第43回定期大会 大会宣言

  大 会 宣 言

 本日われわれは、DC会館において第43回定期大会を開催し、この1年間の闘いを高らかに総括するとともに、新たな闘いの方針を満場一致で決定した。
1年間の闘いがきり開いた地平は大きい。1047名闘争をめぐる9・25東京高裁・難波判決はJR不採用基準が不当労働行為意志に基づいて作成されたことを明確に認定した。われわれの闘いはついに労働運動のとめどない後退の起点となった「国鉄方式」の攻撃を打ち破る手がかりをつかんだのだ。10万筆署名を集めきり最高裁闘争に勝利しよう。国鉄闘争全国運動を本格的に発展させよう。
外注化粉砕闘争では、5・2ストが転機となってCTSから3名の仲間が加入した。「外注化は安全を破壊する。このままでは必ず事故が起きる。そのとき犠牲にされるのはCTSの労働者だ。CTSの仲間を守れ」と訴えて闘ったストライキがJR―CTSの垣根を取り払ったのだ。われわれは、この闘いを通して、外注化の最大のアキレス腱が安全問題にあること、JR―CTSを貫く組織化こそが外注化を粉砕する力であることをあらためてつかみとった。15年に及ぶ外注化阻止闘争は画期的な意味をもつ闘いだ。それは、新自由主義攻撃に労働組合が立ち向かうことが可能であることを証明したのだ。
10月1日、われわれは外注化粉砕に向け、新たな一歩を踏み出す。外注化によって幕張では仲間が指を落とし、銚子派出では床下機器を点検中にひき殺されそうになったのだ。しかもCTSは「高齢者の雇用の場の確保」という建前さえかなぐり捨てようとしている。外注化による安全と雇用破壊を許すな。外注化ではなく定年延長を。10・1ストライキは、安倍政権が進める社会丸ごと民営化、総非正規職化攻撃に対する反撃の闘いでもある。全力で立ちあがろう。
分割・民営化体制が破たん・崩壊し、JRをめぐる情勢が激変しようとしている。安全の崩壊、経営の崩壊、大量退職問題の爆発、外注化や海外展開路線とその破産等、抜け出せない蟻地獄に落ちてしまったような状態だ。とくに、JRは分割・民営化の歪みである大量退職問題を逆手にとって、国鉄的なものを一掃する労組破壊攻撃を仕掛けている。その攻撃の前にあらゆる勢力が崩れ落ちている。われわれは、この現実に抗し組織破壊攻撃を粉砕し、定年延長と65歳まで働ける職場と労働条件をかちとるために組織の総力をあげて立ち上がることを決断した。今こそ職場に闘う労働組合を甦らせよう。
安倍政権は、憲法を踏みにじって集団的自衛権行使の閣議決定を強行した。われわれは重大な歴史の分岐点に立ったのだ。「戦争をする国」への社会の大転換が企てられている。これまで戦争への道を阻んできたのは政治反動に立ち向かい続けた労働運動の力であった。それが国鉄分割・民営化によって覆され、それから30年を経て再び新たな戦前が始まろうとしている。今こそその流れを断ち切らなければならない。戦争は生命をかけても阻まなければならない。
世界恐慌が生み出す深い危機が、イラクで、シリアで、バレスチナで、ウクライナで戦争となって爆発している。「アベノミクス」の全面的な崩壊が始まった。労働者の団結を破壊し、最底辺へと向かう競争に駆り立て、生きる権利を奪うだけでは飽き足らず、自らの延命のために戦争までしようというこの国の政府を倒さなければならない。
福島では、これまで人類が経験したことのない危機が進んでいるというのに、「全てはコントロールされており安全」という虚言で真実を隠し、福島県民を見殺しにして原発再稼働が進められている。
沖縄で、三里塚で、政府の暴虐に対し怒りの声が爆発している。世界中で我慢のならない怒りの声がゼネストとなり、デモとなって燃え上がっている。今こそ、闘う労働運動をわれわれの手でとり戻さなければいけないときだ。労働運動の変革をかちとろう。全組合員の力を結集して組織拡大を実現しよう。動労総連合を全国へ! 労働者の国際連帯闘争を強化しよう。全ての怒りの声を結びつけ、反動安倍政権を打倒しよう。11・2労働者集会に1万人を結集させよう。
右、宣言する。

