109人の労働者の解雇を直ちに撤回せよ!11.18 MBK パートナーズ抗議行動@東京 赤坂

11.18 MBK パートナーズ抗議行動@東京 赤坂

1月18日(火)、動労千葉は、希望連帯ケーブル放送非正規支部の要請に基づき、川崎執行委員会を先頭に国際連帯委員会、学生や交流センターなど17人は、MBK Partnersに対する抗議行動を展開しました。この抗議行動は 韓国、日本、香港で同時に行われました。
MBK Partnersは配下のC&M(ケーブル放送)の売却を有利に行うために、C&Mで働く非正規労働者109人の解雇を強行しました。
C&M労組は正規・非正規労働者が一体となってこの不当極まる解雇攻撃と闘っており、現在高所籠城闘争を闘っています。
希望連帯ケーブル放送非正規支部からは、11月全国労働者集会に、イジョンミンさんとカンソンドクさん(高所籠城に入った2同志の内の一人)が参加されました。

MBKパートナーズ株式会社
代表取締役 加笠研一郎 殿
2014年11月18日

国鉄千葉動力車労働組合
委員長 田中康宏
動労千葉国際連帯委員会
事務局長 山本弘行

〒260-0017 千葉県千葉市中央区要町2-8 DC会館内
Tel:043-222-7207
FAX:043-224-7197
E-mail: doro-chiba@doro-chiba.org

―――申 入 書――

 韓国で現在、ケーブル放送C&Mの非正規労働者109人が解雇され、解雇撤回・雇用継承を求めて4カ月以上の長期闘争を続けています。テント篭城闘争もすでに130日以上になります。さらに11月12日、2人の非正規組合員が光化門にあるプレスセンターの広告塔に登り、高空籠城に突入しました。高さ20㍍の広告塔の上から「非正規職109人大量解雇のMBKとC&Mは責任を取れ」と書かれた垂れ幕を下ろして闘っています。

本日11月18日午前、韓国・ソウルで労働界・市民社会団体・宗教界・政治圏など各界各層の代表者たちが韓国のMBKパートナーズ事務室前で「解雇者復職とC&M労使関係正常化要求」記者会見及び糾弾集会を開催しています。また香港でも国際行動が同時に取り組まれています。

われわれは去る11月9日、ソウルファイナンスビル前でテント籠城をしている希望連帯C&M非正規支部の闘争現場を激励訪問し、解雇撤回・原職復帰までともに闘うことを決意しました。今も寒風吹きすさぶ高空で解雇撤回まで地上には降りないと非常の決意で闘っている2人の同志たちとも交流を深めました。

私たちは本日のソウル・香港での闘いに呼応し、MBKパートナーズ(MBK PARTNERS)に抗議する国際行動の一環として、貴MBKパートナーズ株式会社に対し、以下の点を強く要請します。
なお、11月25日(火)までに、首記連絡先まで貴社回答を頂きたくお願い致します。

① 貴社はMBKパートナーズの海外事務所であり、MBKパートナーズが買収したC&M非正規職支部に対する組合破壊と大量解雇に対して、重大な共同責任を負わねばなりません。

② 人権を無視する非倫理的な行為を中止し、109人の労働者の解雇を直ちに撤回し、原職に復帰させることを強く要求します。

以上

日本


香港

C&M非正規職解雇労働者、プレスセンター広告版での高空ろう城に突入
120日を越える野宿ろう城,結局20メートル高空に登る…
「非正規職109名大量解雇に責任を取れ」
ユンジヨン記者2014.11.12

C&M外註業者から解雇された非正規職労働者2名が20メートルの高さのソウルプレスセンター広告版高高空ろう城に突入した。

C&M外注会社所属の非正規職解雇労働者カンソンドク(35)、イムジョングン(38)組合員は12日午前に 光化門のプレスセンター内の広告版高空ろう城に突入した。カン氏は去る7月1日労組組合員だという理由で雇用継承が拒否され復職闘争を行ってきた。イム氏は解雇状態ではないが、解雇された労働者と共にろう城を行ってきた。
彼らは高空ろう城に突入してプレスセンターの広告版に「非正規職109名大量解雇のMBKとC&Mが責任を取れ」という懸垂幕を掲げた。去る7月から解雇された5つの外注会社の109名の非正規職労働者の復職と雇用保障、生存権を保障せよという要求だ。これと共に希望連帯労組C&M支部正規職、非正規職労働者たちはこの日午前9時を期して警告ストライキに突入した。

