労働者いじめの「見極め」を直ちに撤廃しろ

労働者いじめの「見極め」を直ちに撤廃しろ!

「見極め」を行わなければならない根拠は、どこにもない!

 動労千葉は、1月9日、JR千葉支社に対して、「動労千葉申第8号」により、千葉運輸区における「見極め」の中止に向けて申し入れを行った。
 千葉運輸区での「見極め」は、40年以上本線乗務を行ってきた運転士に対して、A4用紙20枚、40ページに及ぶ「知悉度試験」を行うというものだ。エルダー運転士になるために会社との労働契約も終了しいる。退職手続きを行う最後の日に、なぜ「見極め」を行う必要があるのか。
 嫌がらせ以外の何ものでもない。「見極め」撤廃へ闘いぬこう!


動労千葉申第8号
2019年1月9日

東日本旅客鉄道株式会社
千葉支社長 西田 直人 殿

国鉄千葉動力車労働組合
執行委員長 田中 康宏

千葉運輸区における「見極め」の中止を求める申し入れ

 この間、動労千葉は、千葉運輸区でのエルダー運転士になる者に対する「見極め」の中止を求めて団体交渉を行ってきたところである。
「見極め」の強要は、40年以上にわたり安全確保の第一線で働き続けてきた乗務員を侮辱するものであり、到底、看過することはできない。
 また、エルダー運転士として乗務するための労働契約はすでに結ばれており、「見極め」を行わなければならない根拠は全くない。
 こうした状況にもかかわらず千葉運輸区において「見極め」を行っていることは、乗務員に対する嫌がらせ以外の何ものでもない。
 従って、下記のとおり申し入れるので、団体交渉により誠意をもって回答すること。

1.千葉運輸区での「見極め」を直ちに中止すること。

-以上-


当面する行動について

■千労委忌避棄却命令取消裁判

 日時 1月22日(火) 10時30分~
 場所 千葉地裁601号法廷
*なお、9時45分から、千葉県労働委員会への抗議行動を行う予定です。
*裁判終了後、千葉市文化センター9階において、「動労総連合決起集会」を開催する予定です。 

■第29回全支部活動者研修会

 日時 1月27日~ 28日
*参加対象者の勤務手配を確実にお願いします。

■1047名闘争勝利ーJR採用! 2・10国鉄集会

 日時 2月10日(日) 16時~
 場所 市川市文化会館小ホール
*1047名解雇撤回ーJR採用に向けて、全支部からの結集をお願いします。

動労千葉にとって大きな節目の年  今年は必ず組織拡大を実現する!2019年団結旗開き開催(1/12)

 2019年団結旗開き開催(1/12)  動労千葉は1月12日、午後1時からDC会館で団結旗開きを開催した。 関副委員長の開会あいさつ、佐藤執行委員の司会で進められ、田中委員長から新年の挨拶が行われた。
 来賓挨拶に、三里塚芝山連合空港反対同盟の萩原富夫さんが連帯あいさつに立ち、昨年12月20日の千葉地裁での市東さんの農地を奪う強制執行を認める反動判決を弾劾して、農地死守、空港機能強化粉砕へ、決意を新たに決起することを宣言した。
 顧問弁護団長の葉山弁護士は、「1月22日から始まる新たな行政訴訟は1047名解雇撤回・原職復帰の基軸の闘いだ」と位置づけて、裁判への結集を訴えた。
 家族会の山田会長と田中委員長による鏡開きの後、OB会の永田会長の音頭で乾杯! ひき続き、情報労連千葉県協議会・鈴木議長、動労千葉を支援する会、動労水戸の石井委員長、動労東京をはじめ共闘労組・団体のあいさつが続いた。
 これに応え、動労千葉争議団、各支部と青年部の代表がそれぞれに組織拡大の決意を語った。千葉転支部の福島君は「JRでの現役の最後の日にこんなことをやらせるのは納得できない。白紙で出す。すでにエルダー再雇用の契約は結んでいる。取り消すというならやってみろ」とエルダー運転士に対する「見極め」中止に向けた闘いの決意表明がなされた。次に本部を代表して川崎書記長が当面の方針を提起し、「結成40周年の今年を組織拡大の年に」と訴えた。
 最後に恒例のビンゴ大会で盛り上がった後、インターナショナルを合唱し、団結ガンバローで終了した。

