動労千葉震災レポートNo.57  ヒロシマ世界大会 安倍の再稼動・原発輸出策動に大反撃

動労千葉震災レポートNo.57 2013/8/20

ヒロシマ世界大会
安倍の再稼動・原発輸出策動に大反撃

 1945年8月6日の原爆投下から68年目の広島で、すべての核兵器と原発の廃止を求める闘いが、5日、6日の2日間行われた。

<8・5ヒロシマ世界大会>
 この集会に広島、長崎の闘いと、福島の闘い、全世界の闘いが結集した。
被曝労働拒否のストライキを闘い抜いた動労水戸と国労郡山工場支部の闘いが結合し、被曝労働拒否の闘いが点から線になり、面になっていく闘いが始まっている。階級的労働運動を軸にして、労働運動と市民運動が結合し、国際的な団結が強化・拡大している。

NAZEN ナガサキの城臺美彌子さんフクシマから3・11反原発福島行動メモリアルデー・ふくしま共同診療所運営委員の椎名千恵子さん
建設中の大間原発を阻止し続けている青森県大間の小笠原厚子さんデビッド・ロビックスさん “Hiroshima,” “Which side are you on” and “Internationale”

ドイツの青年がゴアレーベン核廃棄物処分場反対闘争とグローンデ原発反対闘争を説明「原子力マフィアはどこにでもある」「国際的団結が不可欠」

(左)韓国の投機資本監視センター共同代表のイデスン弁護士とホンソンジュンさん
「韓国と日本の民衆は帝国主義者の巧妙な分裂策を果敢に粉砕し連帯しなければなりません」

(右)動労千葉執行委員の川崎昌浩さんによる新自由主義を打ち破り階級的労働運動を進める動労千葉の闘いの報告



元原発労働者で元全日本運輸一般労働組合原子力発電所分会長の斉藤征二さんの報告

国労郡山工場支部の橋本光一さんによるJR郡山工場で開始された被曝労働拒否の闘いを報告

動労水戸委員長の石井真一さんから被曝労働阻止のストライキ報告。被曝車両K544の検査拒否の闘いが、動労水戸から国労郡山工場支部に引き継がれて闘かわれる。「被曝労働拒否の闘いが、点から線へ、そして面へ」


<8・6記念式典 怒りのコールが安倍を射抜く>

8月6日早朝、「被爆68周年 8・6ヒロシマ大行動実行委員会」が呼びかけた950人の集会とデモで、全国、全世界の怒りが安倍と中国電力にたたきつけられた。
「安倍首相の式典出席弾劾!」「松井市長は恥を知れ!」。平和公園での記念式典で、式台に歩み寄ろうとした安倍を怒りのシュプレヒコールがたたきつけられた。(松井市長と安倍首相については後述)

広大自治会選挙で委員長に信任された百武拓さん
「大学を支配する原子力ムラの資本家たちを追放する自治会をついに建設した」
福島診療所建設委員会の渡辺馨さん
「ヒロシマ、ナガサキ、ビキニは進行中の問題。決定的なのは内部被曝、低線量被曝だ」

<「8・6ヒロシマ大行動大集会」が1250人の結集で大成功>

ヒロシマの被爆者のための病院=高陽第一診療所の吉田良順医師。高陽第一診療所の患者団体の山口元さん。被爆者で8・6ヒロシマ大行動共同 代表の下田禮子さん

愛媛県職員労働組合委員長の宇都宮理さん
「地方公務員の賃下げ攻撃にストライキで闘う機運が高まっている。伊方原発の再稼働を絶対に阻止する」
動労千葉の田中康宏委員長
「この国の政府は腐っている。打ち倒さなければならない」「そのためにも政府の手先になっている連合本部を打倒し、闘う労働組合をつくり上げよう」「国鉄闘争の30年間の闘いはすべてをひっくり返すところに来ている」「今年の11集会に全力で結集しよう」

改憲と戦争に突き進む」安倍政権を打倒せよ!

