JR千葉支社-7駅の遠隔操作=無人化導入と錦糸町駅の旅行業務委託を提案

改札窓口の無人化、駅業務合理化と業務委託を直ちに撤回しろ!

 この間、JR千葉支社は、駅の改札業務に関して、遠隔操作=改札の無人化を相次いで行っている。今月13日からは五井駅を制御駅として、浜野、八幡宿、長浦の各駅に遠隔操作=改札の無人化が導入され、4時50分~6時30分までの間は改札窓口が無人となっている。
 今回JR千葉支社は、新たに3駅を制御駅として7駅への遠隔操作=改札の無人化を導入するとの提案を行ってきた。
 提案内容は左記のとおり。

売り上げが落ちているから業務をVTSに委託

 さらにJR千葉支社は、錦糸町駅の旅行業について、ビュートラベルサービス(VTS)に委託するとの提案を行ってきた。現在、成田空港、空港第2ビル、訪日旅行センターがVTSに委託されており、今回の提案で4箇所目となる。
 要員については、管理職1名、一般7名を削減するとしている。
 要員関係は左記のとおり。

当面する行動について 

◎第78回定期委員会
日時 2月25日(日)13時~/場所 DC会館 2階会議室
※ダイ改合理化阻止、18春闘勝利に 向け闘う方針を確立しよう!
◎動労千葉家族会総会
日時 3月4日(日)13時~/場所 DC会館 2階会議室
※家族会の強化に向け、各支部から家族の参加を!
◎3・10外房線切り捨てのダイヤ改正と
今後の地域の発展を考える集い
日時 3月10日(土)15時30分~/場所 勝浦市・勝浦集会所
*勝浦図書館2階(旧勝浦市役所)
主催 外房線と地域を守る会
交通 勝浦駅から徒歩15分/車の場合、市営駐車場利用
*外房線5列車削減に地域と一体となって反対の声をあげよう!
◎被曝労働拒否!反原発福島行動18
日時 3月11日(日)/場所 郡山市民文化センター
*被曝労働拒否を闘う動労水戸の仲間とともに原発廃炉へ闘おう!