3・10外房線地域集会の成功を /弁護団総会を開催

3・10「外房線の利便性向上と地方の発展に向けた地域集会」の成功かちとろう

 3月10日、「外房線と地域を守る会」の主催で「外房線の利便性向上と地方の発展に向けた地域集会」が開催される。集会成功に向けて、地域の仲間とともに闘いぬこう。

 列車削減は切実な問題

 昨年3月ダイ改では、茂原や上総一ノ宮駅から勝浦駅にかけて外房線で5本の列車削減が行われ、勝浦へ向かう千葉駅20時台発の列車が一本もなくなった。その一方、今年のダイ改では、外房線での闘いの中で20時24分発大原行が勝浦行へと延長された。小さくとも、運動は前進している。
 この間JRは、「儲からない」とローカル線を次々と切り捨ててきた。だが、JRは国鉄を継承し、公共交通機関を担う会社だ。地域生活よりも利益を優先するなど、許されることではない。
 実際、地域社会にとって列車切り捨ては深刻な問題だ。人口減少―過疎化や産業空洞化、学校の統廃合などが顕著になっている中で、観光を地域活性化の中心にしている地域が多くある。
 列車削減は地域の活性化に水を差し、通勤・通学が不便になれば人口減少に拍車をかけることにもつながる。 また、上総一ノ宮駅以南でのワンマン運転導入の計画は、外房線の分離につながる攻撃だ。

 地域の仲間とともに闘おう

 「外房線と地域を守る会」は昨年7月に結成総会を開催し、「外房線の利便性及び安全性向上を求める署名」運動を展開した。その中で多くの利用者・住民、自治体等から1万2千筆超の署名が寄せられている。それだけ地域の怒りは深いということだ。
 地域の仲間とともにJRの地方切り捨て攻撃阻止へ闘おう。3・10外房線集会への大結集をかちとろう。

外房線の利便性向上と地方の発展に向けた地域集会
日時:3月10日(日)15時30分~
場所:勝浦集会所(勝浦図書館2階・旧勝浦市役所)

19年 動労千葉弁護団総会を開催

1047名解雇撤回!外注化粉砕! 裁判闘争勝利へ全力で闘おう

 2月14日、19年動労千葉弁護団総会を開催し、葉山弁護団長をはじめ各事件の担当弁護士が参加した。
 冒頭のあいさつで葉山弁護団長は、1047名解雇撤回をめぐる裁判で隠された真実を暴きだし、「JRに責任あり」を明確にしたことを述べた上で、「JR東の団交拒否は明確な不当労働行為で重大事態」「労働委員会は団結権擁護が根本的任務。JR東、経団連、安倍政権に加担して門前払いするというのは犯罪的行為」と断罪した。 そして、47名の大弁護団のもとで行政訴訟を開始したことを報告し、「この裁判は千葉県労働委員会闘争であると同時に、1047名解雇撤回・原職復帰闘争の基軸をなす闘い」と訴えた。 最後に、「弁護活動について率直な討論を通じて今後の活動の糧としたい」とあいさつを締めくくった。
 動労千葉からの報告を行った田中委員長は、東労組崩壊情勢の中、徹底した組合つぶしが行われていること、CTS職場代表選挙での勝利など、この間の動労千葉の闘いを報告した。また、昨年3月に開始した改憲阻止大行進運動の前進を報告するとともに、「非正規職しかない社会」を許さない闘いを展開する必要を訴えた。職場闘争については、「自動運転などAI化を打ち出しているが、第3の分割・民営化攻撃は必ず破綻する。すべてを組織拡大の観点から闘いぬく」と決意を語った。
 討論では、結審が狙われている出向無効裁判控訴審をはじめとした各事件の検討が行われた。また、休憩中にカメラで撮影することの問題点、「組合員でないこと」を加入条件とする社友会推進の不当労働行為性について議論された。闘争勝利に向け、職場での闘いと一体で、裁判闘争を弁護団とともに闘いぬこう。

千葉運輸区の「見極め」粉砕に向け 指名ストを指令!

第3回支部代表者会議ー「見極め」中止に向け、2・28指名ストを指令!