「何事があろうとも天神峰の地で生きていく」市東さん

反対同盟団結旗開き(1/13)

  1月13日、三里塚芝山連合空港反対同盟は新年デモと団結旗開きを行った。10時から、市東さん宅南の東峰開拓組合道路で集会が始まった。動労千葉からは関副委員長、佐藤執行委員が参加した。午後1時、成田市内のレストランで団結旗開きが開かれた。東峰の萩原富夫さんが「闘争宣言」を読み上げ、続いて市東さんが「何があっても天神峰の地で生きていく」と決意を語り、乾杯の音頭を取った。連帯のあいさつの最初に動労千葉の田中委員長が立った。

千葉運輸区長は「見極め」を直ちに中止しろ!

第2回支部代表者会議ー「見極め」の中止に向けて闘争体制の確立を指令!

  動労千葉は、1月7日、DC会館において、第2回支部代表者会議を開催し、3月ダイ改ー乗務員勤務制度改悪阻止、第3の分割・民営化攻撃粉砕、1047名解雇撤回等、当面する闘いの課題について伝達・確認し、とくに、千葉運輸区における「見極め」の中止に向けて動労千葉全体で闘いに起ちあがる闘争体制の確立を指令した。 “千葉運輸区長は「見極め」を直ちに中止しろ!” の続きを読む

新春インタビュー(下) 田中康宏委員長に聞く

改憲阻止!大行進運動の発展を! 労組解体攻撃と対決し労働運動復権かちとろう!

●昨年動労千葉は、改憲阻止の大行進運動を全国に呼びかけ、新たな闘いに踏み出しました。

 安倍政権が「2020年新憲法施行」を掲げたことに対し、労働運動の再生をかけて闘いを再組織しなければならないと考え、関西生コン支部や港合同、百万人署名運動、憲法と人権の日弁連をめざす会と共に呼びかけを発しました。全身全霊をかけた真剣さで原則性と大衆性を合わせ持った運動をつくろうと。闘いは始まったばかりですが、全国各地の仲間たちが本当に頑張ってくれています。
 安倍政権が進める改憲攻撃は「戦争のできる国」をつくるためのクーデターです。憲法9条に自衛隊を明記すれば、戦力維持が憲法上の義務になる。国や地方自治体、学校、企業は全部協力せざるを得なくなる。
 一方、労働者の権利・基本的人権は否応なく制限される。国の性格が根本から変わることになります。「緊急事態条項の新設」も同じです。かつてヒトラーが独裁体制を樹立する「手口」として使ったのが緊急事態条項でした。
 「戦争だけは二度と許してはならない」は、戦後日本の労働運動の一貫して変わらない原点でした。だから戦争法や共謀罪のときも、何万という人々が国会前に集まった。だけど、屈服を深める野党や既成勢力は「選挙協力」だけが唯一の抵抗手段かのように言って怒りの声に冷水をあびせ、雲散霧消させている。この現状を見て、われわれが声をあげなければいけないと考えました。 “新春インタビュー(下) 田中康宏委員長に聞く” の続きを読む

新春インタビュー(上) 田中康宏委員長に聞く

動労千葉結成40周年―今こそ闘う労働組合を!
全組合員の総力で組織拡大を実現しよう!