2014年9月29日

 国鉄千葉動力車労働組合 第43回定期大会

動労千葉青年部ニュース ライフサイクルは必要?

seinennbu92

 「運輸のプロ」を育成するといわれて始まったライフサイクル制度。しかし、駅での業務は各駅ごとに異なります。輸送業務とまったく関係ない仕事ばかりやらされることもあります。その経験を運転士に戻ってから活かせている人が何人いるでしょうか。

 3年たっても復帰できない

動労千葉との団体交渉で会社は、「2~4割は駅に配置する」「駅に残るよう、業務命令を出すことがある」と回答しています。実際に、東京支社では既に本人の希望に反して駅に残される人がでています。「3年で運転士に戻れる」保証などないのです。

駅の要員削減に利用

会社は「駅の要員補充ではない」といいます。しかしライフサイクルを前提に駅の要員を減らしたため、次の人が来なければ運転士に戻れないのが実態です。
その上、ライフサイクルで来た人が仕事を覚えた頃に帰ってしまい、駅業務を教えられる人が常に不足しています。逆に、ベテランの人が輸送職のない駅に異動になってもいます。若手が若手を教育するという構造の中、駅から移ることもできない人もいるのです。

安全な列車運行こそ運転士の使命

列車の運転は人の命を預かる仕事です。列車を安全に運転することこそ、運転士の使命です。
しかし3年ものブランクがあれば、一から訓練し直さなくてはならないのです。3年の間に仕事も、職場の仲間も変わっていきます。運転技術を維持・向上させて安全を守る上でも、ライフサイクル制度はマイナスにしかなりません。

みんなでライフサイクル撤廃を

ライフサイクルは、運転士の希望に反して駅に行かせ、職場の仲間をバラバラにします。要員削減のために安全を犠牲にする制度です。
制度を撤廃させるには、職場のみんなが反対して声を上げることが必要です。共に声をあげ、ライフサイクルを撤廃させよう。

世界の労働者と団結し、戦争と民営化の道を許すな! 今こそ闘う労働組合を全国の職場に 11・2全国労働者総決起集会への賛同と参加のお願い

世界の労働者と団結し、戦争と民営化の道を許すな! 今こそ闘う労働組合を全国の職場に
11・2全国労働者総決起集会への賛同と参加のお願い

全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部
全国金属機械労働組合港合同
国鉄千葉動力車労働組合

  「闘う労働組合の全国ネットワークをつくろう」と訴え、私たちが初めて日比谷野外音楽堂に集まったのは1998年のことでした。それから16年。11月労働者集会は、職場で奮闘する全国の仲間たちに支えられ、毎年開催されてきました。そこに結集したのは、労働運動の再生をめざす熱い決意でした。

そして、今年、私たちは歴史の岐路に立ちました。安倍政権は集団的自衛権行使の閣議決定を強行し、クーデターに等しいやり方で憲法を踏みにじり、再び戦争に突き進もうとしています。「戦争をする国」への転換は、これまでの社会のあり方を全部破壊して暴れまわる力を生み出します。労働者の権利も、集会・結社・表現・通信の自由も、 教育や学校も、何もかもが攻撃にさらされようとしています。資本主義の危機が、パレスチナで、イラクで、ウクライナで、世界中で戦争をひき起こしています。

