追悼 水野正美 顧問

 4月16日、動労千葉初代副委員長であり、顧問、また動労総連合初代委員長であった水野正美さんが膀胱がんのため亡くなられた(享年80歳)。
 1956年に国鉄に就職し、67年動労勝浦機関区支部長に就任以降組合役員を歴任し、分離・独立闘争から三里塚ジェット燃料貨車輸送阻止闘争、国鉄分割・民営化反対闘争など数々の大闘争を指導した。81年3月のジェット燃料阻止闘争で不当解雇。のちに勝浦市議を四期16年にわたってつとめ、2011年には市長選に挑戦した。
 田中委員長が告別式で弔辞を読み上げ哀悼の意を表した。以下紹介する。
“追悼 水野正美 顧問”の続きを読む

特集 国鉄分割民営化30年 ➁ 民営化の破綻と公共鉄道の崩壊

 JR北海道の経営危機について、麻生副総理は、2月8日の予算委員会で「当時から鉄道関係者は(こうなると)例外なく思っていましたよ。僕は当時力がなかった。今だったら止められたかもしれないとつくづく思う。JR北海道をどうするという話は、根本的なところを触らずしてやるのは無理だろう」と述べた。煮えくり返るような怒りなしには聞くことができない言葉だ。しかし、政権中枢までが、分割・民営化30年を前に、その全面的な破たんを自認せざるを得なくなっている。

“特集 国鉄分割民営化30年 ➁ 民営化の破綻と公共鉄道の崩壊”の続きを読む

特集 国鉄分割・民営化30年 ① あのとき、職場で何が起きたのか 東労組「30年検証運動」の本質 

「国鉄改革」の画像検索結果 国鉄分割・民営化から30年。改憲と戦争、雇用・労働政策の歴史的転換を狙う安倍政権の下で、日本の労働者は再び重大な岐路に立っている。「国鉄改革」とは何だったのか。あらためて問い直さなければならない。それは、国鉄分割・民営化はけっして過去のことではなく、今現在の問題だからだ。
 JR東労組は、「国鉄改革の大事業を担った先輩たち」「組合員の雇用を守った」と称して黒を白と言いくるめ、「国鉄改革」が労働者にとって素晴らしい事業だったかのように描きだす。だが真実は全く違う。
 国鉄分割・民営化とは何だったのか、絶対に忘れてはならないこと、語り継がなければならないことがある。

国鉄分割・民営化30年 その1

「国鉄改革」の画像検索結果

 

4・12 CTS本社前行動に総結集を

生きていける賃金を出せ!    希望者全員を正社員にしろ!

  CTS本社前行動
4月12日(水)午後6時 CTS本社前

新賃金要求(概要)

基準内賃金を38000円引上げ。職務給に重点的に配分。
・契約・社員について月給制に戻すこと
・契約・パートは、時給換算で1500円への引き上げ
・住宅手当の新設。契約・パートへの扶養手当の支払い
・契約・パートの夏季手当・年末手当を社員と同基準で支払え
・深夜早朝手当の事業所間格差の解消。一律1500円の支給
・ポリッシャー手当等、昨年10月に廃止した作業手当の復活
(以上)

 

「65 歳まで就労する意思を示せばよい」   無期雇用転換 CTS との団交で強く確認

 動労千葉は3月3日、CTSと団体交渉を行った。ダイ改にともなう各事業所の要員問題、4月以降にせまった無期雇用転換をめぐる申請・面接・判定を中心に交渉した。
■社会保険の加入条件が拡大
 第1項は、3月ダイ改にともなうCTS各事業所の労働条件について。会社による雇用確保、健康保険加入などの不安解消を強く求めた。
会社:今回のダイ改に関しては要員数変更は考えていない。列車本数が増える事業所、減る事業所あるが、作業ダイヤの変更で対応する。
組合:実施的な労働強化だ。勤務時間が短くなった場合の健康保険の扱いなど不安の声あがっている。取り扱いは?
会社:昨年10 月から社会保険関係の加入対象が拡大した。①週20 時間以上勤務、②雇用期間が1 年以上と見込まれる、③月額賃金が88000 円以上、④学生ではない、⑤ 501 人以上の会社に勤務。以上の条件を満たしている場合、会社、労働者双方に加入の義務。パートで加入を希望される方は、20 時間を越える勤務に組み替える形で対応している。
組合:列車削減が相次ぐ中、千葉以東の各事業所の将来展望、雇用確保をどう考えているのか。
会社:一般論を言えば事業所の縮小・廃止にともなって要員を整理することはある。
組合:いったん雇用した労働者の雇用を確保する責任が、会社にはある。仕事の場を増やすなどの営業努力は考えていないのか。
会社:そこまでできない。仮に閉鎖になる事業所があれば、他事業所のあっせんなどは行う。 “「65 歳まで就労する意思を示せばよい」   無期雇用転換 CTS との団交で強く確認”の続きを読む

