1985~7年国鉄分割民営化攻撃と動労千葉の闘い


動労千葉の闘いの歴史のなかで、最も激しい攻防戦となった闘いは、国鉄分割・民営化-­10万人首切り反対闘争であった。
中曽根内閣は、1983年に国鉄を分割・民営化する方針を打ち出し、以降、嵐のような­組合破壊攻撃が吹き荒れた。
この攻撃の激しさは、国鉄の最大組合であった国労が、1983年から民営化が強行され­た1987年までのわずか4年間で、224,000人から44,000人まで減少した­こと、同じ間に130,000人の国鉄労働者が職場を追われたことに示されている。
また中曽根首相は、全日本労働組合総評議会を潰すために国鉄労働運動を潰すことが民営­化の目的だったと後に公言した。この攻撃は、民営化によって十数万人の国鉄労働者を解­雇し、その権利を破壊するだけでなく、労働運動を解体するために仕組まれた国家的不当­労働行為であった。
激しい攻撃のなかで労働組合の対応は、民営化反対:動労千葉・国労・全動労、民営化推­進:動労本部・鉄労と二つに割れた。とくに動労本部は最悪の組合破壊の手先となっ た。(民営化推進派の組合は、後に解散-統合して現在のJR総連となった)
また、国鉄分割・民営化に反対した国労も、1986年の大会で、民営化に妥協する方針­を提起・決定し、組合員の激しい怒りの声によって、3ヵ月後の臨時大会でこの妥協方針­が覆される等の動揺のなかで、ぼう大な脱退者が続出し、組織が分裂して闘いを構えるこ­とができなかった。

動労千葉は、国鉄分割・民営化攻撃との闘いは、全ての労働者の未来と労働運動の存亡を­かけた闘いであることを訴え、家族を含めた討論を重ねるなかから、1985年11月第­一波スト、1986年2月第二波ストを中心とした組織をあげた闘いに起ちあがった。
この闘いは、全国に大きな波紋を広げた。われわれは、意図的な政府発表やマスコミの報­道によって隠されてきた国鉄分割・民営化攻撃の本質を、この闘いによって初めて社会問­題化することができたと考えている。また攻撃は当初から妥協の余地のないものであった­が、そうである以上犠牲を恐れずに闘いぬくことによってしか組合員の団結を守ることが­できないということが、動労千葉のの基本的な立場であった。
警察権力はスト拠点職場を1万名の機動隊員で包囲するという弾圧体制をとり、一方 国鉄当局は、第一波ストで20名、第二波ストで8名の組合員を解雇し、さらにこのスト­ライキに対し約3600万円の損害賠償訴訟を起こすなど、これまでに前例のない激しい 攻撃をしかけた。また、1987年の国鉄の民営化の時点でも、このストライキ時に停職­処分を受けたことを理由にさらに12名の組合員が、民営化された新会社=JRへの採用­を拒否された。しかしわれわれは、組合員が毅然とした闘いを貫いたがゆえに、団結を維­持したまま民営化されたJRにのり込んで、さらに闘いを継続することに成功した。なお­、このストライキは、国鉄分割・民営化に反対した国鉄労働者の唯一のストライキであっ­た。