動労千葉は2月13日、DC会館において、第3回支部代表者会議を開催し、19春闘勝利、3月ダイ改ー乗務員勤務制度改悪阻止、第3の分割・民営化攻撃粉砕、1047名解雇撤回等、当面する闘いの課題について伝達・確認した。

水戸ー運転士▲19名、泊行路で7時30分~23時まで乗務

 3月ダイ改をめぐっては、乗務員勤務制度の改悪により、習志野運輸区において津田沼~中野3往復というこれまでにはない長大行路が設定された。会社は、これを基本行路と考え、さらに増やしていくことを考えられる。しかも、今後、中央線が11両化されることによりお茶の水での折り返し運転がなくなり、終日、中野までの通し運転が可能になる。そうなればさらに三鷹折り返しや千葉折り返しなどがつけられる可能性がある。
一方、水戸では、昨年10月の車掌32名削減に続き、3月ダイ改で運転士19名の削減が提案された。さらに、泊行路で7時30分に出勤して23時過ぎまで乗務する行路が設定された。
さらに、東京支社では、横浜や高崎への業務移管により運転士、車掌併せて100名の要員削減が行われようとしている。

千葉転支部の奮闘で、区長を追い詰めている状況

 千葉運輸区における「見極め」問題については、2月5日に千葉運転区支部の執行委員会が行われ、翌日以降、千葉運輸区長に対する「見極め」の中止を求める抗議・要請行動が展開され、中止しない場合は指名ストライキを行うことを通告した。こうした千葉運転区支部の奮闘により「シュミレーションに変更することも考える」等の対応を行うまで追い詰めている。しかし、シュミレーションの内容に「見極め」が盛り込まれる可能性があること、さらに木更津運輸区長が「千葉運輸区と同じことを行う」旨を発言するなど他区に波及する問題もはらんでいることから、今後、本部として「見極め」の中止に向けて全力で取り組むこととする。
以上に踏まえ以下のとおり指令する。

闘争指令】
1.19春闘ー3月ダイ改阻止闘争の課題と獲得目標 *組織拡大の実現
*貨物の人事制度改悪阻止、CTSでの大幅賃上げ
*定年延長と65歳まで働ける労働条件の確立
*第3の分割・民営化攻撃粉砕
*3月ダイ改ー乗務員勤務制度改悪阻止、ワンマン運転拡大阻止

2.19春闘の具体的要求
*ベア要求 東日本、貨物38000 円、CTS30000円
*貨物人事制度改悪、賃下げ阻止
*CTSでの住宅手当等獲得
*第3の分・民ー別会社化・転籍粉砕
*乗務員勤務制度改悪阻止ー行路緩和
*外周区での働く場の確保
*ローカル切り捨て・ワンマン拡大反対
*千葉運輸区の「見極め」強制粉砕

※以上の目標と要求の獲得・実現に向け、ストライキを配置して闘うこととする。

3.闘いの配置について
① 千葉運輸区の「見極め」強制に対して、2月28日、当該組合員を対象とする指名ストライキを配置する。 なお、千葉転支部の奮闘に踏まえ、見極め中止に向けて全力をあげることとする。
② 3月ダイ改における津田沼~中野3往復の強制粉砕に向け、ダイ改時に習志野運輸区を対象とした闘いを配置することとする。
③ 闘争期間中は、全組合員を対象とした非協力闘争を配置する。
④ 各支部は、前記闘争に向け、組織拡大の取り組みに全力をあげること。
⑤ 各支部は、闘争方針を全体化するために、職場集会等を開催し、万全の意思統一をはかること。
以 上

国鉄分割・民営化による不当解雇から32年 2・10国鉄集会に620人が結集

改憲阻止―1047名解雇撤回の新たな闘いへ!

 国鉄闘争全国運動の呼かけで「国鉄分割・民営化による不当解雇から32年―2・10国鉄集会」が、市川市文化会館で620人の結集で開催された。

「団結権への正面攻撃」

 開会あいさつを全国運動呼びかけ人の伊藤晃さんが行った。伊藤さんは、関西生コン支部への弾圧と動労総連合の不当労働行為申し立てに対する千葉県労働委員会の審査打ち切りは、「団結権への正面攻撃」であり、これと真っ向から闘うことは、改憲攻撃との闘いでもあると提起し、天皇即位と対決し、5・1メーデーに立とうと訴えた。
連帯のあいさつには、「内房線と地域を守る会」の松苗代表が、直通列車・特急の削減に対する地域の闘いの報告を行い、そして千葉県高教組の仲間が、教育委員会による平和教育プリントの検閲を許さず、改憲を止めると決意を語った。