<広島市長松井が「原爆と原発は別」/ 安倍首相「原発推進」>
 広島市の松井一実(Kazumi)市長は、今年の平和記念式典を前にした右翼新聞「産経」のインタビューで、
「人殺しのための絶対悪の核兵器と、人間のエネルギー造成のために使う技術は、きちっとした区分けが重要。一緒にしないでください」といった。原発が核兵器生産のために不可欠であること、日本は使用すみ核燃料の再処理によって、原爆数千発分の兵器級プルトニウムと超兵器級プルトニウムを保有していることを知りながら、こんなことをいうのだ。何よりも、現に福島で12人の子どもたちに甲状腺がん、15人にその疑いがあることが発見され、43%の子どもから甲状腺異常が発見されているのだ。
松井は、厚生労働省のトップ官僚として、また中央労働委員会の事務局長として、労働組合破壊の強行してきた人物だ。彼は巨大資本、原子力マフィアのバックアップで2011年のフクシマ原発事故の直後に広島市長になったのだ。
松井は、8・6日の平和記念式典で、フクシマ原発事故に一言も触れずなかった。そして、安倍も同式典で原発にも震災も無視抹殺した。

 安倍政権は、原発再稼動と原発輸出を加速している。
 一方で、参院選の終了と共に、福島第一原発からの大量の汚染水放出を発表し、居直っている。
他方で、アベノミクスの核心である「成長戦略」で「原子力発電の活用」を強調し、また安倍を始めとした政権幹部が世界各国を訪問して、原発を、原発関連施設や、運用技術とパッケージにした輸出をトップセールスしている。

<麻生副首相:「ナチスの手口を学んで改憲」>
 7月29日、麻生副首相は、ナチスの手口を採用すべきだと発言した。
ナチ賛美だと国内外で非難されたために、安倍政権は必死になって言い逃れしているが、「ナチの手口」への言及の文脈を見れば、「暴力的弾圧によって反対運動を圧殺して改憲するべきだ」としか読みようがないことは明白だ。
「僕は昭和27年4月28日初めて靖国神社に参拝した。それから今日まで、毎年1回、必ず行っていますが、わーわー騒ぎになったのは、いつからですか。
昔は静かに行っておられました。各総理も行っておられた。いつから騒ぎにした。マスコミですよ。いつのときからか、騒ぎになった。騒がれたら、中国も騒 がざるをえない。韓国も騒ぎますよ。だから、静かにやろうやと。憲法は、ある日気づいたら、ワイマール憲法が変わって、ナチス憲法に変わっていたんですよ。だれも気づかないで変わった。あの手口学んだらどうかね」
ナチスは、国会放火事件・大弾圧によって反対運動を弾圧し、授権法の採択を強行し、ワイマール憲法を事実上停止した。これと同じことをやる必要があるというのだ。
また、このナチス賛美は、「かつてナチス・ドイツと組んで第二次世界大戦を起こしたことが正しかった」という主張でもある。当面は、日米同盟を強化するにしても、日米間の帝国主義間争闘戦を激化させ、結局は、アメリカを軸とする戦後世界体制を打破しなければならないということだ。
日本の労働者人民の中には、改憲による戦争国家化、労働者の権利剥奪への反対が圧倒的に根強い。
特に動労千葉を始めとする階級的労働運動は、日本の新自由主義の突破口になった国鉄分割・民営化の矛盾を突いて闘い、これまで裁判所が無視抹殺してきた「国鉄分割・民化、1047名解雇は、不当労働行為」を認めざるをえない所まで追い込み、支配体制を震撼させている。
麻生発言は、彼らが、恐怖と焦りにかられて、ついに本音を吐いたということだ。

<内閣法制局長官の入れ替え>
安倍は、日本が攻撃されていない時でも米軍との共同作戦を可能とするために、憲法の解釈を変えることを強行しはじめた。憲法解釈を担当している内閣法制局の長官に、法制局出身者ではなく、外務省出身の小松一郎を任命したのだ。彼は、強硬な「集団的自衛権=合憲」論者として知られている。
そして安倍政権は、「北朝鮮の脅威」を口実にして、日本の核武装を準備している。超兵器級プルトニウム生産のための高速増殖炉もんじゅや、六ヶ所村の再処理施設への巨額投資、H2Bロケットの打ち上げなどに、福島原発事故対策とは桁違いの予算を注ぎ込んでいる。
<軍法会議を復活し、死刑・懲役300年>
石破茂自民党幹事長は、4月21日のテレビ放送で、憲法第九条を変更して、「国防軍」を設置するだけでははく、徴兵や動員に従わない者に「死刑、無期又は300年の懲役」を課すために軍事法廷を設置すべきだ主張した。自民党が発表している、「日本国憲法改正草案Q&A」でも「国防軍審判所=軍法会議」を設置すると述べている。
https://www.jimin.jp/english/news/117099.html
https://www.jimin.jp/policy/pamphlet/pdf/kenpou_qa.pdf

フクシマの怒りと結びつき、職場・地域で、そして国際的に団結を強化・拡大し、すべての核兵器・原発の廃絶のために闘おう。
核兵器・原発を必要とする国家を、根底からひっくりかえそう。

ハングル

英語

 

タイトルとURLをコピーしました