3月4、5日、第一波ストライキ突入 

スト破り拒否し動労千葉で共に闘おう

線路と地域を切り捨てるな!

 「君津・木更津系統分離」による内房線―久留里線の列車削減提案、ワンマン運転を中止しろ! 特急列車を復活させろ!

外注化を中止しろ

 外注化を中止し、検修・構内業務をJRに戻せ! 定年延長と65歳まで働ける労働条件を確立しろ! 居住地に近い地域に雇用の場を確保しろ!

生理現象でハンドル奪うな!

 高齢者交番の設定等、本線運転士の高齢者対策を実施しろ! 泊明け等、乗務行路の抜本的緩和を実施しろ! 各駅に乗務員用トイレを設置しろ!

 運転士に対する「背面監視」や締め付け、事故責任の転嫁を止めろ!

スト貫徹! 3・3動労千葉総決起集会
【日  時】3月3日(金)18時15分~
【場  所】千葉商工会議所第1ホール 14階

3・4ダイ改阻止 館山駅前抗議行動
【日  時】3月4日(土)12時30分
【場  所】JR館山駅前集合
【指定列車】①下り 千葉駅4番線 10時40分発快速列車(君津駅で11時36分発普通列車に乗り換え)
②上り 安房鴨川駅11時21分発普通列車
3・5JR東日本本社抗議行動
【日  時】3月5日(日)13時~
【場  所】JR東日本本社前集合
     *14時30分 柏木公園からデモ

委員会宣言 –動労千葉 第76回定期委員会

  委員会宣言

 本日われわれは、DC会館において第76回定期委員会を開催し、第2の分割・民営化攻撃と対決し、全面外注化・分社化攻撃粉砕、3月ダイ改阻止、17春闘勝利に向けた闘いの方針を決定した。

 国鉄分割・民営化から30年。職場ではJR体制の大再編=第2の分割・民営化攻撃が開始されている。その核心は、「水平分業」と称する「外注革命」=分社化・転籍・総非正規職化攻撃であり、「選択と集中」「戦略的ダウンサイジング」を掲げた不採算線区の廃線・国家的リストラ攻撃だ。またその攻撃は、単に一企業の再編というだけでなく、安倍政権の「成長戦略」「働き方改革」、社会丸ごと民営化攻撃と表裏一体の国策・国家戦略として進められようとしている攻撃だ

“委員会宣言 –動労千葉 第76回定期委員会”の続きを読む

組合アンケートによせられた 職場の声を紹介します

生きていける賃金を出せ!  希望者を全員、正社員にしろ!2017春闘ニュース2)

< 賃金に関して>

こんな安い賃金で人をやとうなんて犯罪的です。初めて賃金明細をもらったときは愕然(がくぜん)とした。

自分は社員だが、正直に言うと定期昇給の幅が小さすぎると思います。これでは、まったく貯金する余裕がありません。

基本給の底上げをしてほしい

オール日勤でも最低限食べていけるだけの金額がほしい。

高校生のアルバイトより低い。

イベント関係(○○大会)など、いっさい無くすべき。意味不明、金額使いすぎ。JRから降りてくる人がこの会社にいる=金をむちゃくちゃもらう。全部廃止すべき。夜勤手当1日1000円もつけないのもおかしい(※深夜早朝作業手当ては、事業所間でそうとうな格差がある)。人が入ってこないのは、この会社に魅力がないからです。 “組合アンケートによせられた 職場の声を紹介します”の続きを読む

2.12国鉄集会への鉄道労組ソウル地本からのメッセージ

日本の国鉄から解雇された同志と連帯する同志たちに送るメッセージ

国際連帯闘争で復職を勝ち取る!

