ブラック企業ここに極まる!事故が起きたときに責任をとらされるのは、本来何の責任もないCTSのプロパー社員だ。JR―CTSは新人プロパーを切り捨て、自分たちだけは責任を逃れようとしている!

動労千葉車両技術分科会ニュース

CTSには回答したことを守る最低の信義すらない!
構内仕業を担うためにも動労千葉に加入しよう!

CTSが採用した検修・構内のプロパー社員が四月以降、幕張、京葉、習志野の各事業所に配属され、幕張事業所では、構内・仕業をはじめ上回りなどの職種に振り分けられた。

「五月は本務にしない」―団交での仕切りを反故 にしたCTS!

その現場での教育訓練のあり方を問うた団交において、CTSは、「幕張事業所、京葉事業所は車種も多いこともあり五月から本番とはしない。習志野は十両固定で二車種であるので問題はないと考えている」と回答していた。
ところが幕張事業所において、五月の勤務が公表されるや、五月の冒頭―五月二日、四日、五日の仕業検査を担当するK1組、K2組の日勤に本務指定され、仕業のたたき六~七本を行うことが明らかになった。それもベテランと組むのではなく、プロパーの新人同士二人で行う指定となっているのだ。とんでもないことだ!

ブラック企業ここに極まる!

何よりも、団交で自らが回答し双方で仕切った中身を、突如として破るなどということは前代未聞の行為だ!労使の取り決めも反故にし、守らない会社など聞いたことがない!ブラック企業ここに極まれりだ!断じて許されることではない!

技術レベルも分からない! 故障に直面した時どうしたらいいのか!

幕張に配属された構内・仕業プロパー社員の教育は、強制出向となった平成採が担当したが、CTSは見習いの期間中、その後方から「チェックリスト」で行い、「見極め」を行ったとされている。しかしながら、新人プロパーの技術レベルがどの程度なのか?どの程度できるのか?現場でも団交でも明らかにしていない。さらには工場で受けてきた教育訓練の中身も明らかにしていない。これは一体何なのか!検査においては組む相手への技術の信頼がなければそれは成り立たない。
それはどんな業種、どんな職種でも同様だが、車両検修においては、とりかえしのつかない事故や作業員の人命にかかわることだ。
とりわけ構内の危険性は、この間も、度々指摘してきた通りだ!
今回、一番その負担を受けることになる者は、CTSの新人達に他ならない!
事故が起きたときに責任をとらされるのは、本来何の責任もないCTSのプロパー社員だ。JR―CTSは新人プロパーを切り捨て、自分たちだけは責任を逃れようとしている!
車両技術職として、必要な訓練、経験を経て到達する感覚なくして、それは成り立たない。取り返しのつかない事態となる前に外注化を粉砕して仕事を元に戻していかなければならない!

 

11・4全国労働者総決起集会 写真速報

ネット速報版(*近日中に2012年労働者集会の報告集を発行予定、詳しくはこのパンフをご覧ください)

11・4全国労働者総決起集会 写真速報

●国鉄闘争-労働運動の再建。国鉄千葉動力車労働組合、幕張支部長、青年部、争議団。動労水戸、青年。国労。顧問弁護団。国鉄闘争全国運動呼びかけ人。全員が登壇し10月JR外注化阻止の闘いや原発廃止へむけた労働者の闘い、1047名解雇撤回を勝ちとる決意に拍手がつづく。

●福島の怒りと連帯しよう! 「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク世話人」佐藤幸子さん、福島診療所建設委員会事務局長、仙台市職員組合員、元全日本運輸一般労働組合原子力発電所分会、NAZEN(すべての原発いますぐなくそう!全国会議の仲間の登壇と発言。

動労千葉・争議団の発言でも呼びかけておりますが鉄建公団訴訟要望書への署名を広範に呼びかけてお寄せください。現在、団体200口を越えて寄せられていますがまだまだ不十分です、団体・個人を問わず一万署名を目指してのご支援をお願いします。

パンフレット
動労千葉・鉄建公団訴訟、解雇撤回・JR復帰の判決を求めるための
東京高等裁判所あて署名のお願い
署名呼びかけ文.pdf  鉄建公団訴訟要望書(個人).pdf 鉄建公団訴訟要望書(連記).pdf629東京地裁判決文(骨子).pdf  629鉄建公団訴訟の記事.pdf

 

●反原発・反失業の国際連帯アピール。韓国・民主労総ソウル地域本部30人の訪日団。本部長-イジェウンさんが代表して挨拶に立つ。

●非正規労働者が労働組合を結成し団結の力で資本との闘いを拡大しています。大阪・橋下とストライキで闘いに立ち上がっています、来年も橋下打倒の集会が呼びかけられました。

2012・11・3 労働者国際連帯集会を開催

世界と日本の闘う労働者と市民が300名結集

激化する新自由主義攻撃、排外主義・国家主義と対決する労働運動を!