●明けましておめでとうございます。今日は新たな年の課題などについて伺いたいと思います。

 今年、動労千葉は結成40周年を迎えます。また、旧体制の動労千葉地本の中で青年の力が台頭し、闘う労働組合に変わっていくきっかけになったのはマル生攻撃(生産性向上を掲げた労組破壊攻撃)でしたが、それから丁度50年が経ちます。さらに、分割・民営化の結果、総評が解体されたのが1989年。丁度30年です。それは日本の労働運動にとって決定的な転換点でした。「国鉄労働運動を潰し、総評・社会党を潰して立派な憲法を安置する」と言った中曽根の意図は、今、安倍政権の手で強引に進められ、今年は改憲・戦争をめぐる歴史的な焦点の年になろうとしています。
 動労千葉は、小さいながらこうした状況に立ち向かって本当に立派に闘いぬいてきたと思います。そして今年、私は、その全ての経験が活きる時が来たように感じています。われわれの闘い方いかんによっては、目指してきたものが実現できる時が来た。動労千葉の発展、組織拡大への大きなチャンスが到来したと考えています。だから初志貫徹の決意で2019年を闘いぬきたい。 “新春インタビュー(上) 田中康宏委員長に聞く” の続きを読む

闘春

  昨年は、JRに働く労働者にとって国鉄分割・民営化以来の大転換の年であった。JR当局と一体となって30年以上職場を支配してきた東労組がついに崩壊したのだ。JRは民営化、首切り、外注化の手先になってきた御用組合すら解体して職場を直接支配しようとしている。だがそんなことが会社が思う通りにうまくいくはずはない。

(一)
 動労千葉はこの30余年、巨大なクジラのような敵に立ち向かい、多くの解雇者を出しながら、一歩も譲らずに闘い、団結を守りぬいてきた。公共の財産である鉄道を民営化し、その過程で20万人もの国鉄職員の首を切り、民営化してカネ儲けの道具にすることは絶対に間違いだ。鉄道業務を何百もの会社にバラバラにして外注化し労働者ごと放りだし、非正規職に突き落としていくようなやり方は絶対間違っている。動労千葉はそれを堂々と主張し、胸を張って闘ってきた。
 そして今、敵の側、つまり会社と東労組の結託体制がついに崩壊したのだ。組織拡大の大きなチャンス、動労千葉が貫いてきた闘いが全体を獲得するときが来たのだ。実際、20年にわたって外注化阻止闘争の火花を散らす焦点であったCTS幕張事業所では147票という圧倒的な信任を受けて関副委員長が職場代表に選出されている。職場闘争なくして組織拡大なし! 今こそ組織拡大の実現に向けて全組合員が総決起しよう。新しい年の年頭にあたってこれを全組合員の共同の決意にしよう! “闘春” の続きを読む

銚子支部第40回定期大会 / 津田沼支部第43回定期大会

65歳まで働くことができる労働条件確立へ!   40回銚子支部定期大 

 銚子支部は、12月5日、銚子運輸区内において、第40回銚子支部定期大会を開催し、1年間の闘いを総括するとともに、乗務員金制度反対、65歳まで働くことができる労働条件確立に向けて闘う方針を確立を確立した。
 支部大会は、議長に鈴木君を選出して議事が進められ、冒頭、伊藤支部長は、1年間の闘いへの協力に感謝を述べた後、「銚子支部は半数がエルダーという状況だが、今後も一致団結して闘いぬきたいと思いますでの、皆さんの協力をお願いします」団結して闘いぬこう」との力強いあいさつを行った。

 大会後の懇親会も、和気あいあいの中で大盛況!
 本部からは、川崎書記長が来賓あいさつを行い、その後、支部執行部から議案の提起と質疑応答が行われた。
主な質疑は、以下のとおり。
◎ストライキ生活基金の取り扱いについてどうなっているのか教えてもらいたい。
◎銚子運輸区にも「社友会」ができたとの掲示が出ていたが、全体ではどうなっているのか。
◎担日数勤務と賃金の関係がどうなっているのかを教えて欲しい。
◎東労組の中で、組合費の問題で脱退者が出ているとの話が出ている。

 討議の後、運動方針案、予算案などが満場一致で方針を採択し、18年度役員が選出され、最後に、伊藤支部長の団結ガンバロー三唱で銚子支部定期大会は成功裡に終了した。
大会後、場所を移して和気あいあいの中で懇親会が行われた。

