偽装請負撤廃!外注化―非正規化阻止へ9・29~30ストを貫徹!

京葉構内業務外注化―「10・1実施」を阻止!
偽装請負撤廃!外注化―非正規化阻止へ9・29~30ストを貫徹!

 全ての組合員のみなさん!
 JRで働く全ての労働者のみなさん!
 動労千葉は、京葉車両センターの構内業務外注化阻止の第1波ストライキを断固として闘いぬいた。
 ストライキ1日目の29日には、始業時から時限ストに突入した京葉、幕張、津田沼の各支部組合員など60名が京葉車両センター正門前に結集し、第1波スト突入集会を開催し、京葉構内業務外注化阻止に向けて怒りの声を叩きつけた。

東労組の裏切りを許すな!闘えば絶対に止められる!

 2日目の30日には、12時から検修関係職場において組合員がストライキに突入した。
  12時30分からはストライキに突入した組合員を先頭に全支部の組合員、動労千葉を支援する会の仲間や学生等々、150名が京葉車両センター門前に詰めかけて「動労千葉スト貫徹総決起集会」を開催するとともに、抗議行動を闘いぬいた。
 京葉車両センターはちょうど昼休み時間で、休憩時間中の労働者に対して動労千葉組合員からの訴えが次々に行われた。
 冒頭、田中委員長からは、「京葉構内外注化の10月1日実施を止めた。大きな勝利だ。人が集まらないため『修正提案』すら考えている。東労組は来年4月の全面外注化実施を率先協力している。絶対に許さない。今回の第1波ストは全面外注化阻止に向けた出発点だ」力強く訴えた。

外注化を阻止する力はここにある!共に闘おう!

 そしてストに突入した京葉支部の横尾君からは、職場で働く平成採の仲間たちに対して「外注化を阻止する力はここにある。一緒に闘おう。待ってるぞ!」と力強い訴えが行われた。
 幕張支部山田支部長からは闘えば絶対に外注化を止められるとの確信にあふれた発言が行われた。
 動労千葉家族会の山田佐知子会長も急挙駆けつけ、闘う組合員への激励のあいさつを行った。
 動労千葉を支援する会や学生からのあいさつを受けた後、怒りのシュプレヒコールを叩きつけた。
 そして、15時に再度DC会館に結集して集会を開催し、外注化阻止に向けた万全に意思統一を行った。
 「10月1日実施」を阻止した力で、京葉構内業務の外注化を絶対に阻止しよう!組織拡大に総決起しよう!

動労千葉青年部の再建をかちとる!
北嶋琢磨青年部長体制を確立!

 動労千葉青年部再建準備委員会は、外注化第1波闘争が闘われた9月30日、DC会館において、青年部再建委員会を開催し、正式に青年部の再建をかちとった。そして、京葉車両センターでの抗議行動を終えてDC会館に再結集した全組合員に青年部再建の報告を行った。外注化阻止決戦の真っ只中で青年部が再建されたことは決定的だ。組織拡大ー平成採の獲得へ青年部とともに闘おう!