これに先立ち7月から首都圏最大の総合有線放送会社の(株)C&Mで間接雇用労働者109名が解雇されていた。彼らは 光化門近隣にあるC&M最大株主のMBKパートナーズ韓国法人事務室前で120余日間野宿ろう城を行ってきた。市民社会と宗教界、労働界は大量解雇事態解決のために立ち上がってきたが、これまで問題は解決されていない。

特に労組はC&M強力会社らが経営上の困難を理由に労働者たちに対する希望退職と整理解雇を通報しているとして非正規職労働者に対する大量解雇はもっと増えて行くものと見ている。警告ストライキに突入したC&M正規職、非正規職支部の労働者たちはMBK前高空ろう城に直結して集会を行っている。

一方「本当の社長出てこい運動本部」と「参与連帯労働社会委員会」、「投機資本監視センター」等はこの日午前11時30分、ソウルのセジョン路の金融委員会前でC&MとMBK私募ファンドに対する金融圏の不当貸出疑惑を提起して、金融当局の特別監査を要求した。

彼らは「6月末基準でMBKパートナーズの場合C&M意外にING生命、コウェイ、ネパ、HK貯蓄銀行などを買収する過程で3兆678億ウォンを国内金融圏から借りたものとされている」として「これは国内の私募ファンド全体の買収金融の42.8%を占める比率であり金融当局との癒着関係が疑われ、最近金融圏でもMBKの与信過多に対する憂慮が指摘されているとされれる」と明かにした。

また、2008年当時MBKとマックォーリはC&M買収代金2兆2千億ウォンの70%の1兆5,600億ウォンを銀行から借りた。その結果C&Mは2009年から2013年まで銀行利子だけで4,280億544万ウォンを支出すたものとされる。MBKとマックォーリがC&M買収をとおして資金を回収して利得を得ようとしたら最小2兆5千億ウォン以上で転売しなければならないが、現在C&Mの適正売却額は1兆2千億から1兆4千億ウォン程度とされている。

そのためにC&M大株主であり投機資本のMBKがC&M売却を前に、売却代金を高めるために労組破壊及び構造調整を断行しているという私的が出ている。記者会見団は「金融委員会をはじめとする金融当局は2012年(株)C&M借換過程に参与した銀行圏らに対して企業の価値に比べて過多に投資が成された部分に対する特別監査をとおして不法な癒着及び’財務構造脆弱会社に対する不当貸出嫌疑’を明白にしなければならない」と強調している。

11/2日比谷に5700人結集 今こそ闘う労働組合を全国の職場に

写真速報


5700名が結集

◆今こそ闘う労働組合を全国の職場に/呼びかけ3労組からの訴え

全国金属機械労働組合港合同 中村吉政 全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部 西山直洋氏 国鉄千葉動力車労働組合 田中康宏氏

◆連帯あいさつ

市東孝雄氏(三里塚芝山連合空港反対同盟)

鈴木達夫氏(憲法と人権の日弁連をめざす会・許すな改憲大行動) 星野暁子さん(星野さんをとり戻そう!全国再審連絡会議)

◆ 10 万署名の力で最高裁解雇撤回判決かちとろう!

葉山岳夫氏(動労千葉顧問弁護団長/国鉄闘争全国運動呼びかけ人
伊藤 晃氏(国鉄闘争全国運動呼びかけ人)
動労千葉争議団 /  国労闘争団 

◆JR業務外注化阻止 / 動労総連合を全国へ

◆ 律動 (韓国公共運輸労組連盟社会保険労組律動隊)

◆国際連帯アピール

韓国代表団 ソウル地域本部、事務金融連盟・労組、公共運輸労組連盟、鉄道労組など27名が参加

民主労総ソウル地域本部副本部長 イヒョンチョルさん


セシリー・マイアトクルズ(米ロサンゼルス統一教組=UTLA=副委員長)


滞日・在日外国人労働者

◆改憲・戦争反対、反原発の闘い
西川重則氏  (止めよう戦争への道!百万人署名運動事務局長 ) 城臺美彌子さん (NAZENナガサキ/長崎被爆者) 佐藤幸子さん (福島診療所建設委員会呼びかけ人)

◆民営化と非正規職粉砕の闘い


植木団地労働組合


東京西部ユニオン 鈴コン分会

◆現場からの闘いの報告

集団的自衛権行使・憲法改悪反対労組声明

「セウォル号」惨事に関する決議