「非正規職だけの社会をつくらせない!」

 次に動労千葉からの報告を田中委員長が行い、「連合結成30年の今年を労働運動をよみがえらせる新たな出発点にしよう」と訴えた。そして、鉄道業務を労働者ごと別会社化し総非正規職化するJRの第3の分割・民営化と対決し、「組織拡大に全てをかける」と決意をかたった。最後に、全国の職場・地域から「非正規職だけの社会をつくらせない!」というキャンペーンを始める方針を打ち出した。
東京西部ユニオン鈴木コンクリト分会の吉本書記長が、関西生コン支部弾圧を絶対許さない集会を、東京でも開催しようと呼びかけた。

「2・16」を絶対に忘れない

 動労千葉弁護団が登壇し、葉山弁護士が47人の大弁護団で千葉県労委の審査打ち切りを弾劾する行政訴訟が始まったことを報告した。1047名当該の決意を動労千葉争議団の中村仁と1047協議会の小玉忠憲代表が「必ずJRに戻る」「2月16日を絶対に忘れない」と解雇撤回の決意を語った。また、「1047名協議会と共に闘う会」の国労OBがあいさつに立った。

現場の総決起と組織拡大を

 現場からの報告を、千葉運転区支部から関執行委員が、千葉運輸区長の「見極め」に対してストライキを構えて闘うことが報告され、津田沼の相馬支部長が3月ダイ改で「津田沼~中野4往復」と超長時間行路に対する現場の怒りの声を報告し組織拡大で反撃すると決意を語った。動労水戸の石井委員長が水戸支社の要員53名減と超長時間行路に対して職場からの総決起の闘いをつくり出す決意を語った。動労総連合・新潟の星野委員長は非正規職組合員の解雇をめぐる新潟県労委の申し立て棄却を弾劾した。
決意表明を、教育労働者、自治体労働者、学生が行い、最後に全国運動呼びかけ人の花輪不二男さんが、集会のまとめと団結ガンバローで締めくくった。

国鉄闘争全国運動
210全国活動者交流会

集会前の10時から国鉄闘争全国運動の今後の運動の継続・発展のため全国活動者交流会が行われ、活発な討論と報告が行われた。

 

リーマン・ショックから10年 世界は止められない大激震に–研修会開催 2日目

リーマン・ショックから10年
世界は止められない大激震に

勝利を求めて起ちあがる全世界の労働者階級と動労千葉

―第27回全支部活動者研修会開催 2日目―

 第27回全支部活動者研修会(1月27~28日)の2日目は、動労千葉労働学校講師 藤村一行氏による「リーマン・ショックから10年 世界は止められない大激震に。勝利を求めて起ちあがる全世界の労働者階級と動労千葉」と題する講演が行われた。 “リーマン・ショックから10年 世界は止められない大激震に–研修会開催 2日目” の続きを読む

外注化粉砕!2・22東京高裁に大結集を!

動労総連合・出向無効確認訴訟 控訴審第3回裁判

外注化粉砕!2・22東京高裁に大結集を!

日  時: 2019年2月22日(金)11時~ 東京高裁825号法廷
集  合: 10時15分 東京高裁前
指定列車:千葉駅4番線 9時19分始発快速列車 最後部乗車
“外注化粉砕!2・22東京高裁に大結集を!” の続きを読む

すべてをかけ、組織拡大へ!   第27回全支部活動者研修会報告 その1

 1月27~28日、第27回全支部活動者研修会が山梨県石和温泉で開催されました。歴史的転換点としての2019~20年、動労千葉は何をなすべきなのか。簡単な課題ではないが、必ずできると、この1年間組織拡大にかけ、改憲・戦争情勢と第3の分割・民営化攻撃と闘う決意を固める場となりました。
第1日目は、田中委員長から「『第3の分割・民営化』攻撃、岐路にたつ日本労働運動と組織拡大を中心とした2019年の課題」、川崎書記長から「当面する取り組みについて」、2日目には藤村一行氏(動労千葉労働学校講師)より「リーマンショックから10年、世界は止められない大激震に。勝利を求めて立ち上がる全世界の労働者階級と動労千葉」の講演を受けました。詳細は、おって「機関誌・動労千葉」で報告される予定です。
今号では、委員長の提起から「第3の分割・民営化攻撃粉砕に向けた闘いの課題」の部分を報告します。

職場闘争なくして 組織拡大なし

 第1に、JR本体―グループ会社を貫く組織拡大を実現するために全組合員の知恵と行動力を結集する。「職場闘争なくして組織拡大なし」。少数でも動労千葉らしく声をあげ続けること。その姿を職場の労働者に示すことが組織拡大の取り組みの基本。
第2の課題は、第3の分割・民営化攻撃下での反合理化・運転保安闘争の形成をめざして知恵と力を結集すること。3月ダイ改阻止―改悪乗務員勤務制度粉砕、19春闘勝利・人事賃金制度改悪阻止、見極め攻撃粉砕に向けてストライキを配置して闘おう。
第3の闘いの課題は、全組合員が直面する「大量退職問題」に断固として立ち向かい、組織破壊攻撃を粉砕し、65歳まで働き続けることのできる職場と労働条件をかちとるために全力で闘うこと。

