青年部再結成へ向けて組織拡大を-大会報告・新組合員あいさつ

「青年部再結成へ向けて組織拡大を」
-新組合員あいさつ(大会1日目夕)-

 大会初日の激励会では、新組合員と昨年の大会で結集した若い組合員が登壇して、あいさつを行った。
 その一部を紹介します。

滝 厚弘君(津田沼支部)
 「動労千葉に加入して1年になります。平野君が入ってくれてうれしい。もっと仲間をつくって青年部ができるまでがんばりたい。田中委員長を支える新しい時代をつくっていく決意です。皆さん、退職されてもぜひOB会に入って、先輩の意見をいっぱい聞かせて下さい。」

渡辺 剛史君(幕張支部)
 「一年前は、ここの会場に入るのに緊張しましたが、今日は堂々と入れました。動労千葉に入って一年、『こんなにいいところはない』と思います。再び動労千葉の青年部を結成できればと思っています。幕張もがんばっています。皆さん、組織拡大をともにがんばりましょう。もう一度、動労千葉の最盛期をつくっていきましょう。」

平野 嗣朗君(木更津支部)
 「私は、京葉運輸区時代に動労千葉の人に面倒をみてもらい、今、木更津、そして千葉運転区でもお世話になっています。私も動労千葉に入って不平不満はありません。唯一、組合費がちょっと高いかなと(笑)。今後は、私もみなさんの力になっていきたい。若手であることを戦力に、いいたいことをいっていく、そういう青年部として大きく前進していきたい。組合員数こそ攻撃力だと思います。団塊の世代のみなさん、退職する前にぜひ、新メンバーを育てて下さい。安全問題を闘い、外注化をはね返せるよう頑張りたい。」

11月労働者集会1万人結集をかちとろう!
ワーカーズ・アクション9・27闘われる

 全国各地で一斉に闘われた「ワーカーズアクション9・27」の東京集会が青年労働者・学生を先頭に、文京区民センターを満員にして行われた。「生きていけるだけの賃金をよこせ! 大幅賃上げゼネストをやろう! 団結すれば勝てる! 闘う労働運動をつくろう!」をスローガンに11月労働者集会へ向けた総決起の集会として意気高くかちとられた。
 集会では最初に動労千葉の川崎執行委員が登壇し、「今年の11月集会は決定的である。1万人を集めきろう。帝国主義は瀕死の状況であり、打倒されなければならない。職場・地域から帝国主義を打倒する運動をつくろう。日本の労働者がたちあがり、麻生内閣を打倒する闘いが11・2集会だ。『4者・4団体』による屈辱的和解は絶対に間違いだ。1047名闘争は、国鉄闘争はもとより日本の労働運動の中軸だ。①大幅賃上げへ闘う労働運動を復権させよう、②1047名の解雇撤回へ、『政治解決』を打ち破ろう、③国際連帯闘争を大きく発展させよう、の課題を掲げて11月集会の成功をかちとろう」と1万人結集へ総決起を訴えた。
 国労闘争団の小玉さんから「4者・4団体」路線と対決し、闘う国鉄労働運動をつくろうというアピールがおこなわれた。基調報告、全学連からのアピールと続き、多くの青年労働者から現場の闘いの報告と11月集会へ向けた決意が表明された。
 最後に団結ガンバロー、インターナショナルを斉唱し、デモに出発した。