全原発を廃止せよ!非正規職撤廃!

●主催者より-動労水戸委員長 石井真一さん

●解雇撤回・非正規職を闘う韓国・民主労総より-ソウル本部長 イジェウンさん

●各国の労組団体から-ドイツから、ベルリン都市鉄道民営化反対行動委員会の闘いを紹介

●闘いの2013年へ-動労千葉書記長 長田

インターナショナル-明日の「全国労働者総決起集会」へ

Brothers and sisters of the whole world!

 

Brothers and sisters of the whole world!
March 25th, 2011
Doro-Chiba (National Railway Motive Power Union of Chiba)

We’ve launched a fresh struggle

On March 20th, 2011 in Tokyo, we held a rally with about 1500 participants to raise angry voices at a serious situation, which was brought about and exposed by the recent Tohoku (East Japan) Earthquake. It was the only action of protest, while networks of transportation has been disrupted not only in earthquake-affected Tohoku but also Tokyo and Kanto area and the government is putting pressure to refrain from organizing independent actions in the actual circumstances. The purpose of the rally was to organize anger of people against the awful and brutal reality, to denounce the deceitful policy of the government and to demand disclosure of the facts on the whole development in concern with the disaster.

A large quantity of relief goods are brought to the rally, including several hundreds kilogram of rice, several hundreds of gas cylinders and other necessary items. Those materials are instantly sent to the suffering areas together with abundant relief donation. The rally issued an appeal, calling on a nationwide struggle to fight mass dismissal and a worldwide campaign to demand immediate shutdown of all nuclear plants.

People are dying still now

Confirmed death toll is approaching ten thousand and nobody knows how many it will be. It should be noted that only few people were killed by the earthquake. But the ensuing tsunami was the major cause of the lost lives because no effective administrative measures had been taken to prevent the disaster. Hundred billion yen of budget for the construction of levee in dangerous coast areas had been cut off by the administration of the Democratic Party, not to mention the formers Liberal Democratic governments. The disaster is man-made. The logic of capital has brought it forth.

Many stricken areas have still been abandoned, while only a part of the shelters are exceptionally provided with the governmental relief goods only in these couple of days. In those shelters and hospitals, which have got no supply of foods or medical treatment, an increasing number of people is driven to death. The floors of the most hospitals are full of patients. Lack of means of transportation hinders sick people in shelters from being sent to hospital for necessary treatment.

Not only the coast areas, which are suffering from a devastating damage but also inland cities like Sendai of Miyagi prefecture have been under terrible condition without foods and gasoline. It is caused not by the lack of the necessary materials or means of transportation but by the inaction of corporations concerned, which hesitate to make extra expenditure required for making detour for transportation in face of ruined normal road. And the government remains indifferent. A lot of people are being killed by the inaction and inability of the government. This is the reality of market economy.

Moreover, the government has given an instruction that no relief goods are directly sent to shelters individually or privately and they are to be brought to the windows of the governmental or municipal offices for transportation.

Brothers and sisters of the whole world!

It is reported that water supply has begun in a part of the affected areas. But a bad news came that in water in Fukushima prefecture radioactive materials above the normal value are found and it is forbidden to drink water. Shipment of several sorts of vegetables and milk was prohibited in fear of radioactive contamination in Tohoku as well as Kanto areas.

Wrecked nuclear plants are letting out radioactive materials of high level every day and night and driving the inhabitants in the surrounding areas in a growing fear. Yesterday a black smoke rose up from the reactor and the works to recover electric supply and cooling down of the reactor are hampered. Repeated blasts caused exposure of used fuel rods. It is still impossible to assess the actual condition of radioactive core and the worst case is approaching.

In face of this grave situation, the government has totally abandoned to take necessary and effective measure for evacuation in fear of creating panic. No information is given on what could happen tomorrow and people are forced to live in terrible fear. But people there are fighting the disaster and making every effort to live. For workers, farmers and fishermen, there is no place to evacuate. Anger and hatred are mounting against the administration and authorities concerned that had promoted construction of nuclear plants, insisting that nuclear energy was absolutely safe.

We call on all the friends around the world not to let “them” repeat the same disaster. We pledge to fight to live and confront squarely whatever danger assaults us. Let’s rise up together with us to abolish nuclear plants and nuke once and for all. We urge you to fight to overthrow those who are promoting nuclear plant construction and seeking only capitalist interest at the sacrifice of working people.

Massive unemployment is threatening us now

Not only the disaster areas but also the whole areas of East Japan are facing massive dismissal and unemployment. Tens of thousands of workplaces are hit by the earthquake and tsunami and immobilized in Tohoku and Kanto areas. A large number of factories are obliged to stop operation all over Japan, because major car manufacturers and electric machinery corporations have promoted outsourcing and their production is dependent on sub-contractors or sub sub-contractors which provide them with necessary parts and they are located in many cases in the disaster area. Therefore, not only the directly hit workplaces but also workplaces of other areas are indirectly affected by the disaster, producing a huge number of losses of jobs temporarily or permanently. A large number of workers who are in irregular employment are thrown out of daily work without any assurance or allowance. The number of possible jobless people is beyond assessment. No rescue measure is offered or planned for those jobless workers. Japan is going to be a huge unemployment peninsula as a result of the earthquake.

