12・3~4ストへ!

12月ダイ改阻止!検修業務全面外注化阻止!
12・3~4ストへ!

12・3-4ストライキの方針が打ち出される

【12月ダイ改反対!外注化阻止に向けたストライキについて】
◎12月3日、正午から勤務終了時まで、検修職場を対象として、ストライキを実施する。
◎ストライキ期間中は、全組合員を対象として、休日及び時間外労働、所定以外の業務は一切行わない。
◎12・3スト貫徹総決起集会に、全力で結集すること。

 動労千葉は、11月29日、18時から、DC会館において、「12月ダイ改・ローカル線切り捨て反対!検修・構内業務外注化阻止!11・29動労千葉総決起集会」を開催した。
 集会には、組合員・家族・OB、そして動労千葉を支援する会の仲間など250名が結集し、JRによるローカル線切り捨てと安全を解体する検修・構内業務の全面外注化阻止に向けた熱気あふれる中で12・3~4ストライキ方針が打ち出された。

京葉車両Cでの外注化策動を粉砕し、全面外注化阻止へ!

 集会は、関執行委員の司会で進められ、冒頭、主催者あいさつに立った田中委員長は、11月労働者集会の成功と1047名解雇撤回の闘い、釣魚台(尖閣諸島)問題等に触れた後、千葉支社が来年2月に京葉車両センター構内の外注化を策動する中で、今次ダイ改闘争を闘いぬくことが決定的に重要であること、闘い如何によっては再び全面外注化を阻止できる展望を開くことができることを訴え、12月ダイ改に対して、12・3~4日のストライキに起ち上がる方針を明らかにした。
 また、水野勝浦市議の市長選への挑戦については、勝利に向けて組合員の総決起を訴えた。

水野市議ー勝浦市長選に立候補!組合員の総決起を!

 つづけて水野勝浦市議があいさつに立った。来年2月の勝浦市長選に立候補するにあたり、鵜原地区に産業廃棄物最終処理場が建設された場合、勝浦の豊富な自然が破壊され、漁業・観光は壊滅するなど勝浦市の将来に重大な影響を及ぼすことから、政治生命をかけて反対することを熱烈に訴え、組合員・家族・OBをはじめ参加者全員が勝利に向けて拍手を送った。
 そして、長田書記長からの基調提起が行われ、12月ダイ改阻止に向けて、12月3日正午から勤務終了まで、検修職場を対象にして断固としてストライキに起ち上がる方針が提起された瞬間、DC会館は割れんばかりの拍手が鳴り響いた。
 そして、この提起を受けて幕張支部・小沢副支部長、木更津支部・外山支部執行委員がストライキ貫徹に向けた決意を表明し、千葉転支部・大野支部長が乗務員も非協力でともに闘う決意を訴えた

青年の拡大が、外注化攻撃への最大の反撃だ!

 また、組織拡大ー青年部結成に向けて幕張支部・内山君からは、外注化阻止闘争の中で平成採の仲間を増やしていくことが最大の反撃だとの訴えが行われた。
 そして最後の、各支部からストライキをともに闘う決意が表明され、繁沢副委員長の閉会あいさつ、青年を代表して渡辺君の音頭による組合歌合唱、最後に田中委員長の団結ガンバロー三唱で11・29総決起集会は大成功のうちに終了した。

12月ダイ改阻止!検修・構内業務外注化阻止!
スト貫徹!12・3動労千葉総決起集会

日 時: 12月3日 (金) 14時から
場 所: 千葉市文化センター 5階セミナー室
※12月ダイ改によるローカル線切り捨てと労働強化粉砕!検修・構内業務外注化阻止へ、全力で結集しよう!