エルダーの5年間は、組織拡大闘争の最前線

 大きな組織的変化、それに伴う組合員の意識の変化、組合員が抱える様々な問題を考え、本部|支部の機能の強化しよう。エルダーの5年間は、第3の分割・民営化攻撃粉砕闘争、組織拡大闘争の最前線。動労千葉らしく30年にわたる分・民攻防の集大成と言うべき闘いを継続しよう。
?外注化ではなく定年延長と65歳まで働き続けることのできる職場と労働条件確立を。
?外周地域に雇用の場を確保すること、希望する者は全員本体雇用とすること。
?本線運転士の高齢者対策を速やかに実施すること。
?身体を壊している者、介護を抱えている者については、それに応じた60歳以降の雇用の場を確保すること。

貨物・CTSをめぐる闘い

 第4の課題は貨物をめぐる闘い―人事・賃金制度改悪阻止の闘いを、限界状況に直面している千葉機関区の現状をいかに打開するのかの課題と結合し、この1年間を通じて徹底的に追及し、平成採の配置、再雇用先の確保等を求めていく。
第5の課題は、CTSをめぐる闘い。春闘・秋闘を通して、若干とはいえ労働条件、職場環境等を改善させてきた闘いを継続する。その闘いを幕張・木更津事業所を先頭に組織拡大に結実させる。エルダー協議会、清掃交流会等の取り組みを強化しよう。
第6の課題は、1047名解雇撤回に向けた新たな闘い(労働委員会―裁判闘争)に全力で立ち上がること。全力で2・10国鉄集会へ。
第7の課題は、内房線と地域を守る会、外房線と地域を守る会、地方ローカル線切り捨て反対に向けた地域ぐるみの闘いをさらに前進させよう。

石和温泉駅周辺には「3月ダイヤ改悪絶対反対」の幟が林立していた。

国鉄1047名解雇撤回!千葉県労委は真実を葬り去るな! 第1回 千葉県労働委員会忌避申立却下決定取消行訴

第1回 千葉県労働委員会忌避申立却下決定取消行訴

国鉄1047名解雇撤回!千葉県労委は真実を葬り去るな!労働委員会解体許さず闘いぬこう

2・10国鉄集会に大結集を!

 1月22日、千葉県労働委員会の忌避申立却下決定の取り消しを求める行政訴訟の第1回裁判が行われた。動労千葉争議団、1047名協議会の小玉さん、各支部組合員、支援の仲間が結集し、千葉地裁の大法廷を埋めて闘いぬかれた。

 不当労働行為の真実は暴かれた

 裁判では冒頭、中村本部執行委員が意見陳述を行い、「不当解雇した犯人がJR東日本だったと明らかになったのだから、解雇を撤回し、原職復帰させるべきだ」とJRの責任を明らかにした。そして、「JRに責任なし」とした最高裁判決の前提を覆す事実が明らかになったことを突きつけ、「事実調べを行わずに審査などできない」「事実調べを行わずに打ち切るとは、不当労働行為を正すべき労働委員会が、自ら労働委員会制度を解体する重大事態だ」と訴えた。
これを受けて弁護団からは、名簿不記載基準そのものが不当労働行為だったという真実を暴いたこと、その基準をJR設立委員会自身が決定していたことを突きつけ、JR自身に不当解雇の法的責任があることを一点の曇りもなく明らかにした。そして、国策との真正面からの対峙をおそれ、真実を葬り去ろうとした千葉県労委を断罪した。

 労働委の権力への屈服ゆるすな

 裁判に先立ち行った千葉県労委への抗議行動で、小玉さんは「怒りに堪えない。真実は明らかになった。典型的な不当労働行為だ」「国労本部が折れずに闘えば勝てた。本当に悔しい」「労働委員会はJRを擁護している。とんでもない話だ。絶対に勝利したい」と千葉県労委を激しい怒りで弾劾し、熱い決意を語った。
裁判終了後、動労総連合決起集会が開催され、田中委員長から、分割・民営化の国家的不当労働行為の真実を突き止めた勝利を確認したうえで、「決定的な勝利の地平が、今日の裁判闘争に凝縮されている」と本裁判闘争の意義を明らかにした。また、「揺るがない事実を明らかにしたのに、千葉県労委は事実調べもしない。真実を暴くかどうかの闘い。未来にむけた問題だ」と訴えた。
弁護団からは、「傍聴への結集が、簡単に打ち切れない関係を築いている」「労働者の権利を守るための機関が権力に屈服している」と労働委員会の屈服を弾劾し、闘う決意を表明した。
その後、動労総連合、支援の仲間から発言が続き、「人生をかけた闘いが素晴らしい地平を切り開いている。闘いは今からだ」「労働委員会が不当労働行為を扱わないなどということが許せるか」と、多くの仲間から1047名解雇撤回の新たな闘いへの熱い決意が語られた。