We are now witnessing rapidly rising yen. It is caused by speculative capitalists who are seeking to get margin through financial operation in this very moment, taking advantage of the disaster like greedy hyena. To address this adversity, the Bank of Japan decided to offer 80 trillion. What does it all mean? For them, the disaster offers an opportunity to make money. This is what capitalist ruling class is doing. Something is f
undamentally wrong with thi
s society.

Let’s fight to live!

What has happened and is happening now is evidently far beyond our present power. We need to develop our power through establishing close links with mounting voices of angry of a large number of working people in order to confront the horrible situation before us.

On March 16th, Doro-Chiba together with the National Coordinating Center of Labor Unions has set up People’s Earthquake Relief Center. We are determined to gather all power for the relief activities, calling on all working people to “unite and fight to live” in a nationwide campaign for the suffering people in Tohoku area. 
We also call on all brothers and sisters of the whole world to send donation of unity and solidarity to the address below.

==========
Bank Account to Receive Donation in Japan

Some or all of the following data 1 to 9 are required to send a remittance to Japan. And if the purpose of remittance is questioned, please reply that remittance is made for relief to the earthquake in Japan through the National Railway Motive Power Union of Chiba (for short, Doro-Chiba).

1. Bank name: The Chiba Bank, Ltd

2. Bank code# in Japan: 0134

3. Branch name: Chuo Branch

4. Branch code# in Japan: 001

5. Branch address: 2-5-1 Chuo, Chuo-ku, Chiba City, Chiba 260-0013, Japan

6. Type of address: Ordinary deposit

7. Account number: 4177605
Address of Account: 2-8 Kaname-cho, Chuo-ku, Chiba City, Chiba 260-0017, Japan
Phone No. of Account: +81-43-222-7207

8. Account name: Kokutetsu Chiba Doryokusha Rodokumiai
Note: “Account name has to be written in the Japanese full name of Doro-Chiba.

9. SWIFT address: CHBAJPJT 001 4177605
Note: One space is needed between Branch Code# (001) and Account number 4177605).

 

 

DORO-CHIBA (DC): National Railway Motive Power Union of CHIBA
Email: doro-chiba@doro-chiba.org
Web: http://www.doro-chiba.org/

 

 

(Korean )東日本大震災救援対策本部設置 

동일본 대진재 구원대책본부 설치
– 전력을 기울려 지원의 힘을 집중하자

‘대책본부’ 설치를 결정
전력으로 현지 지원을
도로치바는 어제 집행위원회를 개최해 전국노동조합교류센터와 도로치바가 ‘동일본 대지진피해 구원대책본부’를 출범하기로 결정했다. 본부는 전국노동조합교류센터에 둔다. 또 이와 아울려 조속히 현지 대책본부를 개설하는 것을 확인했다.
현제 간토(間東)과 도호쿠(東北)을 잇는 간선 도로를 경유한 구원물자 수송은 자위대에 의해 막혀 있고 아예 진행할 수 없다. 현지에 들어갈 수 있는 최단 길은 니가타(新瀉) 루트이다. 따라서 니가타에도 지원물자 집적거점이 되는 대책본부를 조속히 개설하는 것도 화인했다.
현지(센다이)의 보고에 따르면 해안부의 괴멸적인 타격을 받은 지역 뿐만 아니라 미야기(宮城)현 전역에서 물,음식,휘발유가 없어졌고 심각한 상태에 놓여 있다고 한다.

간정권의 무위무책
몇만,볓십만 피해자들이 간정권의 무위무책과 파멸적인 ‘피해대책’ 속에 죽음을 당하게 되고 있다. 벌써 닷세가 지났지만 곧바로 할수 있을 것인 물,음식,의약품,연료,담요 등 최저한의 구원물자의 현지 집적마저 진행되어 있지 않다. 뿐만 아니라 “혼란을 가져온다”라고 해서 그 일체가 막히고 있다. 정부가 진행하고 잇는 것은 통제와 질서유지와 거국 일치 쳬제 마련 뿐이다. 그데로는 간신히 죽음을 면한 피재자들을 추움과 기아가 덮치게 된다. 노동자 스스로의 힘으로 자주적인 구원투쟁을 만들어내야 한다.

