一致団結できれば、会社の一方的な施策とも十分に闘えるし、止められることを何度も経験してきました。また、東労組やCTS労組の中で、真剣に労働条件や職場の安全のことを考え、努力している人たちが多くいることも知っています。
だからこそ私たちはあえて訴えたい。いま必要なのは、会社の力に依存するのではなく、現場の労働者自身の力のみに依拠して会社と対決する労働組合の存在です。検査修繕にしろ清掃にしろ、私たちの日々の仕事なしに、JR東日本の業務は一日たりとも回りません。この現場の労働者が、本当の主人公になれるような職場づくり、定年まで安心して働ける職場づくりのために、動労千葉はこれからも全力で闘います。
すべてのみなさんに改めて感謝いたします。そして「動労千葉に結集し、ともに闘おう!」と心より訴えます。