 大結集で闘争勝利まで闘いぬこう

 この裁判闘争は、最高裁判決を覆す事実をもってJRに解雇撤回・団交開催を行わせ、国鉄分割・民営化攻撃に決着をつける新たな闘いだ。同時に、労働委員会解体という労働者の団結権を奪う攻撃と対決し、労働者全体の権利と未来を守る闘いだ。
裁判では、千葉県労委は事態の重大さを無視し、形式的に打ち切るよう主張している。裁判闘争の大結集をかちとり、早期打ち切りを許さず闘いぬこう。2・10国鉄集会の成功をかちとり、国鉄1047名解雇撤回まで闘いぬこう。

国鉄分割・民営化による不当解雇から32年 2・10国鉄集会
2月10日(日)午後4時~(開場3時30分)
市川市文化会館2階 小ホール

第2回 千葉県労委行政訴訟
4月12日(金)10時30分~ 千葉地裁601号法廷

人事制度改悪阻止!19春闘勝利! 65歳まで安心して働ける労働条件の確立を!2019年貨物協議会の闘う決意

 とんでもない制度だ!

 「平成31年4月1日」から実施するという「人事制度の見直し」。プランナー、エキスパート、プロフェッショナルという職群を設ける。「主に鉄道業務の第一線で業務経験を重ねていく。転勤範囲は採用支社内とする」、プロフェッショナル職群は今の指導職に相当する等級R(レギュラー)1級で277,500円、主任職のR2級で327,500円が基準(最高)額だ。
しかも、昇給についてはS・AA・A・BA・Bと5段階で評価され、標準となるA評価ではR1級で4,000円、R2級で5,000円といくらも上がらない。最低額が、R1で181,500円、R2で237,500円なのだから、高卒で現場でコツコツ何十年働いてもいくらも上がらない。
上位職・管理職にならない現場労働者の、生涯にわたる低賃金を正当化するとんでもない制度だ。鉄道業務を「根っ子で支えているのは誰なのか」、ということだ。

 55歳と嘱託はおきざり

 新制度に移行後、55歳以降も「定年に達するまで昇給する」というが、現行71%のままでいったい、いくら上がるというのだ。そして、「嘱託社員」を「シニア社員」と名称を変え、基本賃金が千葉県の場合、特休が年間56日のコースAで171,000円、年間80日のコースBで150,300円。要員が回らなくなる中で、わずかな差で人を釣るというのか。これでは、現制度のあまりの酷さと同じである。

 日貨労が 「大筋合意」

 日貨労は、何一つ抵抗することもなく人事・賃金制度の改悪提案に「大筋合意」した。
新人事制度は、日貨労の言う「社会人としての他の模範となるべく組合員が働きがいを持ち、生活にゆとりと安定が感じられる」ものでは断じてない。
JR東日本における東労組解体が貨物に波及することに震えあがって全面屈服に走ったのだ。国鉄分割・民営化の時と同じく、自らの延命のために現場組合員の利益・権利を差し出したのだ。
貨物協議会は怒りも新たに、貨物会社に働く青年労働者の未来を切り拓くためにも、本線運転士の高齢者対策を始めとした安心して65歳までちゃんと働ける労働条件を確立するために、人事制度改悪阻止!19春闘勝利へ心機一転、全力で闘います。

3・16ダイヤ改悪阻止! 「闘い無くして安全なし」の実践を!組織拡大を実現しよう!

ダイヤ改悪絶対阻止!、組織拡大を実現しよう!

 3月ダイ改阻止に向けて、習志野運輸区での問題点について相馬支部長と青山交渉員に話を伺いました。(文責編集部) “3・16ダイヤ改悪阻止! 「闘い無くして安全なし」の実践を!組織拡大を実現しよう!” の続きを読む

-3月ダイ改 習志野運輸区17行路-306・4kmの超ロングラン行路 「事故が起きる」の声が上がっている!