韓日鉄道解雇者は一つだ。

2017年、日本の国鉄解雇労働者同志たちの健康を祈ります。解雇された同志たちを支援するすべての同志たちの幸運を祈ります。私は韓国民主労総公共運輸労組に所属する全国鉄道労働組合ソウル地方本部本部長パク・チョンソンです。韓国鉄道労働者の熱い連帯の意志を込めてあいさつします。トゥジェン(闘争)!

韓国の全国鉄道労働組合にも、2003年6.28鉄道民営化阻止ゼネスト、2009年公企業先進化阻止ゼネスト、2013年鉄道民営化阻止ゼネストと現場闘争などで、99人の鉄道解雇労働者がいます。政権と資本の継続した民営化攻撃に決然と立ち向かい、闘った同志たちです。長い間解雇された同志たちは、すでに14年になりました。同志たちは、今もなお、鉄道民営化阻止と民主労組死守のために闘争しています。

また、2016年鉄道公社の成果年俸制導入に対する74日間のゼネスト闘争以降、鉄道労組225人の同志たちに対する公社の不当な懲戒(2月9日-17日)を控えている状況です。

日本の国鉄解雇労働者同志たちの解雇期間が、山河が3度も変わる30年になるつつあることをよく知っています。1987年日本の国鉄が民営化されて以来、今でも民営化反対、解雇者復職のために闘争する皆さんはほんとうにすばらしいです。

日本の国鉄解雇者同志の皆さん、そして国鉄民営化反対と1047人解雇撤回闘争を支援する全国行動の同志の皆さん、2017年も皆さんと共に力強く闘うことを決意します。

最後まで闘い、必ず勝利しましょう。健闘を祈ります。ありがとうございます。

2017年2月  全国鉄道労働組合ソウル地方本部長パク・チョンソン拝


2・12国鉄集会へのメッセージ

韓国・鉄道労組 前テグ車両支部長 イジェシク

 鉄道労組の前に民営化阻止闘争の先頭に立った国鉄の仲間たちに敬意を表します。
 資本家政権と支配権力は、虎視眈々と労働者を締め付けています。それだけ資本の危機だと思います。
 私たち全国鉄道労働組合も、2002年の民営化阻止闘争をしており、公共鉄道を守るために、100人程度解雇されています。昨年、成果年俸制阻止闘争をして職位解除された仲間が、全国に約250人います。次の週から懲戒を開始するといわれています。また、多くの解雇者が出てくると思います。
 しかし、私たち鉄道労働者は、公共鉄道死守と成果年俸制阻止のために力強く闘争をしています。

 昨年74日間のストライキによって、裁判所でいったん成果年俸制を止める仮処分申請が受け入れられました。止めた後、やや低迷していた現場が活気を取り戻しています。成果年俸制は、労働組合抹殺政策に加え、民営化を早めることになるものです。
 私たち鉄道労働者たちは、日本の国鉄分割・民営化がどのような結果になったのかを知っています。なので、私たちは成果年俸制阻止と民営化阻止闘争を最後まで行います。
 力強く闘争しましょう。
 トゥジェン(闘争)!

(2017年2月8日)

「2・4内房線切り捨てのダイヤ改正に反対する集会」連帯メッセージ

「2・4内房線切り捨てのダイヤ改正に反対する集会」連帯メッセージ

 私たちが住む広島県の北西に位置する安芸太田町は、2004年に2町1村が合併してできた町ですが、その1年前2003年11月にJR西日本は、広島市可部駅から西、山間部へ延びる路線可部線を廃止しました。乗客数の減少による赤字が廃止の理由でしたが、この路線は、それまでにワンマン運転にされ、広島からの直通便が無くされ、途中駅で列車すれ違いのための長時間の停車時間をとり、最終便は早く切り上げるなど、廃止に向けて利用しづらい状況を作り上げていったと思われるほどの列車運行表となっていました。
 廃止の恐れがあるとわかって以降、町をあげての廃止反対運動をしましたが、利潤追求が優先される結果となりました。ローカル線の廃止は、地方切り捨ての象徴です。町村の生き残りをかけてという名目で行われた路線廃止後の合併以降、学校統廃合、農協や金融機関の店舗の撤退、病院の規模縮小等がなされてきました。
 私たちは,この町に生まれ生きてきました。あるいは、この町を気に入って移り住んだ人たちもいます。自然に恵まれたこの地を愛しています。それを『選択と集中』政策で容赦なく切り捨てる、あるいはコストダウンのため他町と競争させるなど許しがたいことです。
 地方は未来への希望を捨てていません。終末期状況などではありません。
2年前から子ども・保護者・住民の声を蔑ろにした学校統廃合反対を闘っています。
 「2・4内房線切り捨てのダイヤ改正に反対する集会」参加者の皆さんと連帯して闘いを続けていきます。共に頑張りましょう。

