韓国金属労組ホームページが、韓国大使館抗議行動を報じる。

27日、日本の千葉鉄道労組の韓国大使館抗議訪問
“2013、2014年の歴史に残る民営化阻止闘争勝利の年に」
2013年12月27日(金)キム·ヒョンソク編集局長  [email protected]
 http://www.ilabor.org/news/articleView.html?idxno=3839

日本の鉄道労働組合が鉄道民営化を強行する韓国政府の抗議行動に出た。

日本の千葉地区を中心に活動する国鉄千葉動力車労働組合(以下、動労千葉)は、12月27日11時、東京渋谷にある韓国大使館を抗議訪問した書簡を伝達した。韓国大使館側は、書簡を受領しないことを拒否し、日本の警察が阻止した。動労千葉など労働者の要求に5人の代表団が韓国大使館に入って抗議文を受けていた。

▲12月27日、日本の鉄道の労働組合である国鉄千葉動力車労働組合(以下、動労千葉)は60人の組合員と、活動家たちと一緒に東京·渋谷にある韓国大使館を抗議訪問した書簡を伝達した。写真=動労千葉を支援する会

動労千葉などの労働者たちは抗議文で「12月22日、民主労総事務所に対する強制捜索と組合員連行を決して許すことはできない」とし「この暴挙は、労働組合の活動を国家暴力で圧殺しようとするものであり、全世界の労働運動と労働組合に対する敵対行為だ」と明らかにした。

この日の抗議行動に動労千葉の組合員、国鉄闘争全国運動、全国労働組合交流センターなど60人の労働者が参加し、△民主労総の公権力投入や暴力、破壊行為、すぐに謝罪△鉄道労組幹部の逮捕状の撤回と組合員に対する懲戒停止、撤回△KTX民営化を推進しようとする一切の策動の中断などを要求した。

12月23日、動労千葉は、韓国政府の民主労総建物侵奪のための連帯メッセージも発表した。田中康弘動労千葉委員長は連帯メッセージで「皆さんの闘いは、私たち日本の労働者たちを限りなく励ましてくれ “と言いながら”私たちも皆さんのような力強い闘争を実践するよう努力して皆さんと一緒に闘います “と明らかにした。


▲12月27日、動労千葉の抗議訪問に当初の韓国大使館側は、書簡を受領しないことを拒否したが、日本の労働者の要求に、最終的に抗議文を受けていた。赤い色動労千葉の旗と民営化反対を書いたプラカードが見える。写真=動労千葉を支援する会

田中委員長は「26年前の日本の国鉄の分割ㆍ民営化時、私たち労働組合は全力で闘いましたが、国鉄全体の闘争を組織できず、民営化は強行されました」と説明して “2013、2014年の歴史に残る民営化阻止闘争勝利の海路作りましょう」とメッセージを仕上げました。

動労千葉は千葉を中心とした鉄道労働組合に1987年に日本の大規模な鉄道民営化に対抗して二度もストライキをしたし、現在も鉄道民営化反対闘争を続けている。韓国では、この民営化の過程で発生した1,047人の解雇者の闘争に多く知られている。

タイトルとURLをコピーしました