-3月ダイ改 習志野運輸区17行路-

津田沼~中野間4往復!

306・4kmの超ロングラン行路
「事故が起きる」の声が上がっている!

 3月ダイ改の行路・交番が提案され、各支部でダイヤ検討が行われている。
 その中で、習志野運輸区において、とんでもない行路が設定されている。左の行路表を見てもらいたい。平日の17行路(習志野運輸区泊)だ。初日に津田沼~中野を3往復、明けでさらに1往復、合計4往復という行路が設定されている。
 これまでも、津田沼~中野2往復に千葉や三鷹、お茶の水が付くことはあったが、初日に3往復などという行路はこれまでにないものだ。
 乗務キロも306・4kmというように、超ロングラン行路だ。
 しかも、初日に中野までの3往復を乗務し、明けで朝のラッシュ時間帯を乗務するのだ。睡眠時間もまともにとれない中で睡魔との闘いが強いられることになる。
 こんな行路に対して職場では、「もの凄く重くなっている」「こんな行路じゃやってられない」「事故が起きる」との怒りの声が上がっている。
 「育児・介護」を理由にして導入した短時間行路を、現行の2本に加えさらに2行路増やし、残った部分を他の一般行路に振り分けたために17行路のような今までにない酷い行路ができたのだ。このまま黙っていたら、さらに劣悪な行路が強制されることになる。職場から反対の声を上げよう!3月ダイ改阻止へ闘争体制を確立しよう!反合・運転保安確立へ、全力で闘いぬこう!

当面する行動について 

■1047名闘争勝利ーJR採用! 2・10国鉄集会

 日 時 2月10日(日) 16時~ 場 所 市川市文化会館小ホール
*1047名解雇撤回ーJR採用に向けて、全支部からの結集をお願いします。

■第70回動労千葉定期委員会

 日 時 2月24日(日) 13時~ 場 所 千葉市・DC会館
*3月ダイ改阻止、19春闘勝利に向けて成功をかちとろう!

■動労千葉結成40周年記念レセプション

 日 時 4月7日(日) 13時~ 場 所 千葉市内
*79年3月30日の動労千葉結成から40周年を迎えます。記念レセプションへの結集をお願いします。

内房線・外房線と地域を守る会 JR千葉支社要請行動/峡東3市市民の会「中央線ダイヤ改悪絶対反対」ののぼり

内房線・外房線と地域を守る会
JR千葉支社要請行動署名1万2227筆を提出

 昨年12月25日、内房線と地域を守る会、外房線と地域を守る会がJR千葉支社への要請行動を行い、外房線と地域を守る会から署名1万2227筆を提出した。

 地域住民の切実な思いを訴える

 内房線関係では館山―千葉間の直通列車、特急列車の復活を強く要請し、外房線関係では昨年3月ダイ改で茂原、上総一ノ宮以南の列車が5本削減されたことに強く抗議した。高校生のアンケートも用いて、列車増発の必要性やワンマン化、列車削減の問題を突きつけた。
 要請行動で内房線と地域を守る会の松苗代表は、「学校ということをダイ改の視点に入れていただきたい。次の時代を担う子供たちの育成のためにJRはなくてはならない」と訴えた。また、外房線と地域を守る会の藤平代表が、「1万2千余りの署名は『不便になる』『困るんだ』という地域の人々の強い気持ちが集まったものだと理解してもらいたい」と訴えた。
 会社からは総務部企画室の早川室長ら3人が対応し、列車削減や駅員削減について、「利用状況に応じた対応だ」と開き直った。券売機を定期券発行に対応したものにせよという要求についても、「すぐにはできない」と回答するのみで、切実な声に応えることはなかった。
 外房線の上総一ノ宮以南、内房線の君津以南へのワンマン運転導入は、さらなる列車削減や廃線化につながる攻撃だ。緊急時に安全を確保できるはずもない。このことについて追及されると、会社は「具体的には決まっていない」としながら、「ワンマンを検討しているのは事実」とあくまでワンマン運転推進を表明した。
 また、JRはこれまで列車削減にあたり地域との話し合いも説明もせず、一方的に強行するという対応を続けてきた。このことへの激しい怒りが突きつけられた。その中で、千葉支社は「今後も情報の共有、意見交換の場を持つ」と応じざるを得なかった。

