JRは採用する法的義務を負っている!!新たな署名運動がスタート 2・14労働者集会 会場埋め尽くす620人が結集 

1047名の解雇撤回!
JRに採用を求める新たな署名運動がスタート

国鉄分割・民営化で不当解雇から29年ー 2・14労働者集会
会場埋め尽くす620人が結集 

国鉄闘争全国運動の呼びかけで「国鉄分割・民営化で不当解雇から29年―2・14労働者集会」が、東京・すみだ産業会館で620人の結集で開催された。同日北海道、福岡、広島、郡山、新潟、名古屋、沖縄で、15日には大阪でも国鉄集会が開催された。
JRは採用する法的義務を負っている

集会では、国鉄闘争全国運動呼びかけ人の花輪不二男さんが開会あいさつ。「最高裁は昨年6月30日の上告棄却決定で不当労働行為を認めざ るを得なくなった。残っているのは1047名の解雇撤回だ。10万を上回る署名を集め、敵の最後の論拠を粉砕しよう。戦争に向かう安倍を許さず闘おう」と 訴えた。
反対同盟の萩原富夫さんが連帯あいさつを行い、3・27三里塚全国集会への結集を呼びかけた。
動労千葉顧問弁護士の鈴木達夫氏は、「強制出向無効確認訴訟」の重要性を訴え、7月参院選を闘いぬくと宣言した。
顧問弁護団長の葉山岳夫弁護士は、「斎藤英四郎JR設立委員長が不当労働行為に加担していることの意味は重大。JR東日本は解雇撤回し復職させる法律的義務・責任がある。JRは1047名を採用する法的義務を負っている」と力説した

新署名運動で全国に闘う組合を!

動労千葉の田中康宏委員長は、「闘いはJRを直接相手に解雇撤回を求めるところまで前進した。私たちが始める署名は単なる署名運動ではない。全国の産別・地域をこえた無数の職場に小さくても無数の闘いの火をつくり組織をつくり、全国に動労総連合をつくる運動だ」と提起。
続いて全国運動呼びかけ人の山本弘行さんは、「国鉄分割・民営化に最後の決着をつける闘いを」と訴えた。

何としても撤回させる

動労千葉争議団の中村仁君は「国鉄闘争に勝たないと青年労働者はもっとひどい状態にたたき込まれる。何としても解雇撤回を勝ち取りたい」と決意表明。国労闘争団の成田昭雄さんは「分割・民営化でやられたことをすべて敵にたたき返す」と激しい思いを語った。

韓国からメッセージ

特別報告で、韓国鉄道労組ソウル本部と民主労総ソウル地域本部からの集会メッセージが紹介され、労働法改悪との闘いとして、合同・一般労組全国協の小泉義秀事務局長が、「派遣法撤廃と言い切ることが重要だ」と訴えた。
動労水戸の石井真一委員長は、ライフサイクル強制配転粉砕の闘いを報告し、外注化粉砕、常磐線全線開通阻止へ闘いぬくと表明した。
JRの現場から、幕張支部の山田支部長、京葉支部のCTS組合員、動労連帯高崎の漆原副委員長、動労水戸大子支部の組合員が決意を表明。動労神奈川は、青年労働者に対する解雇攻撃を粉砕し、必ず職場に戻ると宣言した。
最後の決意表明を全逓労働者、群馬合同労組中央タクシー分会、全学連が行い、集会のまとめを川崎書記長が行った。

闘いは新たな段階に

歴史が転換点を迎える中で、国鉄闘争はJRと直接対決する新たな段階に突入した。そして、国鉄闘争全国運動を、安倍の戦争・改憲と労働法制大改悪と闘う結集軸になり、新しい労働運動をつくる闘いとして発展させようと、全体で確認された。

出向命令無効確認訴訟第14回弁論
2月24日(水)11時30分~東京地裁 527号法廷