安倍政権の手で、総非正規職化、解雇自由化、労働時間規制解体など、労働者の権利を打ち砕く最後の扉が開かれようとしています。非正規職に突き落とされた2千万の労働者たちが「生きさせろ」と叫んでいます。日本創世会議は、896の自治体が破綻・消滅の危機に直面しているとの提言を出し、社会まるごと民営化を断行しろと煽っています。社会保障制度や医療、教育など、人が生きていくためのすべての条件が攻撃されています。福島では、これまで人類が経験したことのない大規模な放射能汚染が拡大しているというのに、原発政策を維持するために、真実を隠して県民が見殺しにされています。

すべてが限界をこえ、怒りの声は社会の隅々まで積みあがっています。今こそ闘う労働組合を全国の職場に! 労働者の団結した力で安倍政権を倒そう!

11月労働者集会は、国鉄1047名解雇撤回闘争への反動判決をきっかけに始まりました。国家総ぐるみの不当労働行為が正当化されたのです。「こんなことがまかり通ったら、組合つぶしも首切りもやりたい放題になる」という危機感と怒りが3労組を結びつけました。国鉄分割・民営化は戦後最大の労働運動解体攻撃でした。私たちは、それを打ち破って闘う労働運動を自らの手に必ず取り戻すと固く決意したのです。その闘いは、2010年の「政治解決」を乗り越えて、採用差別の基準自体が不当労働行為であったことを明確に認めさせるところまで前進し、最高裁で正念場の攻防が続いています。

私たちも自らの飛躍をかけて新たな闘いに立ち上がっています。連帯労組関西地区生コン支部は、独占資本による支配構造を揺るがす力をもった産業別運動を生み出し、その発展をめざして組織拡大闘争に総決起しています。全国金属機械港合同は、「団結こそ命」をスローガンに企業の壁をこえて地域をひとつの労働組合として組織し、大阪市長・橋下による労働基本権解体攻撃に真正面から立ち向かっています。動労千葉は、国鉄分割・民営化とその後の業務外注化攻撃に立ち向かい、JR本体と下請け企業に働く労働者をひとつに組織する新たな闘いに挑戦していま

す。動労水戸は原発推進のための福島見殺し政策に対し職場からのストライキで立ち上がっています。国鉄闘争全国運動も、権利喪失の原点となった国鉄分割・民営化攻撃の真実を暴きだし、本格的な闘いの発展を呼びかけています。11月集会は、新自由主義攻撃に立ち向かう労働者の国際連帯闘争の画期的な発展を生み出し、勝利の展望を示しています。

この16年、全国の仲間たちとともに築き上げてきた力を解き放つときがきました。資本の攻撃に屈し、労働者の権利を売り渡してきた労働組合の現状に怒り、苦闘しているすべての労働者に「労働組合には力がある」と呼びかけよう。渦巻く怒りの声の先頭にたち、時代への危機感を集めよう。本集会への多くの皆さんの賛同と結集を心から呼びかけます。

2014年8月

◎名称 世界の労働者と団結し、戦争と民営化の道を許すな!
    今こそ闘う労働組合を全国の職場に!
11・2全国労働者総決起集会
◎日時 2014年11月2日(日)正午
◎場所 東京・日比谷野外音楽堂

