侵略戦争を賛美し「慰安婦」制度を肯定する安倍・橋下弾劾!動労千葉震災レポートNo.53.doc

侵略戦争を賛美し「慰安婦」制度を肯定する安倍・橋下弾劾!

改憲・戦争に突き進む安倍政権を労働者の怒りで打倒しよう!

原発輸出は、戦争への道だ!

安倍政権のもとで極右勢力の突出と、戦争・改憲への動きがますます激化しています。安倍首相は国会で、日本が行ったアジア侵略戦争と植民地支配の歴史を「侵略と断定はできない」と、公然と否定する発言を行いました。さらに大阪の橋下徹市長は、旧日本軍の「慰安婦」制度は「軍の規律維持に必要だった」と暴言を吐き、沖縄駐留米兵のために「風俗業の活用を進言した」などと言い放ちました。これらは、過去の侵略戦争への居直りにとどまりません。今まさに東アジアにおいて、米オバマ政権の「新軍事戦略」のもとで対中国・対北朝鮮の軍事的緊張がつくり出されている中で、新たな戦争への突入を意識的に煽る発言です。

 

安倍などの極右反動勢力が何と言おうと、戦前の日本帝国主義のアジア侵略は、否定できない歴史的事実です。その全過程において、彼らは朝鮮・中国・アジア人民に対する搾取・収奪・人権蹂躙、虐殺の限りを尽くし、国内の労働者人民を帝国主義戦争に動員しました。沖縄を先頭とする日本の労働者人民、世界の人民は、安倍や橋下らのこの唾棄すべき言動を絶対に許しません。

大恐慌の中で存亡の危機に立たされている安倍政権は、アベノミクスと称して、すでに破産した国家財政を、さらに巨額の財政資金投入によって絶望的破局に追い込んでいる一方で、ベトナム、サウジ、UAEなどへの原発輸出攻勢を展開し、トルコとの間では原発受注協定に署名しました。これは、原子力マフィアの利害のために、福島の人々の苦しみを、全世界の労働者人民に拡大しようという策動です。しかも、原発に関連するあらゆる施設と運用を「パッケージ輸出」と称して、一緒に輸出するのが日本政府の戦略です。原発の技術的運転ノウハウのみならず、労働運動・反原発闘争を弾圧し、大量の非正規職を始めとする労働者に被爆させて使い捨てにしてきた方法をも輸出するのです。また、核武装の基盤の獲得を狙う諸国を取り込み、日本帝国主義の戦略的影響力を拡大せんとする策動であり、新たな戦争への道です。日本の労働者人民として、絶対に許すことができません。

また、橋下大阪市長という人物は、大阪市の公共サービスの全面民営化、公務員労働者の総非正規職化、組合つぶしの先頭に立っている労働者階級の敵です。公務員労働者に対し、賃金7.8%カットの攻撃をしかけてきている安倍政権の先兵です。

その彼らが、労働者の生活を破壊し、福島や沖縄を切り捨てるだけでは足らず、今や戦後体制を自ら破壊して世界を新たな戦争に引きずり込もうと、とんでもないうごめきを開始したのです。ここに、第二次世界大戦における日本のアジア侵略を正当化し、ひらきなおっている安倍政権の改憲・戦争攻撃と極右反動発言の本質があります。

これを打ち破る最大の力は、安倍政権の新自由主義攻撃・改憲攻撃と真っ向から対決する階級的労働運動の登場です。そして、新自由主義の搾取と戦争に反対して立ち上がる全世界の労働者の国際的に団結した闘いです。

安倍政権の凶暴化は、今や日本全国で、労働者の怒りに火をつけています。青年労働者・学生を先頭に、闘う労働者の熱い団結と闘争の息吹がよみがえり始めています。私たちはその一切を6・9国鉄集会に総結集し、安倍政権にたたきつけ、そこから安倍政権を打倒する本格的闘いに突き進みます。

階級的労働運動の前進と労働者の国際連帯の力で、あらゆる戦争勢力を粉砕し、資本の支配を打ち倒す闘いに進みましょう!

 

2013年5月19日動労千葉・国際連帯委員会

Stop the War in East Asia! International Labor Solidarity is the Power to Crush Fresh War Attempts

Stop the War in East Asia!
International Labor Solidarity is the Power to Crush Fresh War Attempts
A fresh threat of war is impending in East Asia. The current global economic crisis, manifestation of death agony of capitalism, has brought about not only mass dismissal of workers but also war. The situation in Korean Peninsula is explosive.

Recently US forces conducted a two-month long joint military exercise with South Korean forces in an unprecedented scale with nuclear-capable strategic bombers, aiming at dominating the air space over the whole Korean Peninsula. Obama administration has made an agreement with the South Korean partner, which allows overall US engagement even in the possible brush-fire war between North and South Korea. In face of these offensives, Kim Jong-un administration of the North Korea accelerates nuclear armament in a quite anti-working class counter measure. It recently declared to break off the truce concluded in 1953, thus desperately driving itself to the brink of war.