파국 회피를 위해 전력을 다하자
더군다나 손괴된 원전부터 내뿜는 고농도 방사능에 의해 수백만 명 사람들이 피폭의 위기에 노출되어 있다.
‘안전 신화’ 끝에 6기의 원전이 제어를 잃고 폭발을 되풀이하고 있다. 일 이 지경에 이름에도 정부,원자력 안전보안원, 도쿄전력은 무엇이 실제로 생기고 있는지 그 진실을 계속 은폐하고 있다. 멜트다운의 파국 회피를 위해 모든 힘을 결집해야 하는 데도 모든 것이 선수를 빼앗겨 수세가 되어 있다. 정보도 더이상 감추기 어려운 사실 밖에는 아무 것도 밝혀지지 않았다. 전부는 모든 정보를 밣히고 최악의 사태를 회피하기 위해 원전반대파들을 포함한 전문가들의 모든 지혜와 힘을 결집하라. 주민 피난 대책을 마련하라.
‘진재해고’ 허용하자 말라!
이번 거대지진이 이르킨 무서운 사태의 많은 부분은 신자유주의가 가져온 것이다. 지자체 해체화 재정파탄,공공 인프라의 민영화에 인한 해체, 끝없는 공무원노동자 삭감 등 국철민영화 이래 4반세기에 걸친 신자유주의 정책은 재해에 대한 저항력을 빼앗아 갔다. 특히 팽개친 지방 지역에서는 대진재가 결정적으로 파국화 했다.
게다가 이제부터 일어나는 것은 모든 것을 완전히 바꾸는 노동자에 대한 전면 공격이다. 방대한 해고, 임금 삭감과 대형 실업이다.
………………………………………
이러한 무든 것에 맞서 살아가기 위해 투쟁해야 한다. 노동자의 단결된 힘으로 피해지를 전력으로 구원하자.
——————————————-
구원물자,캄파를 집중해 주십시오
– 각지부는 의료품(속옷,생리용품 포함)/쌀,식료품(보존이 되는 것)/담요/기타 생활용품 등의 자진피해 구원 물자를 집중해 주십시오.
– 각지부가 지원 캄파에 대처 하는 것을 당부합니다.
——————————————-
동일본 대진재 구원대책본부
전국노조교류센터
도교도 다이토구 모토아사구사 2-4-10(고호도,이토BL 5F)
Tel:03-3845-7461
Fax :03-3845-7463

 


The following is an emergency appeal of Doro-Chiba

Let’s Organize Relief Activities for the Affected Area by Workers’ Unity and Solidarity!
Stop all nuclear plants immediately!
No dismissal under the pretext of the earthquake!
Let’s fight to live!

March 14, 2011
Doro-Chiba

The huge earthquake on March 11th has brought about a large-scale disaster to Northeastern Japan and the rest of the whole area of East Japan. We have not yet got the whole picture of what happened and what is actually happening: how many lives are lost, how many people are now seeking rescue, and so on. At this very moment, many lives are being lost. Few shelters are provided with water, food, electricity, or medical treatment. Moreover, Fukushima nuclear plants are running out of control through fatal failure of cooling systems and are precipitating into catastrophe after two blasts of nuclear facilities.

Government’s rescue plan has been bankrupted. Let’s organize relief action of the affected people and area by workers’ unity and solidarity.

Of course, the huge East Japan earthquake and ensuing Tsunami were beyond all anticipation. It is, however, evident that enough measure has not been taken to confront earthquake even though it had been warned that a big earthquake would occur within 10 years with 99% certainty. The reality was that neo-liberal agenda has been carried out on the principle of “competition and self-responsibility” at the sacrifice of local communities and lives of working people. Local governments were in a critical financial difficulty and in a situation far from preparing for possible earthquake. Expanding earthquake disaster is an inevitable result of this.

What is happening now in Fukushima is a typical example of the bankruptcy of local communities. Inhabitants of the area within radius of 20 kilo meters from the nuclear plants are driven out of their houses which are barely escaped from the earthquake, in the cold weather under the winter sky. Numerous people are contaminated by the blasts of nuclear facilities. The nuclear plants were built on the “nests of earthquake” by the government and electric power corporations, which insisted that the nuclear plants were absolutely safe and offered clean energy. It proved to be blatant lie. Nuclear plant meant for capitalists a miracle instrument to bring about a huge amount of profit and for the government a vital tool for nuclear armament. It has been exposed in the worst form what these policies really meant.

It is reported that the troops of the Self-Defense Forces are going to put the main roads toward the affected region under their control. The rescue activities of a large number of people anxious about the situation of affected inhabitants are blocked in the name of “securing the rescue route” by the SDF. Even minimum physical distribution is stopped: three days after the earthquake, foodstuffs have disappeared from super markets not only in affected regions but also in the Tokyo metropolitan area. While the SDF is dominating everywhere, rescue activities and transportation and distribution of rescue goods are in trouble. Surprisingly, the US nuclear aircraft carrier, Ronald Reagan, has arrived at a harbor adjoining the affected area. Even in face of the reality, in which tens of thousands of people are still buried under the wreck or waiting for rescue in isolation, public security is the priority agenda for the government and ruling class. An attempt is under way to establish a wartime mobilization system under the slogan of “national unity to overcome national crisis”.

