12・14国鉄闘争勝利集会開催

国鉄1047名解雇撤回!5・27臨大弾圧粉砕!
生きさせろ!09春闘ゼネストへ
12・14国鉄闘争勝利集会開催

国鉄闘争勝利集会が550名を結集して開催

 12月14日、国鉄闘争勝利集会が東京・すみだ産業会館に550名を結集して開催された。今回の集会は、国労臨大闘争弾圧被告団と動労千葉の共催で行われ、11月労働者集会の成功を引き継ぎ、1047名闘争勝利と5・27臨大闘争弾圧粉砕への総決起をかちとるものとして熱気あふれる集会としてかちとられた。
 集会は、国労秋田闘争団家族の小玉さん、動労千葉争議団の中村仁君の司会で進められた。

臨大闘争弾圧被告、弁護団の報告

 最初に臨大闘争弾圧被告団長・冨田益行さん、動労千葉田中委員長、臨大闘争弾圧裁判主任弁護人・鈴木達夫弁護士の3名から3つの報告がされた。
 冨田さんは、「国労5・27臨大闘争弾圧被告からの訴え」と題して報告をおこなった。「被告団は、4者・4団体路線と真っ向から対決し、第2次国鉄決戦の展望を切り開いた。それは、2月の旧弁護団の解任と5月に松崎被告との弁論分離を勝ち取ったことだ。松崎被告と旧弁護団は9・15判決に屈服した。われわれは、動労千葉と進む道を選択した。1047名解雇撤回闘争と国労臨大闘争弾圧粉砕は一体だ。1047名解雇撤回闘争勝利の道は分割・民営化絶対反対を貫くことだ。4者・4団体路線との激突に勝利し、1047名闘争の責任勢力になり、第2次国鉄決戦に勝利しよう」と訴えた。
 鈴木弁護士は、「国労5・27臨大闘争弾圧裁判の勝利に向けて」の報告をおこなった。
 全労働者階級人民の利益がかかった闘いが国鉄1047名闘争であり、弁護人解任・弁論分離の根本契機は20年の闘いの否定であると弾劾した。また、階級裁判の原則について述べ、弁論分離問題と完黙・非転向の意義について述べた。そして、生きさせろゼネストの基軸に1047名闘争がある。臨大闘争弾圧裁判は09年内にも判決という重大情勢を迎えている。改憲と戦時司法の柱である『裁判員制度』はグラグラである。11月労働者集会の成功を引き継ぎ5・27裁判の歴史的勝利をかちとろうと結んだ。

田中委員長の報告

 7名の被告団と共催を呼びかけた。1047名闘争の勝利へ4点を訴えたい。①10・24集会で何があったのか。会場が機動隊で制圧されていた。転落をあいまいにしない。1047名闘争の危機、恐れている。②4者・4団体は「争議であって階級闘争ではない。分割・民営化とは何か、分割・民営化が出発点で新自由主義攻撃が始まった。20年間の闘いは階級闘争だ」③1047名闘争つぶしの攻撃が明白だ。自治労210万の首切りをやるためには1047名闘争をつぶさなければならない。これが本質だ。④12・4派遣法の集会があったが国労闘争団は非正規雇用に関心すら示さない。可能性は目の前にあるのに、絶望だけを組織している。
 金融大恐慌情勢だ。9月リーマン以来、資本主義はじまって以来の危機が来ている。この資本主義を打ち倒すことができるのかの歴史の転換点にいる。
 こうした情勢のなかで11月労働者集会でかちとったことは決定的である。民主労総ソウル本部のイジェヨン本部長は、「敗北主義をふりはらい、改良主義を克服し、社会主義へと進む労働運動で自らを革新しよう」と発言した。ILWUのジャック・ヘイマンは、「労働者の政党が必要だ」と言っている。日・米・韓の3労組では何が一致したのか、時代認識であり、社会主義運動であり、組合を鍛えることであり、労働者党を作ることだ。5・27臨大闘争弾圧に勝利し、1047名闘争に勝利しよう!と闘いの報告をおこなった。

臨大闘争弾圧粉砕、1047名の解雇撤回を

 特別報告として精研労組と森精機でのストライキの報告、国労臨大闘争弾圧被告団・家族からの発言、弁護団からのあいさつと国労闘争団・動労千葉争議団からの発言がおこなわれた。動労千葉争議団からの発言では高石さんが「動労千葉本部と争議団は一体だ。金さえもらえば終わりでは不当労働行為もなくなる。闘った証を残さなければいけない。最後までがんばる」と動労千葉争議団の決意を語った。
 その後、国労、動労水戸、全逓、自治労、東交、全学連から決意表明がされた。集会のまとめを国労上野の吉野さんがおこない、団結ガンバローで終了した。
 国鉄1047名の解雇撤回、5・27臨大闘争弾圧粉砕、生きさせろ09春闘ゼネストを勝ち取るために全力で闘おう。