As for Japan, Abe administration, shamelessly taking this opportunity, is intent to abolish the current Constitution itself together with its “peace clause” to change Japan into a war state. He is organizing bellicose provocations against Korea and China over the territorial issue, stirring up chauvinism and preparing construction of a new US military base in Henoko (northern beach of Okinawa) and striving for strengthened Japan-US military alliance. His agenda includes also nuclear armament of Japan; he is desperately preparing for restart of nuclear power plants, most of which are now out of operation.

We must squarely confront this critical situation. Those who need war are capitalist class of Japan, US and South Korea and privileged rulers of China and North Korea, and those who suffer from war are working people of the respective countries and all over the world.
What lies then behind the intensifying military situation in East Asia? As was demonstrated by the two major world wars in the past century, bitter strife among the world powers under global economic crisis over markets, resources and spheres of influence is rapidly and inevitably developing into political and military confrontation. It is urgent for the working people of the whole world to rise up resolutely for a struggle to crush the attempt of provoking fresh war, which means nuclear war, and to endeavor for the construction of a society which needs no war.

Korean Confederation of Trade Unions has already issued a statement on April 10: “We oppose all attempts of war and are determined to fight against all the powers which promote in war”. We absolutely support this statement and declare here that we are also ready to fight against war together with the courageous brothers and sisters of KCTU and all Korean working people.
Our struggle is focused upon overthrowing Abe administration, which is intending the abolition of the Japanese Constitution with its peace clause under these intensifying circumstances and rushing for the war.

Working class has no national border. Upcoming May Day is the day of international solidarity for the unification of workers across the world as a class and the day of action against privatization, outsourcing, irregular employment, dismissal and the day to confirm the common cause of world working class of abolishing capitalist exploitation and overthrowing capitalist rule. The major power to stop the war and to change the whole world lies in international labor solidarity across nations, nationalities and national borders.

Let’s crush the war by the advancement of working class unity and class struggle labor movement under the banner of international solidarity. Let’s march forward for the radical change of the world today!

May 1, 2013

International Labor Solidarity Committee of Doro-Chiba

労働者階級の国際的団結で、東アジアにおける新たな戦争の危機を打ち破ろう!

 大恐慌として爆発した資本主義の危機は、今日、世界の労働者を大失業にたたき込むとともに、新たな戦争の危機を急速につくりだしています。その最大の焦点となっているのが、東アジアです。とりわけ朝鮮半島をめぐる情勢は、まさに一触即発の危機に突入しています。

 この間、米韓両軍が繰り広げてきた過去最大規模の合同軍事演習は、核兵器搭載可能な戦略爆撃機まで動員し、朝鮮半島上空を制圧するという激しいものです。米オバマ政権は「すでに平時ではない」とし、南北間で局地的な衝突が発生した場合でも直ちに米軍が全面介入できる協定を韓国政府と結びました。北朝鮮・金正恩政権もこれに対抗して反人民的な核武装・核開発に決定的な拍車をかけ、1953年以来の休戦協定をも破棄するという瀬戸際政策にますますのめり込んでいます。

 さらに、日本の安倍政権はこの機に乗じ、平和憲法の全面破棄と戦争国家への公然たる転換をたくらんでいます。そのために、北朝鮮や中国に対する戦争挑発の先頭に立ち、領土問題での排外主義をあおり、沖縄への辺野古新基地建設、日米軍事同盟の強化を推進しています。また日本自身の核武装をも狙って、原発再稼働に必死に突き進もうとしています。

 この重大事態を見過ごすことは断じてできません。戦争を必要としているのは、米日韓の資本家階級や中国・北朝鮮の特権的支配層であり、戦争で犠牲になるのは各国の労働者人民です。今日の東アジアをめぐる軍事的緊張の背景にあるものは何か。20世紀の二度の世界戦争がそうであったように、大恐慌下で激化する大国間の対立、市場・資源・勢力圏をめぐる争闘戦が、政治的軍事的対立・抗争へと急速に転化し始めているということです。新たな戦争・核戦争を絶対に許さず、戦争を必要とするような社会を根本から変革する闘いに今こそ立ち上がらなければなりません。

 韓国民主労総はすでに4月10日、「すべての戦争に反対し、戦争を助長するすべての勢力と対決して闘う」との声明を発しました。私たちはこの声明を断固支持し、ともに闘うことを宣言します。何よりも、現在の軍事的緊張を利用して平和憲法の破棄を企み、新たな侵略戦争への道を突き進もうとしている日本の安倍政権を怒りを込めて打ち倒す闘いに総決起します。

 労働者に国境はありません。5月1日メーデーは、万国の労働者が階級として一つになり、民営化・外注化阻止!非正規職撤廃!解雇撤回!を掲げ、資本の搾取を打ち破る闘いに一斉に立ち上がる日です。民族・国籍・国境を越えた労働者階級の国際的団結こそ、戦争を実際に阻止し、世界を変革できる最大の力です。

 国際連帯の旗を断固として掲げ、労働者の団結と階級的労働運動の前進で戦争を阻止しよう! 現代世界の根底的変革へ向けてともに前進しましょう!

 2013年5月1日
動労千葉・国際労働者連帯委員会