三里塚・ジェット燃料輸送阻止闘争の記録

労農連帯 

 

「私はおてんとうさまの下を胸を張って歩きたいからこの闘争を闘う」

動労千葉と三里塚闘争との関わりは1967年頃から。当初 は組織あげて参加できたわけではない。それが組織あげた全体の闘いになったのはジェット燃料輸送問題をめぐる論議の中からだった。地元の農民が国家権力の 弾圧に抗して命がけで闘っているときに手を貸すことができるのか、そのなかで、地元成田に生活する組合員がおおい成田支部の村上支部長が「私はおてんとう さまの下を胸を張って歩きたいからこの闘争を闘う」が合い言葉になって、組合員総力の闘いになった。

強制代執行で家から追い出された大木よねさん

トラックバックURL:
http://doro-chiba.org/dc/wp/wp-trackback.php?p=4614