 地域と共に列車削減反対で闘おう

 地域住民にとって列車削減は深刻な問題だ。それは、学校や職場単位で多数の署名が寄せられ、1万2千筆超まで署名が集まったことにも表れている。
 昨年のダイ改で、勝浦へ向かう千葉駅20時台発の列車が一本もなくなった。今年3月ダイ改では、20時24分発大原行が勝浦行へと延長された。小さな成果であるが、運動の前進がかちとられている。地域の仲間とともに粘り強く運動を作り、JRの地方切り捨て攻撃を阻止しよう。

峡東3市市民の会「中央線ダイヤ改悪絶対反対」ののぼり
地域の反対の声でJR東も「あずさ・かいじ増発」発表

 3月ダイ改では、山梨県と長野県の駅で特急「あずさ」が停車しなくなると提案された。特急停車本数は石和温泉駅で10本減、山梨市、塩山駅も6、7本減、下諏訪駅は上下計16本から計4本に大幅に減少するなどだ。
 しかも、地元に一切説明もせず、一方的に削減を発表したのだ。
 特急削減の理由は、「首都圏までの速達性向上」とされている。しかし、3時間程の新宿―松本間で平均短縮時間はわずか6分だ。
 地域からは激しい怒りの声があがった。石和温泉駅には地元関係者で設立された峡東3市市民の会によって、「JR中央線ダイヤ改悪絶対反対!」と書かれたのぼり旗がたてられた。
 この中で1月18日、JRは3月~6月の増発列車(金土日祝日とゴールデンウィーク期間に増発)を発表した。「かいじ」は去年の70本から106本、「あずさ」は85本から123本に増やすとしている。激しい怒りの中、会社も一定の対応をせざるを得なかったということだ。
 しかし、こんなごまかしで地域の怒りはおさまっていない。どこまでも効率化と金儲けを優先し、地域の生活も鉄道の安全も切り捨てる攻撃に、職場・地域から反撃しよう。

労働者いじめの「見極め」を直ちに撤廃しろ

労働者いじめの「見極め」を直ちに撤廃しろ!

「見極め」を行わなければならない根拠は、どこにもない!

 動労千葉は、1月9日、JR千葉支社に対して、「動労千葉申第8号」により、千葉運輸区における「見極め」の中止に向けて申し入れを行った。
 千葉運輸区での「見極め」は、40年以上本線乗務を行ってきた運転士に対して、A4用紙20枚、40ページに及ぶ「知悉度試験」を行うというものだ。エルダー運転士になるために会社との労働契約も終了しいる。退職手続きを行う最後の日に、なぜ「見極め」を行う必要があるのか。
 嫌がらせ以外の何ものでもない。「見極め」撤廃へ闘いぬこう!


動労千葉申第8号
2019年1月9日

東日本旅客鉄道株式会社
千葉支社長 西田 直人 殿

国鉄千葉動力車労働組合
執行委員長 田中 康宏

千葉運輸区における「見極め」の中止を求める申し入れ

 この間、動労千葉は、千葉運輸区でのエルダー運転士になる者に対する「見極め」の中止を求めて団体交渉を行ってきたところである。
「見極め」の強要は、40年以上にわたり安全確保の第一線で働き続けてきた乗務員を侮辱するものであり、到底、看過することはできない。
 また、エルダー運転士として乗務するための労働契約はすでに結ばれており、「見極め」を行わなければならない根拠は全くない。
 こうした状況にもかかわらず千葉運輸区において「見極め」を行っていることは、乗務員に対する嫌がらせ以外の何ものでもない。
 従って、下記のとおり申し入れるので、団体交渉により誠意をもって回答すること。

1.千葉運輸区での「見極め」を直ちに中止すること。

-以上-


当面する行動について

■千労委忌避棄却命令取消裁判

 日時 1月22日(火) 10時30分~
 場所 千葉地裁601号法廷
*なお、9時45分から、千葉県労働委員会への抗議行動を行う予定です。
*裁判終了後、千葉市文化センター9階において、「動労総連合決起集会」を開催する予定です。 

■第29回全支部活動者研修会

 日時 1月27日~ 28日
*参加対象者の勤務手配を確実にお願いします。

■1047名闘争勝利ーJR採用! 2・10国鉄集会

 日時 2月10日(日) 16時~
 場所 市川市文化会館小ホール
*1047名解雇撤回ーJR採用に向けて、全支部からの結集をお願いします。

動労千葉にとって大きな節目の年  今年は必ず組織拡大を実現する!2019年団結旗開き開催(1/12)