 婦人民主クラブ全国協広島支部
 安芸太田 大江厚子 婦民読者会

集会アピールー 2.4内房線切り捨てのダイヤ改正に反対する集会

集会アピール

 昨年12月16日、JR東日本千葉支社は、3月4日実施予定のダイヤ改正の内容を発表しました。それによれば、現在昼間帯に運行している館山駅~千葉駅間の普通列車は全て木更津駅で折り返し運転とされ、千葉への直通列車はなくなります。また、15年3月のダイヤ改正で削減された特急列車の代替として昨年3月に新設された館山駅~東京駅間の特別快速列車も廃止されます。さらに、内房線の各駅停車が全体で10本廃止が含まれています。
 久留里線の上総亀山駅~久留里駅間では、上総亀山駅発の初列車と最終の終着列車が廃止されようとしています。すでに、日中時間帯は5時間半も列車が来ないように削減された上にです。
 このダイヤ改正が実施されれば、公共交通機関である内房線の利便性は大きく損なわれます。また、一昨年には平日の館山着・発の特急列車が廃止されたことで大きな影響を受けた安房地域の経済・社会に、再び大きな打撃を与えることは間違いありません。地域の過疎化や経済・社会の疲弊化を一層促進するダイヤ改正は、断じて容認できません。
J R東日本は、館山駅~千葉駅の直通運転廃止を「君津・木更津系統分離」と呼び、君津より南側を分離して、さらなる削減と切り捨てを進めようとしています。「選択と集中」と称し、利潤だけを求めて列車を削減して地域を切り捨てるものです。しかもこれは、千葉だけの問題ではありません。
 私たちは、3月4日実施予定のダイヤ改正に反対します。列車削減によって南房総が切り捨てられていくことを黙ってみていることはできません。今日の集会を期して、内房線切り捨てのダイヤ改正の撤回を求めて、地域をあげた取り組みを行っていくことを、ここに宣言します。

2017年2月4日
内房線切り捨てのダイヤ改正に反対する集会 参加者一同

 

地域社会から将来の希望を奪う JR3月ダイヤ改正でまた列車削減!

JRの施策を地域とともに止めたい!その力を!声を!反対を!

またも館山から列車をなくすJR
昼間帯は千葉駅に1本の列車でいけない!

線路が途中で続かない?!

「線路は続くよ、どこまでも」。小さい時に口にし、みんなで歌ったこともあると思います。いまJRは、「線路は無くすよ地方から」と、毎年3月のダイヤ改正で列車の廃止や削減を行っています。
駅を中心に地域社会が築かれ、通勤や通学の足が確保されて、そこにさまざまな文化が花開き、社会生活が成り立っています。
それは地方や地域には必要ないものなのでしょうか? 鉄道という生活手段を簡単に取り上げられるなんて、「どうしてくれるんだよ」と思いませんか? “地域社会から将来の希望を奪う JR3月ダイヤ改正でまた列車削減!”の続きを読む

韓日労働者から世界の労働者へ 東京ーソウル11月国際共同行動へ!–世界の労働者同志たちに送る招請状

今年の11・6労働者集会に向かって、韓国・民主労総ソウル地域本部より、日韓双方の11月労働者集会・大会を一つのものとして世界 の労働者によびかけようとの提案がなされ、国際共同行動としてともに闘うことが正式に確認された。まもなく世界に発出される招請状は次の通りです。

韓日労働者が世界の労働者同志たちに送る招請状
東京―ソウル11月国際共同行動を訴えます

世界を覆う新自由主義攻勢は、非正規職、間接雇用労働者の量産と独占強化と両極化の深化、民営化攻勢、労働組合運動に対する弾圧として現れています。しかも資本家権力の激しい競争は、東北アジアをはじめとする世界各地の紛争と戦争の危険として激化しています。