It is evident that all essential information especially on the nuclear accidents is manipulated and the facts are cautiously concealed. Even the violent blasts of the unit 1 and 3 of Fukushima Daiichi nuclear plant are described as not serious problem and we are not at all informed of what is actually developing on the site of the accidents while a large volume of radioactive materials are leaking from the reactors and meltdown is imminent.

At this critical moment when all efforts should be made to prevent meltdown of the reactor, the only concern of the government and TEPCO (Tokyo Electric Power Company) is how to maintain their policy of promoting nuclear power.

All political forces, governing Democratic Party of Kan administration, Liberal Democratic Party, Komei Party and others, are joining in “political truce” in face of the huge earthquake and going to present rescue measures, including “tax hike for restoration” “revision of the budget by cutting child-support allowance” “finance for damaged corporation” “finance aids for restoration” etc. Their aim is to overcome the present social crisis through an overall exploitation and plundering of working people, taking opportunity of horrifying situation of the affected people and regions.

What is desperately needed for the workers, farmers, fishermen and small business, who have lost everything by the earthquake and Tsunami, is not financial aids but the place to live, means to survive, unconditional free medical treatment, etc. To be abolished is not child-support allowance but defense budget.

In the whole area of East Japan, numerous workers have already lost their jobs. Even in Chiba prefecture, 500 kilometer far from the seismic center, the Bay Area is attacked by liquefaction: streets and buildings are severely cracked. Large-scale fires are raging in the industrial complex. Almost half of the whole Japanese land is suffering from a severe damage and Japanese economy is hit by a devastating blow. The result is an all-out assault on workers: massive dismissal under the pretext of the earthquake and a large-scale unemployment. The huge East Japan earthquake is going to effect a total change over the Japanese society.

Workers’ situation had just arrived at a critical point when the earthquake came. We have experienced in the past year a violent storm of mass dismissal: dismissal by the privatization of the Social Security Agency, JAL’s dismissal of designated workers, dismissal of several thousands workers of irregular employment by JP (Japan Post), etc. A large number of workers have been thrust into irregular employment or working poor. While the social security system has been considerably dismantled, it has become more and more difficult to survive everyday for working people. Just at this moment, the huge earthquake broke out, giving a fatal blow to those people who are on the brink of existence.

The ruling classes of the whole world are horrified to witness a critical situation, in which the collapse of economy is spreading from Japanese to other countries in the midst of the global economic crisis and explosion of angry voices of working class, ignited by these developments, is shaking the entire world.

We have already begun the nationwide campaign of national railway struggle to fight the neo-liberal offensive. This movement heralds a great c
hallenge for revitalization
of labor movement through gathering angry voices of workers and organizing powerful actions. Now is the precise moment to promote this effort vigorously.

Let’s fight to live. 
Organize relief action of workers’ unity and solidarity for the affected people and areas with all of our power! 
We demand enough and immediate supply of housing, foodstuffs and medical treatment unconditionally for all the affected people! 
Stop immediately all the nuclear plants! 
Stop dismissal under the pretext of the earthquake! 
Let’s give a decisive and final blow to neo-liberalism!
Kick out Kan administration!
Labor union shall stand in the forefront of this struggle!

 

DORO-CHIBA (DC): National Railway Motive Power Union of CHIBA
Email: doro-chiba@doro-chiba.org
Web: http://www.doro-chiba.org/

