11・14韓国民衆総決起大会 100名超の訪韓団が参加

11・14韓国民衆総決起大会
民主労総先頭に15万人


100名超の訪韓団が参加し共に闘う

動労千葉は11月13日~17日の訪韓闘争を民主労総ソウル地域本部と共に闘いぬいた。動労総連合の仲間をはじめ100名を超える訪韓団が結集した。

「パククネ打倒」掲げ15万人

最大の闘いは、14日の民衆総決起大会だ。民主労総は「労働市場構造改悪阻止」「パククネ打倒」を掲げ、この10数年で最大の結集をかちとった。
個々の産別や労組では厳しい状況を強制される場面もある中、「これを認めたら労働者の権利がすべて破壊される」と闘いに立ったのだ。
訪韓団は、この歴史的な闘いに参加した感動と多くの教訓を得たことを活かし、日本での闘いを一歩も二歩も前進させようと誓い合った。

 労組破壊攻撃うち破り闘う

16日、日韓理念交流会が民主労総ソウル地域本部で行われた。
日本からは動労千葉国際連帯委員会の山本弘行さんが、「動労千葉とともに」と題して国鉄分割・民営化反対闘争以来の闘いの歴史を語った。
韓国からは、全教組ソウル支部長のイソンデさんが「歴史教科書闘争の意味」と題して提起した。イソンデさんは、パククネ政権が進める教科書国定化の狙いを「日本による植民地支配や独裁政権時代を正当化し、労働運動を弾圧しようとしている」と弾劾した。そして、パククネ政権が全教組を「法外労組」として攻撃する中で加入者が増加に転じたことを報告し、「パククネに我々を倒すことはできない」と確信に満ちて提起した。

 日韓連帯で外注化粉砕を

鉄道労組とはソウル地方本部とチョンニャンニ機関車支部と交流した。そこで韓国でも日本と同じ方法で外注化が進められていることが討論された。
鉄道における韓国の賃金ピーク制は、日本のシニア制度とまったく同じだ。
雇用延長と引き換えに、鉄道公社の作る子会社に再就職させて賃金も40%下げるという制度だ。そして、その子会社に構内運転を行わせることで、鉄道業務全体の外注化が狙われている。
韓国では、日本で行われた民営化と全面的な外注化攻撃が本格的に始まろうとしている。日韓鉄道労働者の連帯はますます重要だ。
動労千葉がシニア制度をうち破って闘ってきた外注化粉砕闘争の大きさを改めて確認しよう。日韓連帯で民営化・外注化を粉砕しよう。何より韓国の仲間の闘いに応え、日本での組織拡大と労働運動の復権へ全力で闘おう。