  JRーCTS一体となって組織拡大実現を!  第43回津田沼支部定期大会

 12月15日、津田沼支部は、DC会館において、第43回津田沼支部定期大会を開催し、闘い無くして安全なし、反合運転保安確立、乗務員勤務制度改悪阻止に向けて闘う方針を満場一致で確立した。
 支部大会は、青山君を議長に選出して議事が進められた。最初に相馬支部長は、「東労組解体状況の中で職場が混乱している。区長も、年末年始の年休の取り扱いでこれまでのあり方を拒否するなど組合的なあり方は認めない強硬姿勢だ。エルダー問題も含め全力で闘おう」と力強く訴えた。
 本部からは田中委員長が来賓あいさつを行い、その後、支部執行部から議案の提起と質疑応答が行われた。
 主な質疑は、以下のとおり。
◎基地再編が行われるとあるが、どうなるのか。
◎千葉運輸区の「見極め」が問題になっている。やるなら運転士を希望しないという声もある。
◎CTSの入出区にJRの区長が添乗してくるが、違法ではないのか。
◎CTSの勤務で、休日明示がないため混乱している。ルールが必要だ。
 討議の後、運動方針案、予算案などが満場一致を採択され、18年度役員を選出し、最後に、相馬支部長の団結ガンバロー三唱で津田沼支部定期大会は成功裡に終了した。
大会後は、場所を移して懇親会が行われた。  

佐倉支部第8回定期大会 / 木更津支部第42回定期大会

椎名新支部長を選出し新執行体制を確立!
佐倉支部第8回定期大会

 佐倉支部は12月5日、「労働運動の変革を目指して40年―前へ未来へ!改憲・戦争、労働法制解体を許すな!JR大再編―第3の分割・民営化攻撃と対決して組織拡大を実現しよう」をメインスローガンに第8回支部定期大会と乗務員分科会総会を開催しました。
 はじめに坂尾支部長が、「1年間支部長として、1047名解雇撤回・JR復帰を目指して、乗務員勤務制度改悪絶対反対・運転士の高齢者対策をかちとる、ローカル線切り捨て・廃線攻撃を許さないために自分なりにやってきました。これからも団結して頑張りましょう」と挨拶しました。 “佐倉支部第8回定期大会 / 木更津支部第42回定期大会” の続きを読む

JR千葉支社―3月ダイ改の提案行う

乗務員勤務制度改悪粉砕・65歳まで働き続けられる労働条件確立へ闘おう

 12月26日、JR千葉支社は2019年3月ダイ改提案を行った。
会社はこのダイ改と同時に乗務員勤務制度改悪を強行しようとしている。それは、乗務員に極限的な人員削減と殺人的な労働強化を強制する攻撃であり、乗務員勤務制度そのものを解体する攻撃だ。
また、短時間行路を新たに設定しながら、何よりも切実な課題である本線乗務員の高齢者対策はまったく無視されている。そのうえ、拘束時間を延長しさらに長大な行路を強制しようとしている。乗務員勤務制度改悪粉砕、65歳まで働き続けられる労働条件確立へ全力で闘いにたちあがろう。
3月ダイ改提案の概要は以下の通り。 “JR千葉支社―3月ダイ改の提案行う” の続きを読む

エルダー組合員交流会を開催/19年度エルダー雇用で千葉支社を追及

エルダー組合員交流会を開催(11/26~28)
エルダーを先頭に65歳まで働ける労働条件確立へ!

