最高裁の超反動判決を徹底的に弾劾する!

JR東日本との実力闘争で運転士登用を実現するぞ!
外注化阻止ー組織拡大で反撃しよう!

 本日、最高裁第1小法廷・櫻井龍子裁判長は、動労千葉の運転士登用差別事件について、「原審判決を破棄する」との超反動判決を行ってきた。
 判決の要旨は次のとおり。
【補完教育対象者の選考について】
◆本件予科生らの内、補完教育を希望した者の中で、補完教育の対象者に選ばれなかった者の能力や勤務成績等が、対象者に選ばれた東労組組合員と比較して劣るものでなかったということについて、動労千葉は立証していない。
◆また、補完教育の対象者の選考において、動労千葉所属3名が選ばれている。
◆補完教育対象者の選考と同時期に、国鉄において運転士を経験していた動労千葉所属の23名が運転士に発令されている。
◆JR東日本は、90年以降、補完教育を行わずに、昇進基準に基づいて運転士発令をしているが、補完教育を受けなかった予科生が運転士に発令されなくなったことは、所属組合が動労千葉か、他の組合であるかで異なるものではない。
◆補完教育を希望しながら対象者に選ばれなかった者については、補完教育の対象者としないとのJR東日本の判断が示されていた。
◆昇進基準に基づく運転士発令が行われており、予科生らを改めて教育する機会を設けるべき需給状況の変化等は生じていない。
◆JR東日本が、補完教育の対象者選考において、労働組合を理由として動労千葉所属予科生らを不利益に取り扱ったとまではいえない。
◆JR東日本が、90年以降、補完教育を行わなかったことが、予科生を運転士の登用経路から排除する目的に出たものということはできない。
【結論】
◆JR東日本が、車掌経験が必要不可欠な条件とする運用の下で、予科生らについて、補完教育の対象者選考において、予科生の希望者11名から3名を除いて対象者に選ばず、運転士に発令しなかったこと及び、90年以降は補完教育を行わずに予科生らからは発令しなかったことは、いずれも所属労働組合を理由とする労組法の不利益取り扱いや支配介入にあたるとはいえない。

立証できないことを判決理由とするデタラメな判決

 今回の最高裁判決は、これ以上デタラメな判決はないと言い切れるほどデタラメな判決だ。JR東日本が主張している内容をそのまま羅列しただけの、判決とは到底言えないしろものだ。
 判決文では、千葉の労働委員会や中労委、東京地裁、東京高裁で、JR東日本が一言も主張していなかった予科生らの成績を持ち出し「東労組組合員と比較して劣るものでなかったことを立証していない」などといって破棄の理由にしているが、JR東日本が主張していないのに、何を立証しろというのだ。立証できるはずがないのだ。
 また、「補完教育と同時期に動労千葉所属の23名が運転士に発令されている」となっているが、これは運転士から駅等に強制配転された組合員について、2年程度を目途に運転士に復帰させるとの会社との確認の上で行われたものであり、本件予科生らの運転士発令とは全く異なるものであり、こうした事実誤認を最高裁が行ったこと自体、判決に値しないものだ。
 そして、最大の問題は、08年12月に最高裁決定により確定している動労水戸事件については一言も触れていないということだ。いや逆に、動労水戸事件に触れた場合には動労水戸事件も勝利判決にしなければならないため、あえて触れずに判決を下したということだ。
 動労総連合参加の千葉と水戸の予科生の運転士登用をめぐる同じ内容の差別事件であり、しかも、法廷も最高裁第1小法廷で同じ、裁判長も櫻井龍子裁判長で同じであるにもかかわらず、なぜ判断がことなるのか、全く理解できるものではない。
 動労水戸事件はすでに確定しており、この判例は法律と同じ効力を持つことになる。そうである以上、この判例に照らして考えれば、動労千葉の事件も同様にJR東日本の不当労働行為が明確に認定されなければならない。
 しかし、最高裁第1小法廷・櫻井龍子裁判長は、自らが下した動労水戸判決を無視して、動労千葉に対しては東京高裁判決を「破棄」する反動判決を行ったのだ。

全労働者に対する攻撃だ!団結を守り、職場から反撃を!

 最高裁のデタラメ極まる判決で、動労千葉に所属する予科生らの30年以上にわたる運転士への夢を閉ざすなどということは絶対に許されない。実力で運転士登用をもぎとるまで闘いぬくことを改めて決意する。
 また、今回の反動判決は、動労千葉だけではなく、全ての労働者に対する攻撃であることを改めて確認しなければならない。
 動労千葉は、今回の反動判決を徹底的に弾劾するとともに、この怒りをさらに爆発させて、検修業務全面外注化絶対阻止、基地総配合ー組織破壊攻撃粉砕、12春闘勝利、そして何よりも組織拡大に向けて、職場から総決起する決意である。

 2012年2月23日
国鉄千葉動力車労働組合