 2019年団結旗開き開催(1/12)  動労千葉は1月12日、午後1時からDC会館で団結旗開きを開催した。 関副委員長の開会あいさつ、佐藤執行委員の司会で進められ、田中委員長から新年の挨拶が行われた。
 来賓挨拶に、三里塚芝山連合空港反対同盟の萩原富夫さんが連帯あいさつに立ち、昨年12月20日の千葉地裁での市東さんの農地を奪う強制執行を認める反動判決を弾劾して、農地死守、空港機能強化粉砕へ、決意を新たに決起することを宣言した。
 顧問弁護団長の葉山弁護士は、「1月22日から始まる新たな行政訴訟は1047名解雇撤回・原職復帰の基軸の闘いだ」と位置づけて、裁判への結集を訴えた。
 家族会の山田会長と田中委員長による鏡開きの後、OB会の永田会長の音頭で乾杯! ひき続き、情報労連千葉県協議会・鈴木議長、動労千葉を支援する会、動労水戸の石井委員長、動労東京をはじめ共闘労組・団体のあいさつが続いた。
 これに応え、動労千葉争議団、各支部と青年部の代表がそれぞれに組織拡大の決意を語った。千葉転支部の福島君は「JRでの現役の最後の日にこんなことをやらせるのは納得できない。白紙で出す。すでにエルダー再雇用の契約は結んでいる。取り消すというならやってみろ」とエルダー運転士に対する「見極め」中止に向けた闘いの決意表明がなされた。次に本部を代表して川崎書記長が当面の方針を提起し、「結成40周年の今年を組織拡大の年に」と訴えた。
 最後に恒例のビンゴ大会で盛り上がった後、インターナショナルを合唱し、団結ガンバローで終了した。

「何事があろうとも天神峰の地で生きていく」市東さん

反対同盟団結旗開き(1/13)

  1月13日、三里塚芝山連合空港反対同盟は新年デモと団結旗開きを行った。10時から、市東さん宅南の東峰開拓組合道路で集会が始まった。動労千葉からは関副委員長、佐藤執行委員が参加した。午後1時、成田市内のレストランで団結旗開きが開かれた。東峰の萩原富夫さんが「闘争宣言」を読み上げ、続いて市東さんが「何があっても天神峰の地で生きていく」と決意を語り、乾杯の音頭を取った。連帯のあいさつの最初に動労千葉の田中委員長が立った。

千葉運輸区長は「見極め」を直ちに中止しろ!

第2回支部代表者会議ー「見極め」の中止に向けて闘争体制の確立を指令!

  動労千葉は、1月7日、DC会館において、第2回支部代表者会議を開催し、3月ダイ改ー乗務員勤務制度改悪阻止、第3の分割・民営化攻撃粉砕、1047名解雇撤回等、当面する闘いの課題について伝達・確認し、とくに、千葉運輸区における「見極め」の中止に向けて動労千葉全体で闘いに起ちあがる闘争体制の確立を指令した。 “千葉運輸区長は「見極め」を直ちに中止しろ!” の続きを読む

新春インタビュー(下) 田中康宏委員長に聞く

改憲阻止!大行進運動の発展を! 労組解体攻撃と対決し労働運動復権かちとろう!

●昨年動労千葉は、改憲阻止の大行進運動を全国に呼びかけ、新たな闘いに踏み出しました。

 安倍政権が「2020年新憲法施行」を掲げたことに対し、労働運動の再生をかけて闘いを再組織しなければならないと考え、関西生コン支部や港合同、百万人署名運動、憲法と人権の日弁連をめざす会と共に呼びかけを発しました。全身全霊をかけた真剣さで原則性と大衆性を合わせ持った運動をつくろうと。闘いは始まったばかりですが、全国各地の仲間たちが本当に頑張ってくれています。
 安倍政権が進める改憲攻撃は「戦争のできる国」をつくるためのクーデターです。憲法9条に自衛隊を明記すれば、戦力維持が憲法上の義務になる。国や地方自治体、学校、企業は全部協力せざるを得なくなる。
 一方、労働者の権利・基本的人権は否応なく制限される。国の性格が根本から変わることになります。「緊急事態条項の新設」も同じです。かつてヒトラーが独裁体制を樹立する「手口」として使ったのが緊急事態条項でした。
 「戦争だけは二度と許してはならない」は、戦後日本の労働運動の一貫して変わらない原点でした。だから戦争法や共謀罪のときも、何万という人々が国会前に集まった。だけど、屈服を深める野党や既成勢力は「選挙協力」だけが唯一の抵抗手段かのように言って怒りの声に冷水をあびせ、雲散霧消させている。この現状を見て、われわれが声をあげなければいけないと考えました。 “新春インタビュー(下) 田中康宏委員長に聞く” の続きを読む