20141102

職場で殺されてたまるか! 戦争で殺されてたまるか! 闘いなくして安全なし! 安倍打倒! 10・5ちば労働者集会への参加のお願い

職場で殺されてたまるか! 戦争で殺されてたまるか! 闘いなくして安全なし! 安倍打倒!
10・5ちば労働者集会への参加のお願い
 7月1日、安倍政権はウソとペテンの恫喝をもって、集団的自衛権行使の閣議決定を強行し、改憲と戦争への道を進みだしました。「戦争をする国」への転換は、これまでの社会のあり方の全面的破壊と直結します。労働者の権利、集会・結社の自由、表現・通信の自由、そして教育の在り方を含めあらゆるシステムが攻撃にさらされようとしています。
すでにその兆候が顕著に現れています。全国の高校3年生の自宅に自衛隊の採用説明会の案内が舞い込んでおり、柏市では市庁舎に「自衛官募集中」の大きな垂れ幕が掲げられています。また、防衛省が民間フェリーを輸送船に仕立て、民間船員を予備自衛官として徴用することを検討しているという衝撃的ニュースが暴露されました。そして文科省の「学生への経済的支援のあり方に関する検討会」では、奨学金延滞者につき、“防衛省は2年コースのインターンシップを作ると言っている。延滞者の年齢別人数を教えよ”などということがまことしやかに話し合われています。
この許しがたい暴挙に対し、巷には怒りの声が満ち溢れています。とりわけ20~30代の青年労働者の70%が集団的自衛権行使に反対の意思を表明し、安倍政権打倒! のシュプレヒコールを上げています。
国鉄分割・民営化攻撃における国家的不当労働行為と27年間に渡り闘いぬいている国鉄闘争を結集軸として、今こそ職場に労働組合をよみがえらせて行きましょう。国鉄闘争こそが、「労働運動を解体し、憲法を変え、戦争に向かう」ことを公言した中曽根の「戦後政治の総決算」(1985年)攻撃を30年間に渡り阻止してきた力です。
この闘いは今、JR採用基準自体が不当労働行為であったことを東京地裁・高裁に明確に認めさせるところまで前進し、最高裁で正念場の攻防が続いています。

安倍政権によって、総非正規職化、解雇自由、労働時間規制解体など、労働者の権利を打ち砕く最後の扉が開かれようとしています。非正規職に突き落とされた2千万の労働者たちが「生きさせろ」と叫んでいます。
動労千葉は、国鉄分割・民営化とその後の業務外注化攻撃に立ち向かい、JR本体(外注元)と下請け企業(外注先)に働く労働者をひとつに組織する新たな闘いを開始しました。外注化の強行は退職者の切り捨てとセットの攻撃であり、安全の崩壊と業務そのものの解体を不可避とします。「外注先の仲間たちを犠牲にするな!」を掲げた5月2日のストライキは、この攻撃に立ち向かう鮮明な展望を切り開いています。
「ふざけるんじゃない!」、5月29日(ニクの日)、全国の「すき屋」で働く労働者の怒りを全身に背負って、ちば合同労組委員長がストライキに突入しました。この「たった一人のストライキ」は、低賃金と安全無視の重労働に呻吟する労働者からの圧倒的な注目・支持で迎えられ、あの極悪ゼンショー資本を震え上がらせています。

資本との原則的な対抗軸として労働組合が職場に確固たる存在をとり戻し、反原発闘争、反戦・反基地闘争、農民運動、市民運動、あらゆる運動と肩を並べその底流を支える力を取り戻さねばなりません。ここに着手する「空前絶後」のチャンスが訪れました。“今をおいて他にない”と言っても過言ではありません。

「解雇撤回・JR復帰」を求める最高裁向け10万筆署名(8月28日現在65133筆)を達成し、反動の牙城・最高裁をギリギリと締め上げて行きましょう。破綻を極めた国鉄分割・民営化に断を下し、民営化・外注化・非正規職化に抗する闘う労働運動を千葉の地によみがえらせて行きましょう。

動労千葉とちば合同労組は以下の要領で「10・5ちば労働者集会」を開催します。多くの仲間のみなさんの結集を心から訴えます。

2014年8月22日

国鉄千葉動力車労働組合(動労千葉)
千葉市中央区要町2-8DC会館3F
(043)222 7207
ちば合同労働組合
千葉市中央区要町2-8DC会館1F
(043)225 2207

◎ 名称 職場で殺されてたまるか! 戦争で殺されてたまるか! 闘いなくして安全なし! 安倍打倒!
10・5ちば労働者集会
◎ 日時  10 月5日 (日) 13 時~
◎ 場所 千葉市美術館講堂 (千葉市中央区中央3-10-8) JR千葉駅東口より徒歩約15分