民営化・外注化、非正規職化、残業代ゼロ… すべての出発は国鉄分割・民営化だった

民営化・外注化反対はすべての労働者の未来かけた闘い


非正規職の労働者数は、ついに総務省の調査でも2000万人を超えました。これほどまでに非正規職があふれる社会の出発が、国鉄分割・民営化でした。

非正規職激増の出発点に

87年に行われた国鉄分割・民営化は、戦後最大の労働運動破壊攻撃であり、大量首切りでした。民営化までのわずか6年の間に40万人いた国鉄労働者のうち20万人が職場を追われ、200人が自殺に追い込まれたのです。
これに対し、労働運動全体はまともに闘うことなく後退し続けていきました。そして、労働者の権利が次々と奪われていったのです。
国鉄分割・民営化は、前年の86年施行の労働者派遣法とともに、労働者の権利を破壊する決定的な一撃となりました。解雇自由化、残業代ゼロ法、無期限で派遣社員を使える派遣法改悪…。労働者の権利を奪い生活を破壊する攻撃が社会をおおう出発になったのです。そして、85年に16・4%だった非正規職率は、現在の38%にまでなっていきまいた。

 民営化だけで終わらなかった

しかも、民営化はそれだけで終わりませんでした。鉄道のあらゆる業務を数百もの下請け会社にバラバラに外注化していく攻撃が始まったのです。
それは社会全体にも広がりました。現在も進められている公共部門の民営化・外注化は、国鉄分割・民営化の手法をもとに行われています。そして、外注化を通して膨大な労働者が非正規職に突き落とされてきたのです。
国鉄分割・民営化とそれに連なる外注化との闘いは、すべての労働者の権利がかかった問題なのです。

みんなの力で外注化うち破ろう

現在CTSで雇われている社員の仲間は、外注化がなければJRで雇用されていたはずです。JRは、下請け会社に仕事ごと労働者を突き落とすことで、賃金も労働条件も切り下げているのです。
しかも、JRはさらに2次、3次と何次にもわたってバラバラに外注化して、非正規に突き落としていくことを狙っているのです。外注化は、どこまでも雇用と安全を破壊します。絶対に認めてはならないものなのです。
しかし外注化は、JR―CTSを貫き、職場全体で反対の声をあげて行動すれば必ず粉砕できます。その時、本来JRに採用されるはずだったCTSの仲間たちには、JRの職員になる権利があります。仕事がJRに戻ったのなら、そこで働く労働者もJRに戻るのが当然です。
そして、JRで外注化を粉砕することには、国鉄分割・民営化以来の社会のあり方をひっくり返すような力と可能性があります。これまで労働者を非正規職に突き落としてきた仕組みそのものを打ち砕く意味があるからです。
みんなの力で外注化をうち破り、すべての仕事と仲間をJRに取り戻そう。そのために、あらゆる力を集めたい。すべての仲間は、ともに外注化反対の声をあげ、行動しよう。

動労水戸 水郡線営業所 主任運転士が東労組脱退し動労水戸へ

照沼君・羽部君に続き青年労働者が加入

水郡線営業所 主任運転士
會澤憲一君が動労水戸へ!

「先輩として羽部に続く」重大な決意込め加入

昨年末12月25日、會澤憲一君(39歳)が動労水戸への加入届と東労組への脱退届に署名しました。

長く在籍した組合と決別し動労水戸に入ることはとても大変な決断です。照沼君も、羽部君もとても迷いました。でも一旦加入届けを書いたら、みんなとても晴れやかな顔になります。會澤君もそうでした。

彼は、誰もが認める誠実・温厚な、しっかりした人です。その決断はとても重く、電撃のように伝わっています。

 

會澤君は、JR東日本の進めるライフサイクルや外注化政策に対して、深い怒りを持っています。労働者を将棋の駒のようにしか扱わない会社、その施策に協力して組合員を差し出す労働組合。こうした東労組のあり方を、彼は長い間見てきました。そして、この現状を自ら変えるために、動労水戸で闘う道を選びました。

先に動労水戸に加入した照沼君・羽部君と同様に、會澤君もまた、東労組の中でこの現状を何とか変えられないかと悩み努力してきました。しかし東労組の中では、ライフサイクルが始まる時、国鉄採の分会役員が「俺には関係ないけど」と発言したり、組合の活動は「会議室貸し出し問題」の会社との議事録確認ばかりでした。

それに対して彼は「ライフサイクルや外注化で労働者がひどいことをされているのに、会議室問題の方が大事なのか?労働者のために会社と闘うのが労働組合ではないのか!」と考えたのです。そして、心配するふりだけで「自分たちには関係ないが」という国鉄採の先輩のあり方への批判として、自らが職場の先輩として「羽部を一人にはしない」と動労水戸に結集したのです。かつて、照沼君に対して「お前は一人になる」と言った東労組の先輩もいました。どちらが人間らしい先輩であり、友達でしょうか。

口先だけでなく、仲間と団結して生き抜く。それが本当の労働組合の団結です。

 

決断こそが現実を変える 動労水戸に結集しよう!

 

動労水戸は国鉄分割・民営化に対して絶対反対で立ち上がり、分割・民営化で自殺に追い込まれた仲間、首を切られた仲間、退職を余儀なくされた仲間の思いを決して忘れずに闘ってきました。

団結だけを武器に、時にはお互いにぶつかり合いながら、仲間と共に勝利してきました。だから、K544も、竜田延伸も、外注化も、過酷な乗務員行路とダイ改にも、仲間と乗客を守るためにすべて本気で闘ってきました。もちろんライフサイクルにも絶対反対です。

こうした動労水戸の闘いと訴えを選んだ羽部君をしっかり見て、會澤君自身も動労水戸を選択しました。會澤君は「一緒に頑張ろうと言ってもらってうれしかったです。微力ですが頑張ります!」と、謙虚に決意を語っています。
私たちは一人ではありません。心から信頼できる仲間と先輩が動労水戸にはいます。仲間を守るために、本気で闘ってきた労働組合だからです。

すべての青年の皆さん!この悪くなるばかりの状況を変えるのは、みなさんの思いと決断です。會澤君、羽部君、照沼君と共に動労水戸に結集し、ライフサイクル・外注化・被曝労働を粉砕し、自分たちの未来を切り開きましょう!