リーマン・ショックから10年 世界は止められない大激震に–研修会開催 2日目

リーマン・ショックから10年
世界は止められない大激震に

勝利を求めて起ちあがる全世界の労働者階級と動労千葉

―第27回全支部活動者研修会開催 2日目―

 第27回全支部活動者研修会(1月27~28日)の2日目は、動労千葉労働学校講師 藤村一行氏による「リーマン・ショックから10年 世界は止められない大激震に。勝利を求めて起ちあがる全世界の労働者階級と動労千葉」と題する講演が行われた。
 世界史の転換点といわれる現代をどう見るか、世界経済問題、資本主義の行き詰まりと戦争の危機の切迫という情勢について展開され、一方、世界中で労働者階級の決起が始まっていること、また、日韓関係に焦点をあて、自衛隊への「レーダー照射」事件や「慰安婦」問題、徴用工問題など、安倍政権が意図的に緊張を煽っていることなどを歴史的事実に踏まえ明らかにした。最後に、「今の国際的な労働者階級全体の闘いの中で、新自由主義の時代に階級の誇りをもって頑張ってきた動労千葉という存在は、全世界で非常に大きな意味を持っている。今こそ動労千葉が頑張りぬいてきた結果が出てくる時代。今年の闘いは実に重要だと思う」と結んだ。
 詳細は、おって「機関紙・動労千葉」で報告される予定。

 以下、感想文の一部を紹介します。

●世界経済で今なにが問題かわかった。特に問題なのは日本だ。日本の外交を見れば、米、韓、ロシア、中国、すべてにわたって安倍政権は、最悪の対応で破綻的だ。どこの国にも相手にされていない。国内でも憲法改正、沖縄問題、ウソと開き直り、どの野党も同じ。こいつらを倒さないと日本、われわれ、子供たちの未来はない。職場の闘いと結びつけ全力で闘っていこうと思います。周りの労働者、家族とも正しいものの見方、議論を深めていこうと思います。

●リーマンショックから10年後の現在の情勢をアメリカ、中国、韓国との関係を踏まえてマスコミがどういうものか考えさせられる講義でした。

● 19年から始まる世界がどうなるか。前例のない不確定、不安定な時代。(中略)19年の闘いは、大きな情勢の展開と職場の闘いと結びつけて考えながら闘いを構築していく。

●日々、情勢が変化する毎日の中、国内外問わず、世界中で起きている様々な出来事を労働者の視点、考え方をもってとらえること。毎日の報道を通して垂れ流されている情報は、そのままではたいていは「有毒」物質の垂れ流しである。ピントを合わせ、鮮明に物事を自分の中に映し出し、それをまた発信することを絶えず考えていきたい。

●トランプ政権の登場など、戦後の世界の枠組みが最後的に崩壊しようとしている。その中で、新自由主義の30年と対決しぬいてきた動労千葉の闘いが、全労働者と本当に結びつくことができるのか。その必要性と条件が成熟していることがはっきりした、と思います。

●世界中で帝国主義の危機が進行している現実があり、その中で安倍政権の改憲攻撃があることがあらためて鮮明になった。とくにレーダー照射事件が安倍による「敵国」づくりであり、改憲に向けた攻撃であることを絶対に許してはならない。改憲・戦争阻止へ闘う決意です。

●戦前のようになってはいけない。資本主義の生き残りのための「戦争のできる国」づくりを許してはならない。労働者の為の民主主義が必要だ。労働組合が責任をとりきる、社会を作る。その道のりの展望を見つけたい。

●問題が山積みでも、まずは職場からの第一歩が大事だと思う。労働者が労働者の権利を捨ててしまった時、どういうことになるのか、私たちはいやというほど知らされている。初心を忘れず、原点に立ち返り、今一度団結力を固めて、力を振りしぼりたいと思う。

不当解雇から32年  2・10国鉄集会
  2月10日(日)16時

  市川市文化会館 小ホール(本八幡駅南口トホ10分)

出向命令無効確認訴訟第3回 控訴審
 2月22日(金)11時
 東京高裁 825号法廷

第80回定期委員会
 2月24日(日)13時  DC会館