晴天の下、団結地曳き網大会開催

晴天の下、団結地曳き網大会開催

 7月10日、九十九里浜・一松海岸において、サークル協議会主催の団結地曳き網大会が開催された。
 昨夜までの雨模様の天気予報とはうって変わって、朝から快晴に。気温もぐんぐん上がった。組合員・OB・家族のほか、今年はス労の仲間も初参加 。
 地曳き網はかつてない大漁で、ヒラメや豆アジ、エビなどがバケツ6杯ほどもあがり、なかでも、60~70㎝もある大きなスズキには歓声が上がった。
 これをサカナにバーベキュー、刺身などが供されていく。ひたすら料理する人と食べる人に二分。
 宝探しやスイカ割り、ビンゴなど恒例のゲームを楽しんだ後、長田書記長の挨拶と益川サークル協議会事務局次長の団結ガンバローで終了した。

最初は余裕で曳いていた網が途中から引き戻される勢いに-「これは大漁だ!」
「こんなデッカイスズキがとれました。」満面の笑みを浮かべるス労の中西さん(右)と中央支部の秋葉さん
なぜか大人の方 が熱心な宝探し
自前の鉄板でバーベキュー
仲間とひたすら飲むのも楽し
いいところまでいくんだけど…
「僕、当たった~!」 ビンゴゲーム