地引き網大会に集まろう/支援する会・三多摩結成

家族・OBとともに
地引き網大会に集まろう!

昨年の地曳き網大会より

 7月10日、サークル協議会主催、恒例の地曳き網大会を九十九里浜一松海岸で開催します。
 2010年前半は、外注化阻止闘争、国鉄全国運動の発足など大きな闘いが相次ぎました。日頃の疲れを癒し、夏秋の闘いに向けて団結を固めよう。
 家族・OBを誘って夏の一日をともに楽しもう。

地曳き網大会
● 7月10日(土)9時より
● 九十九里浜 一松(ひとつまつ)海岸
 主催 動労千葉サークル協議会

「動労千葉を支援する会・三多摩」結成

「動労千葉を支援する会・三多摩」結成

 6月27日、「国鉄分割・民営化反対! 1047名解雇撤回!動労千葉を支援する会・三多摩結成集会」が八王子子安市民センターで開催され、待望の支援する会が東京・三多摩の地で発足しました。集会には約40名が結集、冒頭、元全逓労働者が「6・13国鉄集会は、国鉄1047名闘争解体攻撃に対する怒りに満ちた熱気あふれる集会だった。全国運動はまだ始まったばかり。闘いはこれからだ」とあいさつ。
 支援する会・山本弘行事務局長から「東京では西部に続く2番目の結成、首都圏での結成が決定的」、そして動労千葉の反合・運転保安闘争にふれ「安全は労働者の誇りの問題」「職場のヘゲモニーを握るのが資本か労働者か、ここが闘いのカギだ」「国鉄闘争はこれからという意気込みで、百万人の国鉄闘争支援陣形に切り込んでいこう」とアピール。
 続いて、定期委員会のため参加できなかった動労千葉からのメッセージが読み上げられました。
 基調報告は国労豊田運輸区分会の中村幸夫さん。「私たちは今まで何のために闘ってきたのか。分割・民営化に反対し、クビを覚悟し労働者の為に闘ってきたのだ。今こそ労働組合の真価が問われている」と熱のこもった報告がされました。
 会場からは青年労働者が発言の先頭に立ち、三多摩での動労千葉労働運動の前進を実感するものとなりました。移転・大合理化と闘う日本機械労組は「6・13集会に参加して、この闘いしかないと思った。現場からの闘いが最大の支援となる。大合理化と対決して、現場から1人でも多くの労働者を獲得していきたい」。苦情を理由に出勤停止処分を受けているバス労働者は「日本の労働運動がどうしてこんなにおとなしいのか。現場の労働者の意識を変革しないといけない。現場から変えていく」。解雇撤回を闘う合同労組の仲間は「ようやく解雇撤回裁判も証人尋問になります。傍聴席を埋める闘いを」。合同労組・八王子の委員長は「腐った地区労をぶっ壊して、動労千葉のような労働組合がそれにとって替わろう」とアピール。全部で13人が発言する活発な集会でした。
 そして3人の共同代表と事務局長を選出。事務局長に就任した電機労働者から「一人でも多くの支援する会の会員を獲得していこう」と具体的方針が提起されました。集会後の交流会には20人が参加。山本さんのブラジル訪問の話で盛り上がり、この日で7人が新たに支援する会・三多摩に入会しました。
 闘いは始まったばかり。今後、三多摩地域に会員を広げ、闘う労働運動を甦らせていこうという決意を固めました。(三多摩会員)