「こうした集まりをもっとやってほしい」との意見が出るなど大盛況

11月26日~28日の3日間、DC会館において、「エルダー組合員交流会」が開催された。
 この間、大量退職期を迎える中で多くの組合員がエルダー・嘱託として働いている。エルダーで働く場合、これまでと全く異なる職種や職場で働くことになる。CTSの場合、車両基地の中でも仕業・構内業務、検修上回り業務、清掃業務などに分かれる。また、清掃業務では、千葉事業所の場合、千葉駅での業務の他、内房線、外房線、総武本線などの各駅での駅舎清掃を1人で行うことになる。南船橋事業所も京葉線の各駅を1人で回っている。この他に、駅業務(JESS)や広告業務等、多岐にわたる職種、職場でエルダー組合員が働いている。
 こうした状況の中で、今後も多くの組合員がエルダーで働かざるを得ないこと、動労千葉の活動がエルダーが主体となるような団結強化が必要であることから、何よりもエルダー組合員の意見交換の場として今回の交流会が開催された。 “エルダー組合員交流会を開催/19年度エルダー雇用で千葉支社を追及” の続きを読む

1・12団結旗開きに集まろう! / 千葉地裁の農地取り上げ12・20不当判決弾劾!

いざ、2019年の闘いへ! 1・12団結旗開きに集まろう

 すべての組合員のみなさん! 2018年、1年間の闘い、本当にお疲れ様でした。
 2019年、第3の国鉄分割・民営化との闘いは、すべての課題で正念場を迎えています。
 乗務員勤務制度の改悪。労働組合の無い会社=東労組のような民営化・首切りに賛成した組合さえ許さない攻撃。JR貨物における「新人事・賃金制度」をめぐる闘い。国鉄分割・民営化に比すような新たな労働運動解体、JR大再編攻撃との闘いです。 “1・12団結旗開きに集まろう! / 千葉地裁の農地取り上げ12・20不当判決弾劾!” の続きを読む

「平和教育」つぶしを許さない 改憲と戦争への道をとめる! 12・16千葉県集会 135名の結集

運動の広がり

 12月16日、船橋市東部公民館において「改憲と戦争への道をとめる!12・16千葉県集会」が会場満杯の135名の結集で行われた。集会は教育労働者をはじめ多くの初参加者でうまり、この間の運動の広がりを感じるものになった。
 最初に主催者の「改憲・戦争阻止大行進運動・千葉」を代表して呼びかけ人の井上さん(元教員)が「平和教育つぶしの闘いと沖縄・辺野古の実力闘争をつなげて、安倍の戦争政治をとめるために立ち上がってほしい」と呼びかけた。 “「平和教育」つぶしを許さない 改憲と戦争への道をとめる! 12・16千葉県集会 135名の結集” の続きを読む

これが 「生き生きと働くことができる会社」?        JR貨物新人事制度交渉報告 

 動労総連合は12月13日、JR貨物の「人事制度の見直しについて」、団体交渉をおこないました。
まず、組合側の「人事制度の見直し提案について直ちに撤回すること」に対して、「人的課題としては、厳しい要員状況があるため、積極的に社員を採用してきているが、若年社員の離職が過去に比べて目立つようになってきている・・・学生等から選択される企業となるためには、初任給改善や働き方の多様性に対応し、働き甲斐や成長を感じられる会社になることが必要となっている。そのため今回、制度改正の提案を行っており、撤回はしない」との回答でした。
新人事制度の提案も9月28日と遅く、充分な団交も、現場労働者への説明もないまま、はじめに来年4月1日実施ありきの会社の姿勢は大問題です。
交渉の主なものを抜粋して報告します。 “これが 「生き生きと働くことができる会社」?        JR貨物新人事制度交渉報告 ” の続きを読む

動労総連合第33回定期全国大会

3月ダイ改合理化・乗務員勤務制度改悪粉砕!
動労総連合の本格的組織拡大を実現しよう!