第64回定期委員会 委員会宣言

委 員 会 宣 言   

 本日、われわれは、第64回定期委員会をDC会館において開催し、国鉄闘争全国運動の発展、検修・構内業務の外注化阻止、新小岩派出廃止絶対反対・JR貨物大合理化攻撃粉砕、人事・賃金制度改悪阻止・11春闘勝利、組織拡大を中心とした新たな闘う方針を決定した。
 1月18日 、千葉支社は千葉運転区支部・北嶋君に対し、ライフサイクルの深度化による駅への強制配転の事前通知を行なった。北嶋君は翌19日から無期限の指名ストライキに突入。全本線運転士・全強制配転者を対象とした2・1~2ストまで、千葉転支部を先頭とした連日の闘いが始まった。「俺は使い回しの機械じゃない。絶対負けない」という北嶋君の訴えは、多くの平成採の心を揺るがし、ライフサイクル制度撤廃に向け、大きな一歩を印した。
 それに先立つ12月3~4日、検修職場の仲間たちが外注化阻止に向けてストライキに立ち上がった。この闘いの渦中で3名の仲間が動労千葉に結集したことを最大の力として、千葉支社が画策していた京葉車両センター構内外注化攻撃は阻止された。
 2月20日には、新小岩派出で基地廃止絶対反対の抗議闘争が450名の仲間たちを結集して闘われた。新小岩支部は東京東部地区の労組に全力でオルグに入り、国鉄分割・民営化を弾劾する地域の総決起が実現した。
 昨年6月にスタートした国鉄闘争全国運動も、2・16集会をもって全国の職場・地域に根を張り、1047名解雇撤回、闘う労働運動の再生に向けた巨大な可能性をもつ運動として本格的に発展しようとしている。
 また、われわれは、この激戦激闘の渦中で、「産業廃棄物最終処分場絶対反対」「歴史の歯車を戻すな」を掲げ、元副委員長・水野候補を押し立てて勝浦市長選挙を闘うという大きな挑戦にうって出た。健闘及ばず次点という結果ではあったが、危機感にかられた自民党の総力あげた選挙戦と真っ向から対決して5000対3000の勝負にもち込んだことは画期的な意味をもつものであった。怒りの声と正しく結びつけば自民党と互角にわたり合える時代が到来していることを示したのだ。この過程で勝浦に駆け付けた組合員は740名。地元支援者、動労千葉を支援する会と一体となって全力を尽くした奮闘は、動労千葉の団結力をいかんなく発揮するものであった。
 今、世界に目を向けると、労働者・市民・学生の総反乱が開始されている。チュニジア、エジプトで燃え上がった怒りの声は、中東・北アフリカ全土に広がり、帝国主義の支配を根底から揺るがしている。
 日本はどうか。もはや手のうちようのない資本主義体制の危機の前に、菅・民主党政権はなす術なく崩れ落ちようとしている。しかし、その背後で労働者への全面的な攻撃と戦争への衝動と準備だけが進められているのも事実だ。
 われわれは、こうした今日の情勢を断固打破しなければならない。始まりは言うまでもなく国鉄分割・民営化であった。今、労働者支配の核心に据えられているのは「国鉄方式」による攻撃だ。だからこそ政府は、昨年4月9日、政治解決というかたちをとった1047名闘争解体攻撃をしかけたのだ。われわれは、これを日本労働運動の深刻な危機と捉え、「国鉄闘争の火を消してはならない」と訴えて、国鉄闘争全国運動を立ち上げた。この運動を柱に全国の労働者に分け入って日本の労働運動を復権するとともに、1047名闘争に勝利しなければならない。
 JRをめぐる情勢も激変しようとしている。4・9和解を契機に、国労は雪崩をうつように連合化の道につき進んでいる。「用済み」となったJR総連は資本から最後的に使い捨てられようとしている。こうした事態の中で、東日本では人事・賃金制度の抜本的改悪提案が行なわれ、貨物では「日本航空の次はJR貨物だ」とする大リストラ攻撃が始まろうとしている。われわれは、こうした事態に対し、業務外注化絶対阻止、反合理化・運転保安確立の旗を掲げ、労働運動の復権をかけて挑む決意である。
 11春闘も山場を向かえている。日本の労働者は「失われた20年」と言われる状況のもとで我慢に我慢を重ねてきた。しかしもうそれも限界だ。今こそ賃上げだ。派遣法撤廃、非正規職化攻撃をやめろ。11春闘勝利に向け全力で闘おう。勝利しよう。
 一切の闘いは、組織拡大にかかっている。継続することは力である。しかしある程度の数の力は必要である。全支部・全組合員が、今一度更なる決起を。行動により平成採を獲得しよう。その力であらゆる諸問題を解決し労働者が主人公の社会を実現しよう。
 右、宣言する。

 2011年2月27日
国鉄千葉動力車労働組合第64回定期委員会
 

検修・構内業務全面外注化を阻止しよう

検修・構内業務全面外注化を阻止しよう
2月京葉車両センター構内業務外注化―4月全面外注化許すな!

1. はじめに

(1) 外注化攻撃が再び動き出している。昨年10月に提案された検修構内業務の全面外注化提案に関する団体交渉は1年近くストップしたままになっている。しかし、団交すら開かず、現場には何も知らされないまま、水面下で外注化の準備がどんどん進められている。フタが開いたときには全ての準備が終わっており、もう後戻りできない状態にしてしまおうという汚いやり方だ。

(2) 東労組は全てを知っていながら現場には何も知らせていない。いっさいを隠しているのだ。こうした情報が現場に伝わったら怒りの声が吹き上げるから、団交など開かないでやってしまえと、会社と手を結んで外注化の手先になっているのだ。こうやって会社と東労組の手で、検修構内業務の全面外注化が強行されようとしている。

(3) 千葉支社では、京葉車両センターの構内業務を2月にも外注化しようという計画が進められている。これは、2001年に東労組等が締結した委託協定に基づくものだ。そして本社は、4月にも検修構内業務の全面外注化を全国で一斉に実施しようと動いている。

(4) 絶対に許してはならない。昨年10月の提案は、検修・構内業務の文字通り全面的な外注化攻撃だ。JR側に残る業務はほとんどない。労働者ごと下請け会社に丸投げするものだ。その先に待っているのは間違いなく「転籍」だ。検修、保線をはじめ、鉄道業務を数百もの下請け孫請けにバラバラに売り渡していいはずはない。雇用が破壊され、そして技術継承は断たれて安全が崩壊する。外注化阻止に向け今こそ怒りの声をあげよう。

