4・1三里塚全国総決起集会

市東さんの農地を守ろう! 成田空港機能強化粉砕!
4・1三里塚全国総決起集会

4月1日、成田市・栗山公園において、三里塚芝山連合空港反対同盟主催による「市東さんの農地を守ろう! 第3滑走路粉砕! 安倍政権打倒!」全国総決起集会が開催され、700人が結集しました。天気も良く、桜がきれいに咲くなかでの集会となりました。
会場の栗山公園は、三里塚実力闘争の出発点となった1967年2・26に機動隊と激突した旧成田市営グランドです。司会の太郎良陽一さんが開会を宣言し、伊藤信晴さんが主催者あいさつを行った。
 つづいて、基調報告を萩原富夫さんが行いました。

北総住民の反乱を

①裁判闘争に勝利し、市東さんの農地と生活を守ろう!昨年3月に始まった「請求異議裁判」は、いよいよ証人調べ、これからが勝負。国のため企業のために農民や労働者が犠牲になってはならない、裁判闘争への決起を。
②4者協議会「最終合意」を許さず空港機能強化を粉砕しよう! 3月13日4者協議会(国、県、9市町、空港会社)は、空港機能強化策の最終合意を住民の反対の声を置き去りにして強行。50年前と何ら変わらぬ住民無視の暴挙と対決し、新たな北総住民の反乱を巻き起こそう。
③沖縄・福島と連帯し、改憲阻止・安倍打倒へ。国策と闘う住民運動との交流・連携を広げ、全国の闘う住民と繋がり共に闘う。民主労総をはじめとした国際連帯・国際交流を継続し、労働者と農民のさらなる連帯を構築しよう。

 連帯のあいさつの最初に動労千葉から田中委員長が、3月30~31日の検査派出縮小反対のストライキを報告。「正念場を迎えた農地決戦と第3滑走路・機能強化と闘おう。東労組崩壊情勢はJR大再編と労働組合を壊滅するものであり、改憲攻撃と一体のものだ。3・25日比谷集会から始まった改憲・戦争阻止!大行進運動を力強く推進する」決意を表明しました。つづいて、全日建運輸連帯労組・関西地区生コン支部の西山さんが発言しました。

農地を守ることが私の生きがい

 反対同盟の市東孝雄さんは、「裁判でどのような判決が出てもそれで負けたわけでも終わったわけでもない。天神峰に住み、畑を耕しながら農地を守ることが私の生きがい。日本全国のたくさんの闘いと連帯し、みなさんの力をもらってがんばります」と発言し、ひときわ大きな拍手と歓声が起きた。
 反対同盟顧問弁護団、「市東さんの農地取り上げに反対する会」と各地の「農地を守る会」、全国農民会議の発言が続いた。
 カンパアピール、3・25集会につづき、闘いの歌のミニライブを川口真由美さんがおこない会場は大きく盛り上がった。
 司会を婦人行動隊・宮本麻子さんに交代し、各支援団体からの発言が続いた。最後に北原健一さんが「人民の手本となるような闘いを動労千葉、全学連が、そしてわれわれ反対同盟が闘ってきたことを感じる。この力で闘おう」と力強い決意表明が行われた。
 集会後、成田山の新参道や沿道で多くの人びとの大注目の中、元気よくデモを貫徹した。
 三里塚現地では、決戦本部を中心に宣伝活動、現地案内、天神峰カフェなどが行われています。今年も「7・8樫の木祭り」が企画されています。第3の分割・民営化攻撃と闘う国鉄決戦と一体で、三里塚闘争の新たな発展をめざす反対同盟との労農連帯を強化しよう!