 動労総連合は12月9日、千葉市・DC会館にて第33回定期全国大会を開催し、第3の分割・民営化攻撃、安倍政権の改憲・戦争攻撃と対決し、動労総連合の組織拡大で反撃する闘いの方針を確立した。大会は、梶ヶ谷代議員(千葉)を議長に選出して議事が進められた。

つかんだ可能性を発展させよう “動労総連合第33回定期全国大会” の続きを読む

━ グループ経営構想「変革2027」━ 「電気部門の変革2022」を提案 外注化―分社化・転籍強制と安全の崩壊

 JR東日本は、グループ経営構想「変革2027」を具体化するために「電気部門の変革2022」を提案した。
  「変革2027」は、駅業務と商業施設の一括で外注化、レス運転化、メンテナンス部門へのCBM(予防検査廃止)と丸ごと外注化、ローカル線切り捨て―廃線化など鉄道部門を全て『外部』に放り出し、労働者に転籍を強制する攻撃だ。公共交通機関としての「鉄道会社」であること自体を放棄しようとしているのだ。

大規模輸送障害の多発

 JR東日本の地上設備のメンテナンス費用は営業費用の約2割を占めているが、この間の設備の老朽化等による大規模な輸送障害が発生している。しかも民営化・外注化による電気・システム技術者が不足する深刻な事態に直面している。   秋葉原駅の電化柱倒壊事故、籠原駅での老朽化した碍子の漏電火災事故、頻発する架線切断、保守設備火災など過去に経験のない事故が多発している。設備の老朽化、徹底した要員削減、徒歩巡視の延伸、そして外注化による技術継承の断絶など合理化を原因とするものばかりだ。
 こうした状況に対して、「電気部門の変革2022」は、「設備のシステムチェンジ」「スマートメンテナンス」「工事の機械化・効率化」の3本柱を提案し、在来線の電力・信通部門は、「設備管理に対する最終的判断」以外は全て外注化してしまう攻撃だ。 “━ グループ経営構想「変革2027」━ 「電気部門の変革2022」を提案 外注化―分社化・転籍強制と安全の崩壊” の続きを読む

JR東本社団体交渉会社が養成体系の抜本的転換を公言

将来の運転士養成は「しかるべき時期に提案」
乗務員解体攻撃に全力で反撃しよう!
JR東本社団体交渉会社が養成体系の抜本的転換を公言

組合 ワンマン運転拡大が全社的に行われている。車掌の大幅な減少は、運転士登用に影響しないのか。
会社 車掌の要員や養成数を減らせば、運転士になる人材が絞られる。ワンマン化拡大ですぐに車掌の養成をやめることは考えていない。将来的にはワンマン化が進み、どこかの段階で絞る必要がある。
組合 将来の運転士養成はどうなるか。
会社 しかるべき時期に提案する。
組合 駅から車掌、運転士という関係が崩れてきている。車掌を経ずに運転士ということも考えているか。
会社 そもそも本体の駅が減っている。検討しているわけではないが、直接運転士ということもありうる。
組合 エルダー運転士や車掌の関係で養成数を絞っていないのか。
会社 現段階で将来を見込んで絞っているということはない。

 JR東日本は10月30日の団体交渉で、将来の運転士養成について「しかるべき時期に提案する」と回答した。さらに、「本体の駅が減っている」「将来的にはワンマン化が進むから車掌数を絞る」「直接運転士ということもありうる」として、抜本的な転換を狙っていることを隠そうともしなかった。 “JR東本社団体交渉会社が養成体系の抜本的転換を公言” の続きを読む

「平和教育」つぶしを許さない 改憲と戦争への道をとめる! 12・16千葉県集会へ / 契約・パートにも同じ基準で支払え! CTS年末手当回答弾劾!

「平和教育」つぶしを許さない
改憲と戦争への道をとめる! 12・16千葉県集会へ

◇ 講演:高嶋伸欣さん
(琉球大学名誉教授)
―沖縄から平和教育を問う―(仮題)

◇ 報告①:平和教育つぶしとの闘い
「沖縄修学旅行平和学習プリント
回収命令事件」について

◇報告②:動労千葉から

◇討論:学校現場や、県内の労働組合、市民団体からの報告や討論を予定。

日時:12月16日(日)13時開始(開場12時半)  
会場:船橋市東部公民館講堂 

“「平和教育」つぶしを許さない 改憲と戦争への道をとめる! 12・16千葉県集会へ / 契約・パートにも同じ基準で支払え! CTS年末手当回答弾劾!” の続きを読む