全世界の労働者同志たち! 韓国の全国民主労働組合総連盟(民主労総)ソウル地域本部と、日本の国鉄千葉動力車労働組合(動労千 葉)、全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部(関生支部)、全国金属機械労働組合港合同(港合同)労組は、資本家権力の無慈悲な労働運動に対する 弾圧と、中東に続き東北アジアで高まっていく帝国主義戦争の危機に対して、これを粉砕するための労働者国際連帯行動を今秋11月に開催しようと思います。

1%の独占資本が支配する新自由主義において、全世界のどんな労働者も自由ではありません。多数の労働者が非正規職、間接雇用労働者 として増えており、交通、教育、医療などの公共福祉が縮小され、民営化され、金儲けの手段に転落しています。その上資本の貪欲な競争は、全世界を大恐慌と 経済の崩壊に追い込みながら、結局、露骨な帝国主義戦争(世界戦争・核戦争)の惨禍にたたき込もうとしています。

人類の生存を脅かす初の危機に対して、世界を守る力は今や、労働者階級の国際連帯から生まれる以外にありません。全世界の労働者が団結して闘争し、労働者階級の国際連帯の旗を共に掲げ、猛然と立ち上がらなければなりません。

韓国労働運動は、長い間の政権と資本の弾圧を乗り越え、1995年韓国労働者の団結と闘争の求心として民主労総を結成しました。その 後20年間をただ一日も休むことなく闘争を継続しながら前進して来ました。死を辞さない闘争で、解雇と拘束を顧みないストライキで、民主労総の闘争を継続 し、親資本極右勢力を代弁する現政権の統治下で、委員長が拘束され、何と5年間監獄に捕えられなければならない弾圧を受けながらも、少しも動揺することな く闘っています。来る9月韓国労働者は、公共部門を中心に力強いゼネスト闘争を準備しています。また全国の20万労働者がソウルに大挙集結する民衆総決起 闘争で、政権と資本の専横を審判する決戦の場を力強くこじ開けるでしょう。そしてこれは2017年ゼネストへ、そして大統領選挙闘争へつながり、韓国社会 の根本的変革のための新しい転機となるでしょう。

動労千葉は、日本で戦後最大の労働運動解体攻撃として行われた国鉄分割・民営化に対し、絶対反対の闘争を30年闘い、ついに国家的不 当労働行為を最高裁に認定させ、JR東日本会社に対する解雇撤回・職場復帰闘争を闘っています。さらに、福島原発事故の危険性を隠して、放射能汚染地域の 住民たちに帰還を強制し、鉄道輸送再開を強行する安倍政権に対し、兄弟労組の国鉄水戸動力車労働組合(動労水戸)を先頭に被曝労働拒否闘争を展開して来ま した。関生支部は、2010年、139日に渡る産業(生コン)ゼネストを貫徹し、建設独占やセメント大メーカーの支配を揺るがし、あらゆる職場に労働組合 を立ち上げ、数千数万の組織拡大に挑んでいます。港合同は、地域の中小企業で働く労働者を結集し、団結権を実力で奪還する中で、地域共闘の強固な堡塁をつ くりだしてきました。そして今、平和憲法の破棄と戦争突進を狙う安倍政権が、「働き方改革」の名の下に、すべての労働者を不安定雇用に突き落とす労働法制 改悪と労働運動圧殺の攻撃に出て来たことに対して、今回の11・6労働者集会を開催し、総反撃に立ちあがる決意です。

私たちは、東北アジア地域に核戦争の可能性が大きくなっていきつつある今、韓日労働者の連帯を一層強固にして、これを全世界の労働者 の連帯へより一層拡大しなければならないと確信します。つきましては、来る11月6日の東京労働者集会と11月12~13日のソウル労働者大会・民衆総決 起闘争を連結して、これに全世界の労働者同志たちが両大会に共に参加し、闘うことによって、労働者国際連帯行動を本格化しようと提案します。資本は簡単に 国境を越えて、世界の労働者階級に同じ攻撃をしています。敵は一つです。労働者階級もすべての分断攻撃を打ち破り、一つになって闘わなければなりません。 民族・国籍・国境を越えた労働者が、日本と韓国の地で合流して、大恐慌―大失業・貧困と戦争から世の中を根本的に変革する闘争を共に開始しましょう!
2016年8月

韓国 全国民主労働組合総連盟
ソウル地域本部
日本 国鉄千葉動力車労働組合
全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部
全国金属機械労働組合港合同

動労連帯高崎が組織拡大!

