組合功労者激励会(大会1日目夕)

長い間ごくろうさまでした。
組合功労者激励会(大会1日目夕)

組合功労者激励会
表彰状を受け取る椿さん
平成採組合員から決意表明

 大会初日の夕方、会食とあわせ、組合功労者激励会が開催され、8名の功労者が表彰された。
 表彰者は、分割・民営化反対ストで解雇された椿勇さんはじめ3名の争議団と、動労総連合委員長、動労千葉前副委員長の君塚正治さんはじめ5名の60歳を迎えた組合員。
 田中委員長が各人の経歴を紹介し、表彰状と記念品を手渡して、これまでの功労を称えた。

受賞者あいさつ

 「思えば16才で千葉気動車区に入って、60才まで頑張ってこれたのは、皆さんの励ましと団結した力があったからこそ。これからも頑張っていく」(中央・椿さん)、「現場の闘いを頑張ってやっているのにつられて、いつのまにか支部役員から本部役員になっていた。これが動労千葉。そういう動労千葉が大好きだ」(新小岩・君塚さん)、「国鉄に入って42年はあっという間だった。まだまだ一組合員としてやっていく」(千葉機関区・的場さん)、「16才で入社し、43年と数ヶ月。千葉気動車区で中野さんに影響を受けた。今後もエルダーで頑張っていく」(京葉・石川さん)など、それぞれ思いのこもったあいさつが述べられた。

争議団、平成採組合員が決意表明

 参加した争議団、平成採組合員から決意が述べられた。
 「日刊で、幕張のすさまじい攻撃をみている。日々みんなが職場で頑張っている姿に敬意を表する」(重見さん)、「11・7には必ず参加する」(高橋さん)、「外注化阻止決戦が勝負。みんなが団結して組織拡大を」(永田さん)、「退職者も組織していこう」(高柴さん)など、争議団を先頭に熱い決意が述べられた。
 平成採組合員からは3名の仲間が登壇。「外注化反対で動労千葉にきた。この1~2年が勝負だ。」(幕張・木科君)、「組織拡大に頑張っていく」(同・内山君)、「これから本部の支援をよろしくお願いします」(津田沼・滝君)など、外注化阻止・組織拡大に向けた決意が表明された。