2. 何が起きているのか・・水面下で進む外注化の準備

◎外注要員数の算出

 本社運輸車両部からは、各検修職場に、「直外双方の業務量を算出してJRグループ会社に割り振る要員の目安を作成しろ」という調査依頼の指示文書が出され、9月末には現場から本社への報告書が送られている。業務毎の詳細な直営外注の区分が示され、それに基づいてこの1年間の作業量作業事態を調べて、それに基づいて要員数をはじきだせというものだ。
 組合が申し入れた解明要求にも全く答えず、労資間では何ひとつ議論しないままこうしたことが進められているのだ。

◎すでに委託契約を締結

 さらに、JRと車両整備会社との間では、すでに外注化に関する契約書がどんどん結ばれている。団交も開かないままこんなことがどんどん進められているのである。例えば、8月1日付で、千葉支社と千葉鉄道サービスの間で「教育訓練契約書」が締結されている。業務を委託外注化した際にも、技術指導や教育訓練はJRが行い、車両整備会社はそれに対して訓練費用を支払うという契約である。構内運転士に義務づけられている定例訓練等を想定してのものだ。これは、双務契約を結んでいるという形式を整えることで、偽装請負をすりぬけようとするものだが、後で述べるようにそれ自身が委託外注化が適法に行なわれているかのように偽装する行為に他ならない。

◎一斉に「偽装請負隠し」

 さらには、▼請負会社に業務を指示する際の文書について、「作業指示書」という名称を「作業発注書」に変えたり、▼JRが請負会社の社員を直接指示するのはやめろと指示したり、▼まともな双務契約になっているかのような「契約書」を作ったり、▼JRと請負契約関係のない孫請会社の社員が請負側の責任者として記載されているような業務実態に対し、それはマズイから直ちに変えろと現場に指示したりということが行なわれている。
 こうしたことを指示する文書には、全て「取扱注意」の印が捺されている。業務実態はそのまま何も変えず、書面上だけ全て隠せというのだ。まさに「偽装請負隠し」である。偽装の偽装に他ならない。

◎外注化体制作りの人事  

 千葉支社は、検修構内業務を請負う専門的技術など全くもっていない千葉鉄道サービス側にその体制をつくるために、千葉運転区長を千葉鉄道サービス京葉事業所長として出向で送り込んだ。50歳を少しこえたばかりの年令であり、異例の人事である。さらには、それより以前に天下っていたJR幹部OBを外注化体制作りの責任者にすえ、連日JR千葉支社と千葉鉄道サービスとの協議が行なわれている。10年間頓挫してきた外注化に手をつけるために、京葉車両センターの構内業務に狙いを定めて外注化の突破口を開こうとしているのである。

3. 検修・構内外注化は違法行為=偽装請負だ

◎業務委託(請負)に関する労働省告示

 労働省の「告示」では、業務委託(請負)が適法なものであるためには、業務を請け負った会社(今回の外注化の場合は千葉鉄道サービス)は、次のような条件を満たしていなければならないことになっている。
 何でも委託外注化できるとしたら、労働者の雇用や権利、安全はたちまち崩壊してしまうことになる。だから、業務の委託外注化には、法律上厳しい制限が設けられているのである。

 自ら行なう企画又は自己の有する専門的な技術もしくは経験に基づいて、業務を処理すること。

 請け負った業務を自己の業務として当該契約相手方から独立して処理するものであること。

 労働者に対する業務の遂行方法に関する指示その他の管理を自ら行なうこと。

※ 労働省告示第37号(昭和61年4月17日)

 つまり、請負会社は、①専門的な技術をもっていること、②請負った業務をJRから独立して処理できること、③業務指示は全て自分でできること(JR側が指示するのは違法となる)が条件となるのだ(この告示では、請負会社は「業務の処理について法律上のすべての責任を負うこと」とか、「機械、設備、器材、材料、資材は自己の責任と負担で準備しなければならない」など、もっと厳しい定めがされている)。
 こうしたことから見れば、JR東日本がやろうとしている検修構内業務の外注化が偽装請負=違法行為にあたることは明らかである。

◎管 理者送り込みの違法

 JR千葉支社は、京葉車両センターでの外注化を狙っているが、千葉鉄道サービス京葉事業所長への千葉運転区長の送り込み(出向)自体が偽装請負にあたるものだ。
 2005年、松下プラズマディスプレイという会社で偽装請負が発覚し、会社は労働局からの是正命令を受けて、一旦は全員を直接雇用にするという事件があった。それから半年後、会社は、また請負契約に戻した上で、「偽装請負ではない」という形をつけるために、「技術指導」の名目で社員を請負業者側に出向させて、その出向社員が業務を指揮するという形をとるという卑劣な攻撃を行った。しかし、これも「責任回避のための脱法行為だ」として、厚生労働省が指導にあたるという前例がある。
 今、千葉支社がやっているのは、まさにこれと同じことである。業務を外注化するために、JRの管理者を請負会社に出向させ、形だけ請負会社がやっているような形式をつくるのは、最も悪質な偽装請負にあたるものだ。

