JR貨物夏季手当1・73箇月 超低額回答弾劾!

6月15日、JR貨物夏季手当回答

 JR貨物は6月15日、次の通り夏季手当の超定額回答を行った。

1.基準額は、基準内賃金の1・65箇月分とする。
2.なお、鉄道事業2年連続の黒字達成にあたり、これまでの労苦を踏まえた還元と「経営自立計画」の最終年度である今年度の皆さんの奮闘を期待して、0・08ヶ月分を併せて支給する。

2.支給日、7月6日(金)

3.55歳に到達した社員の取扱いについては、従前どおりとする。
「皆さんの奮闘を期待」?

 動労総連合は、期末手当については生活給としての位置づけが大きなことから再三にわたり貨物会社で働く労働者の切実な要求として、組合要求(3・7箇月)にもとづいた期末手当の支払いを求めてきました。
「1・73」、一瞬「お!」と、思ってしまいますが、昨年夏から1・03箇月、昨年冬から0・09箇月上乗せされたにすぎません。そう思ってしまうほどこの間がひどすぎるのです。現場労働者の生活実態とあまりにもかけ離れた超低額回答であり、断じて認めることはできません。
18春闘においても、この間の18期連続ベアゼロから、今年はベア300円の超定額回答が強行されるなど、「社員の皆さんの奮闘を期待して」などとよく回答書に書けたものです。

 闘いの原点、怒りをもって

 日貨労は、東労組崩壊情勢が貨物に波及することを恐れ、「職場で日々汗する組合員や組合員を組織するJR貨物労組を足蹴にして、JR貨物の健全な発展はない」=「(東労組のように)足蹴にしないで下さい」と、「組合員の想いからすれば到底納得できる額ではありませんが、これ以上の前進はないと判断し」裏切り妥結を行いました。
 私たちは、国鉄分割・民営化における当時の動労革マル、現日貨労・JR総連の極悪非道の所業を未来永劫忘れることはありません。「総評、社会党をつぶして新しい憲法を安置することが目的だった」中曽根元首相は、国鉄分割・民営化の狙いをそう語っています。
労働組合は労働者の生活と権利を守るために、現場労働者が団結して闘うためにあるのです。腐った組合幹部の取り引きの道具ではありません。国鉄分割・民営化は、断じて「改革(従来の制度などを改めてよりよいものにする)」などではないことを常にはっきりさせて、闘いの原点、怒りをもって不屈に闘い抜きましょう。

人事・賃金制度改悪阻止!

 会社は、「社員が安心していきいき伸び伸びと力いっぱい働くことができ、仕事のやりがいと自分の成長が感じられるよう、『人事制度の改正』を平成31年4月の円滑な実施に向けて取り組み、社員と会社がともに成長と発展を続けることを目指します」と、りそなグループの「同一労働同一賃金」システム、クレディセゾンの「役割等級制度」のような、「評価」の名のもとに、賃金を切り下げ、労働者を分断し、団結を破壊する、安倍政権の「働き方改革」そのものの制度を導入しようとしています。
 闘いは今からが本番です。JR東日本にける、「乗務員勤務制度の見直し」との闘いのように、人事制度の改悪に対し、その狙い、事の本質を明らかにして、全国の貨物職場から現場労働者の怒りを組織し、 日貨労の裏切りを許さず、動労総連合の組織拡大で第3の分割・民営化攻撃を打ち砕こう!

 第79回動労千葉定期委員会
  6月23日(土)13時 DC会館

 国鉄闘争全国運動7・1全国集会
  7月1日(日)13時30分~   
  江戸川区総合文化センター大ホール