特急さざなみ廃止反対!3/7館山地域集会、地元市議初め、150名の市民、労働者が結集!

3/7館山地域集会150名結集し大成功

3月7日、館山市商工会館で3月ダイ改ー特急列車削減・全廃絶対反対 館山地域集会が開催された。 館山市民はじめ南房総、鋸南町、富津市から市議会議員を初め、150名の市民、労働者が集まった。
集会では、 「特急さざなみ廃止は、特急廃止では終わらない。普通電車の本格的削減の始まりであり、ローカル線切り捨てだ」、「観光業にとって大打撃であ り、また特急通勤している人も多く、これからどうするのだ」、「生きていくためには絶対に認めることはできない」という怒りが語られた。さらに 「儲からないから内房線は切り捨てる。鉄道を維持したいなら沿線自治体が運営する第3セクターにすればいい」というJRの考え方に激しい怒りと危機感が噴 出した。 どこの自治体も財政は厳しいのに第3セクターにされたら.財政はもっと厳しくなり、公共サービスは崩壊し、市民は生きていくことはできなくなるのだ。
集会に駆け付けた市会議員、そして市民は、激しい怒りと同時に、ローカル線切り捨てに断固反対し地域の団結した力で闘いを続ける決意を語った。 (動画)