◎「教育訓練契約書」の違法

 第2に、8月1日に千葉支社と千葉鉄道サービスが結んだ「教育訓練契約」自身が明白な偽装請負契約に他ならない。教育訓練契約の仕組みは次のようなものだ。検修構内業務の外注化を委託外注化し、今度は逆に、それに従事する労働者の「技術指導や教育訓練」について、「一人1時間1000円」で千葉鉄道サービスがJRに委託するという契約書である。これはまさに法の規定に違反することを逃れるための故意に偽装された違法契約だ。

《「教育訓練契約」の仕組み》
JR千葉支社
検修・構内業務
―――――――→
(委託) 教育訓練
←――――――
(逆委託)
千葉鉄道
サービス

 この点でも、厚生労働省は「発注者(JR)が、これらの要件を逸脱して技術指導を行なうことはできません」と明確な指針を出している(厚生労働省発行のパンフレット「労働者派遣請負を適正に行なうために」)。例外として認められるのは次の3つのケースだけである。

① 請負事業主が、発注者から新たな設備を借り受けた後初めて使用する場合、……当該設備の操作方法について説明を行なう際に、請負事業主の監督の下で労働者に当該説明を受けさせる場合。
② 新製品の製造着手時において、発注者が、請負事業主に対して、労働者に当該説明を受けさせる場合。
③ 発注者が、安全衛生上緊急に対処する必要のある事項について労働者に指示を行なう場合。

 つまり、発注者(JR)が請負会社の社員に対して直接説明ができるのは、①請負会社が発注者から借り受けた新たな設備を初めて使用する場合、②新製品の製造着手時、③安全衛生上緊急に対処する必要のある場合だけに限られている。それも「請負会社の監督の下で」である。
 今回の「教育訓練契約書」に定められたのは、明らかにこのようなケースではなく日常的な技術指導、教育訓練に関するものだ。しかも、こんな契約をしなければならない現実は、検修構内業務が「JRから独立して処理する」ことなどできず、千葉鉄道サービス側に「専門的な技術力」が無いことを示すものだ。

◎JRから「独立して処理」は不可能

 第3に、そもそも構内運転業務は、こうした問題をぬきにしても、「JRから独立して処理する」ことなど絶対にできないものであり、外注化など大前提からして間違っている。
 いうまでもなく、構内運転業務は、日々の入換計画をつくる区の計画担当との関係、信号所との関係、指令との関係で成り立っている。計画担当からその日の入換計画書をわたされるだけでなく、入換作業開始時には信号所に信号の開通を要請し、通告を受けて作業を開始する。さらに入出区時等は指令の指示に従うことになる。
 少なくとも現時点は、信号所や指令はJRの直営事業であり、構内運転業務を「JRから独立して処理する」ことなど全く不可能だ。要するに構内外注化は、どんなに形をとりつくろおうが、根本的ところで偽装請負にあたるということだ。

◎東労組の偽装請負協定

 だから2001年に東労組が締結した「外注化協定」の議事録確認の解説でも、次のような表現が随所に出てくる。

 乗務中の指令指示や出場後の着発線変更等の運転取扱いに係わる指示連絡については、JRが直接乗務員に行なうことになる。

 作業ダイヤはJRが作成し、勤務指定についてのみ整備会社が行なうこととなる。

 作業中の担当者間の打ち合せ等は、従来通りの方法で必要の都度、直接行なうことになる。

 これは、労使一体で違法請負を推進することを確認したものだ。なぜこんな違法行為まで確認して外注化を進めるのか。まさに東労組は外注化の手先だ。
 検修業務だって基本的には全く同じだ。例えば、駅派出業務などは指令や運転士との関係ぬきには成り立たないものだし、事故復旧業務は、規程上明確に「事故等発生時の復旧の指揮は、現地対策本部長がとるものとする」(運転事故等対処手続第7条」と、JRが指揮することが定められている。

4.業務外注化攻撃の本質

 検修構内外注化攻撃が始まったのは2001年からである。しかしこの10年、千葉支社管内で外注化されたのは、京葉車両センターの車輪転削業務だけであった。千葉では「シニア制度」以来の闘いによって、外注化攻撃をほぼ完全に阻止してきたのだ。東労組の裏切り妥結(それに続いて国労も含め、動労千葉以外の全ての労組が闘わずして容認した)によって、千葉支社以外では外注化がどんどん進められる事態の中でこれは画期的なことであった。

◎「逐次外注化」から「全面外注化」へのエスカレート

 昨年10月の検修構内業務の委託提案は、定年退職後再雇用された労働者を使って逐次外注化するというそれまでのやり方とは全く違う決定的なエスカレートを意味するものだ。今度の提案は、今検修職場に働いている労] ]>