JR高崎鉄道サービスの籠原事業所のHSさんは7月、TTS労組に脱退届を出し、動労連帯高崎の組合員となりました。

HSさんのコメント

私はTTSに入って籠原の清掃職場で2年8カ月ほど働いてきました。4月に契約社員となりました。
しかし仕事のきつさに比してあまりにも賃金が安いし、人も足りてない、特に男性の労働者が足りないと思ってきました。福島の事故のことも非常に許せないことばかりで、なにか自分でアクション
を起こさないといけない、ニュースばかり見ていても現地に行ってみないとわからないと思って、動労連帯のSさんに頼んで、3月
11日の郡山の反原発集会に連れて行ってもらいました。そして何か
自分にできることはないかと、動労連帯高崎に入れさせてもらうことに致しました。
よろしくお願いいたします

20160810

被曝と被曝労働を拒否し闘おう!放射能汚染土の再利用を許すな!動労千葉国際連帯委員会

安倍首相は、「福島第1原発からの汚染水はコントロールされている」「健康への影響はこれまでもこれからも起こらない」などと恥ずかしげもなく大嘘をついて、オリンピックを誘致した。http://www.doro-chiba.org/english/dc_en13/Doro-Chiba_QR_059.pdf

だが今や、この嘘が白日のもとに暴かれている。汚染水タンクは原発敷地内を埋め尽くし、地下水の流入を阻止するためとされた凍土壁も完全に失敗し、「壁ではなくスダレだ」と揶揄されている。小児甲状腺がんに関しては、5年間で173人もの「がんまたはがんの疑い」のケースが見つかり、常態に比して約50倍にも達する発生率が明らかになっている。

この事実を無視・抹殺し、安倍政権は避難住民に対し帰還強制の動きを強めている。南相馬市の「避難指示解除準備地域」の場合、除染で20mSv/y以下(法定限度の何と20倍!)を達成したとして、7月12日に「指示解除」を強行しようとしている。そしてJRは安倍政権と歩調を合わせ、同日に、最寄りの常磐線・小高駅までの運転を再開すると発表した。

そして安倍政権・環境省は、8,000Bq/Kg以下の放射能汚染土ならば、オリンピック関連諸設備の建設など公共事業に利用していいと決定した。放射線管理区域の10倍にも汚染されている汚染土を公共事業に使うと言うのだ!加えて、「海の森水上競技場」の建設予定地である中央防波堤には、過去に100,000Bq/Kgもの高汚染度が埋め立てられている。

このオリンピック関連諸設備の建設の全過程で、除染労働者、放射能汚染土の運搬労働者、建設労働者、そして関連自治体労働者と地域住民が被曝と被曝労働が強制される。

安倍と手を組んでオリンピックを呼び込んだ前々東京都知事・猪瀬、安倍の全面支援で「椅子」を手にした前都知事・舛添はカネにまみれて打倒された。オリンピックとは、本質的に、「命よりカネ」で生き延びんとする一握りの大資本の利益とその政治委員会(政府)の為にする行為でしかない。

6月24日、安倍政権・四国電力は、自治体労働者や地域住民の反対の声を踏みにじって、伊方原発3号機にMOX燃料の充てんを開始した。4月14日以降鳴動し続けている熊本大地震は、西日本列島を縦断する中央構造帯が遂に動き出したことを示している。この大地震の最中にも、安倍政権・九州電力は唯一稼働中の川内原発を止めようとしない。その上、中央構造帯の真上にある伊方原発を7月にも再稼働すると言うのだ。

「今日さえよければ、明日はどうでもいい」、これが大恐慌下に喘ぐ日本帝国主義・安倍政権の実相だ。

JS565E

原発再稼働に突き進む安倍政権を打倒しよう!

動労水戸に続き、職場生産点から被曝労働を拒否する闘いをつくりだそう!

オリンピック関連諸設備の建設に放射能汚染土の利用を許すな!

 

2016年6月