11月労働者集会④海外からの連帯あいさつ

11月全国労働者総決起集会-④
海外からの連帯あいさつ

民主労総ソウル地域本部

●韓国から
民主労総ソウル地域本部 ノミョンウ首席副本部長

ノミョンウ首席副本部長

 トゥジェン!
 民主労総ではG20首脳会議を糾弾する大規模集会を準備しています。G20が資本主義の危機を延ばし、労働者に対する搾取を強要するものであることを明らかにして、これに対する闘争を展開するものです。あわせて労働者階級の国際的団結をとおしてのみ労働者民衆の生存権をかちとることができるということを見せなければなりません。危機に陥った資本主義にとどめを刺さなくてはなりません。今日の闘争を起点に、世界の労働者の闘争と出会い、一つになることができるよう、労働者国際主義を実現していきましょう。16万民主労総ソウル本部組合員を代表して、日本の同志に再度、尊敬と感謝の心を伝えます。

メッセージ
全解闘キムウニョン委員長

 動労千葉解雇労働者の国際連帯のために招請して下さったことに深く感謝いたします。
 動労千葉の歴史を動画で見ました。日本の新自由主義の象徴が国鉄民営化であり、新自由主義阻止、民営化粉砕、解雇反対闘争の象徴がまさに動労千葉の労働者同志たちの激烈な闘争だということを確信します。資本の弾圧に対して太平洋に押し寄せる巨大な波のように、大規模な労働者の大攻勢をかけ、最後には資本の生命を絶ち、労働解放が実現するその日まで、動労千葉の労働者とともに闘います。労働者国際連帯万歳! 労働解放実現万歳!

●アメリカから

アメリカとドイツの代表

ILWUローカル34 フォアン・デル・ポゾ

 兄弟姉妹のみなさん。カリフォルニアの運輸労働者連帯委員会(TWSC)及びILWUの戦闘的ランク&ファイルを代表して、連帯のあいさつをさせていただきます。
 ほとんどの労働組合幹部は、アメリカの労働者人民に対して、オバマと民主党はこの大恐慌を乗り切れると言い続けてきました。しかし恐慌が、民主党や共和党の政治家の手によって解決されるわけがありません。恐慌に対する唯一の回答は、労働者階級が独立した組織を建設し、帝国主義戦争に反対し正義のために職場生産点で自らの力を組織していくことです。私たちの連帯と共同闘争は来る年も発展し続け、労働者の力と国際主義は私たちの絆を深め、勝利に向かって前進していくことを強く確信します。

UTLA(ロサンゼルス統一教組) イングリッド・ガネル中央委員

 こんにちは。ロサンゼルスの小学校教師イングリッド・ガネルと申します。私自身も2人の子どもの母親です。
 オバマが大統領になってから、公教育に対する攻撃は急激に増えています。オバマはブッシュの教育政策を受け継いだばかりか、さらに徹底して悪化させたのです。
 日本の仲間たちがこの夏ロサンゼルスを訪れたときに、私がもっとも痛感したことは、私たち両国の公教育や教師に対する攻撃がまったく同じだということでした。私たちはともに闘えます。日本の、そして全世界の労働者と一緒に公教育と労働者の権利を守る闘いに参加できることを光栄に思います。ありがとうございました。

●ドイツから
KRD(レーテデモクラシーのための委員会)アウグスト・カイテン

 この感動的な集会でお話できて光栄です。ドイツの労働者階級は、社会民主主義者とスターリン主義者によってたえず裏切られ続けてきました。第一次大戦後も第二次大戦後もです。しかし、ドイツの労働者階級はそのことによってせん滅されてしまったわけでも消滅してしまったわけでもありません。私たちは戻って来ました。私たちKRDは、日本の同志・世界の同志たちとともに闘います。私たちは世界の資本家たちに対する共同の闘いを呼びかけます。私たちKRDは、既存の秩序の転覆を呼びかけます。万国のプロレタリア、団結せよ! 全世界の労働者階級の国際連帯万歳!