関西生コン支部への弾圧をやめよ! 11.16 全国集会に1200名

  昨年以来の関西地区生コン支部への組合破壊を狙った大弾圧に対して、11月16日午後2時より大阪・西梅田公園で「声をあげよう! 弾圧ゆるすな! 11・16全国集会」が1200人で開催された。
集会は「当たりまえの市民運動・労働運動を守ろう!」「全日建関生支部つぶしを許さない! 憲法28条・労働3権守れ!」「沖縄の民意をつぶすな! 新基地許すな!」「民主主義をこわすな! 表現の自由守れ!」のス

反対同盟の萩原さん共に

ローガンを掲げて行われた。港合同や全港湾、関西合同労組をはじめ全国から多くの労組や、改憲・戦争阻止!大行進運動の仲間、関生支部を支援する市民団体が結集した。動労千葉から川崎書記長、中村書記次長、永田OB会会長、山本支援する会事務局長らが駆けつけた。

新たな弾圧に激しい怒り

 集会直前の14日、和歌山県警は関西生コン支部の2名の執行役員を「強要未遂」の容疑をでっち上げて不当逮捕した。昨年からの逮捕者数はのべ89人となり、73名が起訴され、武建一委員長など3人が今も勾留中だ。
新たな弾圧に対して、集会は激しい怒りを燃やし進められた。 呼びかけ人を代表して藤本泰成氏(フォーラム平和・人権・環境共同代表)が主催者あいさつを行った。

不当労働行為を認定

 続いて全日建連帯中央本部の菊池委員長がこの間の弾圧の経過を報告し、その中で大阪府労働委員会が10月21日、関西生コン支部に所属する日々雇用労働者を就労から排除してきた生コン輸送会社に対して「就労排除と団交拒否は不当労働行為」と認定したことを報告した。
関西生コン支部の武洋一書記長は、「組合員と会ってはならない」などの不当な保釈条件によって集会に来ることができないことを糾弾し、並んで登壇した2人の執行委員を紹介し、今後も闘うと力強く宣言した。

「弾圧に負けるわけにはいかない」

大阪・梅田の繁華街をデモ

 呼びかけ人で沖縄平和運動センターの山城博治議長は、辺野古への埋め立て工事、南西諸島への自衛隊配備を弾劾し、「辺野古でも、立っていれば公務執行妨害、おばーが痛いと手を振り上げれば暴力で逮捕、どうなっているのか」と怒りの訴えを行った。さらに表現の自由への弾圧と闘う愛知の市民運動も発言した。
川口真由美さんのミニコンサートに続いて、弾圧弁護団から中井雅人弁護士(大阪労働者弁護団)が、「そもそもっ全ての弾圧が刑事事件にするようなものでない。勾留の長さも異様である」と激しく弾劾した。そして武委員長との接見を報告し、自分の事件を語るのではなく、同房の外国人たちの処遇改善に取り組んでいることを訴えていたと伝え、「弾圧に負けるわけにはいかない」と述べた。
集会決議、集会実行委員会事務局長の全港湾・小林勝彦氏が閉会あいさつ後、大阪地裁に向かうデモに出発。「弾圧をやめろ」のシュプレヒコールが梅田の繁華街に響いた。