戦争法案阻止!安倍政権打倒! 12万人が国会包囲

戦争法案阻止!安倍政権打倒!
12万人が国会包囲
全国300カ所以上でも集会とデモ

8月30日、「戦争法案廃案!安倍政権退陣!国会10万人・全国100万人大行動」が行われ、国会周辺は12万人が結集し、全国300カ所以上で集会デモが行われた。
国会正門前では歩道には人が溢れ、警察のバリケードは決壊。警察車両も撤退し、4車線の車道はあっという間に人が覆い尽くした。

国会周辺だけではない。日比谷公園や霞ヶ関一帯は「安倍はやめろ! 戦争させない」の叫びで埋め尽くされた。この労働者民衆の決起は60年安保闘争を超えている。
動労千葉は、田中委員長を先頭に45人を超える組合員が参加した。
追い詰められた安倍は、9月中旬にも参議院での採決強行を宣言している。まさに歴史的な大決戦となった。9・13国会包囲大闘争に決起しよう。

常磐線全線開通絶対反対!
8・29いわき行動
安倍の「棄民=帰還」の手先JR東日本を許すな!


いわき運輸区前

 8月29日、動労水戸、いわき合同ユニオン、NAZENいわき、動労水戸支援共闘の呼びかけで「帰還と被曝の強制を許さない8・29いわき行動」が200名の結集で行われた。集会後、市内デモ、いわき運輸区前で職場で働く労働者に向かって、「被曝労働を共に拒否し、動労水戸に結集して立ち上がろう!」と熱烈に訴えた。
昨年9月、安倍政権は国道6号線を全線開通させた。放射線量があまりにも高いので、「窓は開けるな。降りるな。バイク・自転車と飲食は禁止!」こんな危険な道路をなぜ開通したのか。避難住民の帰還強制のためだ。
そして、JR東日本は、安倍の帰還政策の手先になっている。採算を度外視し、人が住むことのできない年間5.2㍉シーベルトを超える「放射線管理区域」に匹敵する地域に列車を走らせようとしているのだ。
常磐線全線開通→避難指示解除→帰還強制の攻撃に断固反対し、ストライキで闘う動労水戸に続いてて闘おう!。