ロサンゼルス統一教組(UTLA)から、規制撤廃、民営化、外注化、非正規職化に反対し続け、そして日本で、また世界中で戦争へと向かう動きに強く反撃しているみなさんに、心からの連帯と希望を込めたご挨拶を送ります。

Dear Brothers and Sisters from around the globe,
日本全国および海外から参加の兄弟姉妹のみなさん、

We send our warmest greetings of solidarity and hope, as you continue to fight back against deregulation, privatization, outsourcing, casualization and war being promoted in Japan and around the world. This is a very serious time for many countries because all social institutions are in danger of being privatized, with dictatorial leaders not listening to the will of the people as they move towards war and deregulation, and more people around the world are suffering.
ロサンゼルス統一教組(UTLA)から、規制撤廃、民営化、外注化、非正規職化に反対し続け、そして日本で、また世界中で戦争へと向かう動きに強く反撃しているみなさんに、心からの連帯と希望を込めたご挨拶を送ります。いま、多くの国であらゆる社会的機関が民営化されていくという大変に深刻な状況にあります。独裁的な支配者たちが国民の意見に耳を傾けずに、規制を取り払って戦争への道へと歩みを進めており、世界中で苦しむ人びとが増え続けています。

Unfortunately we could not join you this year at your National Workers All out Rally on November 1st, as we in UTLA are addressing the external and internal existential threat that we are experiencing in UTLA, in spite of, or maybe because of, a successful year in 2014-15.
Our membership is feeling energized, empowered and activated after a successful contract campaign around the Schools LA Students Deserve. We were able to win improvements in our schools (such as lower class sizes and more counselors), a 10% salary increase in two years, a more fair teacher evaluation system and more. This 2015-16 school year we have a strategic plan that will guide us in the next two years in 8 important areas that can be summarized as standing for fairness, fighting for resources and investing in our union. We are working together with parents, community and organizations as well as the broader labor movement.
今年の11月1日労働者集会に、UTLAから参加できなくて本当に残念に思います。私たちはいま、2014~15年度に大勝利したにもかかわらず、いえ、むしろ勝利を収めたからこそ、内部および外部の、UTLAの存続を脅かす事柄と奮闘しているところなのです。
「ロサンゼルスの生徒たちにふさわしい学校づくり」に向けての協約交渉が成功裏に終わって、組合員たちは元気を回復し、力を得て活発になりました。私たちは、学校運営上の改善(クラス人数の削減やカウンセラーの増員など)、2年間で10%の昇給、より公正な評価システム等々をかちとることができました。2015~16年の今年度は、次の2年間に主要8地域で達成すべき戦略計画を立てました。それは、組合における公正さを追求し、組合の資金を確保し、組合活動にエネルギーをそそぐというものです。私たちは、保護者やコミュニティの人びと、諸団体はもとより、広範な労働運動とも連携しています。

We are restructuring our dues to fill a structural deficit caused by years of neglect, while providing the staff and resources we need to fight the corporate billionaire attack on public education in Los Angeles. Eli Broad, with a net worth over $7 billion dollars, has submitted a plan to deregulate and privatize 50% of LAUSD (Los Angeles Unified School District) schools. While LAUSD already has the highest number of charter schools in the nation (around 270) he wants to double that amount in a plan that would severely crush public education. The report states that Los Angeles will be a model for other cities across the nation, in moving private money into deregulated charter schools and bringing in novice teachers as education becomes deprofessionalized.
私たちは、長年放置されてきた組合運営の構造赤字を是正し、また億万長者の企業によるロサンゼルスの公教育への攻撃と対峙するための資金やスタッフにかかる費用を捻出するために、組合費の改定を進めています。70億ドルを超える純資産を有するイーライ・ブロード( [注]=全米有数の不動産王で現在ロサンゼルス在住。都市再開発利権のために公立学校のチャーター化を利用している。)は、規制を撤廃してロサンゼルス統一学区(LAUSD)の学校の50%を民営化する計画を提示しました。LAUSDではすでに全国で最もチャータースクールの数が多いのですが(約270校)、ブロードの計画はその数を倍加させるという、公教育を徹底的に破壊するものです。計画書は、規制を撤廃したチャータースクールに民間資金を導入し、教育を非専門職化して未経験の教師を採用するというロサンゼルス方式が、全国的な模範になるだろうと述べています。

The members and leaders of UTLA are being proactive and standing up against Eli Broad, the Walmart Foundation, the Keck Foundation (oil money) and our former Superintendent John Deasy who is now working with Broad. We are receiving generous support and resources from our state and national unions, and we are building broad based public support. Across the nation, there is a movement of teacher unions fighting back against privatization and the corporate business agenda, and our movement is growing.
私たちUTLAの組合員と執行部は、イーライ・ブロード、ウォルマート財団、ケック財団(オイルマネー)、それに現在はブロードに協力して共に動いているLAUSDの前教育長ジョン・デイジーなどに、先制的に事を構えて立ち向かっています。全国組織や州組織の教員組合から手厚い支援や援助を受け、広範な国民の支持も築きつつあります。全国で、民営化と企業計略に反撃する教員組合の運動が起こっており、こうした私たちの闘いは広がっています。

So we join you in spirit as you continue to organize the country, fight back the destruction of safety and outsourcing, revive militant labor unions and build a nationwide network. We are all part of a global movement of workers around the world.
Gambatte.
ですから、全国で組織化を続け、安全破壊と外注化に反撃し、戦闘的な労働組合を甦らせて全国的なネットワークを構築しようと努力しているみなさんと、私たちの心はいつも共にあります。私たちはみんな世界中の労働者のグローバルな運動の一端として闘っているのですから。
ガンバッテ!

In solidarity,
連帯をこめて、

12 October, 2015

Arlene Inouye of UTLA
UTLA アーリーン・イノウエ